歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2009年 1月 2月

 


 

2009/3/1

■休みだというのに、目覚ましもかけずに8時29分に起床。何の能力だろう。
 そんなわけで、起き抜けのフレッシュプリキュア、遊園地で合同デートの巻。
 しかし、絶叫マシンやらオバケ屋敷やらといった男たちの思惑を尻目に、女性陣は存分に楽しんでおられました。
 あと、不幸ゲージ増加作戦のために来ていたウェスターさんも、カートに乗ったりしてけっこう楽しそうでした。

 ボートに仁王立ちするラブかっけー。

2009/3/2

■スト4、トライアルモード・ノーマルを全てクリア。いやー、長かった。
 必殺技禁止とかガード禁止とかキャラ透明とか、制限内容が危険すぎる課題もあったりして、とにかく大変でした。ザンギじゃなかったら絶対挫けてた。
 25連戦なんて、しばらく見たくないです。

 対戦時は、主にバルログを使ってます。
 最大火力も体力も低めですが、その分リーチとスピードで有利なので、ヒット&アウェイを信条に。
 ガン攻めできるキャラではないし、基本逃げ気味の姿勢が対戦相手に印象悪いのか、使用人口は少ないようです。

 でも、ホントの持ちキャラ(スト2時代)は本田。


■バルむずいー。

2009/3/4

■スト4、トライアルモード・ハードに挑戦中。
 目押しとか連打系必殺技とかセビキャンとか忙しすぎて、手がついていきません。


■何か…何か忘れている気がする。
 千影誕生日は6日だし、何だっけ。

2009/3/5

■スト4、トライアルモード・ハードに挫折中。
 屈大P→大サンダーキャンセル→屈大P→EXセイスモ→HJC大バーニング→ウルコンとか、正直、できる気がしません。

 あんまりムリムリ言っててもしょうがないので、とりあえずCPU戦で全キャラクリアを目指すことにします。
 目標は、達成できそうなところに置くべきだ。

 対人戦では、ダンも使ってみたり。
 おもむろに挑発伝説を出して、最後まで手を出さずに温かく見守ってくれたら、その人はいい人。

2009/3/7

■アルカデ、SBR他、本をいろいろ購入。
 近所の本屋になぜかG’sマガジンが一冊も無い不思議。
 今月は何か特別売れる理由でもあるのでしょうか。

 視界内と射程内では無敵の能力だが、逆にいえば視界を歪められただけであっさりと負ける。
 というわけで、僅か2話でやられたディ・ス・コの存在意義はさておき、ついに本気で襲ってきた大統領。スタンド能力を垣間見せるも、ジャイロたちはまだ把握は出来ずにいるようです。
 なんか「自分の周囲に起こった事象を裏返している」ようにみえますが、やっぱり読者にもよくわかんねえ。

 エクセルサーガ22巻。ずいぶん続いてるなー。
 みょーな中弛みがありましたが、エクセル本人が復活したあたりから急激にきな臭くなってきて、現在はかなり面白いことに。
 行動力はあるし頭は回るし鋼の肉体だし、実は結構凄いやつですよね彼女。

2009/3/8

■フレッシュプリキュア、大好きなものが消えちゃうの巻。
 今回の敵・サウラーは、他の二人と違って極めて陰険な作戦で攻めてきました。
 ターゲットを子供に絞り、ハンバーグ、おもちゃ、両親などなど子供たちの好きなものを「消して」しまうというもの。これは有効すぎるわ。
 ナケワメーケの攻撃方法も煙幕に隠れたり弾幕張ったりとなかなかにイヤらしいものでしたが、ピーチの攻撃→ベリーとパインのWプリキュアキックで打ち上げ→エリアル必殺技3連発で撃退。
 消えたものたちも元通りになって、めでたし。

 そして、次回予告ではイースたん加入フラグが!


