歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月

 


 

2007/8/1

■Johncoさんより、テキスト『実写版「機動戦士ガンダムSEED」「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」スタッフ・キャスト編』をいただきました。

2007/8/2

■よーし、今日は早く終わったので、溜まってたアニメ消化するぞ!
 えーと、プリキュアが4週、らきすたが3週、ななついろも3週、ハヤテはパス…
 各30分として、×11=330分=、えー、5時間半。

 よーし、借りてた水月でも進めるかー。


■などと思ってた矢先に村正とカシナートと拾っちゃって、ますます迷宮ライフが楽しくなってきた!
 現在の構成:ロード(ハースニール)、ロード(ロングソード+5)、侍(村正)、戦士(カシナート+コッズガントレット装備)、司教、盗賊。

2007/8/4

■昨日も今日も、ゲームを一秒たりともプレイしていないという追い詰められっぷり。
 助けて、ボクのスーパーピンチクラッシャー!(←死亡フラグ)

2007/8/6

■アルカデ買ってきました。
 BASARA−Xの記事とスクリーンショットが十数点公開されていましたが、これがもう見るからに北斗のギルティギアBASARAって感じ。連続技をバリバリ決めるゲームになりそうで、スト3大好きっ子の私としては、ガッカリせざるを得ない。
 あと、ホンダムやお市の写真が一つもなかったのはなぜだ。

 「体力が少なくなると攻撃力アップ」という、らしくない要素が追加されたのがちょっと気になりますが、鉄拳6の方が面白そうだなぁ。

2007/8/7

■今日も今日とて、ボーナスダンジョン潜行中。
 とにかく敵の数が半端じゃなく多いので、ティルトウェイトが何発あっても足りません。
 呪文が効き難い敵も多いし。ジャイアントゾンビ8体で先制攻撃→ブレス吐きまくりとかカンベンして!


■リリカル♪りりっく買いました。
 予約特典の本は特に欲しくなかったのでスルー。
 ともえと臣の異常なテンション、立ち絵とセリフがかみ合ってない点を除けば、今のところは普通に萌えゲーとして楽しめそうです。


■メールです。

>Johncoさん
今回は久々に似たもの三択を送りたいと思います(なるべくメジャーなものに…)
次の内、真央という名前の有名人で真っ先に思い浮かぶのは?
 (1)浅田真央 (2)井上真央 (3)大地真央

 1はフィギュアの子だっけ? 2と3は女優さんだったと思いますが、出演作は知りません。
 というわけで、真っ先に浮かんだ名前が一つもなかった三択ですが、コサキンのラジオで大地真央という名前がよく出てたので、3にしておきます。

2007/8/8

■リリカルりりっく進行中。

 七音が魔法少女に変身しました。変身シーン付きで。
 え? な…何事? このゲームって学園モノじゃねーの?
 クゥに命を狙われたり、鈴に助けてもらったり、涼子は腐女子だし(拓登×臣のカップリングに夢中)、臣は事ある毎に拓登のケツさわるし。もう何が何だか理解できません。

 やかましい金田まひるボイスよりもぶっ壊れた演技の臣さんにだんだん慣れてきた自分が恐ろしい。や、さすがに掘られるのだけはカンベンしてほしいですが。
 息の抜き方が、殊更にエロいってのもどうか。

2007/8/9

■リリカルりりっく進行中。

 拓登、七音、鈴、クゥのパーティは、異世界に飛んで、悪い魔法使いを倒し、クリスタルに封じ込まれていた姫を無事に救出し、異世界の英雄と称えられました。めでたしめでたし。
 そして始まる、オープニングムービー。
 …って、え? ちょ、何これ? もしかして、やっとプロローグが終わったトコですか?

 どうやら、真の目的は姫を助けることではなく、もっと世界規模で重大なことだったようで。
 なんか、風呂敷がどんどん大きく広げられているような気がしますが、「目的のブツは、主人公の住んでる町にあるらしい」というご都合主義により、意外とあっさり片がつきそうな世界です。

 

 そんなこんなで、クゥルートに入った模様。
 出会った当初は、感情に乏しく単純な受け答えしかできなかった彼女。
 拓登の教育(?)を受けて、所作やセリフが少しずつ会話らしくなっていく様子を見ていると、ニヤニヤがとまりません。これは可愛い。

2007/8/10

■あぁぁぁぁぁぁああぁぁあぁっぉっぁぉぉあぁぁああぁぁ尽くすクゥかわいいよクゥぅぅぅぉっぉぇぁぁぁぁぁあぁぁぁぁpぉきじゅhygtfrですぁq

 というわけで、思ったより楽しめてます。


■チャンピオンREDいちごvol.3買ってきました。
 表紙はいつもの駒都えーじさん。ついに出た白スク。特定の層にピンポイント攻撃。
 もはや萌えだかエロだか狙ってんだか天然なんだかよくわかんない領域に達してる雑誌ですが、何だかんだで購読してるわけで、つまり気に入ってるってことですか。

 パンツァー少女だとか女装ショタメイドだとかに人気が集中する(?)中、私は相変わらずすんらぶがお気に入りです。
 いいんだ! あからさまに寸止めでも!


