歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月

 


 

2008/7/1

プリマステラをプレイしてます。
 一般人だった主人公がとある事情で、お嬢様だらけの学園で生活を送ることになってデカルチャー! …な感じのお話。
 豪華高層ホテルという名の学生寮だったり、某小説のスール制度よろしく先輩後輩で特別な関係を持ったり、夕食の品書きが日本語じゃなかったり、およそ小市民には一生縁など無いであろう体験をするわけですよ。

 アトリエかぐやなので、もちろんそっち方面の手抜かりも無く。
 初日に背中流してもらったり、幼馴染みのお姉ちゃんに再会の抱擁と称して胸に顔を押し付けられて逝きそうになったり、その、まあ、いろいろだ。

2008/7/2

■何を思ったか、ゴッドハンド・ハード1周目始めました。
 2人相手にゃ即解放…できたら楽なのになぁ。
 世の中には、このゴッドムズイゲームをノーダメージクリアする御仁もいるそうで。


ベビプリブログは虹子の番

 あぁ――――――
 (↑とても清々しい表情でトゥルー世界へ旅立ったようです。歌音さんの次回作にご期待ください)

2008/7/3

■なにやら今月号のG’sが凄いらしいのですが、買いに行く暇がありません。


今思うとドリームキャストって凄くね?

 セガはいつだって時代を先取りしていたのです。
 ただ、ちょっとだけ、斜め上だったのです。

2008/7/4

■プリマステラ、プレイ中。
 久住お姉ちゃんを見るとニヤニヤが止まりません。主にダメ姉モードが。


ベビプリブログはひょうちゅうの番

 ひょうちゅうちゃんはこのようななにげないばめんでもうっかりやらかしてしまうところがすごくかわいいです。

2008/7/5

■G’s8月号、やっと買いました。
 トゥルー兄のみなさんが興奮せずにはいられない凄いことが起こってるらしいので、覚悟を決めてページを捲る。
 そして、132ページに到達した瞬間…

 

 

 

 

 

 こ……

 

 

 

 

 

 これかァ!!!!!!
 (↑菩薩の握り拳に開眼した独歩のように)

 いやぁ、なるほどなるほど。これは素晴らしい。確実に萌え死ねる。正直、婦警のホタに撃ち抜かれるよりもキましたよ。
 2つ目の綿雪メインのストーリーも、思わずグッとくるお話で。とても儚げで愛おしい彼女の、支えになってあげたい。

 あと、虹子食べちゃいたい。

※いつも以上に頭がおかしい発言が多い月一ベビプリ感想ですが、みんなも読めばボクの気持ちがわかると思うよ!


■プリマステラ、プレイ中。

 物語もいよいよ終盤。
 冬休みと同時に、主人公がエトワールを去る日が、ついに来てしまいました。
 せめてもの思い出作りにと、南の島へ旅行に行く一行。
 そして、最後の最後に、季節ガン無視で水着姿ご披露。なんというエロゲ的ご都合主義。さすがはアトリエかぐや、決して期待を裏切らない。

2008/7/6

■プリマステラ、プレイ中。
 物語は終盤…だと思ってたら、静歌ルートに入ってました。
 そりゃそうか、いくらなんでも短すぎるよなー。

 エトワールでの生活を終え、別れたはずの静歌との意外な再会。
 主人公のためならエンヤコラとばかりに、東方院家の権力と財力をフル活用して、いろいろとやらかしてくれちゃいます。ていうかやりすぎだろ。

 

 そして、静歌エンドへ。
 お嬢様ばかりが集うエトワールの中でもさらに上位の存在である静歌と、数々の困難を乗り越えてすっかり有名人になりながらも常に静歌に付き添う主人公。
 しかし実際は、世間知らずで気弱な静歌と、強くて優しくて逞しくていつも支えてくれる主人公。
 なるほど、あまりステキじゃない意味でも『姫様』と『騎士様』なわけです。