■スト4、CPU戦全キャラでクリアしました。
 一部のキャラではいっぱいコンティニューしたけどね! フォルテとか。
 動かすには面白いキャラだけど、大Pループができないと決定力に欠けるし、使いこなすのは至難なのです。

 対戦ではバルログとかダンとかダルシムとか……なんかキツイキャラばかり使ってるような。


■先日出たばかりの『セブンスドラゴン』にちょっと惹かれるのですが、いくつかサイトを眺めてみると感想が真っ二つなのでどうしたものやら。
 …まあ、とりあえずカンパネラが先ですよね。それとクルくるも。

2009/3/10

■祝福のカンパネラ。
 1ヶ月以上経つのに、まだ1周すらしていないなんて!
 面白くないわけではないんですが、ぶっ通しでプレイしたくなるようなお話じゃないんですよねぇ。

 2人のオートマタを復活させるために大量の魔力を消費してしまったカリーナ。
 自身の体さえも魔力で支えていた彼女にとって、それは単なる疲労ではありません。
 加えて、彼女が契約した魔道書には、エルタリアの命運にも関わる重大な秘密があったのでした。
 わー、なんかマズイことになってきましたよ。

 

 とか思ってたら、「魔道書の秘密」はいつの間にか発動しており、事態は既にかなりマズイところまで進行していたのでした。
 そんな危機的状況において、レスターをはじめ、アニエス、リトスなどといった頭の回る人物が何人もいるというのは、全くの奇跡としか言えぬ。


■最後の危機を共に乗り越え、カリーナエンド到達。伏線の回収が忙しい終章でした。
 クライマックスなのに、随分とあっさり終わったよーな気がするのが残念です。

 1周クリアしたので、CG鑑賞などのおまけ項目が解禁。恒例のキャラ立ち絵鑑賞もちゃんとあります。
 全身画像が見られるようになったのは良い追加点。いつもは見られないニックの斧もばっちりと。
 斧使いといいながら、戦闘で実際に使用しているのはポールアックスに近い両手斧だったりしますが。

 次は、アニエスルートかな。

2009/3/11

■祝福のカンパネラ。
 最初からやりなおすと、初回では見られなかった章末トークが見られるようになってました。

 事ある毎にレスターやカリーナをからかうアニエスが好きです。
 良い賑やかしに見せかけて、レスターのことをこっそり気に入ってるようですし。

「ぐふふ、よいではないか、よいではないか〜」

 と、その場のノリでレスターに抱きつきながら、妙なセリフを吐くアニエス。
 マァァァヴェラスにときめくぜ!(←まだまともだった頃の若本ボイスで)


■スト4、フォルテの大Pループを練習中。
 というのは、これがトライアルハードLv5の課題だから。

[大P→アバネロダッシュ(236大P、以下アバ)→小P]→大P→236大P→……

 [ ]部分が1サイクル。アバは大Pじゃなくてもいいのですが、中だと指がつりそうになるし、小だと急停止じゃなくてファヒータバスター(アバ中に大P)が暴発するので。
 200回ほど続けて、なんとなくリズムをつかみ、2ループはそこそこ出せるようになったのですが、その後のアバが出ねえ。あと1000回くらい練習しなきゃダメだろうか。

 残ってるキャラの課題も、目押しとレバー操作が忙しすぎて、手がおかしくなりそうです。おかしくなります。痛いです。
 そんなわけで、トライアルモードは放置中。

2009/3/13

■ね む い

 あと、アイマスマスタースペシャル02、亜美真美の新曲がグラディウスにしか聞こえない件について。

2009/3/15

■フレッシュプリキュア。
 イースたん加入フラグその1、まだまだ心は開かれません。

 今シリーズのザコ敵「ナケワメーケ」は、全体的に能力が高いのですが、本日登場したやつは、明らかにチート級です。
 だって、ザ・ワールド使えるんだもの。それどころか、早送り巻戻しまでも。
 しかし、他人に時計の針を動かされると自身の時間も影響を受けるという意外な弱点を突かれ、わりとあっさり撃退されたのでした。

2009/3/16

■スト4やる時間ねえ…

和風アクションRPG『朧村正』

 PV見たら「和風オーディンスフィア」としか思えなかった。開発がヴァニラウェアなのね。
 それはそうと、キャラ紹介の百姫の絵がやたらエロいです(もっと違うトコ見れ)