■メールです。

>Johncoさん
 先日TBSの「世界バリバリバリユー」という番組で成功した漫画家達が紹介されたのですが、その中に「ネギま!」「ラブひな」の赤松健先生が登場しました。生の赤松先生に感激しましたが、美人で有名な奥さんも登場してコスプレまで披露するなど、ボリュームのある内容でした。ただ、番組が赤松先生を「リアル電車男」と評したのは少々違和感があったような…、赤松マンガは結構女性読者も多いですからね。
 また、冒頭ではアメリカのコミケ・コスプレイベントなどが紹介されましたが、その中でも「ネギま!」「ラブひな」は共に根強い人気を持っており、海外からの印税もかなり入っているそうです。赤松先生、凄すぎます(笑)

 テキストの件、訂正しました。いつもすいません。

 生の赤松先生に感激とな。それは良かったですね。
 所詮、テレビ局は「分かってない」ので、コメントを真に受ける必要はないです。
 http://guideline.livedoor.biz/archives/50945132.html
 一方で、こんなスレも立ってたようで。そんなに過剰反応しなくても良かろうよ。
 正直、私は赤松さんが結婚してようと美人の奥さんがいようとコスプレさせてようとどうでもいいんですが。作者は作者、マンガはマンガ。

2007/8/11

■あぁぁぁぁぁぁああぁぁあぁっぉっぁぉぉあぁぁああぁぁ尽くすクゥかわいいよクゥぅぅぅぉっぉぇぁぁぁぁぁあぁぁぁぁpぉきじゅhygtfrですぁq

 というわけで、昨日と同じ出だしで始まったわけですが、このニヤニヤ誘発っぷりは尋常ではない。
 何だよ、いいゲームじゃないか、リリカルりりっく…

2007/8/12

■リリカルりりっく、クゥエンドでした。
 お話の本筋であるところの「歌姫探し」が、「数日後、俺たちは歌姫を見つけることができた」ってな感じに、数行のご都合主義全開テキストで結末を迎えたのには、さすがに頭を抱えました。つまるところ、歌姫探し云々というのは、ヒロインとイチャラブするための口実でしかなかったというわけだァァァァッ!
 ようやく迎えたえちぃシーンは、回想では5つ、実質3つという、その分割に意味はあるのかと疑問に思わざるを得ない構成。
 まあでも、クゥが可愛かったので許す。

 大雑把な評価は、「シナリオ:40点」「グラフィック:80点」「サウンド:65点」「キャラ:95点」
 うん、評価甘いね。途中経過としてはこんなもんでいいっしょ。

2007/8/13

■お墓参りで400kmほど走ってきたので、疲労によりダウン。
 風呂入って寝てすっきりしたら更新するかもです。

2007/8/14

■「風が…止まった…」

 あまりの暑さに、家でじっとしてる以外の選択肢が思いつかない私です。ゲームパッド握る気力も無い。
 最高気温は30度を超えるとのこと。ぅあー(←溶けそう)

 あー、メロンさんとかアニメイトあたりにいったら涼しいのかなぁ…でもお盆休みだから人多そうだしなぁ…
 残ったチカラを振り絞って、近所のコンビニに冷たいものでも買いにいってくるかのう…

 「コンビニに冷たいものでも」の部分が、「コンビに煮詰めたいものでも」と一発変換されて軽くイラッときたので、私には癒しが必要です。この暑いのに何を煮詰めろと。


■そんなわけで、昼過ぎくらいにアイスと飲み物を買出しに行き、あとはずっとディスガイアやってました。
 他には、ウィザードリィシリーズのデータがいろいろ載ってるサイトを眺めたり。

