歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月

 


 

2009/8/2

■幻想麻雀、魔法店でボコボコにのされました。
 卓には魔物が棲んでゐる……

2009/8/3

■『フレッシュプリキュア!』、せつな、ダンスを始めるの回。
 最近空気気味だったブッキーが、ここにきてせつなの心をグッと近づけるきっかけに。
 「忘れ物をしちゃった」
 というブッキーのセリフでピンときたひとも多いことでしょう。お揃い。
 あと、今日もウェスターさんは萌えキャラでした。そりゃまあ、川を下っていけばいつかは海に辿り着くけどさ!

 OPとEDも新しくなりました。
 OPはアレンジにとどまった程度ですが、EDは新曲でダンスも一新。
 3Dでアクティブに踊るのは相変わらずで、あの踊りにくそうなスカートでがんばるパッションがステキです。

 ブッキーかわいいなあ。

 次回予告……ま た 芸 人 か

2009/8/6

■『咲 -Saki-』、第17話。
 最初から最後まで池田かわいそうです。

 後半戦開始までの小休止。  和、キャプテン(福地)、モモは、それぞれの大切な人に、最後の勇気を届けに行きます。
 一方衣は、自販機で買ったイチゴミルクをすすっていた。
 ひょっこり顔を出すカツ丼の人。

「おまえさ……そろそろ麻雀を打てよ」
「今打ってるよ?」
「おまえのは打ってるんじゃない、打たされてるんだ」

 大将戦後半戦開始。

「衣が『麻雀を打たされている』だって? ※鳥滸言を!」

 前半荘の勢いが止まらない衣は、開始早々怒涛の上がりを見せます。
 しかも、もともと点数の少なかった池田を狙い撃ちし、持ち点を0にしてしまうといういたぶり様。池田の目から光が消え失せます。
 ちなみに衣の手は、違う牌を残しておくと、普通に池田をトバせてました。
 つまり、勝ち確を蹴ってまでナメプレイ。ひどい。

 とにかく、こうなると、咲とかじゅはツモすら許されない状況。
 衣から直撃するのが唯一残された手段ですが、難しいなんてもんじゃない。

 次局、役なし嵌六筒待ちで聴牌する池田ですが、点数が無いのでリーチもかけられず。
 次の瞬間、そんな池田の手を見透かしたかのような、衣の六筒切り。池田の首の皮が1ミリずつ剥がされてゆきます。
 さらに、その六筒を咲がポン。池田の首の皮が一気に3センチ剥がされます。
 残る六筒はたったの1枚。
「お願いします、あたしのツモるところにいてください…」
 神に祈る池田の願いが空しい。

 次巡の咲のツモ番。
 四索をカンして嶺上から持ってきたのは、池田が待ち望む六筒。池田オワタ。
 この六筒は咲の上がり牌ですが、前述のとおり、ツモだと池田が飛んで終了になるため、これで上がることはできません。
 手のひらの上で踊る池田や咲を無言で嘲笑う衣。
 しかし、咲はこの六筒を加槓。と同時に、自分の点箱を徐に開きます。
 半分呆けていた池田でしたが、ギリギリで我に返りロンの声。
 カンドラも乗って搶槓ドラ7、16000点の3本場は16900点の収入は非常に有難い。
 微塵も表情を変えずに17000点を差し出す咲。ていうか、池田がロンと言う前に既に点箱を開けてるとか、怖すぎるだろ。
 もしかすると、手のひらの上で踊らされているのは衣かもしれない。

 ともあれ、咲のおかげで窮地を脱した池田。
 衣の思惑に反して、咲も、池田も、そしてちょっぴり空気気味なかじゅも、まだ死んでない。
 次回、調子に乗った池田が、大将の意地を見せる。

 

※鳥滸言(おこごと)
 「鳥滸(おこ)がましい言葉」、つまり、分不相応な言動。生意気なセリフ。
 元々の意味だと、ばかばかしい言動。

 

 Q:そういえば、後半戦開始までの休憩時間に結局おトイレに行けなかった咲ちゃん、どうやって解決したの?
 A:のどっちが飲n(ry

2009/8/9

■『フレッシュプリキュア!』例の芸人回。
 本人たちの演技には繊毛ほども期待してないけど、一応見る。


アトリエかぐや『プリ☆さら』公式サイトオープン

 巫女服雅…じゅるり。
 雅抱き枕は、第3次製造分も既に予約でいっぱいだそうです。正直ちょっと欲しい。

2009/8/10

■『フレッシュプリキュア!』、一応見ました。

 見なきゃよかった!

 演技は本職じゃないからしょうがないとしても、ネタをムリヤリ詰め込まされたのがもう見てられなくて。
 あ、ウェスターさんはきょうもかわいかったです。


ファミレス4コマ『WORKING!!』アニメ化

>小鳥遊宗太 : 福山潤

 八千代パフェ噴いた。
 で、伊波ちゃん役は誰よ。

2009/8/12

■『咲 -Saki-』、第18話。池田、三日天下。

 前回、咲に倍満を振り込んでもらったおかげで、辛うじて窮地を脱した池田。
 キャプテンとのラブラブな日々を思い起こし、卓上で奇声を発すると共に気合注入します。
 次局、何度も上がりを崩しながら手を高めて行き、超好形のテンパイに。

「リーチせずにはいられないな」

 上がり牌を一発でツモり、数え役満を炸裂させます。
 これでかなり持ち直した池田。

「そろそろ混ぜろよ」

 池田かっけー!