「彼と私では、あまりに釣り合っていない。
 こんな自分が彼の傍にいては迷惑をかけるばかり。離れなくてはいけない」
 自分を卑下するあまりに思考が歪んでしまい、静歌は彼の元から逃げ出してしまうのでした。
 まあ、最後にはちゃんと説得されて、主人公の元に帰って来るのですが。
 ちょっと煮え切らない感じもありますが、軽々に別れるとかもうダメだとか思っていては、何事も前に進まないということですね。

2008/7/7

■ゴッドハンド進行中。
 ハードノーダメクリアのリアルゴッドハンドなプレイを参考にしてみるも、なかなか上手く行くものではありませんね。


■プリマステラ、プレイ中。
 クリアしたら小箱のカギがいくつか手に入りました。
 おまけシナリオをプレイするために必要なこのカギ、サブキャラとのプレイや3人でなど特別なシチュエーションをプレイできるようです。
 「ムリヤリ付け足したんじゃないの」という意見もありそうですが、純愛エロゲである本編にサブキャラとのえちいを絡ませるのもおかしな話なので(方法が無いわけではありませんが)、そんな「if」の世界を素直に楽しめばいいのではないかと。
 まあ、共通ルートで4人のメインヒロインすべてと関係を持ってしまう時点で純愛かどうか些か疑わしい気もしますが、そこは敢えて突っ込まないほうが幸せになれると思います。

2008/7/9

■ちょっと用事がありまして、昨晩は更新できませんでした。
 予定より早く帰れたのですが、そのままばたんきゅー。


■プリマステラ、2周目は巴エンドでした。
 庶民の出だったりスポーツ系だったり自炊派だったりと共通点の多い巴と主人公なので、極自然に惹かれあっていった様子。
 4人のヒロインの中でもっとも小さいはずの胸ですが、すごく…着やせです。
 留学終わって離れ離れになったとたんにお互い寂しさが募りまくって生きる気力が減退して実力を半分も出せなくなるとかどんだけだという気もしますが、意外と恋ってそういうもんです。ええい、私にだってイロイロとあったんだ。

2008/7/10

■ゴッドハンド、ハードクリアしたー!

「社長パンチに頼ると楽だけど面白くない」
そう思ってる私は充分ドMゲーマーかもしれん

 実際は20回ほどコンティニューしましたが。


■プリマステラ3周目は、「くすねぇ」こと久住ルート。
 幼なじみでお姉ちゃんキャラだけど、お嬢様ゆえか家事全般はからっきし、しかも運動神経も悪いというかなりのダメ姉です。霙姉さんとはまた違った方向で。
 時々すごく姉らしい頼もしさを見せてくるあたりが実に巧みな匠の技でありますが、声優さんに助けられてる部分も結構あるんじゃないかと思われます。ほっとけないオーラが出すぎ。

 個別ルートに入った途端に、家庭の事情で大変なことになりますが、これは予想だにしなかった展開。

2008/7/11

■昨晩、霙お姉ちゃんが失踪したらしいです。
 まあ、あのお姉ちゃんのことなので、タダで済むはずがありません。(笑いの神様降臨的な意味で)
 よって、トゥルーお兄ちゃんの皆様は、正座して待つといいと思います。


ティンクルくるせいだーす・バトル体験版が公開されてたので、早速プレイしてみました。

 結果:全部B評価。

 これは…前の体験版でも感じましたが、勝つだけでも結構難しいです。
 最終戦のオデローク×2なんか、10回くらいやり直しましたよ。攻撃レベルが常時Lv3なので、1対1のランブルでカチ合ったら必ず負けるという恐怖の仕様。多人数ユニゾンで一気に決めないと即死とか、ひどすぎる。
 どうやったらA評価出せるんだろう…

