歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2010年 1月 2月 3月 4月

 


2010/5/2

■つどーむのイベントいってきました。
 ご一緒させていただいたRさん松明さん、お疲れ様でした。
 今回参加できなかったクラ氷雨さん、次回でお会いできるといいですね。
 というわけで、誰が得するのかわからんレポートです。

 

・1000
 ハトプリの歌で起床。
 適当に身支度して出発準備。

・1120
 会場到着。
 とりあえず入って待とうかと思ったが、玄関前に凄い行列ができてたのでやめる。

・1145
 松明さんと合流。遅れてRさんとも合流。
 氷雨さんは急用で来られず。

・1150
 パンフを買って場内へ。一島あたりの席数がさらに減少。不況の波はここにも来ているのか…
 伴って男性向けサークルも減り、どういうわけか東方で一島できてる。不況知らずである。
 コスプレゾーンは会場面積の約半分を占めるほどに安定している様子。不況知らずである。

 その筋では有名なイオシスがなにやらアピールしてました。そういえば札幌が根城らしい。
 同人ショップ委託に先駆けて、このイベントがCDの先行頒布だそうで。まあ私はあんまり買わないんですけど。
 男性向けの島には、ラブプラス本がいくつか。マナカかわいいなと思いつつも、ゲームをやってないので華麗にスル〜。
 基本的に女性向けメインのイベントなので、他に見るところはほぼ無いんです。

 端っこに座り込んで、ブツの交換やら、アニメ談義やら。
 さすがにけいおんとWORKINGはチェックしていたようで。今期はこの2作品で安定でしょう。
 あと、日曜朝9時から変身魔法少女ものが放送されていますが、演技が残念すぎるので私は見てません。

 雑談を終えて、コスプレ見物。
 東方コスが異様に多かった気がしますが、幻想麻雀に出てきたキャラは大体分かる程度の知識が身についたので、どうにか理解できた。
 しかし、約半数が女装とはどういうことか。人気の証拠か。
 私的には、二の腕のきれいな霊夢(無論、女性)がいっぱいいたので満足です。ベネ。
 他には、早速ニオイを嗅ぎつけられたらしいWORKINGのぽぷらと佐藤さん。失礼ながら、良い感じの身長差です。
 着ぐるみの咲とのどっち。咲の方が背が高いという謎。
 ハートキャッチプリキュアのブロッサムとマリン。残念ながら前は見ていませんが、後姿は可愛らしい。

・1330
 コスプレ見物を終えて、狸小路のオタスポットへ。
 メロンやとらなどを回りながら、東方本とかプリキュア本とかけいおん本とかけいおんOPとかを入手。まだ買ってなかったので。
 18禁はめっきり買わなくなったなあ。嫌いじゃないんですが、こう、食指が動かない。

・1400
 流れるように私の家へ集合。
 集まったからといって特にやることはないのですが、マンガ読んだりニコニコ見たり、何かしらやるわけです。
 Rさんがまだけいおんを見ていなかったので、第1話を観賞。上級生を差し置いて即座にあずにゃんが出てくるあたり、彼は筋金入りです。かわいいからしょうがない。
 あと、久々のエロゲ交換。
 私からRさんへ「祝福のカンパネラ」を、Rさんから私へ「Flyable Heart」を。お楽しみいただければ幸いです。
 松明さんからは、咲7巻の着せ替え表紙カバーを頂戴しました。のどっちの下乳。素晴らしい。
 その後は、Im@s雀姫伝とか萌電波ソング全集とかを見ながら、だらだらと過ごしたら、いつの間にか――

・1930
 こんな時間に。
 ネタも尽きたところで解散と相成りました。

 

 以上でレポートは終了です。
 次回は夏ごろかな。


■GO! GO! MANIACをひたすらリピート。
 歌詞カード見ないとまともに聞き取れないのも当然、かなり端折って歌ってますもの。
 あと、Cagayake! Girlsでもそうでしたが、一番最後の歌詞が余計。サビ終わったところで止めておけば、すんなり終われるのに。

2010/5/4

■『ハートキャッチプリキュア!』第13話、デザトリアン不在の巻。
 代わりに戦闘員がいっぱい出てきます。やってることはいたずらレベルっぽいですけど。カップルに絡むとかただのD…いやなんでもない。

