歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2009年 1月 2月 3月 4月 5月

 


 

2009/6/2

■ゴッドハンドを最初からやってますが、1−5が突破できません。
 ハードでやんなきゃ良かったかな……でもイージーだと手ごたえ無さ過ぎるしな。


■本をいろいろ買ってきました。
 具体的には、アルカデ、G’s、REX、パニッシャー6巻、ふおんコネクト3巻。

 アルカデは、巻頭にウメハラインタビューとカードゲーム特集。対戦ゲーム攻略は軒並み巻末に行ってしまいました。
 G’sはいつもどおりベビプリ目当て。まさかの霙姉さんメインのお話でした。ああ、こうして見ると普通にかわいいなーこのひと。
 REXは、表紙のティンクルセイバーに惹かれて買ったものの、それ以外はムニャムニャ。新入部員が増えてたり、ティンクルさんの衣装がいつの間にか新調されてたんですね。今年中に4巻は出るのかな? のんびり待ってます。

2009/6/3

■咲-Saki-、第8話。今回は、決勝前のインターバル的なお話です。
 予選2回戦も問題なく突破し、決勝進出が決定した清澄。たっぷり食ってたっぷり寝て、英気を養います。
 また、同じく決勝進出を決めた風越、龍門淵、そして鶴賀のメンバーも、それぞれの思いを胸に秘め、決戦前夜は静かに更けて行くのでした。

 まあ、対局があるわけでもないので、あんまり書くことないんですが、なにやらタコスと京太郎が面白い関係に。

2009/6/4

■先日、何故か『ステルラエクエス コーデックス』を買ってしまった歌音さんです。
 桜の胸につられたわけではないんですが。うーむ。

 で、とりあえずメインヒロインらしい十六夜ルートをクリア。
 前半は適当にバトルや謎を振りまきつつも日常的漫才をやってたのに、後半は何だかやたら哲学的なお話になってしまい、挙句の果てに一巡した世界で俺たちは平和に暮らしています。ちゃんちゃん。(最後ちょっと違う)
 シナリオ進行が、ドラクエ2の終盤並みのに急展開で……まあ、一応ハッピーエンドみたいだし、コレでよかったのかな。

 桜、難しいことよくわかんなーい。
 あと、十六夜はアホかわいい。

 予約特典の『あなたの中に眠る力を覚醒させるCD』ですが、ヒロインたちが一人ずつ、主人公のことが好きであることを延々と語り続けるという、凄まじい内容でした。アレは最早新手の精神汚染だ。
 念のため、布団に入ってイヤホンつけて聴くことをおすすめします。

2009/6/5

■『ステルラエクエス コーデックス』、桜ルート進行中。
 昨日突然家が火事になって路頭に迷っていたという桜を、しばらく自宅に住まわすことになりました。
 ちなみに主人公の両親は既にいないので、桜と二人きりです。
 ということは、エロゲ的にお約束なイベントがあれやこれやと。何だこのベタな展開。
 まあ、正直言ってキライではないですが。むしろこういうのはお約束であるべき。

2009/6/7

■『けいおん!』第8話、あずにゃん登場!
 とはいっても、今回は顔見せ程度で、唯たちと本格的にからむのは次回以降です。
 劇中で披露された新曲のCDも、近いうちに発売されるのでしょう。


■フレッシュプリキュア、イースの新しい力の回。
 サブタイトルにまんまと釣られた大きいお友達は、その正体に驚いたことでしょう。
 あと、今回は終始シリアスなお話です。

 メビウスから受け取った、三角形のカード。
 その効果は、使用者に耐え難い苦痛を与える代わりに、ナケワメーケを大幅にパワーアップさせるというもの。
 試験使用である今回は、腕一本分の苦痛でプリキュアを少し上回る程度の強化を得られましたが、もしもこのカードの本気を出したなら、いとも容易くプリキュアを倒せることでしょう。無論、その場合は使用者の命の保障はできませんが。
 一時、新技3人がかりのプリキュアをも圧倒しましたが、マスターであるイースが苦痛に耐えられず、ナケワメーケのパワーが弱まった隙を突き、プリキュアの勝利。
 図らずも、プリキュアに助けられた形になったイースでしたが、敗走後、「これさえあればプリキュアに勝てる」などとなぜか強気な発言。それ敗北フラグよ!

