歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年 1月 2月 3月 4月

 


 

2007/5/1

■藍蘭島とらきすたは、毎週何も考えずに見てられるのがいいところ。
 「オタネタ多すぎ、だがそれがイイ」らきすたの監督が替わるそうですが、来週見てみないことには何とも。

 しんちゃんマジで似すぎ。


■「ポッキー タヒチアンバニラ」を食ってみました。
 同時発売にデザインが一新されたココナツもありましたが、味と食感はわかってるのでスルー。

 あまーい。

 フィンガービスケットをホワイトチョコでコーティングしたアレ。わかるかなぁ。アレに似た味ですよ。一袋食って、うっかり気を抜くと鼻血がでそうな感じすらあります。
 バニラというより、練乳に近いかもしれません。うぷ。


■でるた、志弦エンド。
 終盤の展開は「そりゃないぜ…」と言わざるを得ないシナリオでした。ウィザードリィでいうところのロストまで行ったはずの志弦が奇跡の力で甦った理由も、何だか納得いかないですよ。Kanon並みに胡散臭い奇跡だ。

 えちぃシーンの方は、それはもう大変でした。主におっぱい方面で。
 はさむ。しめる。摩擦する。

2007/5/2

■ちょっと今日は無理そう…

2007/5/4

■昨日は徹夜で仕事でした。帰宅したのが、朝6時半。
 眠気を通り越すと、吐き気がしてくるんですね…(←目が空ろ)


■でるた、雪那エンド。つーか、この字で「せつな」って呼ばせるのは…

 一応メインヒロインなので、物語的にも中核を成す存在だとはわかっていましたが、よもや文字通りの意味だったとはさすがに気付かなかった。
 勝気で素直じゃない幼なじみだとか、外面は相当やり手のお嬢様で内輪だと快活で強引だとか、設定的にはよくあるアレな感じもしますが、はいはいツンデレツンデレ、と簡単に片付けるほど面白味のないキャラでもなかったので好きです。行動と反応がいちいち可愛いし。

 えちぃシーンに関しては、言うことありません。特に文句もありません。

 

 どうでもいいですが、フィニッシュで「ニーソの中に出す」という選択肢がどのヒロインにも必ず出てくるのは仕様か。どんだけ脚好きですか、このシナリオ書きさんは。


明日、つどーむのイベントに行く予定です。
 連絡等は、こちらまで

2007/5/5

■イベント終了。
 ご一緒いただきました松明さんR−SPHEREさん、お疲れ様でした。
 お二人のサイトの日記と併せてお読みいただければ、臨場感アップかも。

 

●AM9:55

 のそのそと起床。
 身支度を整え、松明さんとの待ち合わせ場所に向かい出発。待ち合わせ時刻は10時。…間に合わんッ!

●AM10:15

 待ち合わせ場所の某本屋に到着。
 雑誌コーナーで立ち読みする松明さんを発見、捕捉、そして謝罪。
 いやもう、ホントすいませんでした。

●AM10:55

 車中でごまえーとか朝ごはんとかを聴きながら、会場到着。
 久々に大きな会場での開催+ゴールデンウィークということもあって、入り口にひしめく人、人、人。みんなヒマなんですね(←お前もな)
 或いは、この日のために休みを確保していたのかもしれません。
 長蛇の列を構成するのは、7割が女性。うち半数は、おそらくコスプレ衣裳が入っていると思われるトランクをごろごろと引っ張っています。
 人ごみの嫌いな我々は、入口横の休憩室でまったり。
 しばらくしてRさんと合流したあとも、まったり。

●AM11:30

 列の終点も見えてきたところで、徐に入場。
 1回ごとに参加サークル数が減っているため、必然的にサークルスペースが縮小されているのですが、それに反してコスプレスペースだけはちゃんと確保されている不思議。
 ちなみに、一般入場はかなり多めでした。こっちは毎回増えてるんでしょうか。

 奥の空きスペースに腰を下ろし、いつもの怪しい取引開始。
 まずは、松明さんからRさんへ、「はじめてのおてつだい」の返還です。固い握手まで交わした漢同士、感謝の言葉は一言「ありがとう」で良い。
 さらに、Rさんの誕生日プレゼントとして、「はじおてビジュアルファンブック」を贈与。先ほどの感謝の言葉はどこへやら、初弾で萌死確定でございます。
 さらにさらに、何かのデータが入っているらしい外付けHDDをプレゼント。サービスサービスっ!?