2008/7/12

■失踪した霙お姉ちゃんは、裏山で倒れてたらしいです。
 何でだろう、すごく危険な状況だというのに、ギャグにしか見えない…


■プリマステラ、少しずつプレイ中。
 エロばかりが注目されがちなアトリエかぐやですが、純愛モノとしてのシナリオも実に丁寧なつくりです。伏線の回収も巧みで、それでいて意外な展開もあったり、静歌の声がちょっと眠い以外は、今のところ不満はありません。
 現在の萌え度は「くすねぇ>雅>巴>静歌」といった具合。静歌メインヒロインなのに…
 雅ルートをプレイしたら、もしかすると順位が変わるかもしれません。


アルトネリコファンブック、7/27発売

 あの超級覇王劇物であるアルポータルを書籍化するなんて……!!
 恐らく、ファミコン通信の伝説の投稿コーナー『ゲーム帝国』に勝るとも劣らぬカオスっぷりを撒き散らしてくれるであろうことは必定。

2008/7/13

■プリマステラ、久住エンド。
 絶体絶命の事態になるとどうしても自分を追い詰め、主人公が最も望まない選択をしたがるのがギャルゲの宿命なのでしょうか。
 まあ、そんな最悪の状況、最後の最後のいいところ…もとい、「もうダメだ」ってところで、他の全てを擲(なげう)ってでもヒロインを助けるのが、主人公の務めです。そしてそんな王道シナリオは決してキライじゃない。
 実はサブキャラもかなりいい仕事をしてくれてたり(今回は久住の無二の親友である悠)、他のヒロイン勢揃いなんていう終わり方をかましてくれたり、 結構派手な展開を見せてくれます。空気キャラを作らないのは良いことですね。

 残るは、雅ルート。
 クールなまきいづみキャラは久しぶりなので、いろんな意味で期待してます。


■なんとなく買ってみた「アルトネリコ2 4コマアンソロ」が、微妙に面白かったので後悔はしていない。

2008/7/14

■プリマステラ…は、今日は進んでません。
 あと、小箱のカギが15個貯まりましたが、未だに1つも開けてません。
 美雪先生のエピソードが6つもあるのが気になる…


ハード購入を決意させたゲーム

 サターン:ヴァンパイアハンター
 ドリャス:バーチャロンオラトリオタングラム

 PSはシスプリがやりたくて仕方なくPS Oneを買った。
 PS2はグラディウスVがやりたくて仕方なく新品を買った。

 あと、今のPC:Pure×Cure

2008/7/15

■プリマステラをプレイしすぎると、いつ病院に担ぎ込まれるかもしれないので、ご使用は計画的に。
 既に何人もの方々が夏川東病院や皇医院のお世話になっているようですが。それって逆効果!

 そしてそんな先達たちの惨状を目の当たりにしても、尚挑まんとする歌音さんです。
 というわけで、雅ルートへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くぁwせdrftg

 

 

 

 

 

こうかは ばつぐんだ!

 

 

 

 

 


■…はっ!?

 告白→夜のシーンだけで意識を失うところでした。あぶないあぶない。
 普段毅然としている分、隙につけこまれたときの雅の可愛さが凄まじいです。衝撃で脳が溶解しそうなほどに。
 やはり、クールなまきいづみキャラは良い。

2008/7/16

■プリマステラ、雅エンド。
 最終的には「長い間向かってきた大きな夢」を蹴り、彼女にとって最も大切なもの=主人公を選んだ。と、これだけ書くと大したことのない脚本に見えますが、実は巴ルートとの対比になっているところが面白いです。(巴ルートでは、彼女の夢を叶えるために、主人公は自分の夢を諦めた)
 「二兎を追うものは一兎をも得ず」
 という諺に真っ向から反対して、あっさり二兎をゲットするのは、よくあるゲーム的サクセスストーリー。
 そこを敢えて片方を選ばせるのが、このゲームのタイトル「プリマステラ」――意訳:「一番大切なもの」――の所以なのかもしれません。