 次回予告によると、来週もイースのターン。
 そしてもうすぐ4人目のプリキュアが登場するそうです。
 シルエットや後姿ならともかく、今週は横顔がばっちりと。どう見てもイースたんじゃね?

2009/6/8

■『ステルラエクエス コーデックス』、桜エンド。
 種を越えた愛だったり、かつての敵が味方になったり、十六夜ルートよりも熱い展開が多めで思ったより良いお話でした。結末は似たような感じでしたが。
 後半、十六夜が完璧に空気扱い。まあ、十六夜ルートでは桜がほぼ空気だったし、おあいこですかね。

2009/6/10

■『咲-Saki-』、第9話。ついに決勝が始まりました。
 ルールは、5人のメンバーが点数を引き継ぎながら半荘2回ずつ、合計10回のトータルスコアを競うというもの。かなりの長丁場です。

 予選の布陣と同じく、先鋒はタコス。
 ところが優希は1回分のタコスしか用意しておらず、しかもなけなしのタコスを自分への差し入れと勘違いした龍門淵の井上に食われてしまい愕然。
 風越のキャプテンがくれたお弁当――の中に入ってたタコさんウィンナー――のおかげで、どうにか大ピンチは免れました。
 ともかく、エネルギー補給は完了。いざ開始!

 ところが、東場無敵といわれたタコスが、井上の鳴きによって流れをさらわれてしまい、ピンチ再び。
 これをきっかけに波に乗り出した井上の速攻に、他家3人は手も足も出ず。
 気付けば龍門淵の圧倒的リードで前半戦終了です。

 後半戦開始前、京太郎がタコスを買ってきてくれたおかげで、今度こそ本気モード。
 東発の親を引き当てたタコスが本領発揮、いきなり親ッパネ確定のリーチをかまします。
 が、またしても井上の鳴きにより、流れを変えられてしまうのでした。どうにも思い通りにいかない。

 そのまま井上の流れで、南入。
 トップが取れないなら、せめて1点でも多く残して次に繋ぎたい。
 気合を入れなおしたタコスは、大物手で挽回を狙います。
 そんな気配を察した井上は、足止めのリーチ。
 捨牌を見ると、タコスの切りたかったドラが超危険牌。しかし、これが切れなければ聴牌になりませんし、かといってオリては挽回のチャンスを手放すことにもなりかねない。

 ここで、風越のキャプテン・福地美穂子の右目が開眼。場を読みきった美穂子が切り出したドラにより、タコスはピンチがチャンスに一転、意気揚々とリーチ宣言。
 目論見が外れた井上は、一発で当たり牌を掴んでしまい、タコスに振り込み。トップから24000点を直撃し、少し挽回します。
 次局、美穂子のアシストでタコスがもう一上がり。
 ペースを乱され始めてさすがに焦りだす井上を見逃すわけもなく、今度は美穂子が攻勢に出ます。息もつかせぬ目まぐるしい展開。

 終わってみれば、後半戦で一気に巻き返した風越がトップ。他の3人はマイナスで先鋒戦終了という結果になりました。
 キャプテン恐るべし。

 

 美穂子が場を読みきった仕組みがわからないという方は、Heavenly Twinsさんのこちらのページに詳しい解説が載っておりますのでご覧ください。

2009/6/11

■『ステルラエクエス コーデックス』、氷織エンド。
 他の二人のお話の補完が主な役目だったように見えました。けど、なんかすっきりしないなー。
 ちなみに結末も他と同じ。

 残る2人、旭と伊那帆のエンディングを回収。
 根本の問題に決着がつかないまま、意中のヒロインと幸せな時を過ごすというものでした。どう見てもムリヤリ用意した結末です。
 それならいっそ樹エンドも用意すればよかったのに。

 これにて、一応コンプリート。
 「ストーリーがくどいけど、キャラはかわいい」
 というのが正直な感想です。何だそりゃと言われても仕方が無いほど感想になってない気もしますが。
 桜ルートは、ワリと納得のいくお話でした。