 キュアムーンライトこと月影ゆりを狙い、またしても現れたダークプリキュア。
 ゆりの身を守るべく立ち向かうブロッサムとマリンでしたが、昨日の今日で強くなれるわけもなく、またしてもダークフォルテウェーブの前に敗れ去ります。
 とどめを刺される寸前、サバーク博士の声がダークプリキュアを帰還させ、二人は辛うじて生き残りました。
 キュアムーンライトが一緒に戦ってくれれば心強いのですが、以前ダークに敗れて以来、彼女の心の種は二つに割れたまま。しかもその片割れをダークが持っているという無理な状況。
 そして何より、戦う気力が足りていない。ゆりの心は折られたまま、まだ傷が癒えていないようです。
 そのワリには、変身もせずに生身でそれなりに立ち回っていましたが。

 あと、ゆりの父親が3年前から行方不明ということですが、サバーク博士の正体がそれなのではないかという疑惑が浮上。
 ゆりを付け狙っているダークに対して「キュアムーンライトには関わるな」とか言ってみたり、その他諸々。
 しかし、まだまだ証拠が足りないので憶測でしかありません。

 冒頭に戻りますが、つぼみと別れてもも姉と二人きりになったとたんに腕に抱きつくえりかが可愛すぎて幸せな気持ちに。ニヤニヤ。


■世界樹3、第6階層最深部に辿り着きました。
 が、ザコ戦でTPを消耗しすぎるのでアムリタが足りぬ。
 プリンセス、ファランクス、ウォリアー、モンク、ゾディアックと、何より殲滅力が足りないパーティなので大変です。
 ビーストキングの獅子王招来あたりを入れれば少しは楽になるのかな。

2010/5/5

■世界樹3、第6階層最深部にて、真ラスボスと遭遇。フォレストセルよりも醜悪なデザインです。
 とりあえずファイアガードを試みましたが、発動より先に炎全体攻撃を受けて、あわれパーティは世界樹の養分となりました。
 ファランクスのAGIを上げる必要があるのでしょうか。それともLv9までしか上げていなかったのがいけないのか。


■Rさんにお借りした『Flyable Heart』始めてみました。
 ゲーム起動するたびにディスクチェックいるのか…最初の1回だけでいいのに。

 ある日突然、主人公の下に送られてきた一通の封筒。それは、とある学園の案内書及び入学手続き書類。
 超特待生待遇満載の怪しすぎる内容ですが、食堂フリーパスの一文に釣られてのこのことやってきてしまいました。
 が、橋を渡ったところで謎の爆発に巻き込まれ…気付いたら学園に転入していた。
 超展開な導入のゲームは数あれど、これほど凄まじいのは初めてです。
 とりあえず、茉百合さんで。

2010/5/9

■『ハートキャッチプリキュア!』第14話、定番がカーネーションなのにはちゃんと理由があるんですの巻。
 奇しくも今日は母の日というわけで、時宜にかなった題材であります。
 が、劇中で実際にスポットライトが当たったのは父子家庭という厳しい現実。意外な上に深いわその設定…
 仕事で晩まで帰ってこられない父親に代わって、姉は学校帰りに保育所に妹を迎えにいったり、家に帰ればお守りしながら家事をこなし。
 妹は買ってきたカーネーションを仏前に供えて母の写真に語りかけ。
 そんな姉妹があまりにも健気で、目頭がどんどん熱くなってまいりました。
 生身の母親がいないけど母の日の話。脚本すごいな…
 に、日曜の朝から本気で涙を流しそうになんてなってないんだからねっ!

 そういえば、心の種が生まれるシーンでちょこっと変更が。
 今までは金色の丸い何かをぷりりーんと出していたのが、今回から心の種が直接生まれ出てくるようになりました。
 件のクレームを受けてのことでしょうが、正直そんなに目くじら立てることじゃないですよね。


■世界樹3、姫も海王も倒さないルートのエンディングに到達。
 裏ボスがまさかの地球外生命体という…世界樹関係ない気がするなー。
 1作目のストーリーのほうが面白かった。第5階層に到達したときのあの衝撃が。

 Lv70になったので、一度引退させて育てなおし。
 ナインスマッシュが安定しなかったので、鎚ウォリアーはバリスタに転職し、前陣迫撃砲術を徹底的に鍛えてみようと思います。
 現在は、強化と弱体をかけまくって大王ペンギンに16000ダメージ(ダブルアクションでさらに倍)まで出ました。もっとだ、もっと! もっと輝けぇッ!
 まあ、単純な破壊力は、シノビの六ツ身分身多元抜刀か、アンドロのファンネル5発シュートが最高なんですけども。
 それは奥の手ということで、どうしても行き詰ったときにでも解禁します。

