歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2010年 1月 2月 3月 4月 5月

 


2010/6/1

■世界樹3、クラーケンとイソギンチャクを撃破。
 「壁役がいかに大事か」ということを教えてくれました。ファランクス愛してる。
 イソギンチャクの物理耐性がやたら高いため、頼みの前陣迫撃が死に技になってしまうという悲しみを背負いかけましたが、バラージを覚えておいて本当に良かった。

 少しレベルを上げて、エルダードラゴンも撃破。
 2番目のクエストだと、NPCが的確に縛ってくれるため、攻撃・防御・回復に専念することができるので非常に楽でした。
 それでも40ターンほどかかりましたが。
 頭はスーパーノヴァ、腕は攻撃全般、脚は防御パッシブスキルと、各箇所に厄介なスキルが揃っているので、可能ならば常に全縛りしておきたいですが、脚<腕<頭の優先順位で縛っておけば、パーティ壊滅だけは回避できそう。

2010/6/2

■『WORKING!!』、伊波デレるの回。福山がんばった(女声を)
 これだけで丸々1話使うとは、ちょっとしか思ってませんでした。しかもエンディングにキャラソンだと…
 でも誤解しないで! このマンガは生っちょろいラブコメなんかじゃないんだよ!

 あと、一部に大人気な松本さんもちょこっとだけ登場してました。セリフないけど。

2010/6/6

トウコウスフィア第93回(アルポータル)

 今回もいろんな意味でひどいです。
 前回、やっと心の傷が癒えたクロアが帰ってきましたが、基本的にひどいのでまた苦労が絶えなさそうですね。
 と思ったら、トウコウスフィア住人に対するクロアのあしらい方がすごく女性慣れしているんですが、どういうことなの…

2010/6/9

■『ハートキャッチプリキュア!』、第17話、料理は心の巻。
 和菓子を作るのは、自分のためじゃない、まして師のためでもない。
 食べてくれる人の笑顔が、職人としての最高の喜びなのです。
 つぼみとえりかは、何のためにプリキュアをやっているのか?
 その答えは、もう言うまでもないでしょう。

 登場するたびにどんどん小者化していくサ……なんとかさん。
 久々のマリンダイナマイトに吹き飛ばされなかっただけマシということでしょうか。

 第18話、島本和彦の巻。そしてまさかの置鮎&喜久子おねえさん投入。大きいお友達大喜びじゃないですか。
 少女雑誌に投稿しようとするあたりがガチです。このアニメ奥が深いな。
 番くんの眼光に唯一怯まなかったつぼみさん、もしかしてそのメガネでガードを…
 あと、小さいお友達には絶対に分からないネタが多数盛り込まれていましたが、全部分かった人は年齢がバレますね!


■ねんがんの ダイマオウイカを てにいれたぞ!

苦節2ヵ月半

 あとは第6階層ボスを倒すのみ。
 正攻法で勝てる相手ではなさそうなので、一撃必殺で臨みます。

2010/6/10

■世界樹の迷宮3、昏き海淵の禍神を倒し、ホントのエンディングへ。
 触手の塊がラスボスとかもういろんな意味で泣けてくる。
 第一、第二形態ともに高いHPと全てが即死級の攻撃を併せ持つ上に、途中から攻撃パターンがランダムになるという、嫌がらせの塊のようなボスでございます。
 長期戦はなるべく避けたいが、60000というHPを考えると前陣迫撃砲術でも圧縮リミットでも効果が今ひとつ。
 となると、手段は一つ。理論上の最高火力を1ターンで叩き出すしかありません。
 というわけで、

ラスボス専用パーティ

・カノン(ファランクス/プリンセス)
・ジェミニ(ウォリアー/シノビ)

 ファランクスで各種攻撃を凌ぎながら、ウォリアーはひたすら分身。
 合わせて5人になったら、一人にありったけの強化をかけて、五ツ身分身多元抜刀を発動。
 結果、30000強×2ヒットで、満タンから即死。これしかなかったんや…

 

君は歌音さんのネーミングセンスにツッコミを入れてもいいし、
生暖かい目で見守ってもいい。

 エンディングのひとコマ。
 ギルド名と船の名前、そして登録メンバーが表示されます。
 メインメンバーは左列の上から5人。名前から職業を推測されるかもしれないし、されないかもしれない。

 残りは店売りアイテムのコンプリートと、Lv99引退→Lv99キャラを育てることくらいか。
 そこまでやる前に積むと思いますが。そしてやりかけのアルトネリコ3を早く終わらせるんだ。

2010/6/15

■『WORKING!!』、小鳥遊家にお泊りの回。
 男と女が一つの部屋に二人きりでいれば、やることは一つ。カードゲームですね!