2009/6/12

■ステルラエクエス:コンプ
 カンパネラ:データが飛んだのでもうやる気しない
 クルくる:スペック満たしてないので動かない

 というわけで、積みエロゲがなくなりました。わーい!
 ついでに、気晴らしにゴッドハンド1周してきました。(またかよ)


■『けいおん!』、第9話。
 OPの一部にあずにゃんが増えました。EDは変わらず。
 登場2話目にして早くも澪人気を大幅に掻っ攫っていったようです。すごいぞあずにゃん。

2009/6/14

■『フレッシュプリキュア』、3人が倒れるの回。
 厳しいダンスレッスンとプリキュア時の激しい戦いによる疲労がついにピークに達した3人。
 2体目のパワーアップ版ナケワメーケとの戦闘の後、レッスンに向かう途中の路上で倒れてしまい、そのまま救急車で病院送りとなってしまいます。小さいお友達には朝からキツすぎるんじゃないかこの展開。
 一方のイースもかなりのダメージを負ったようで、衣装の右腕部分がボロボロになっておりました。

 次回予告で、4人目の正面からのショットが公開。
 どう見てもイースなのですが、「またみてね!」のところでタルトが見つけたと言ったシルエットはみゆきさん。一体どうなってるんでしょうか。

2009/6/16

■風邪引いたー。

キュンキュン!

 アニメ見たりゲームする気力も無いので、今日届いたあべにゅうの新アルバムを聞きながら寝ます。


ベビプリブログは蛍の番

 こんな寒い日には、蛍が淹れてくれた温かいコーヒーでホッと一息。
 と思ったら、本命はコスプレだった! 全く油断ならんな!

2009/6/18

■風邪なおったー。

 というわけで、『咲-Saki-』、第10話。
 副将及び大将戦までまだ時間があるということで、仮眠室にて一眠りすることにした咲と和。
 ぴったりくっつけあった2つの布団で、手を繋いで仲良くおねむです。
 服着たままだと皺になっちゃうので、ちゃんとスカートを脱いで布団に入る和。ぱんつも脱いでいるように見えたのは多分気のせいです。

 会場では、次鋒戦が開始。
 「写真記憶にも似た記憶力」と「ツモが染め手に偏る」という二つの能力を持つまこの出番です。
 超記憶力で危険回避しつつ染め手で高い攻撃力と、一見無敵と思われた彼女でしたが、しかし、弱点は意外なところに存在した。
 それは、「初心者相手だと逆に能力を生かせない」ということ。
 雀荘で打ってる人は一定の手順や押し引きといった「セオリー」を理解しているものだが、初心者にはそれがない。
 つまり、まこの超記憶力どころか、普通の捨て牌読みすらも通用しないわけで、もうどうしていいかわかんねーよってな具合。

 結局、終始守備気味に打つしかなく、さらにビギナーズラックによる役満炸裂親っかぶりまで食らってしまったまこは、いいとこなしで惨敗してしまったのでした。
 麻雀とは、つくづく恐ろしいゲームである。

 

 次回は中堅戦、竹井部長の出番です。


「そんな馬鹿な…」と唸ったゲームの展開

 アルトネリコ2で、メタファリカに失敗して瑠珈が死んだとき。
 初代スト2で、CPUザンギのスクリュー食らって体力半分から死んだとき。

2009/6/20

■『けいおん!』、第10話。
 夏だ! 海だ! 合宿だ!

 というわけで、あずにゃんが増えたという点以外は去年とほぼ同じ内容の合宿でした。
 よく遊び、よく食べ、よく寝る。練習もちゃんとしたよ。
 そして、澪にフジツボの悪夢再び。

2009/6/21

■近所のCDショップで、けいおんのキャラソンシングルCDが2種類ともトップ10入りしてました。
 私は買ってないので知らなかったんですが、そんなに売れたのか。


■『フレッシュプリキュア!』、イースたんが仲間になるフラグが着実に回収されていくの回。

 ……だと思ったら、今週お休みなのね。残念。
 朝っぱらから全米オープンとか放送されても。

2009/6/23

■風邪が完治しない。
 熱は無いのですが、鼻水がひどいです。
 もしかして風邪の所為ではないのでは、という気がしてきた。砂埃とか。


ベビプリブログはひょうちゅうの番

 ひょうちゅうちゃん迂闊! そして兄は仕方なく彼氏役になってあげるわけですね。
 でもこの展開は、いつかやってくれるだろうと読者の誰もが妄想していたのではなかろうか。
 しかし、ゴッド公野のことですから、きっと予想だにしなかった結末になるはず。