 続いて、松明さんからアニメイト特典の「ハヤテのごとく ブックカバー(マリアさん)」をいただきました。そんな貴重なものを!?
 ありがとうございます。私、絶対幸せにしますよ! マリアさんを!(落ち着け)

 私からRさんへ、名言「死ぬがよい」とともにキミキスを貸出。前日の会議の折、アルトネリコとの二択でしたが、こちらを選ばせていただきましたッ!(そしてRさん2度目の萌死)菜々目当てに違いないですが、このゲームは18禁ではありませんので、妹の一挙手一投足に悶々としてください。
 Rさんからは、水月をお借りしました。ああ、これで私も雪さんと(略
 もうひとつ、お返しにナニかが入ったCD−ROMを頂戴いたしました。レーベルに何も書かれていないのは、開けてみてのお楽しみということなのでしょうか。後で有難く拝見いたします。
 2度連続の萌死は意外と恍惚で病みつきだったらしく、俯きながらも歓喜に打ち震えるRさん。
 ここで私は追い討ちをかけるべく、もう一つのブツを取り出しました。

「魔法とHのカンケイ」

君が! 泣くまで! 殴るのをやめないッ!
 それを手にした彼に訪れた、悶絶、卒倒、そして3度目の萌死。
「ハッピーバースデー!」
 祝福の言葉と共に。

●AM12:00

 取引を終え、パピ・ヨン!(←松明さんがオシャレなマスクを装着するSE)
 会場を巡ったりコスプレ鑑賞したり。
 プリキュア5やアルカナハートなどが早速ネタにされておりました。が、ココ×ナッツ本しかないというのは、女性向けイベントだからですか?
 コスプレの方は、相変わらずジャンプ系&無双系が大半。涼宮ハルヒとローゼンメイデンくらいしか知ってるのがなかったため、割愛します。
 12時半頃に会場脱出。

●PM1:00

 定例、オタスポット巡り……の前に、テレビ塔地下のそば屋で腹ごしらえ。一昨年Rさんをお連れした、例の大盛そば屋です。松明さんは初めてだったようなので、とりあえず「大盛にしないほうがいいですよ」とだけ伝えておきました。
 10分後、普通のもりを軽く平らげた様子の松明さん。胃袋に自身がおありでしたら、次回はぜひ中盛りにチャレンジを。

 ちょっと遅い昼飯が済んだところで、巡回開始。
 まずは、本やCD関連が充実してるアニメイトへ。
 らき☆すたやらハヤテやら、今が旬のマンガは大きくスペースを設けてありました。何も買わなかったけど。
 というか、最近はアニメイトで本買うことがあまりないです。アニメのCDくらい。

 らしんばん。
 早速グレンラガン本(ていうかヨーコ本)が取り揃えてある現実に軽くめまいを覚えつつ、出来るやつらはやることが早いものだと、改めて戦慄。
 さりげなく春姫フィギュア(初期配色設定バージョン)を探してみるも、さすがに置いてませんでした。というわけで、何も買わず。

 行きつけのメロン。
 スティールボールラン12巻、アルカディア6月号、アルカナハーチュ(アルカナハート本・非エロ)を入手。キミキス本は、もう打ち止めかな。
 先日大量に入荷されていたふぃぎゅあっとは、跡形も無く。

 とら。
 同人、商業共にエロ関連が充実してるのですが、とくに欲しいものが見つからなかったため何も買わず。

●PM3:00

 以降の行動について、提案。

 1、スガイでゲーム
 2、カラオケアニソン縛り
 3、ちょっと早いけどお開き

 しかし、我々が出した結論は、「4、私の家と松明さんの家に押しかけてネタ探し」という、新しい試みでありました。

●PM3:30

 歌音の家到着。
 ニコニコ動画(主にアイマスMAD)を眺めたりマンガ漁られたりぷよぷよやったりエグゼリカやったりしながらまったりと過ごしてたら、いつの間にか6時。
 すいません、あまり面白くなかったかも。

●PM6:20

 松明さんの家到着。玄関横に吊るされたチャイナドレスがお出迎え。
 壁一面を大きく支配する本棚に詰め込まれた蔵書に、「これには一生勝てない」と改めて悟った私でした。だって、シスプリ連載当時のG’sマガジンとかがいっぱいあるんですもの。
 またしてもアイマスMADを眺めたりしているうちに、いつの間にか8時。時間経つのって早いですね!(←ダメ人間)

 

 そんなこんなで、微妙にグダグダっぷりが漂いつつも、本日のイベント終了でございます。また次回。

2007/5/6

■でるた、サリエルエンド。
 「グングニル」「グラム」という武器のネーミングといい、クライマックスで味方キャラ大集合といい、あまりのベタ展開にエエエェェェ(´д`)ェェェエエエと言わざるを得ない。しかし嫌いではない。
 ただ、これだけは腑に落ちない……真のヒロインはサリエルだったということかーッ!