 しかし、池田の天下は長くは続かず。
 かじゅがほぼ親満(11600点)を上がり、池田の親はあっさり蹴られます。

 

タコス「割れ目がこすれて気持ちいいじょ…」

 ここで靴下を脱ぎ、ついに本気モードの咲。
 ツモのみ、嶺上のみ、発のみという安手3連続で、一気に親番を持ってきます。
 迎えた南3局。

六筒ポン→次巡に六筒加槓→八筒暗槓→嶺上開花…と見せかけて三索暗槓→嶺上開花、8000オール

 …こんな麻雀、良い子は真似しちゃいけませんよ!

 

 といったところで、次回に続く。
 のはいいのですが、今更過ぎるルール説明(大明槓は責任払い、連続槓でも同様)が、強烈に次回のネタバレをしているよーな気がするのですが大丈夫か。

2009/8/16

■のんびりと過ぎ去ったお盆休み。
 コミケ等に参加された皆さん、お疲れ様でした。

 北海道では、23日につどーむでイベント。
 出られるかなあ。


■『フレッシュプリキュア!』、ラブのおじいちゃんの回。
 ラブの名付け親が、まさかの……ハイカラどころじゃないじじいですな。
 「お前のいるべきところへ戻りな」
 と言ったじいちゃんは、ラブの記憶の中のじいちゃんであり、生前の本人ではないので念のため。

 一方西は、カキ氷をむさぼってアイスクリーム頭痛を起こしていた。

2009/8/19

■『咲 -Saki-』、第19話。決着。

 前回の親倍ツモで一気に追い上げるかと思わせた清澄でしたが、衣が跳満ツモで一蹴。
 逆転のチャンスは、あっさりと封じられてしまいます。

 オーラス、親はかじゅ。
 ラス親のかじゅは上がり続けさえすれば逆転の目がありますが、咲は衣に役満直撃、池田に至っては100%不可能な状況です。
 「30回くらい流局して不聴罰符を稼ぎまくった後に役満直撃すれば逆転できる」
 とか寝言。まあ、諦めないという心は大事ですけども。
 当の池田は本気でそう思っていたわけで、一度は四暗刻単騎をツモ上がるも、あっさり捨ててしまいます。役満上がってラス確とかひどい。

 場が進み、衣がついに掴んだ、咲への当たり牌、1筒。
 衣の感覚によると、そのままツモ切って当たったとしても12000点、逆転はされない点数です。
 自分の感覚を信じ、1筒を切った衣。

「麻雀って、楽しいよね!」

 突如、衣にそう話しかける咲。何を言い出すんだこいつは。
 そして1筒を3枚さらし、得意の槓。
 嶺上から有効牌を次々と引き入れながら3連続槓、そしてツモ。
 清一色・対々和・三暗刻・三槓子・嶺上開花・赤1、数え役満32000点。
 大明槓の責任払い(槓をした人が嶺上開花で上がったとき、ツモ上がりにもかかわらず槓させた人が振り込んだ扱いにするルール)により、咲が衣から直撃したことになるので、きっかり逆転というわけです。

「麻雀って、楽しいよね!」

 と言いながら、笑顔で63500点差をまくった咲さんマジおにちく。

 「楽しかった。また一緒に打とうよ!」
 笑顔の咲も。
 「個人戦では負けないからな!」
 捨て台詞を吐きながら退場する池田も。
 「いい勝負だった。次に打つときは、私が勝つ!」
 静かに手牌を伏せ、清々しい表情で席を後にするかじゅも。(ちなみにかじゅは、国士一向聴でした)
 衣との麻雀を嫌がるどころか、本当に楽しんでいた。
 そして、龍門淵の部員たちも。
 長い間孤独に生きてきたと思っていた自分に、ちゃんと友達はいたんだ。
 そう思うと、嬉しくてたまらなかった衣でした。

 

 次回、特訓と称した水着回。なぜに? しかも咲さん競泳水着?

2009/8/21

23日につどーむでイベント。
 私は仕事でいけなくなりました……皆さん楽しんできてください。

2009/8/24

■『フレッシュプリキュア!』、謎だらけの男・カオルちゃんの回。
 カオルちゃんTUEEEEEEEEEE!!

 あるときはドーナツ屋、あるときはフリーエージェント、しかしてその実態は、某国の教育係! な、なんだっ(ry
 とまあ、最初から最後までいろんな意味で笑わせてくれました。
 黒服相手に大立ち回りを演じ、挙句にナケワメーケの弱点に痛烈な一撃を与えたり、戦闘力高すぎです。

 あと、今週のナケワメーケがどう見てもアジムです本当に(ry
 そしてエメラルドスプラッシュ。

2009/8/26

■『咲 -Saki-』、第20話。

 あれ? 内容全然覚えてねえ。
 みんなが水着着てキャッキャウフフしてたんでしたっけ?


■桃色シンドローム4巻買ってきました。
 変態マンガとは思えないほど無駄にシリアスで謎めいた展開になりつつありますが、一体どういうことだ。
 とか思わせる一方で、登場人物はやっぱりいろいろとダメなひとたちなのでした。歌奈ちゃんMかよ…

2009/8/30

■『フレッシュプリキュア!』、タルトが病気になっちゃったの回。
 ですが、アバンタイトルだけでオチがわかってしまったのはしょうがないですよねー。
 オチのせつな怖えー!

 本編の方は、タルトの正体がばれそうになるのをなんとか隠し通すというのが主なお話。
 それよりも、どっかの深夜番組で見たようなアレとか、迷惑考えずに突撃取材とか、一部マスなんたらのくされっぷり全開でした。
 最後はちゃんと改心したようで、リアルの一部マスなんたらも見習えばいいのに。

 もうひとつ。
 ヒーリングフレアフレッシュを正常な者にかけた場合、とてもいい気持ちになるようです。
 ブッキーかわいいからなあ。


▲このページのトップへ

戻ります