歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2011年 1月

 


2011/2/6

■始まりました新シリーズ、『スイートプリキュア♪』第1話。

メイジャーランドで幸福のメロディを歌う直前、メフィストたちによって伝説の楽譜が奪われてしまう。
とっさに音符を人間界にばらまくアフロディテは、歌の妖精ハミィに伝説の戦士プリキュアを探すように言うのだった。
(公式サイトより引用)

 アバンタイトルで7分もかけたワリには、些か印象が薄い気がする今回の設定。あと、子供基準だとちょっとわかりづらいかも。
 今回の悪役・メフィストの目的は、「伝説の楽譜」に記された「幸福のメロディ」を、歌姫「セイレーン」の力で「不幸のメロディ」に書き換え、世界を悲しみで満たすこと。
 完成直前でアフロディテが阻止した――と見せかけて、ばらばらにして人間界に退避させてしまいます。
 人間界に散らばった音符を集めるために、伝説の戦士「プリキュア」の力を借りるべく旅立った、歌姫「ハミィ」。
 幸福のメロディを記すための伝説の楽譜(ただし紙だけ)は敵の手に落ちてしまったものの、「音符」つまりメロディそのものはアフロディテが人間界に退避させてしまったので、両方がなければ成り立たない。
 というわけで、何だかいいとばっちりを受けたような人間界で、戦いが幕を開けるのでありました。
 ていうか、伝説の戦士・プリキュアの使命は、失せ物探しなのでしょうか?

 とある一件から仲違いしているらしい主人公・響と奏。
 大友的にはどこからどう見ても仲良しさんというか完全に夫婦なんですが、まあ関係を修復しきれていないのは確かなようです。
 それでも、お互い歩み寄ろうとする気持ちは残ってるわけですし、初代みたいにガチで喧嘩してる状況というわけじゃなさそう。
 小清水ボイスは、気のせいか些か硬い感じがしました。つぼみみたいにもっと吹っ切れていいのよ。

2011/2/11

■タクティクスオウガ、死者の宮殿1周目おわり。飽きるわー。
 アイテムはそこそこ集まったので、次は別の場所で合成レシピ等を探し回ることにします。

2011/2/13

■『スイートプリキュア♪』第2話。
 二人の仲が悪くなったのは、ほんの些細なすれ違いでした。
 誤解も解けて仲直りしたところで、息の合ったコンビネーション(ユニゾンアタックともいう)でメガトーンを撃退。めでたしかな。
 終幕間際に、肉球マニアという設定を無理やりねじこんでみたように見えなくもなかったです。奏の変な顔かわいい。

2011/2/21

■『スイートプリキュア♪』第3話。
 響が音楽を嫌いになったのは、天才音楽家パパの職人気質ゆえの言葉の少なさによることでした。
 言って説明するのは簡単ですが、自分で考えて出した答えにこそ意味があるというもの。そうやって血となり肉となるのです。
 これって子供にはかなり理解しづらいことなんですが、響も大きくなってようやく意味がわかったようで、一応成長してるっていう解釈でいいのかしら。
 とにかく、脚本は相当苦労したことでしょう。説明不足になっても過多になってもいけないのですから。

 奏が今日も可愛かったです。決め技とか。
 なんかイケメンになびきそうなフリをしていましたが、既に響と奏が夫婦と決まっているので、大友的には何の問題もありません。もっとイチャイチャするべき。
 あと、スカートの中身はフレプリと同じようなアレでした。まあそうだよなぁ…

2011/2/27

■『スイートプリキュア♪』第4話。
 奏がセイレーンの罠にはめられて、またしても険悪な雰囲気になるも、響の嘘偽りない言葉のおかげで元鞘に。ていうか知らない人に付いていっちゃいけないって言ってるでしょう!
 そして最後の最後にものすごい惚気をかまされました。いつ結婚するんだよおまえら。

 毎週毎週何かしらの理由で仲が悪くなる→仲直りなのがパターンになりつつあるようですが、胃が痛くなりそうです。
 これを繰り返していって、プリキュアのテーマのひとつである「主人公たちの心の成長」は、果たしてどうなるのでしょうか。
 イチャイチャを見られるのは大友的に全く問題ないんですけども。


▲このページのトップへ

戻ります