 ↓ちなみに、結末はこんな感じでした。

 祐来「俺、世界樹を救うため、サリエルと一緒にいるために、天に昇るよ。
    みんな、元気でな。ばいばい」
 雪那・和佳葉「 (゚д゚) 」

 ↑

 というわけで、でるたコンプしました。短すぎるよ。
 えちぃシーンはガッツリ楽しめましたがね。

2007/5/7

アルトネリコ2の新情報

・システム:デュアルストール
 グラスノ結晶を溶かしこんだお風呂に入ることで、インストール効果を得る

 また変な設定考えやがって!(褒め言葉)

「クロア君、レーヴァテイルは、美人揃いですよ?」
「そういう問題じゃあ…」
「しかも、お風呂姿拝み放題です」
「やる」

 うあぁ、何でOKしちゃうかなぁ俺!?

 とか、余計なストーリーを妄想してしまいましたが、さすがに一緒に入浴することはでき……ないと思うんですけど、あのスタッフならやりかねない。


ストライクゾーンチェッカー

>判定:あなたの本来のストライクゾーンは16〜23歳です。

 お、何かいい感じじゃね?

2007/5/8

■プリキュア見る時間が無い…のでメールレス。

>石川さん(仮名)
>あなた自身の考えるストライクゾーン:16〜29歳
>判定:あなたの本来のストライクゾーンは5〜6歳です。

くっそー、最近ちょっとシムーンのリモネ(天才+箱入り+幼女+能登)にうつつを抜かしているだけでこんな判定が出やがったぜチクショー!
「そもそも自己採点のストライクゾーンが広すぎる」とかそういうツッコミは、死者のケツの穴にグングニルを勢い余ってヒジまでぶち込むような所業なのでご勘弁を。

 実は、うっかり「妹」とか「お兄ちゃんと呼ばれたい」とかを選択すると、射程が一気に下がる(4〜17歳とか)ので、おそらくかなりテキトーな判定してると思われます(えー)。そんなわけなのでご安心を。
 あと、私も能登は大好きです。主に深月たんとか。

2007/5/9

■身体が重い…ので、風呂入ってきます。まあ、薬湯などという高級なもんあるわけないので、炭酸ガスの出る入浴剤で。
 治った兆しが見えてきたら、再度更新するかも。

2007/5/10

■プリキュア5。
 今週のテーマは、「お金」。というわけで、子供にとっても大人にとっても非常に痛い部分をネチネチと突いてくる演出がいっぱいです。
 我らのブンビーさんは、上司のカワリーノさんに経費節減を迫られ、

「使うなとは言ってませんよ。予算はたっぷりありますからねぇ。
でも、無駄な出費は困るんですよぉ?
無駄な部署、無駄な人材…いえいえ、言ってませんよ、今はまだ

 い、「今はまだ」って…
 経費をかけるのはいいけど、それに見合った実績を出さなきゃいけない。会社ってのはそういうものです。
 そんな感じで、実は人件費もヤバかった部署だったようで、不甲斐ない部下に代わって已む無く出撃(管理職であるブンビーさんには、基本的に残業代や特別手当は支給されません)。タクシー代の650円も、ちゃんと領収書を切らなきゃならないほど、会社というのは厳しいものなんです。泣けてくるぜブンビーさん……

 一方、学生たち。
 彼らは彼らで、部費が足りないと生徒会長にねだるわけですが、生徒会長としての立場上、「今ある分でなんとかしろ」と言うしかないわけです。
 学校側は、「本当に必要ならば(追加予算を)出す」と、ちゃんと手立てを用意してありますが、いくら生徒の立場で「○○が必要」とか言っても、学校側を納得させられるだけのものがないと、やっぱりお金を出すわけにはいかない。
 アレが欲しいコレが欲しいと言う前に、まずは与えられた分でやりくりしなきゃ。こればかりは、子供も大人も変わらないんですよねぇ。

 結局、各部活で不要になったものを他の部でリサイクルすることに。部費は増えも減りもしてませんが、問題は無事に解決したのでした。うんうん。

 

 今回ブンビーさんが用意したコワイナー生成用仮面、部下の人件費を削って捻出した特別製だそうで。

のぞみ「えっとぉ…変わらないような…?」
ブンビー「全然違うだろうがぁ! この辺のツヤとか!(アゴの辺りを指し示す)
      全く、これだから素人は…」

 えっとぉ…お金かけたトコそこ?


