歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2012年 1月 2月

 


2012/3/4

■『スマイルプリキュア!』第4話、放送前から髪型いじられすぎワロタなキュアマーチ推参でございます。自分でもふもふしちゃってるし。
 サニーとキャラがかぶるかと思いきや、カッコイイ路線を一直線なナイス姉貴。
 噂の髪型も動きがつくと俄然かっこよくなって、大友たちの手のひら返しっぷりがえらいことに。

 そして一方のサニーは、本格的にツッコミ担当となるのであった。

 

 第5話、名前からして美しすぎるキュアビューティ光臨でございます。
 意外と古風な振る舞いで、実はこっそり可愛いものが好きそうだったり、エレガントの極みたる変身バンク、冷静かつ的確に状況を理解する能力といい、華麗すぎる決め技といい、もう青一強でいいんじゃないかという気さえしてきました。
 そもそも、敵が8体いる状況(本物はそのうち1体)で一発しか撃てない必殺技をとりあえずぶっぱなすとか、4人が4人とも脳筋すぎてやばいです。せめてマーチさんだけは冷静でいてほしかった。
 ちなみに歌音さんの一番お気に入りな方です。何もかも私の好みにヒットしてるじゃないですか。

 そしてサニーの今日一番の仕事が、あまりにも的確で素早いツッコミであったというオチ。
 その技能があれば、本物を見分けることは造作もなかったのではないだろうか。

2012/3/11

■『スマイルプリキュア!』第6話、チーム名決定でございます。

みゆき「5〜人そろって、ゴプリキュア!」

 …ないわー。

 今回もギャグ成分多目で、ニヤニヤしながら堪能しました。
 5人揃ったしょっぱなの提案が「決め台詞を決めること」という、相変わらずハッピーなみゆき。
 ツッコミのあかねと常識派のなおは呆れますが、隠れヲタなやよいに加えて思慮深そうなれいかが意外とノリノリで笑った。あるいは、単純に真面目なのかもしれません。ああもう青すげえ可愛い。
 もちろん、本番ではポーズまで決めてバッチリ。

ハッピー「決まったぁ〜!(余韻)」

…かと思わせて、直後にミサイル食らったり。決まってねえ。
 ナイスツッコミなのか、それともわざわざ最後まで待っててくれたんでしょうか。敵ながらやるな。

2012/3/18

■『スマイルプリキュア!』第7話、秘密基地を探そう! の巻でございます。

 やよいの考えた秘密基地があまりにも予想通りで、とても安心した。日曜の朝は早起きするタイプだな!
 しかし、今回本当に活躍したのは、優等生かと思われていたはずのれいかちゃんであった。
 「プリキュア道とは、斯くあるべき」
 ただ一文字「道」とだけ書かれた掛け軸を広げながら、富士の山頂で中学生相手にそんなこと説かれてもどうしろと。天然クールだなんて、れいかちゃん超可愛い。強風にあおられる長髪とかスカートとかはかっこいいのに!
 他にも、なおが意外と可愛いもの好きだったり、あかねは動物好きだったり、やよいのツッコミが地味にキツかったり、だんだんキャラの素顔が見えてきたようです。
 戦闘が適当すぎたのは、妙なところに力入れたシワ寄せだと思いました。

2012/3/26

■『スマイルプリキュア!』第8話、みゆきとキャンディが入れ替わったけど強引に押し切ったぜ! でございます。

 先週の予告で、キャンディ化したみゆきがそのまま変身してましたが、まさか専用バンクまできっちり作ってくるとは。
 「ババアが用意した元に戻る薬を他の4人で取り返す→みゆきとキャンディに渡して元に戻る→変身」
 という展開だったら普通だよなあとか思ってましたが、これはいい意味で裏切られた。
 おそらく2度とやらないであろう入れ替わり回のためだけに1本バンク作るとか、ここのスタッフは力の入れどころを間違って…いませんね。いいぞもっとやれ。
 しかもキュアキャンディ強いし。バトルはやたら動くし。さらに今のところ一番ガチで戦闘してるし。
 敵側のコントとかねるねるねるねとか、最初から最後まで笑いまくりでした。あそこってテレビ映るんだ…。


■ミルキィ2期も最終回。
 話の筋をきっちり組んでいた1期に比べて、今回はかなりいろんな方向に暴走させてみたらしく、どっかのへっぽこ実験アニメを髣髴とさせる手探り感が多分に漂ってました。
 それでも、パロディの詰め込みっぷりやら数々のミステリネタの織り交ぜっぷりは、全く衰えず。
 あの締めくくりはないわー、という意見には私もそれなりに同意。「え、終わり…?」という感じ。でもシャロと生徒会長の幸せ空間は実にミルキィらしい展開でした。
 まあ最後がアレだったというだけで、1話1話はきっちり30分楽しめました。特に第1話とエノ電回は良かった。
 要するに、シャロやアンリエットさんやG3たちがわいわいやってるだけでも、視聴者的には十分ほっこりなわけです。
 どうやら3期もやる気満々くさいので、トゥエンティばりに首をながーくして待っております。乳首は長くしません。


▲このページのトップへ

戻ります