2007/8/15

■戦争なんて二度と御免だ。
 そんな国民の願いを、政治家は果たして本気で聞いてるのでしょうか。


■リリカルりりっく、アリエッタルート進行中。
 臣の演技の変態っぷりはもう笑うしかないです。興奮しすぎて、呂律が怪しくなることもしばしば。

「ぁあ、た、拓登くん、昨日はどこに行っていたんだい?
 しょ僕は、君を心配するあまりぁぁぃぁぅ、君の家にぃ、忍び込んでいろいろとぉぁ…ハァハァ」

 そんな臣すら飴玉一つで黙らせる(指弾のように弾いて口に突っ込む)七音は、翔穹操弾を会得してるに違いない。

 まあ七音はさておきアリエッタ姫ですが、素直だし天然だし、話しててこっちの力が抜けちゃいます。
 どのくらい天然かというと、歌姫探しに奔走する主人公たちの結束を高めるためにパジャマパーティを企画するほど天然。意味がわかんねえ。いやなんとなくはわかるんですけども、なぜにパジャマパーティ?という。
 ちなみにクゥはパジャマを持ってないので、はだかYシャツ。なぜに?

2007/8/17

■つい先日まで30度越えの猛暑だったというのに、お盆を過ぎたとたんに急に涼しくなっちゃうんだもんなぁ。
 風邪引くといけないので、今日はもう寝ます。

2007/8/16

■「短刀を見つけた」
 ↓
 鑑定:蝶のナイフ
 ↓
 キターーーーーーー(゚∀゚)ーーーーーーー!!

 というわけで、明日夏ターン(忍者)にプレゼントしました。
 装備すると呪われるものの、17〜35という村正に次ぐ攻撃力を誇るうえに、素手のときとほとんど変わらないクリティカル率というこんなステキな武器を、倉庫に眠らせておくのは勿体無い。

 明日夏は ハイプリーストに突き進んだ
 そして7回当たり 407のダメージ
 ハイプリーストは 首をはねられた!

 明日夏ターンTUEEEEEEEEEEEEEE!!


■リリカルりりっく進行中。

 どういう流れかわかりませんが、アリエッタ姫とおままごとをすることに。
 拓登が父親で姫が娘という設定もさることながら、お風呂に入ったり(ホントに入ってるわけではない)、一緒のベッドに寝たり(ホントに寝てるわけではない)、なんかもうすごくいけないことをしてる気分です。

姫 「おままごとって、”ごっこ”っていうんですよね」
拓登「ああ、そうだな」
姫 「他にはどんなのがあるのですか?」
拓登「うーん、鬼ごっことか電車ごっことか」
姫 「なるほど、では次はお医者さんごっこをしましょう」

 姫ぇーーーーーーーーーーーーー!

2007/8/18

こんな娘がいたら僕はもう…!!麻雀

 「人気出たゲームで脱衣麻雀→死亡フラグ」の高確率ジンクスが…ッ


■リリカルりりっく、アリエッタルート大詰め。

 朝から搾り取るわ、夜は何回も白い汁にまみれてるわと、溜飲が逆流しそうなほどラヴラヴな拓登とアリエッタでございます。お前らいい加減にしろと言わざるを得ない。
 とりあえず、私の身近にいる一部のひとが3回は萌え死ねる、と、いらん保証をしておきます。

 ただ、ねぇ…幾ら相思相愛とはいえ、アリエッタの求めっぷりが尋常じゃないわけでして、これってもしかしてお別れフラグなんじゃねーの? っていう疑惑を抱かざるを得ない。

2007/8/19

■ディスガイアレベル上げ中。
 (つまり今日は何もやってない)

 コミケ行った皆さん、お疲れ様でした。

2007/8/21

【mixi】コミケ会場の駅でDQNカップルがキセル乗車→それを疑った駅員に罵声
 【2ch祭り】キセルして駅員に逆ギレしたDQN男、他にもブログから数々の犯罪行為が発覚!!内定取り消しは確実に

周大人「いかがです陳さん、このDQNを弁護する余地がありますか?」

2007/8/22

■巨大精米機の掃除をしていて、機械の中で目詰まりしてたお米やら籾殻(もみがら)やらをゴミ袋に詰めていく作業を延々と繰り返していた昨日今日。
 肥料にもならずに捨てられていくであろうお米の山を目の前にして、なんとも遣る瀬無い気持ちになりました。
 日本人は、もっとお米の有難味を知ったほうがいいと思った、そんな一日。


■『その花びらにくちづけを 〜あなたと恋人つなぎ〜』という同人ゲームを買ってみました。  リリカルりりっくとか水月とかプレイしてる最中なのに。

 …

 こ、これはたまらん百合でございますな。


■リリカルりりっく、アリエッタエンド。
 終盤の展開に、

 ……( ゚д゚)

 ( ゚д゚ )

 こっち見んな!

