歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年 1月 2月 3月

 


 

2007/4/1

■はぴばーすでい、春姫ー。


■今年もエイプリルフールネタなんて考えてもいない歌音さんですごきげんよう。
 トップのひとことはウソです。念のため。←ハズイので消しました。
 ときメモには特に想い出はありませんし。ぱずるだま買ったくらいで。本編を買わずに、そのキャラが出てくるだけの別のゲームを買うってのもどうかと。サクラ大戦コラムスも同じく。

 ちなみに、メモリーの中にはレイディアントシルバーガンのデータとかウィザードリィ(Lv130くらい、全キャラが呪文とレベルドレインへの耐性装備)のデータとか、ワリと大切なモノが入っております。


諸葛亮抱き枕

司馬懿「待て、あわてるな。これは孔明の罠だ」

 ていうか、「諸葛亮抱き枕」という字面自体が許し難い…ッッ!

2007/4/2

■ちょっと遅くなりましたが、ふたご姫最終回。
 お話の方は予想通りのハッピーエンドで、ベタながらも安心して見る事ができました。
 最終決戦用に、ファインレイン&ピュピュキュキュもパワーアップしましたし。
 エンディングがおしゃれファンタジー合唱バージョンだったのは、サービスでしょうか。

 「ちょ、これ小さい子は泣くだろ!」
 と言わずにいられない、恐怖の若本ボイスですが、敗因が食いすぎ(ふたご姫から無尽蔵にあふれ出るハッピーパワーを吸収しきれず自爆)というのは大きいお友達には笑うトコですよねぇ。


■まなびストレートも最終回。
 敢えて多くは語りません。1クール、存分に楽しませていただきました。
 最後の最後でOPに繋がるという…なんと心憎い演出ッ!


■プリキュア5は、テープが足りずに後半部分が録画されていないという事態…
 まあでも、のぞみとうららの笑顔が見られたので。

2007/4/3

■失業者問題を一気に解決する方法を思いつきました。無論、ニート撲滅も可能ッ!

 農業をやらせよう!
 自国の食料自給率も引き上げられて、一石二鳥だよ!

 …あ、そもそもニートって、働く気が、ひいては生きる気力が無い奴らなんでしたっけ。


■tomohiroさんより、テキスト『台湾テレビマンへの提言・10』をいただきました。

 ブルース・リーとかジャッキー・チェンの映画はワリと好きですよ?(←そういうことは聞いてない)

2007/4/4

■まりえたん。


■鞠絵といえばメガネですが、ワタクシのメガネに何やら掠り傷がついているようなので、近いうちに買い換えなければ。


■今度の日曜日は、選挙の投票日です。有権者の皆さんは忘れずに。

 私? 私も一応有権者ですけど、どの候補者がどんなことを喋ってもまるで信用に足らないので、ぶっちゃけ悩んでます。この貴重な1票を、一体どこの馬の骨に投じたらよいものか。(←何を偉そうに)

2007/4/5

■春の新番組の季節ですが、今のところプリキュア以外に良さそうなのが見当たりません。ていうか新番組チェックすらしてませんが。

 朝刊のテレビ欄で検索しながら、適当に決めていこうかな。

2007/4/6

■アイマス マスターワーク3と、プリキュア5 OPと、キミキスチューニングポップを買ってきたので、聴きまくりながら寝ます。

 何だか、先月今月は凄い勢いでCD買い漁ってるような。

2007/4/7

■投票率が50%以下でも当選するような選挙なんて、無くなればいいのに!

投票率の低さばかりがメディアに取り上げられて、「若い人は政治に興味が無い」などと知った風な口をきく政治評論家どもが現れる時期ですが、彼らは重大な思い違いをしています。
そもそも「投票に行かない」というのは、「誰がなろうと関係ない」っていう意味ではなくて、

 「どの候補者も相応しくないと思うので、誰にも投票しない」

という意思表示なのですよ。


■そういうわけですので、良い大人の皆さんは、明日はちゃんと投票所に行って、自分の信じる候補者に1票を投じると良いでしょう。


■メールです。

>Johncoさん
外務省が小中学生向けPRのために、「名探偵コナン」を題材にした紹介用のマンガを発行するそうです。いかにもマンガ好きの麻生外相らしい発想ですね。

 コナンなんぞ興味ありません。以上。
 なんて言うと怒られそうなのでもう少し触れてみますが、その噂だけでは内容を想像しようがありません。ていうか一体何を紹介するつもりなんでしょうね。