2009/3/17

■カンパネラ2周目。
 1章終盤、アルトワーズ邸でお泊りの巻。
 部屋数が足りないので相部屋で寝ることになったわけですが、なぜかヒロインの誰かとレスターが一緒の部屋で寝る流れに。
 そして始まる、レスター争奪戦。賞品本人は苦笑を浮かべるばかりです。
 ちなみにニックは、顔がおっかないという理由だけで女性陣との相部屋候補から外されたのでした。ニックかわいそうです。

2009/3/18

■>桜木さん
 ゲームメーターとやらに登録してみましたが、「最近やったゲーム」を入力するたびにアマゾンにアフィが張られるのが不愉快なので放置することにしました。
 自分のサイトに積みゲーリストでも晒すほうが、まだ話のタネになるよ。

 というわけで、急遽所持ゲームを晒すことにしました。思いつきですが何か。

●メガドラ
 ・ストライダー飛竜(イージーノーコンティニュークリア。ノーマル以上はムズ過ぎる)
 ・大魔界村(ノーミス2周クリア)

●サターン
 ・あすか120%リミテッド(持ちキャラは飛鳥。化学部サイコー!)
 ・ヴァンパイア ハンター(ハード購入を決意させたゲーム。持ちキャラはアナカリス)
 ・ヴァンパイア セイヴァー(アナカリス楽しいです)
 ・ウィザードリィ リルガミンサーガ(シナリオ1〜3がひとつになってお得。ボーナスダンジョンでレアアイテム大量ゲットだぜ)
 ・X−MENvsストリートファイター(vsシリーズ初代。大味だがそれがいい)
 ・グランディア(王道にして最高の傑作RPG)
 ・スーパーロボット大戦F、同完結編(スパロボ屈指の名作。魔装機神サイコー)
 ・ストリートファイターZERO2(ベガ様太いです。持ちキャラはローズとロレント)
 ・タクティクスオウガ(墓場まで持っていきたいシミュレーションRPGの名作。すでにヤンデレを開拓していたのは驚きです)
 ・ときめきメモリアル対戦ぱずるだま(キャラ差が激しすぎて実はあんまり面白くない。館林さんストーカー疑惑)
 ・バーチャファイター2(持ちキャラはアキラ。進歩里胯→鉄山靠でびっくりダメージ。当たんないけど)
 ・花組対戦コラムス(サクラ大戦やったことないのに買った。ちょっと後悔している)
 ・ぷよぷよSUN(太陽ぷよいらねえ。システムは通で完成されてたからなぁ…)
 ・レイディアントシルバーガン(トレジャーサイコー!)

●PS
 ・あすか120%ファイナル(超フェノメノンクラッシュたのしいです)
 ・ウィザードリィ ニューエイジオブリルガミン(シナリオ4と5が一緒になって略)
 ・グランディア(サターンの同名RPGと同じ。フリーズバグがやたらと発動。魔導の塔で止まると超泣けるorz)
 ・シスタープリンセス、同2、同2プレミアムファンディスク(いずれも初回版。ゲームとしては非常にかったるいが、妹たちへの愛があれば関係ないのである)
 ・スーパーロボット大戦α外伝(ゼンガー兄貴初登場。我が斬艦刀に断てぬものなしッ!)
 ・ファイナルファンタジー2(移植版。パーティアタックでHP上げすぎたり、鎧の防御力に頼ると終盤で詰むという謎システム)

●ドリームキャスト
 ・斑鳩(墓場まで持っていきたい傑作STG。我、生きずして死すことなし)
 ・カノン(有名なエロゲ、もとい泣きゲー)
 ・カプコンvsSNK2(対戦ツールとしてはかなり優れてるのに、前転キャンセルとオリコンのせいでバランスが酷いことになっちゃった)
 ・ギルティギア ゼクス(ガン攻めコンボゲー。エレキギター主体のBGMが、どれもこれも同じに聞こえて困る)
 ・グランディア2(事ある毎に1と比べられては低く評価されてますが、結構いいゲームだと思います)
 ・ストリートファイターIII 3rd strike(2D格ゲー最高峰。ブロッキングのせいで敷居が高いゲームだと思われがち)
 ・デッドオアアライブ2(乳揺ればかりが有名ですが、打撃・投げ・当て身の3すくみが熱い良ゲー。持ちキャラはレイファン)
 ・電脳戦機バーチャロン オラトリオタングラム(メカ、アクション、世界観、全てがカッコイイ)
 ・トリガーハート エグゼリカ(自キャラがスク水という方面で有名)
 ・トリコロールクライシス(3人の少女たちが「塔の主」になるための試験に挑むRPG。いろいろと惜しい)
 ・ぷよぷよ〜ん(キャラごとに特技があるという、ネタ切れ感の否めないぷよぷよ。カーくん無双)
 ・マーヴルvsカプコン2(vsシリーズ最高人気。米国人プレイヤーがやたら強い)
 ・みずいろ(エロゲの移植。これといって特徴の無いギャルゲーです)