■ハヤテ。
 自分が病気のとき、一生懸命看病してくれる女の子にはとてもときめきますが、洗剤の入ったおじやは危険なので、本人のためにも言ったほうがいいと思うんだ。

2007/5/11

■口腔内に数平方ミリメートルほどの炎症を2箇所に亘って患っているゆえ気力体力時の運を著しく欠いた状態に陥っている歌音さんでございまして決して五月病とかそういった類の流行病ではないということだけは言及しておきたいと思いますれば読者の皆様に置かれましてはワタクシがこの遣る瀬無い気持ちをニコニコ動画などで解消することをどうかご容赦いただきたく存じますとか言っててなんだかよく分からなくなってきましたが要するに口内炎で精神的に参ってるのでごめんなさい。

 そんなわけでネタ紹介でお詫び。

覇王翔吼拳を使わざるを得ない その2

2007/5/12

■やっと今週のらきすたを見たわけで。
 こなたのネトゲ廃人っぷりが痛々しくて笑えん。
 あと、エンディングのアレ。アニソン定番の一曲ですが、とりあえず自分が出せる限りのテンションを保持しなければならないトコとか高音が出せてないトコとか細かすぎ。へーのへのかぁーっぱあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

2007/5/13

しんこんメイデン#58〜62(ちいさなひまわりさん)

 さすがジュン君、真紅さんを指先一つでダウンさせちゃう!
 最近不憫だった真紅さんが、やっと幸せをつかめそうな予感。
 そして水銀燈のMっぷりにキュンキュン。

2007/5/14

■プリキュア5。

 風邪引いたお母さん・恵美の看病と家事に、孤軍奮闘するのぞみ。
 とはいえ、皆さんご存知のとおり、のぞみは何をやってもダメな子ですから、廊下を水浸しにするわ、食器洗ってて割っちゃうわ、おかゆも焦がすわと、とにかく失敗ばかり。
「頑張ってるのはわかったから、頼むからもう何もするな」
 と、言わずにはいられない。
 そしてその気持ちはりんたちも同じで、のぞみよりもむしろお母さんが気の毒で仕方がありません。りんちゃん付き合い長いから。

 しかし、母親たちの考えは、ちょっぴり違ってました。
「自分のために一生懸命頑張ってくれてるのが、すごく嬉しい」
 いやまあ、のぞみが何かやらかした音を発するたびに不安が募り、おちおち寝てもいられないという気持ちもあるにはありましたけど。
 実は昔の恵美も、今ののぞみと同じかそれ以上にダメな子だったのでした。当時を知る和代――りんのお母さん。何と、夢原家と夏木家は親の代からの付き合いだったことが発覚――に思い出話を蒸し返され、思わず顔を赤らめる恵美お母さん。かわいい。(おい)

 結局、たまたま(というか恵美の体調不良をいち早く察していた)和代が来たおかげで、どうにか収拾がつきました。
 やや遅れてりんたちが駆けつけた頃には、のぞみが荒らしまくった家の中もすっかり元通りに片付いてましたし。
 5人いれば大丈夫、というわけで、お母さんには再びベッドへとご退場願ったのぞみ。
 しかし、うらら・こまち・かれんの3人の家事能力が思った以上に低く、再び夢原家に鳴り響く騒音。まともなのはりんだけですが、如何に彼女といえども4対1では勝ち目無し。お母さんズは悩みを増やしたばかりなのでした。

 

 それでもかわいい。


■先日Rさんからお借りした水月ですが、起動チェックして最初の数ページ読んでセーブして以来、やってません。
 どうも、エロゲは気分が乗らないとプレイできない。
 気分転換にプリっち起動してうっかり止め時を見失ったのは内緒で(滅

 よし、積みゲ一覧作ってその気にさせてみよう。

・チアフル
 百合香さんクリアして、2周目は適当にプレイ中。まだプロローグ終わってないけど。梢先輩(CV:大波こなみ)のタルイ喋りにちょっぴりイラつく。

・アルトネリコ
 PHASE2、オリカルート中ほど。今まで内緒にしてましたが、実はザコ戦がかったるいRPGなので、進行するのにプレイヤーの気力が必要。

・鉄拳5
 毎日数時間プラクティスとかCPU戦とか。鉄拳王が一人もいない(最高ランクがスティーヴの雷神)という時点でCPU戦でのやる気の無さが窺えます。だって超反応なんだもん(言い訳はイイワケ)