 …

 ああ、いや、すいません。
 ちょっと、いや、かなり納得の行かない結末だったもんで、思わず茫然自失。
 世界の均衡が崩れて崩壊しそうだとかメロディアの歌姫探しだとかいう設定を完全に無視して、全てをアリエッタ一人の力で解決させちゃいました。
 「命と引き換えに」かけたはずの大魔法(余波を食らって拓登はハーモニア関連の記憶を全て消去された)なのに、数年後にあっさりと転生、学園にて拓登と再開を果たすと同時に、拓登の記憶も完全復活。アリエッタの記憶は一片も失うことなくそのまんま。おま、それご都合主義過ぎねぇか?
 しかも、アリエッタ曰く、

「いつでも大魔法を発動(もちろん命と引き換えに)して世界を救うことは可能だったけど、拓登と過ごす日々(夜含む)が楽しくてずっと躊躇してた」

 …じゃあ俺何のために歌姫探しとかしてたワケ?

 

 とまあ、シナリオに関しては30点としか言えない―― 一応、ハッピーエンドではありますが ――のですが、相変わらず萌え度は高かったわけで。

2007/8/23

■リリカルりりっく、七音ルート進行中。
 柿崎戦直前の一コマより。

七音「この戦いが終わったら、話があるの」

 七音死亡フラグキターーーーーーーー(゚∀゚)ーーーーーーーー!!!
 って、メインヒロイン死亡フラグなんて、あるわけねぇだろ! なんて高度なネタですか!(ネタじゃありません)

2007/8/24

■リリカルりりっく、七音ルート進行中。
 昔懐かしい場所で、七音の「大事な話」…というか二人の昔話が語られ、気恥ずかしい拓登。
 彼の気持ちはともかく、プレイヤーとしては七音のロリボイスがかなり微妙で、ちょっと聞いてらんない。うん、まあ、一部の人にはクリティカルかもしれないけども。

 ちなみに、この大事な話は、大事な部分に入る直前に何かに遮られました。
 ちくしょう、その大事な部分が知りたいってのに、気を持たせおってからに!


■日曜日のつどーむのイベント、今回は仕事が入ったため行けないです。
 いつものみなさん、楽しんできてください〜。

 私信。めいどさんすぴりっつは次回にでも。


■tomohiroさんより、テキスト『実写版ローゼンメイデン・改訂版』をいただきました。

 よく見てみたら、「特別出演・麻生太郎」とか書いてあって噴いた。

2007/8/25

■先日のDQNの件ですが、

スネークが住所特定
県警に電凸→DQNの言い訳バレる
記事読んだ女性は大激怒
知人にも見捨てられた模様

 メチャメチャ大事(おおごと)になってる…
 VIPPERこえええええええええええ(((゚Д゚;)))


■リリカルりりっく進行中。

 七音の想いにようやく気付いた拓登は、自分の口から告白しました。
 十年越しの恋が、やっと結ばれた。

 まあ、その後は、デートにて一つのアイスを二人でなめたりとか、夜はもちろんアレやソレというわけで、そりゃもういろんな意味でベッタベタな展開ばかりですよ。むずがゆいったらありません。

2007/8/26

■リリカルりりっく進行中。

 メインヒロインルートにおいて、ついに黒幕出現。
 とても身近に居るあいつです。やかましいあいつです。つーか、もう残ってるのがあいつしかいません。
 それは、その…ある程度は予測してましたけど、立ち絵(特に表情)が明らかに使いまわしなのは、もう手抜きとしか言いようがない。悪役っぽいセリフに、あっけらかんとした笑い顔とか、全然雰囲気に合ってないよ!
 ポーズはともかくとして、せめて悪いツラの差分くらいは欲しかった。

 んで、その夜、「親友に裏切られた」傷心の七音になぜかいきなりジッパーを下ろされ、えちぃシーンに。って、何その展開。
 「拓登はどこにもいかないよね…?」っていうメッセージだというのはわかるんですが、一瞬ギャグかと思ったわ。
 イチャラブエロっぷりは尋常じゃないのに、他のところで損してるなぁ、このゲーム。


■しかしまあ、七音の傷心はギャグではなかった――というか、相当深刻――わけでして、そんな七音を励ますべく、アリエッタ姫がぱじゃまパーティを企画。
 ぱじゃまに着替えた5人が姫の部屋でお菓子食ったり駄弁ったりしながら朝までわいわいがやがやするというのが本来の脚本だったようですが、

 部屋中に布団を敷き詰め、明かりを消す
 ↓
 みんなで布団かぶって寝る
 ↓
 真っ暗なのをいいことに、拓登の布団にもぐりこむ七音
 ↓
 一つの布団でもぞもぞする二人
 ↓
 他の3人は、布団から出て明かりをつけ、もぞもぞする布団を視姦
 ↓
クゥ「もぞもぞしてるぞ」
鈴 「近寄りがたい空気が形成されているわね・・・」
クゥ「営むつもりだろうか?