 それにしても、重要なシーンでサラリと最善の選択を示唆してくれるサブキャラの輝きようといったら。ホントにサブキャラを空気にしないゲームですね。静歌やくすねぇにもちょっと出番あるし。
 そして海先輩はこのシナリオでもやはりイイ男。悠さんと結ばれるのも充分アリだと思うんです。

 

 さて、小箱のカギが20個たまったので、これで全てのおまけシナリオを見ることができるようになりました。
 メインヒロインに各2つずつ、悠さん1つ、美雪先生6つ(!)、3P5つという、とてもおまけとは思えない充実っぷり。ぶっちゃけ、他の会社(名前は伏せておこう)なら、小箱の分だけでファンディスク1枚作ってもおかしくない分量です。

2008/7/17

■プリマステラ、小箱開放の巻。
 とりあえず、メイン4人から見てみることに。

 サムネの時点で判明してるシスター静歌、和服くすねぇ、ウェイトレス巴は、それぞれ本編に関係した衣装ということで、ある程度の心構えもできていました。
 雅だけ私服だったので、どんなコスでくるのかと思ったら――次の瞬間、思考がぶっ飛んだ。
 これは予想外でした。雅可愛すぎる。

 

 4人をクリアして、個人的ランキングは「雅>巴>久住=静歌」といった具合。
 「水泳選手として大成するという夢を追う主人公と、それを側で支えるヒロイン」
 というゲーム本来の構図に沿うならば、静歌ルートを最初に選ぶのが最も良いと思われます。あとの3人はお好みで。


■明日はついに、スト4稼動開始!
 あああ、仕事休みてえ!

「ウルトラコンボのカットイン見てからウルトラコンボ返し余裕でした」

 いやさすがにそれはないよね…?

2008/7/18

■プリマステラ、小箱開放の巻、つづき。
 美雪先生のおかげで、ランキングが大きく塗り替えられそうです。どうして美雪先生ルートが無いの!?

 改めて見てみると、エトワール指定水着のデザインがとんでもない。
 これでいいのかお嬢様学院。

2008/7/19

■プリマステラ、小箱開放の巻、さらにつづき。
 6本のエピソードが実質美雪ルートともいえるシナリオで、実は主人公に最も近い位置にありながらサブヒロインにせざるを得なかった彼女への、精一杯の措置だったと思われます。
 そんな感じで、すっごく良い扱いな美雪先生でした。

 以上で、プリマステラ、コンプリート。
 「お嬢様と恋しよ☆」という些か軽いキャッチコピーのワリに、お話の方は結構真面目で正統派だったりします。
 主人公が嫌味もヘタレ要素も無いイイ男なこともあり、いずれのルートでも実にすっきりとハッピーエンドを迎えてくれました。
 主人公だけで乗り切れない場面では、サブキャラ(特に悠さんや海先輩)や他のヒロインが良い仕事をしてくれるため、空気化してしまう人物がいないのも良評価。
 えちぃ方面はアトリエかぐやなので言わずもがな。「ちょっと控えめ」という声もあるようですが、それはあくまで「かぐや基準」なので。
 キャラ萌えもエロも充分すぎるほど味わえると思います。

 個人的ランキングは、「雅>巴>美雪>久住=静歌>悠」ということで。尚、限りなく僅差です。
 悠も個別ルートがあってもおかしくないくらいの良キャラなのですが、残念ながらおまけシナリオは1つだけ。