・スパロボα3
 5周目フリーターで、思い出したときにプレイ中、現在23話。お気に入りのマクロスキャノンぶっ放しまくってたら、一度もメインで活躍させたことのないミリア市長のPPがえらいことに(8000)なってて噴いた。何だよそのバグ。マックス艦長のPPがそのままミリアに受け継がれてるんだろうけど。

・キミキス
 レンタル中。

・エグゼリカ
 いまだ4面クリアできず。下手すると2面でゲームオーバーになるやる気の無さ。

・でるた
 すごい勢いで5日でコンプ。いやそれ全然すごくねえ。アトリエかぐやクオリティにごっそり体液搾り取られたせいか、最近妙に眠い。

 私はそろそろゲーマーの看板を下ろしたほうが良いのかもしれません。
 まあ、アレだ、下手の横好きというやつで。

2007/5/15

■初めてリアルタイムで見たらき☆すた。←☆つけなきゃダメかしら?

 監督が変わっても、芸風は何ら変わらないどころかパロディがパワーアップしとる。分かりやすいのは、頭文字がDな展開なアレね(CG似すぎだから!)
 まあ、個人的にヒットしたのは、こなたの「てぃもてー、てぃもてー、てぃもて〜」なわけで。おっさんですかそうですか。

 藍蘭島に関しては「ノーコメント!(蝶野風に)」

2007/5/16

■春歌、誕生日おめでとう!
 というわけで、兄君さまとしては欠かせないアレ。

 シスプリ・春歌誕生日SS『夏の定番』


■いつものことながら、展開に無理がありすぎです。
 だが私は謝らない。(謝れ)


■各地の兄君さまが、春歌の誕生日をお祝いしてますよ!

能衣裳春歌(散露書院さん)
 和風の衣裳が良く似合う春歌ですが、毎回のコトながら散露さんの描かれる春歌はとにかく綺麗。兄君さま、見とれてしまいます。

和装見返り春歌(White Pure Song 天使の詩さん)
 と思ったら、こちらにもかわいい春歌を描かれる方が。これも舞の衣裳のようです。

和装春歌(Sispristさん)
 ここにも! みんな和装好きね! 私も好きですよ!

「例のヤツ」が何だかわからないけどレースクイーンっぽい春歌(白いチューリップさん)
 よこちち! よこちち!

2007/5/17

■今時シスプリSS書いてるひとなんて、そうそういないんだなぁ。
 やはり、シスプリは世間的には終わったジャンルなんだということを思い知らされるわけで。寂しい。

2007/5/18

■オーディンスフィアを予約するのを忘れてた。


Sispristさん、春歌BDSS捕捉ありがとうございます。

2007/5/19

■はやくあしたになーれ。

理由:オーディンスフィアが届く(予定)

2007/5/20

■グレンラガンって、こんなに熱いアニメだったのか…
 (↑今朝珍しく早起きしたので、初めて見れたひと)


■オーディンスフィアを買うために下ろしたお金は、エスカレイヤーフィギュアになりました。なんという着衣エロス。

 あとりえ雅さんのネギま本とアイマス本も見つけたのでゲット。
 相方の源さんの描かれる4コマのテンションは異常です。グレート双海レジェンド。


■で、そのオーディンスフィアがなかなか届きません。早く来い。

2007/5/21

きたぞ きたぞ!(BGM:Sa・Ga2 バトル2「死闘の果てに」)

ハードカバーの設定資料集だなんて素敵

2007/5/22

■オーディンスフィア、グウェンドリン第3章まで行きました。
 おかげで今朝、危うく遅刻しそうになりましたが。

 何より目を惹くのは、やはり緻密で美麗なドット絵でしょう。
 登場人物たちが滑らかに活き活きと動く様子を見てるだけで幸せになれます。正しくドット絵の極み。某移植しまくりRPGとは大違いです。
 お話は北欧神話がモチーフなので、キャラクターの可愛さとは裏腹に重く暗く殺伐とした雰囲気が漂います。プロローグで主人公の姉が戦死するとか。

 戦闘シーンはアクションですが、主な使用ボタンは「□:攻撃/防御」「×:ジャンプ」「○:アイテム」の3つのみ。難しいコマンド入力も必要なく、それでいて奥の深い行動が楽しめます。
 攻撃アイテムを使用する時に、地面にフラスコを放り投げるというマニアックなこだわりも素敵。

 他にもいろいろ書きたいことはありますが、早くゲームやりたいので今日はこれにて!