 内容が途中から拓登&七音イチャイチャ見せつけ羞恥プレイになってました。


直径10億光年、宇宙に巨大な「穴」 米チーム発見

 地球から60億光年て…どこだよそれ。

2007/8/27

■リリカルりりっく、七音ルート進行中。
 ルートに入ってからというもの、好き好きオーラと好き好きアタックを引っ切り無しに放ってくる七音さんですが、とうとう他の女子と話してるだけでやきもち焼くまでに至ってしまいました。恋の病だわ。重症だわ。フォーリンラヴ(古語)だわ。


■そして、あいつとのラストバトル。
 実際は、フロリッド(ハーモニアの古代魔術師)の魔術によって体を乗っ取られていただけで、ともえの正体=フロリッドというわけではありませんでした。
 となると、やることは一つ。
 フロリッドの精神をともえから引き剥がすこと。

 しかし、さすがにラスボスだけあって、全く歯が立ちません。
 万事休す、かと思われたその瞬間、拓登に湧き上がる力。
 クロノクレフ、浮かび上がる楽譜。
 そして、目覚める、歌姫・七音。
 以下略。(おい)

 という感じで、七音エンド。実に分かりやすいハッピーエンドでございました。
 なんか後半、イチャイチャっていうより性欲魔人になってたような気がします。

2007/8/28

■昨日の世界陸上での室伏の奮闘を目の当たりにし(メダルは取れませんでしたが)、私もいっちょぶん回すか、というわけでエグゼリカを起動するも、相変わらずフェインティアで2ミスというやる気の無さ。
 まだ5面に到達すらしていません…


■リリカルりりっく、鈴ルート進行中。
 歌姫探しといっても、当ても無く町中を歩き回るなんていう非効率的なことを鈴がするはずもなく。とりあえず、彼女の家にあった資料を調べてみることになりました。
 ちなみに、鈴は高級マンションで一人暮らしです。若いのに。いろいろとツッコミどころが多いですが、今は敢えて置いておきましょう。
 クールビューティを装う鈴の挙動よりも、七音の心境がどう変化していくのかが気になります。

 とか言った矢先に、鈴がアピールしまくり。体を寄せてきたり、服を微妙に肌蹴させてみたり。ブラとか谷間とかが見えてる見えてる!
 二人きりなのをいいことに、拓登の反応を楽しんでるのか、はたまたマジで誘っているのか。
 私としては、ほんのり顔を赤らめる鈴が可愛いので何でもいいです。

2007/8/29

■リリカルりりっく、鈴ルート進行中。
 他のルートにもあった、ぱじゃまパーティの場面へ。
 姫と七音とクゥとで、お菓子食べたり駄弁ったり、わいわいがやがや。

 そこからちょっと離れたところで、さり気なく二人きりの空気を作る拓登と鈴。
 肩を寄せ合い、静かに寄り添う二人。いつものクールでお高い雰囲気の彼女は、そこにはなくて。
 そのとき、鈴の口から素敵な提案。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今度、二人でパジャマパーティをしましょうか」

いいですとも!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 …

 …はっ!?
 あー、すいません、私としたことが、些か興奮しすぎてしまったようです。
 ともかく、やっとイチャラブの本領を発揮してくれそうですよ。ニヤニヤが止まらねえ。


■そしてこれから鈴との初夜を迎えますので、ごきげんよう。
 経験無いのにリードしたがる鈴かわいい。


#とるこぎきょうさん、移転。

 サイト名も変更されました。
 やっぱりブログって何かと便利なんでしょうかね。

2007/8/30

■リリカルりりっく、鈴ルート進行中。
 七音もかなりのやきもち焼き屋さんでしたが、鈴も相当なものです。
 あからさまに不愉快な顔をする七音と違って、あくまで冷静を装うところが余計に可愛い鈴。定義がよくわかりませんが、こういうのが素直クールっていうのかな。

2007/8/31

魔界戦記ディスガイア3新情報

『トリガーハート エグゼリカ』、XBOX360 LiveArcadeにて配信決定


▲このページのトップへ

戻ります