 そして佐藤さんの可愛さが益々増してきました。だが永遠の二番手という悲しきポジション…

2010/6/16

■クラ☆クラ体験版をプレイ中。
 杏夏の胸はもう少しなんとかならんかったのか…と思ったけど絵師さんがあの人だからしょうがないかもしれん。

2010/6/20

■『ハートキャッチプリキュア!』、第19話、親の心子知らずの巻。
 子供を想わない親がいるはずがない…といいたいところですが、昨今はそうでもない事件がしばしば報道されていて、悲しいことです。
 1週はさんだ分でしょうか、内容が濃すぎて大変なことに。

・車内でカメラを向けられた瞬間すかさずポーズを取る、久々に登場のもも姉。かわいい。
・到着早々に飼い犬と仲良くなってるシプレとコフレ。なぜか犬語も理解しているようです。こいつらできる…!
・もんぺ姿のつぼみとえりか。やけに似合ってるのは何補正でしょうか。主人公補正か。そしてさり気なくBGMがキャラソン。
・地面に埋まってるじゃがいもをいきなり引っこ抜こうとするえりか。都会っ子だから仕方ないですが、確実に腰を痛めるので、良い子はまねしないでください。
・もぎたてのトマトは本当に甘いです。マヨネーズとかかけるのは邪道。
・そしてつぼみさんは、花だけでなく農作物にも造詣が深かった。
・えりかパパの告白エピソード大公開。パパ天然じゃないですか…
・暗いところでは良い写真が取れないからと自然を求めてやってきたコブラージャ。バスで。どこから乗車してきたのかちょっと気になった。
・毎週見てるのにちっとも飽きない2人同時変身バンク。マジかわいい。
・スピードにはスピードで対抗! 加速のパヒューム・レッドの種でスタッフ遊びまくりの戦闘シーン。オラオラッシュ。
・ブロッサム「お目々ぐるぐる大作戦です!」
・ニンニン!
・作戦名を言った瞬間にオチが分かった、大きいお友達の宿命。
金朋さんは普通に喋ることもできるのです。
・藁の針で地面にはり付けにされ、身動き取れないプリキュア。動くと破けるしなぁ。
・と思ったら、まさかの大爆発で脱出。なんという応用力。
・マリンの決め台詞きたー! 何話ぶりでしょうか。
・ブルーフォルテウェーブでトドメ。忘れかけた頃に単体技が出てくるとなんか嬉しい。
・よく考えると、親父が農業を続けることと娘が結婚することは別問題なんですが、そこは指摘してはいけないので黙っておきます。
・心の種はみかん色。ぎりぎりかしら。

 

 次回は3人目の妖精登場。どうやら3人目のプリキュアは黄色いようです。

2010/6/27

■『ハートキャッチプリキュア!』、第20話、第3の妖精の巻。
 3人目のプリキュアは、次回以降の登場です。誰かな誰かな?

 もも姉と同じくトップモデルを目指すかりんが、嫉妬したり拗ねたりするところを狙われて以下略。
 どっかで聴いた声…かかずさんじゃないですか! ドラえもん以外の仕事出てるんでしょうかね。
 サ…なんとかさんの小者っぷりがすごいことになってますが、大丈夫でしょうか。心配はしてませんが。

2010/6/29

■『WORKING!!』、最終回。何か綺麗にまとまっちゃった。
 全体を通してみても特にクオリティの下がった回もなく、面白かったです。
 松本さんもちゃんと喋ったしね。最終話で初めて名前が紹介されるってのが如何にも彼女の立ち位置らしい。
 それにしても、そのうち第2期やりそうな雰囲気ですね…

 伊波ちゃんについては、デート中は最後まで小鳥遊君を殴らずに済んだだけでも、充分な成長といえるでしょう。  あと、あの公園はどう見ても平岡公園です。地図がなんとなくそれっぽいと思いましたが、小鳥遊君が「梅の花が散ってしまいましたね」って言ったところで確信に至った。


▲このページのトップへ

戻ります