歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月

 


2012/11/4

■スマプリ休みだった。1週間を生きる原動力が…
 他に見てるテレビ番組は、孤独のグルメだけです。

2012/11/12

■『スマイルプリキュア!』第38話、ロリ回でございます。
 劇場版キュアハッピーの新フォームマジ天使。

 冒頭からみゆきたちが幼児化。ついでにウルフルンとアカオーニまでも。
 精神年齢まで幼児化してますが、なおちゃんの年長らしい世話上手っぷりは健在なのであった。
 変身バンクや必殺技バンクまでも幼児専用に作ったり、やっぱり力の入れどころが…いや、全力なのは正しいと思います。
 ちゃんと元に戻る薬まで用意してるマジョリーナはいい人。

 次週、童話の世界がバッドエンドに!? 劇場版でやりそうなネタがまさかの本編登場です。ていうかまたカオス回になるのか…?
 王子様れいかちゃんイケメンすぎる。

2012/11/18

■『スマイルプリキュア!』第39話、絵本の中でさあ大変でございます。
 ハッピー一人で大奮闘。あと、あかねとなおの扱いが…

 怪しげな装丁の本をめくったら、絵本の世界に吸い込まれてしまったみゆき。気がつくと、自分はシンデレラになっていました。
 普通なら混乱してしまうところでしょうが、戸惑うどころか物語の主人公になったことに目を輝かせるタフなみゆきであった。鼻歌交じりで家事こなしてちゃダメじゃないですかー。
 なんかもうアバンの時点でやな予感しかしないんですが。
 あかねや3幹部たち他の面々も絵本の世界に吸い込まれてしまい、シンデレラの登場人物に。
 やよいは魔法使い、あかねとなおはネズミのち馬、キャンディはトカゲ(着ぐるみ)、そしてウルフルンとアカオーニが意地悪な姉…やな予感どころじゃなかった!
 あ、マジョリーナさんは順当に継母です。

 Bパートにて、ついに登場れいか王子。予告どおりの美しさでございます。結婚してください。  荘厳なお城のダンスホール、その頭上に掲げられし額縁の文字は「道」。れいかちゃんどんだけ。
 ワリと真面目にシンデレラをなぞっているはずなのに、所々ににじみ出るカオスっぷりは、紛れも無くスマイルプリキュアである。

 アカンベェをプリンセスフォームでのハッピーシャワーで退け、3幹部の妨害を跳ね除けて。
 晴れて王子様と結婚し、幸せを手に入れたシンデレラでありました。お話も無事にハッピーエンド。
 れいか王子の手を取るみゆきシンデレラ…薄い本が増えるな。
 その直前に、魔法使いやよいをお姫様抱っこするれいか王子という画まであったり。やよいの薄い本のネタが増えるな。

2012/11/27

■『スマイルプリキュア!』第40話、あかね熱血回でございます。
 40話目にして自己紹介から入るアバンってどういうこと。
 とはいえ、今回はギャグの入り込む余地の無いシリアス回でございます。

 久々登場、ジョーカー。いつもは仮面の奥に秘めた狂気を隠そうともせず、いきなり目が怖いです。
 ピエーロ様はお怒りですよ、というか、やっぱりこいつがピエーロなんじゃないか、という風にしか視聴者的には見えないのですが果たして。
 ウルフルンに一枚のカードを選ばせるジョーカー、なにやら昔のウルフルンを知っている様子でしたが?

 そんなジョーカーに暗黒パワーを注入されたっぽいウルフルンと、サニーとの1対1のバトル。
 アクションもいい具合に気合が入り、気力が高まったサニーの強化必殺技も炸裂。
 遅れてハッピーたちも到着し、レインボーバーストで撃退したのでありました。
 もう後が無いと釘を刺されたにもかかわらずやはり負けてしまったウルフルン、彼の運命やいかに。

 

 次回はやよいが主役。


▲このページのトップへ

戻ります