2007/5/23

■オーディンスフィア。

 うわ、なんか新しい状態異常食らった! なになに?

状態異常「呪い」
 一定時間後に確実な死が訪れます
 回復する手立てはありません

 ちょwwwおまwwwっていうかそれ笑えねえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!

 

 そして3秒後に死にました。


■tomohiroさんより、テキスト『アニメ版「どんど晴れ」』をいただきました。

2007/5/24

■なんだか今日はぐったり眠れそうです。

2007/5/25

■夜更かしゲームやりたい。

 そんな心の叫びが喉まで出掛かっては飲み込み、今日も休憩中に軽くトランス状態に入ってた歌音です。もしかしてそろそろやばい?


■オーディンスフィア。
 グウェンドリンの操作にも慣れてきて、戦闘も然程苦労しなくなってきたため、逆にネタがない有様です。サイト的にはあんまり面白くない。
 まあ、敢えて一つ挙げるとすれば、5章ボスのチビ竜のレーザーに一発でやられたことくらいか。滅びのバーストストリーム!(試しにガードしてみましたが、ものすごい勢いでHPを削り取られてあっさり敗北)

2007/5/26

■もってけ!セーラーふくを絶賛ヘビーローテ。電波とかどうとかじゃなくて、ひたすら意味不明な歌詞だなぁ。
 なぜかオフヴォーカルの方を延々と流してるわけですが、実はBGMとしてイイ感じです。

2007/5/27

■メールです。

>Johncoさん
歌音さん、お久しぶりです。無事課題が終わり、帰って参りましたJohncoです。
勉強中は禁欲生活を送っていてしばらくネットからも遠ざかっていたのですが、久々に赤松先生のサイトを見てびっくり、なんと「ネギま!」が実写化されるみたいですね。あまりのショックでいすから転げ落ちそうになりました。不肖、私の書いた実写版「ラブひな」の方が現実的なプランに思えるくらい、無謀な挑戦だと思うのですが…
ところで、歌音さんは「機動戦士ガンダムSEED」はご存じでしょうか?例によってレンタルビデオ店で、それぞれ「ガンダムSEED」「SEED DESTINY」のスペシャルエディション(総集編)を借りて見たのですが、富野ガンダムとの比較や問題点などを色々挙げてみました。また、今回も実写版イメージキャストを考えてきたので、もし歌音さんが「ガンダムSEED」に興味を持っていたら、またメールもしくはメールフォームで送りたいと思います。

 どうもおひさしぶりです。課題ご苦労様でした。
 ネギま実写化は、どう考えても悪夢としか思えないわけですが、当の赤松さんはなぜか楽しみにしているようです。まあ私は見ませんが、Johncoさんのプランの方がよっぽどオモシロそうではあります。
 種は見ておらず、スパロボ程度の知識しかありません。正確に言うと1話は見ましたが、導入部分が気に食わなかったのでそれ以降はノータッチです。Johncoさんには申し訳ないですが、興味がありません。ついでに、あの無駄にスタイリッシュなデザインもキライです。
 かといって、富野ガンダム厨でもなく、要するにガンダムには詳しくないのです(滅

2007/5/28

■オーディンスフィア、グウェンドリン編クリア。
 死の国の女王がタフすぎてうんざり。HP自動回復という恐ろしいアビリティを持つため、オーバーロード(攻撃力2倍)とペインキラー(被ダメージ半減)をかけて無理矢理インファイトに持ち込み、なんとか撃破しました。
 オズワルドに惚れた理由が明確に語られていませんが、これは脳内補完しとけということでいいですか。

 続いて、2人目の主人公、コルネリウス編開始。
 特殊技の回転斬りが便利だと専らの噂ですが、私としては隙が少なく振りの早い通常攻撃のほうがよほど便利です。滑空こそ出来ないものの、グウェンドリンと同等以上の機動力を誇りますし、性能はなかなか良さげ。
 というか、グウェンドリンの急降下攻撃はそんなに使い勝手良くなかったです。威力も低いし。

2007/5/29

■オーディンスフィア、コルネリウス進行中。
 回転斬りは、逃げ/防御的に使うとわりと有効だということが分かりました。調子に乗って集団に突っ込むと、いつの間にか毒食らってたりするのはご愛嬌。
 しかし、主なダメージ源は「ジャンプ攻撃4ヒット→地上攻撃4ヒット」に尽きるわけで。

