歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月

 


 

2009/9/1

■幻想麻雀Rev2を買いに行ったけど、まだ出てなかったみたいでした。
 昼過ぎだったので既に売り切れてたのかもしれないけどね!
 まあ、それならそれで再販待つのみよ。
 ついでに非想天則も探してみましたが、見つからなかったです。緋想天はあったけど。

 手ぶらで帰るのも悔しいので、同人誌をいくつか買ってきますた。
 あとりえ雅さんの「ホウカゴティータイム3」と、超あるまじろくらぶさんの「酔ってるからしょうがない」。
 棚の半分以上が東方とけいおんで占められていたのは、何の陰謀だろうか。

 雅さんの担当は百合4コマであり、今回も期待を裏切らないムギっぷりでした。
 たくあんおいしそうです。

 源さんの酔いどれ東方本は、相変わらずの奔放極まる疾走感。
 酔った魔理沙がダメすぎる子に。そして霊夢が力技キャラに。ていうかお前実はあんまり酔ってないんじゃないか。
 だめだこいつら…早く何とかしないと…


■幻想麻雀は、先日100戦到達しました。勝率は33%くらい。
 霊夢使ってるワリに振り込み率が高いので、せめて7%台まで下げられるようになりたいです。

2009/9/4

■『咲 -Saki-』、第21話。

 今回から個人戦が開始。
 東風20回で点数上位が勝ち残りという、タコスのためにあるようなルールです。
 19回戦を終えた時点で、予想通りタコスがぶっちぎりのトップ。

 最終戦、奇しくも竹井部長と福地キャプテンが同卓。
 人、牌、流れ、熾烈な読み合いを制したのはキャプテンでした。
 部長が見せた赤五萬切りリーチは、側聴(ソバテン)が無いように見せかけての七萬待ち――フリー雀荘に慣れた人間ほど引っかかりやすい手ですが、キャプテンは見抜いていました。さすが。

 一方透華は、同卓したかおりんに国士を振り込んで真っ白に燃え尽きていた。

2009/9/6

■『フレッシュプリキュア!』、夫婦ゲンカの回。
 そして、驚きの戦闘シーン。

 ラブと大輔のケンカは毎度のことですが、それがせつな絡みということで、ちょっと厄介なことに。
 最近のラブはせつなにべったりだったからねー。
 最後はちゃんと仲直りしましたけど、手を握るのも恥ずかしい大輔……青春だなあ。

 ナケワメーケとのバトルは、まさかの野球対決。
 ヒット、バント、ラッキーヒット、そして走者一掃ホームラン。
 西の采配ミスというのは、あまりにもかわいそうではある。

2009/9/10

■あー、今週は咲休みだった…


■幻想麻雀は、日を追うごとに成績が落ちてきました。
 一番効いてるのが、トップ率の低下。
 振り込み率は、もう少しで7%台に復帰できそう。


ベビプリブログは氷柱の番

 私の膝枕で心行くまで眠るといいよ!

2009/9/13

■『フレッシュプリキュア!』、タルトの故郷の回。
 ラビリンスの皆さんはお休みでした。

 長老に呼び出されて、スイーツ王国に帰ることになったタルト。
 互いに涙を堪えながら別れたはずなのに、ラブたち一緒に来ちゃってるし! しかも半分は興味本位。
 実は王国の王子だったり(ただし継承権第100位以下という遠さ)、許婚がいたりと、意外な素性が明らかになりました。
 それにしても、公用語が関西弁ってどういうことなの…(人によって大阪弁風だったり京都弁風だったり、微妙に違うらしい)

 久しぶりに会えたタルトをラブたちの世界に帰したくないがゆえに、魔神の封印を解いてしまうフィアンセ。
 しかしタルトは、愛に溺れるあまりいけない行動に出たフィアンセを嗜めるどころか漢らしく諭します。マジかっこいい。

 新アイテムをゲットしたところで、再び元の世界に帰ることになったのでした。

 

 次週、西さんが大活躍。
 まあ、ある意味毎回活躍してるような気がしないでもない。

2009/9/20

■1週間も更新するヒマなしとかどういうことなの…


■『フレッシュプリキュア!』、美希たんとせつながかみ合わないの回。
 幼少時の美希たんに萌えた人はとりあえず挙手。

 場を繋ごうと必死に話しかける美希たんに対して、反応が短すぎるせつな。
 素直で真面目なのはいいのですが、長々とおしゃべりするのは苦手なようです。
 ファッションセンスも美希とは大分違うようですが、そんなせつなの性格だからこそ、はっきりとダメ出しもできるわけで。

