歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2013年 1月 2月 3月 4月 5月

 


2013/6/6

■東方幻想麻雀4ばかりやっててアニメをさっぱり見てない私をお許しください。
 一旦視聴が途切れると、復帰するのに気合を入れないといけなくなるのは何故なんでしょうか。

2013/6/22

■港のムスメが出ないのでMH3Gは休止。4は秋ですか…
 来週の新世界樹で3DS再起動の予定。
 プリキュアは今どうなってるんだろう。レジーナちゃんがデレたとかいう噂を聞きましたが。

2013/6/27

■『新・世界樹の迷宮』買ってきました。
 特典サントラには例によってひむかいさん描きおろしのおまけマンガが収録。
 残念ながらししょーは不参加ですが、ヒロインのフレドリカちゃんがさっそくヒドイ扱いを受けております。
 世界樹は全くもって容赦の無いゲームである。

 ゲームモードは大きく分けて、固有クラスを持つキャラクターで新世界樹のストーリーを追うモードと、従来の世界樹と同じくキャラ作成から始めるモードの2種類。
 また、3段階の難易度を設けて、初心者から世界樹廃人まで幅広く対応いたします。
 マッピングなどの基本的なシステムはほとんど変わらず、横移動やアイコンの種類増加など、初代と比べると格段にプレイしやすくなっております。

 せっかくなのでストーリーで開始。難易度は一応世界樹経験者ということで、最も高いEXPERTで。
 たった一人でエトリアにやってきた主人公の助けとなるために、最序盤では懐かしい二人組、レンとツスクルが同行します。
 レベル差もありますが、ブシドーの頼りになることといったら。出会い頭に一刀両断とか武士の風上にも置けねえ。(※戦闘開始時に一定確率で敵を即死させるというスキル)
 そして、ボウケンシャー最初の任務である地図作成のために、迷宮へと歩を進めるのでありました。

2013/6/30

■『新・世界樹の迷宮』B5Fまで到達。
 懐かしい雪狼の名前が出てきたり、その取り巻きが地味に厄介な技を覚えていたり。
 岩イノシシやクワガタなどの新モンスターもいて、過去作経験者にも新しい驚きがいっぱい。
 鹿とイノシシのFOEは倒しましたが、蟷螂には未だ挑んでおりません。だって怖いもの…

 新システムにして本作の目玉、グリモア。
 装備すると敵味方問わず様々なスキルを使用できるようになるというもので、その内容やスキル数は様々。
 場合によっては適性の無い武器を持てるようになり、斧装備パラディンや弓装備アルケミストなども可能。
 3、4で実装されたサブクラスシステムを大幅に制限したような感じでしょうか。


▲このページのトップへ

戻ります