 そんな感じで、グウェンドリンの頃とは比較にならないほどサクサク進行しちゃってます。


■メールです。

>くらんどターン
 「かえして!ニーソックス」を聞いてると妙に、シスプリから生まれたユニット「Cherry Blossom」を思い出してしまいます。
 唄い慣れた一名(CB=水樹奈々、ニーソ=平野綾)の浮いてるほどに目立つ歌唱力なんかがそう思わせるのかなぁ。

 一人だけ歌唱力が突出してしまうのは、声優ユニットの宿命といえましょう。
 ニーソの平野綾の歌声は、まんま涼宮ハルヒ(の挿入歌アルバム)ですね。そりゃ目立つわけだ。
 でも、ようつべかどっかで影山と冒険でしょでしょを歌った映像を見ましたが、平野さんの歌唱力はワリと普通でしたよ?(まあMステあたりに出てる昨今の十把一絡げよりは良い声してますけど)

 ウチもオフボーカル派です>もってけ
 ボーカルバージョンはらきすたの映像がないと物足りない。というかむしろ騒がしすぎて邪魔くさい。

 噂のとおり、歌と相まってのあのOPは珠玉の出来。ニコニコで大人気なのも頷けます。
 せっかくだから赤の扉…じゃなくてマンガのほうも立ち読みしてみましたが、買うほどではないなぁ。アニメの方が面白い。

2007/5/30

■オーディンスフィア、コルネリウス編。メルセデス倒しました。
 空中に浮いてくれてるおかげで、逆に相手しやすくて楽でした。
「空中コンボで地面に落とす→ナパームで火だるま→さらにサイクロンで削る→コンボ入れまくり」
 で、あっさり撃破。能登ボイスにハァハァしてるヒマなんてありません。…ほ、本当だよ?


■メールです。

>Johncoさん
私が種・運命ガンダムを知ったのも、先々週くらいで大した物ではありませんが、そこそこ面白く思えました。ちょうど放映された当時、アメリカがイラク侵攻をしており、その影響からか地球連合・ザフト(コロニーを居住とするジオン的存在)・オーブ(地球の中立国、日本がモデル)の三つ巴の混沌とした社会情勢をガンダムの世界に導入したのはなかなかだなと思いました。ただ、細かい脚本・展開に強引なところがあってそこが残念でしたが、ネットでの評判程悪いモノでは無いと思います。もう少し優れたベテランの脚本家だったら、富野ガンダムに負けない傑作になったでしょう。キャラクターは美形キャラが多く(これも賛否両論ですが)、実写イメージは全て日本人に当てはめることができました。
と言う訳で、知らない箇所が多いと思いますがとりあえず投稿してみたので、日記ネタに載せてください。詳しいキャラクター解説は、ウィキペディアを参照にするといいでしょう。


実写イメージ「機動戦士ガンダムSEED」「SEED DESTINY」

脚本 : 井上由美子・池端俊策
音楽 : 佐橋俊彦(アニメ版と同じ)
演奏 : ロンドン交響楽団(オーケストラ版CDの演奏経験有り)
監督 : 樋口真嗣

<主人公>
キラ・ヤマト : 藤原竜也(SEEDの主人公。地球連邦で戦うが、戦いの意味に疑問を持ち始める)
アスラン・ザラ : 松本潤(キラの幼なじみで、敵味方を越えた友情を持つ。ザフト軍のエースパイロット)
シン・アスカ : 成宮寛貴(SEED DESTINYの主人公。戦争で家族を失った恨みからザフト軍に入る)

<メインヒロイン>
ラクス・クライン : 宮崎あおい(プラント(コロニー)の歌姫。リーダーシップに富み、平和的な外交を目指す政治力を持つ)
カガリ・ユラ・アスハ : 井上真央(若きオーブ首長の後継者。実はキラとは双子の姉弟で、アスランと恋に落ちる)