 そのころ西さんは、かつてないひもじさを味わっていた。

2009/9/22

■期せずして連休。まあ基本的に引きこもってるだけなんですが。
 あ、先週の咲まだ見てない…


■DSサガ2買いました。
 仕事の合間などにちまちまと進めながら、現在は江戸世界。
 えちごやに売ってるフレアの書を、なんとしてでも手に入れておきたい。

 あしゅらとビーナスがかなり厄介でしたが、どうにか倒しました。

 ビーナス戦といえば、シリーズ屈指の名台詞、
「おまえたちまで わたしにさからうのか!」
「いまのあんたが いちばん みにくいぜ!」

 も、そのままに。
 戦闘中(一定ターン?)「○すべて」を得るイージスのたてを張られると、ほとんどの攻撃を無効または半減されるため、連携連発で一気にたたみかけるのが最善の方法です。

2009/9/24

■『咲 -Saki-』、第22話。
 のっけから京太郎の妄想全壊です。脳内とはいえ、いい役どころでありますな。

 個人戦2日目は、半荘戦。
 優希とは正反対の、南場で走るタイプの打ち手など、まだ見ぬ強豪が現れました。
 それでも、団体戦で活躍した和や透華など、主だった選手はほぼ上位。

 一方その頃、咲は4半荘連続プラマイ0で終えていた。
 遊びすぎです咲さん……
 まあ、和の叱咤を受けて本気で戦う気になったようで、残りの戦いはマジの咲が見られそうです。

 9回戦。
 咲、竹井部長、モモ、ともきーと、咲でも一筋縄ではいかない面子です。
 咲の得意な槓を封じるため、3人が結託して順子場にもっていくという作戦で、局を消化してゆきます。
 思い描いた流れが来ず、戸惑う咲。
 そしてモモは――密かにステルス発動。
 虎視眈々とトップを狙っていた。

 次回、後編。
 …まだ見てないのです。

2009/9/29

■DSサガ2、アポロンを倒して女神と出会い、中央神殿にてキャラ育成。
 モンスターも念願のタイタニアになり、あとは人間とエスパーを鍛えるだけです。
 タイタニアは通常種ではなく変異種ゆえ、ファイア、ブリザド、サンダー、フレア、デジョン(全体即死)、ヒール(全体HP回復)という、隙の無い技構成。唯一の欠点は、通常攻撃がないことくらい。


■『フレッシュプリキュア!』、明日は来ないの回。
 日に日にラブとせつなが似てきている件。さすが夫婦。

 サウラーとウェスターの共同戦線ということで、ナケワメーケも2体に。
 百戦錬磨のプリキュアは4人の合体技で難なく退け、明日を取り戻します。
 しかし、不幸のゲージはとうとう満タンになってしまい、インフィニティが発動。
 それと共に、シフォンは何処かへと消えてゆくのでした。

 そう、今まで数々の奇跡的な力でプリキュアを救ってきたシフォンこそが、インフィニティそのものだったんだよ!
 な、なんだっ(ry

2009/9/30

■DSサガ2、ラスボス「最終防衛システム」を撃破し、クリア。

 2体いるうちの1体を女神が、もう1体をプレイヤーが引き受けることに。
 砲台×4→メガスマッシュときて、GB版どおりだなーと思っていたら、まさかの人型変形。
 スターバスターを一通りぶっ放し飽きた頃に、もう1体の防衛システム(女神が戦ってた方)と超無敵合体!
 完成、究極合身最終防衛システム!

 サガのラスボスがスーパーロボットだったなんて……もう何がなにやら。

 速攻スターバスターとディレイスターバスターの撃ち分けに、次々と倒されていく仲間たち。
 一人生き残った人間がフルケアの書(パーティ全員のHP全快)とエクスカリバーを必死に振るい、なんとか倒しました。
 …ガラスの剣とか使うの忘れてた。

 ああ、そうそう。
 サガ2名物・はにわ先生も倒しましたよ。
 基本は体当たりなどのしょぼい攻撃しかないのですが、思い出した頃に飛んでくるフレアと七支刀が危険この上ない。
 さらに高HPかつ毎ターン1000HP回復という外道っぷり。噂に違わぬ強さだぜ…
 低確率で七支刀を落とすらしいので、いつか入手したい。

 2周目はどうしようか考え中。
 サブシナリオとかモンスター図鑑とか闘技場とか、やりこみ要素が無駄に多そうなので(特定サブシナリオ限定とか、闘技場限定アイテムとかもあるらしい)、とにかく面倒です。
 1周目の最終データを鍛えまくってから引継ぎするのがいいかな。


▲このページのトップへ

戻ります