■スト4やりに、数ヶ月ぶりに近所のゲーセンに行ってきました。
 が、なにやら仲間内で対戦してた様子だったので、しばらく観戦。

 以前からの情報どおり、派手なコンボが一切無い、完全に立ち回り重視の格ゲー。
 新システムのセービングアタック(SA)は打撃を1発しか持ちこたえてくれない(しかもダメージはしっかり受ける)ので、使いどころは難しいです。あと、溜める意味があるかは不明。
 ゲージ2目盛り消費で「必殺技をキャンセルしてSAを出す」EXキャンセルができますが、それに見合った対価があるかどうかは、今後の研究次第といったところでしょうか。
 スーパーコンボはゲージ4目盛り(満タン)のときに1回だけ使用可能。つまり、1発分しかストックできないので、チャンスには惜しまず使っていくのが良さそうです。
 ウルトラコンボを出すために必要なリベンジゲージは、「ダメージを受ける」ことでしか溜まらないため、1ラウンドに1回しか使えないと思っても差し支えありません。しかもラウンド持ち越しが出来ないので、こちらも出し惜しみする意味は皆無。
 さらに、発動前演出が異常に長いため、「ウルコン見てから昇竜余裕でした」的な悲しい結果に終わることも。

 あと、個人的な不満が一つ。
 スクリューのダメージが低すぎる。

2008/7/20

■すっごい久しぶりに結い橋起動したら、知絵ぽんの可愛さにやられてヘブン状態。
 そして思わず壁紙にしてみた


攻略本ながめてるだけで楽しいよな?

 データの羅列とか裏話とかを眺めるのが大好きです。
 攻略本じゃないけど、アルトネリコ2の設定資料集は楽しすぎる。

2008/7/21

ゲームのタイトルに「夜の」を付けるとエロくなる

 夜のゴッドハンド…は既に出てた! くっ!
 くやしいので、いろいろ考えてみた。

「夜のチャレンジャー」
 わざわざ夜に挑戦する意味を小一時間(略

「夜のトゥルーラブストーリー」
 一気に純愛モノじゃなくなった。元からという気がしないでもないですが。

「夜のトランスフォーマー 〜コンボイの謎〜」
 …謎?

「夜の怒」
 意味が分かりません。

「夜の超執刀カドゥケウス」
 闇医者のニオイがプンプンするぜェーッ!

「夜のハイパーオリンピック」
 参加することに意義がありますか。

「夜のファンタジーゾーン」
 えーと…

「夜のはぴねす!」
 ノーコメント。

「夜のナースにおまかせ」
 なんかすっごく安っぽくなった…

「夜のPiaキャロットへようこそ!!」
 アウト!


■思考が変な方向に逸れているようなので、今日はもう寝たほうが良いのかもしれない。
 …のに、何となくPS2起動して何となくゴッドハンドをプレイする歌音さんでした。何周目だよ。

2008/7/23

■キミキス スウィートリップス2巻を買ってきました。
 今回のMVPは、なんといってもなるみでしょう。
 無理にうどんネタに絞らなくても、とても可愛く魅力的に描かれていて、思わず頭をなでなでしたくなっちゃいます。あれ?
 いや、もちろん結美たんとか明日夏ターンも大好きですよ!

 そして大トリに菜々を持ってくるあたりが実に巧い構成。
 あとがきで力不足と仰ってますが、とんでもない、1話ごとにヒロインたちの新たな魅力に気付かされ、期待以上に楽しませていただきました。

 まあ、それはそれとして、ピンナップのお風呂結m

「歌音くん、前かがみになってどうしたの?」
「気にしないで、私は平気」

2008/7/24

■アイマスがついにPSPに移植されるそうです。
 ユーザー大歓喜! かと思いきや、星・月・太陽の3種類があってそれぞれ遊べるキャラが違う、しかもペアとトリオが組めない、さらに美希は現時点では使えるかどうかわからないという鬼畜仕様。
 これは…箱買ったほうがいいんじゃね?


ベビプリブログは春風の番

>今年の夏は春風にいろーんな初体験をください、ねはぁと

 早く私を押し倒して(性的な意味で)と言わんばかりに誘う我らが春風おねえさんでした。
 しかして、彼女の魅力は食虫花の如し!

2008/7/25

■リリアンちゃんコーナーでバトル評価「SSS」を出したド変態(褒め言葉)がいます。
 やっぱアレか、スタートダッシュがキモなのか。


■明日はお休みなので、プリマステラをもう1周してみようかな。(枯れるぞ)


▲このページのトップへ

戻ります