<地球連合軍・アークエンジェル>
マリュー・ラミアス : 観月ありさ(戦艦アークエンジェルの艦長。富野ガンダムでいうブライト艦長的ポジション)
ナタル・バジルール : 深津絵里(マリューの相棒、アークエンジェルが地球連合を離脱すると敵となって立ちはだかる)
ムウ・ラ・フラガ(ネオ・ロアノーク) : 市川海老蔵(アークエンジェルのベテランMSパイロット。マリューの恋人)
フレイ・アルスター : 貫地谷しほり(ザフト軍を憎むアークエンジェルの若き軍人。キラと恋仲になるが…)
ステラ・ルーシェ : 鈴木杏(地球連合軍のMSパイロット。強化人間で情緒不安定になることが多い)
ミリアリア・ハウ : 堀北真希(アークエンジェルの通信士。後にジャーナリストに)
アンドリュー・バルトフェルド : 内野聖陽(元ザフト軍だが、ラクスの軍師としてアークエンジェルに協力。隻眼と“砂漠の虎”の異名を持ち、モデルはランバ・ラル)

<「SEED」ザフト軍>
ラウ・ル・クルーゼ : 中村獅童(ザフトのエースパイロットでムウの父のクローン。世界を憎悪する破滅的な性格)
イザーク・ジュール : 松田龍平(アスランの同僚。クールだが激情的な内面を持つ)
ディアッカ・エルスマン : 松山ケンイチ(同。イザークの良き相棒。一時アークエンジェルに属する)
ニコル・アマルフィ : 神木隆之介(同。あどけない少年で、激しいMS戦の中で命を落とす)
エザリア・ジュール : 戸田恵子(イザークの母。パトリックの片腕。)

<「SEED DESTINY」ザフト軍>
タリア・グラディス : 鈴木京香(ザフト軍の戦艦・ミネルバの艦長。デュランダルとは恋仲)
レイ・ザ・バレル : 中村七之助(ミネルバのMSパイロット。ラウと同じくローンだが、寡黙でクールな性格)
ルナマリア・ホーク : 上戸彩(同。後にシンと恋仲になる)
メイリン・ホーク : 貫地谷しほり(ルナマリアの妹で、ミネルバの通信士。髪を下ろすとフレイに似ているため、配役がフレイと同じ)
ハイネ・ヴェステンフルス : 西川貴教(ミネルバのグフパイロット。アニメ版と同じ配役)

<オーブ連合首長国>
ウズミ・ナラ・アスハ : 高橋英樹(オーブの首長で、カガリの父。戦火にさらされた国と運命を共にする)
ウナト・エマ・セイラン : 金田龍之介(ウズミ亡き後のオーブの実力者。ユウナの父)
ユウナ・ロマ・セイラン : 小泉孝太郎(カガリの婚約者(政略結婚)だが、坊ちゃん育ちのボンボン)
マルキオ導師 : 中村勘三郎(盲目の預言者。キラやラクスの持つ「SEED」能力にいち早く気付く)

<連合・ザフト盟主>
ムルタ・アズラエル : 野村萬斎(地球連合の過激派「ブルーコスモス」の盟主。非常に苛烈で非情な性格)
ロード・ジブリール : 和泉元彌(アズラエルの後継者。戦争を陰で操る秘密結社「ロゴス」のリーダーを兼ねる)
パトリック・ザラ : 寺田農(ザフトの最高議長でアスランの父。地球連合を潰滅させようと企む)
ギルバート・デュランダル : Gackt(パトリック死後のザフト最高議長。科学技術の力で地球とコロニーの対立を解消しようと思索する)


こうしてみると、改めて出演者が豪華すぎますね(笑)大半が主演経験のある俳優さんですし(大河ドラマ主演者も多数)。特に内野聖陽のバルトフェルドは「風林火山」の山本勘助にそっくりです。
ちなみに、2作はスペシャルエディション(総集編、「SEED」は全3巻、「SEED DESTINY」は全4巻・主役はシンではなくアスランに交代)が販売・レンタルされているので、これさえ見れば、2作ともにだいたい理解できます。

さらに追記ですが、「SEED DESTINY」はザク・グフ・ドムなど往年のモビルスーツが沢山出てきます。グフパイロットのハイネはあの名言「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」を言いますし、ドムではなんと黒い三連星(必殺技・ジェットストリームアタックも披露)まで登場します。

 さり気なくガンオタ芸能人を混ぜ込んでいるところが恐ろしいです。
 「ザクとは違うのだよ〜」の名言や黒い三連星あたりは、富野ガンダムファンに媚びているとか否定的な受け取られ方をしていたと聞きますが、そんなことよりもザクがスタイリッシュすぎて…
 スパロボで知った限りでは、ラクスが本当に平和的外交を目指していたのかどうかがすごく怪しいのですが、まあ置いておきましょう。この女やり手すぎる。


▲このページのトップへ

戻ります