●PS2
 ・アルトネリコ、同2(音楽の良さが際立つRPG。ファンタスマゴリアは名曲。シュレリア様サイコー!)
 ・キミキス(彼女を作ってキスしてみたいという動機もさることながら、プレイヤーの想像を遥かに超越した行動力を見せ付ける主人公の恋愛SLG)
 ・グラディウスV(トレジャーサイコー!)
 ・ゴッドハンド(ドM御用達のアクションゲーにして、プレイヤースキル養成ゲーム。ハードを1周クリアする頃には、俺の右手もゴッドハンド!)
 ・ことばのパズル もじぴったん(単純であるがゆえに、一度はまると寝食を忘れます)
 ・スーパーロボット大戦Z(せっちゃんかわいそうです)
 ・ストリートファイターIII 3rd strike(DCの同名ゲームと同じ)
 ・第2次スーパーロボット大戦α、第3次〜(バランスブレイカー・イデオン)
 ・鉄拳タッグトーナメント、鉄拳5(シリーズを重ねるごとに対戦ツールとしての完成度を着実に高めている良格ゲー)
 ・トゥルーラブストーリー サマーデイズアンドイェット(キミキスの変態遺伝子の元となったエロゲ、もとい恋愛SLG。有森先輩は俺の嫁(CV:かかずゆみ的な意味を含む))
 ・ファントムキングダム(ダメージの桁がおかしいRPG。日本一ソフトだからしょうがない)
 ・ロマンシング サ・ガ ミンストレルソング(ロマサガシリーズをいいトコ取りな、ロマサガ1のリメイクRPG。やりこみ要素がやたら多い上に乱数条件が異常に厳しい)

●XBox360
 ・ストリートファイター4(多くを語るまでも無い)

 エロゲは略。
 気が向いたら明日にでも書きます。

2009/3/20

■アマガミがいまだ届かない悲しみを、ユキの日記で癒してもらうことにします。おおお…

2009/3/21

■アマガミきたー!!

さーりゃんオメガエロス

 何よりもまず、CERO「C」で噴いた。キミキスですらBだったのに。
 それではプレイしてきます。

 とりあえず実況スレ立ててみました。ネタバレ注意。
 ご意見ご要望などあればご自由にどぞ。
 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/46849/1237635589/

 

 (数時間後、恍惚の表情で床に寝転がる歌音さんの動かぬ姿が…)

2009/3/22

■中野TRFでバルログvsブランカ大会が開催されるので、勉強してきます。
 アマガミは大会が終わってからね!

 

 大会終了。良い試合でした!
 結果はブランカチームの勝利でしたが、立ち回りでは決してバルログも負けてはいなかった。
 ただ、99秒間常に集中して相手の動きに気を配っていなければいけないという、プレイヤー性能と精神力が問われる玄人向けキャラであることも再認識させられました。

2009/3/23

■夜中までアマガミやって寝ます。
 いろんな意味で面白すぎて、他のゲームやる気起きねえ! カンパネラとかスト4とかやりかけのやついっぱいあるのに!