2009/6/24

■『咲 -Saki-』、第11話。
 中堅、竹井部長の出番です。
 先の二人が噛み合わずにいいとこなしで終わったため、最下位での引き継ぎとなったわけですが、ここから清澄の反撃が始まる。

 大事な場面であるほど敢えて悪形の待ちにして、そして勝ってしまうという妙な偏りのある竹井部長。
 彼女のそんな奇運は、この大会でも恐ろしい命中率で炸裂します。
 多面張を蹴って地獄単騎なんて、やられたほうにしてみればたまったものじゃない。
 和のようなデジタル理論派の打ち手ならば100%とらない聴牌形ですが、それを上がってしまうのが部長マジック。そして実戦の怖さでもある。

 ともかく、通常の読みが通じない打ち筋を2回も3回も見せ付けられて、恐怖のあまり思うような麻雀が打てなくなった他の3人。
 オーラスで龍門淵の国広一が跳満をツモったものの、前半戦で大きく巻き返した清澄なのでした。

 一方、和にエトペンを届けようと駆け回っていた衣は、傷ついたぬいぐるみを手に、途方に暮れていた。
 あと、咲は涎をたらしながら寝ていた。

2009/6/26

■某所の萌えっぷりを見てたら、PS3持ってないのにロロナのアトリエ欲しくなってきた。
 ……本体ごと買うかッ!?(落ち着け)


テンション上がってきた!

 当初は彼氏役をトゥルー兄ではなくヒカルにやってもらおうと思っていたようですが、この手の話題にはちょっぴり鈍いヒカルには遠まわしな言い方だと伝わらなかったみたいです。
 で、最後の手段であるトゥルー兄に彼氏を演じてもらおうと、氷柱なりに精一杯のお誘いを決行したというわけです。がんばった! ひょうちゅうちゃんがんばった!
 あと、頭というか顔面が緩んできてるのは、きっと私を含むトゥルー兄の皆さんのことだよ!
 心当たりのあるみんな、月曜日を楽しみに待とうじゃありませんか! フヒヒ!

2009/6/28

■餓狼MOW(XBLA版)買いました。
 ボスキャラは最初から使えるようですが、人間が使うと決して強すぎるということはないわけで。
 フェイントキャンセルとかジャストディフェンスとか、なかなか上手くいかないなあ。


■『フレッシュプリキュア!』、茨がイースの身体に絡みつくの回。

 プリキュアとイース、そしてその場に居合わせたみゆきの近くに、ついに姿を現したアカルン。
 しかし、その姿にはまだ誰も気付いておらず、アカルンもまた、イースかみゆきか、どちらの元に行くべきか決めあぐねている様子でした。
 戦闘は、今回もやはり苦痛に耐え切れなかったイースの敗北。
 カードの力を使えるのは、あと一度だけ。そしてイースの身体はもうボロボロです。

 次回予告、4人目のプリキュアの、正面からの素顔が公開。
 どう見てもイースです。本編での思わせぶりな前フリが台無しじゃないか!
 ……と、ここまでやっておきながら、まさかのみゆきさんだったら、もう全国の大きいお友達は正気ではいられないよなあ。


■『けいおん!』第11話。
 些細なことからケンカするも、ちゃんと仲直りする律と澪でした。前半がなぜかシリアス展開でしたが。
 次回、いよいよ最終回。学園祭ライブで締め括り。

 あー……もう終わっちゃうのか。

2009/6/30

■アマガミラジオのゲストに、七咲逢役のゆかなさんが出演。
 吐息が荒くなってしまいますよ! 七咲はかわいいなあ!!
 そんなゆかなさんに萌えすぎた新谷さんの溶けっぷりもひどいことに。抱きしめたいとか、お持ち帰りしたいとか、トークの最中によだれ垂らすとか。


▲このページのトップへ

戻ります