 あと、そろそろ10万enクエストやドラゴン討伐もこなそうと思います。
 三色ガードと前陣が育てば、なんとかなるはず。

2010/5/12

■けいおん!!第4話、大幅に水増しされた修学旅行の回。
 要するにオリジナル展開が多々あるわけですが、同意せざるを得ない状況がありすぎて飽きてるヒマがありません。
 嬉々として枕投げに興じるムギが可愛い。ていうか全体的にムギ可愛い。

 来週はそれと対になる、そのころの梓たちのお話のようです。
 先輩たちが修学旅行に行ってしまい、一部閑散とした校舎を探検するよ。


■世界樹3はレベル上げ中。
 ペンギンとスキュレー狩りにはもう飽きたので、レッドパサランで一攫千金狙いです。
 第6階層のドロップアイテムも集めたいのですが、さっぱり落とさねえ。

 あと、ピコピコハンマーでカバとかキツネにトドメ刺しながらUPアイテム拾い。


■『Flyable Heart』のノリについていけず早くも挫折の予感。
 絵やシナリオが悪いわけじゃないとすると、一体何が悪いのでしょうか。

2010/5/16

誕生日おめでとう、春歌。

2010/5/19

■『WORKING!!』、山田(うさんくさい)登場の巻。
 カオスな面子ばかりのワグナリアにあって尚、恐ろしいほどの存在感と騒動の元を担っている凶キャラです。しかもCV広橋かよ。
 可愛いんだけどなあ。何せうさんくさいんだよなあ。

 かわいそうまさん…

2010/5/25

■世界樹3、雷竜と氷竜を撃破。
 介護陣形と弱点属性のリミット、チャージ迫撃で大体いけました。
 世界樹シリーズのドラゴンは一定ターンにブレスを使ってくるのが伝統でしたが、今回はあまりブレスを吐いてくれない様子。
 代わりに強化や弱体をかけてくるので、むしろそっちのほうが厄介という気もします。
 それでも、一息食らえばパーティ壊滅は必至なので、対策をしないわけにもいかないのがちょっと悩み。
 残るは火竜。そのうち挑みます。

2010/5/26

■『WORKING!!』、温泉詐欺の回。
 山田の可愛さが500%増しくらいになってるのはさておき、伊波がデレる前なので、なんかこうしっくりこないお話でした。うーむ。
 所々に温泉街のシーンがありましたが、どう見ても定山渓ですほんとうに以下略。これはさすがに一発でわかった。
 ということは、ワグナリアは札幌にあるのだろうか。


■世界樹3、火竜も倒して、Lv99が解禁。
 パーティ構成を間違えなければ、Lv60台なら充分倒せるようです。条件ドロップはきつそうですが。

2010/5/30

■しばらく見てなかった『ハートキャッチプリキュア!』、第15話、うずうず生徒会長の巻。YOU素直になっちゃいなよ。
 30分に内容詰め込みすぎというより、ぶっちゃけ語りきれないテーマなので仕方が無いです。
 それでも、女の子モードと武道家モードにころころ変わる会長がかわいすぎて生きてるのが辛くなりますね!

 第16話、演劇は一人じゃできないの巻。
 ひとつの作品を皆で作り上げる楽しさを、部活を通じて分かち合いたい。
 一人になってはじめて、演劇部部長・あずさはそれを思い知るのでした。
 えりかもあずさも我が強いキャラですが、だからこそファッション部と演劇部の対比がわかりやすく伝わります。冒頭で演出の雷に撃たれるつぼみに全俺が萌えた。
 戦闘シーンの作画が悲しみを背負っていたように見えましたが、ビームを鏡で反射するというありがちなアイディアがこんなところで生きてきた。

 今日の分はまだ見てないです。久々にムーンライトが出てくるときいて。


春歌誕生日の某スレ(私だ!さん)

 なんという優しさに満ち溢れたスレ。シスプリの精神は確実に受け継がれているのでした。
 リピュアの春歌は1GBくらいのテキストで語りたいくらい可愛かったです。
 あと、春歌は大きいほうだと思いますが、90に到達しててはいけない。


▲このページのトップへ

戻ります