2009/3/24

■放置するつもりだったけど、なんとなく気が変わったのでゲームメーターを導入してみました。
 プレイしたゲームを全部挙げると軽く数百本にもなるので、主なものだけ表示しています。

 さて、アマガミでもやるかー。

2009/3/25

■アマガミ、進行中です。
 七咲のレベルが「スキ」になり、あとはエンディングに向かって一直線――と、そう上手くいくはずもなく。
 最近の七咲は、学校生活において、いろいろ悩みを抱いているようでした。
 クラスの子にはからかい半分で接され、部活では時々練習に身が入らないときもある様子。
 根が真面目な彼女のこと、悩めば悩むほどに、深みにはまってゆきます。

 僕は、何をすればいいのだろう。
 どうすれば、力になってあげられるだろう。

 ……考えのまとまらないまま、休日の夜は更けていくのでした。

2009/3/26

■ゲームにかまけてプリキュア見るの忘れてました。いかんいかん。

 キュアピーチに新しい力が。具体的には新アイテムが。
 バトンの先にハートが付いた、いかにもリーダーらしいデザインです。
 ハートが飛んでいく必殺技といい、どうしてもセーラームーンを思い出してしまう。ラァブリィィィィィ!

 予定では、来週は美希たん、再来週はブッキーの番。
 キュアベリーのアイテムは不明ですが、キュアパインのアイテムは……アレ、なんだよなあ。


■それじゃ今日もはりきって七咲と遊んできます。

2009/3/27

■アマガミする時間が取れそうにないので、今日はお休み。
 ああ、七咲が夢に出そうだ。

2009/3/28

■昨晩、七咲がスカートをたくし上げてるシーンが夢の中で鮮明に再現されました。
 どうやらこれでワタクシも紳士に一歩近づいたようです。
 だがしかし、天上の存在である橘さんの、まだまだ足元にも及びません。

 そんなわけで、アマガミやってきます。

2009/3/29

■アマガミ、七咲逢、スキルート・ベストエンド。
 橘さんの紳士っぷりに最後までヒヤヒヤしながらも、始終ニヤニヤしっぱなしでした。
 裸で(正確にはバスタオル一枚で)抱きつきながら「先輩のことが大好きです」とか言われたら、もうね。
 年上でも構わずからかう一方で、好きな人のためには一生懸命尽くすタイプ。最高じゃないか。

 中盤以降はずっと1キャラ集中でイベントを追いかけていたため、ソエンな他キャラの状況はあまりわからず。
 絢辻さんは相変わらずの優等生、梨穂子はまさかのアイドルデビュー、薫は美大に進学、紗江たんはオタに目覚め、かつてのはるか先輩は、1年生の彼氏と仲良くやっているようでした。

 次はどうしようかな。


■『咲 5巻』『WORKING!! 6巻』を買ってきました。

 咲は、いよいよ決勝戦。
 得意の嶺上開花で快調な滑り出しを見せる、清澄の咲。
 しかし後半は、圧倒的な卓上支配能力で他家を抑えこみつつ得点の高い役を連発、1戦目を終えてみれば、龍門淵の天江衣がダントツという結果に。

 2戦目に入ると、軽く本気を出した衣の支配力はますます強化。
 風越の持ち点を、ギリギリトビにならない0点まで奪い取るという舐めプレイまでやってのけます。
 「コイツにはどうやっても勝てる気がしない…!」
 心を折られる風越、勢いを止められず焦りが募る鶴賀。
 そんなどうしようもない状況を楽しんでいるかのように、咲は笑みすら浮かべているのでした。

 相変わらず和のおっぱいは凄いな。
 そして、咲とタコスのはいてないっぷりも。

 

 WORKING!! 6巻では、人間関係を少しでも収束に向かわせるどころか、何と新キャラを3人も増やすという暴挙に出ました。
 小鳥遊と伊波の恋愛模様に進展があるかと思いきや、実は小鳥遊が(もしかして、自分は伊波さんのことが好きかもしれない)という自分の気持ちにまだ気付いていない様子で、小鳥遊に惚れているはずの伊波ちゃんは、今日も元気に小鳥遊を殴るのでした。
 あと、なずながフォースの暗黒面に目覚めつつあります。がんばれなずな。

2009/3/30

■アマガミにかまけてしばらくやってなかったスト4を久々に起動。1週間ぶりくらいかな。

 各地の強豪と対戦し、幾多の強敵を赤く染め、修羅どもにはいいようにボコられたりしながら、やっと100勝達成しました。
 戦績は、214戦100勝114敗。
 メインキャラはバルログ、ダルシム、本田。
 ……そういえば、ランクマッチではザンギ一回も使ってないな。

2009/3/31

■なんてこった、明日はもうエイプリルフールじゃないか…


▲このページのトップへ

戻ります