2007/4/8

■そろそろ選挙速報が放送されている頃でしょうが、皆さん、ちゃんと投票に行きましたか?
 私はもちろん行ってません。だって、誰にも票入れたくないもん。
 似たり寄ったりの立候補者などに興味はありません。興味があるとすれば唯一つ、「今回の投票率が何%だったのか」。

 さておき、プリキュアを見る気力も残っていないため、今日は早めに寝ます。

2007/4/9

■丁度うららが映るシーンで次回予告のテロップを入れるメタモル☆テレビの作為的編集っぷりがリアルすぎて噴いた。


■今気付きましたが、グレンラガンってプリキュアの真裏なんですね。
 ちくしょう、そんな2択か!
 私だってヨーコさんとかドリルとか見たい! 見たいけど、

 プリキュア>>>>>グレンラガン

 ↑今の勢力図はこうなのよ!
 せめて三十分、グレンラガンが早ければ!

 

 おぱい分はハヤテで補給することにします(でも今週は録ってないので来週から)

2007/4/10

■学校内では有名人でも、世間的には、うららは駆け出しのアイドルなんですよねぇ。そうそう自分にスポットが当たるとは限らないわけで、厳しいぜ芸能界。
 私が昨日「リアルだ」と言ったのは、そんな十把一絡げの扱いのことです。

 いい年こいたオトナとしては、ブンビーさんに共感せざるを得ないわけですが。つらいぜ管理職。
 がんばれブンビーさん。(←あれ?)


■Johncoさんより、テキスト『実写版「ラブひな」』をいただきました。

歌音さん、こんにちは。今回の実写版「ラブひな」改訂版が、最後のメールになります。思えば以前お世話になった氷室令司さんがサイトを閉鎖なさったように、私Johncoも卒業の時が来たようです。短い間、変わった考察テキストばかり書いてきましたが、楽しんで頂きましたでしょうか?今あるテキストは残しておきますので、暇があったらまた読んでください。
とまあ、湿っぽい話になってしまいましたが、卒業とはいえいつかは(このサイトが残っていたらの話ですが(爆))また帰ってきたいと思います。実写版「スクラン」は本編(原作・アニメ)が完結しない限り完成しませんし、未完成のまま一旦封印することになった実写版「マリア様がみてる」もいつかは完全版を作りたいですし、アニメ版朝ドラ・大河にいたっては未練たらたらの状態です(おいおい)
と言う訳で、またきっかけがあったらお会いしましょう。それまでのしばしのお別れです。最後になりましたが、これまで本当にありがとうございました!
それでは、最後に実写版「ラブひな」改訂版をお楽しみ下さい。

 長い間ありがとうございました。そしておつかれさまでした。卒論頑張ってくださいまし。
 このろくでもないサイトが残っている限りは、Johncoさんのテキストも残っていることと思いますので。


■メールです。

psychicerさん
>どの候補者も相応しくないと思うので、誰にも投票しない
 そういう場合は白票(無記入投票)を投じるといいのですよ。そのほうが誰もふさわしくないという意思表示になります。だって「投票」はしてるんですもん。

 白票は投票率に影響するんでしょうかね。だとすれば強ち無意味というわけでもなさそうです。
 まあ、実は投票所に行くのが面倒というのもあったのですが。

2007/4/12

■かわいいお姉さん分が補給したくなったので、「チアフル!」を買ってみました。
 メインヒロイン5人中4人が年上(そして残る一人は同い年)なので、某氏の好みからは外れてそうです。最低ラインが83ですし。

 開始早々、憧れの人にフラれる主人公。強く生きろ。


■実は、このゲームをインストールするのに6回も失敗してました。
 戯画のユーザーサポートに聞いてみたところ、原因はNOD32。セキュリティソフトを使ってると、いろんなところで障害が出るものですが、まあ仕方ないといえば仕方無いわけで。
 それよりも、夜11時半ごろに送ったメールの返事が次の日の朝8時に届いてたというあまりにも迅速な対応に、ワタクシ甚く感心しました。

2007/4/13

アル トネリコ2が出ますよ!

 まさか2が出るとは思ってませんでしたよ。
 ジャンルは同じく、「ムスメ調合RPG」。レーヴァテイルと思しき二人のヒロイン、そのコスチュームデザインがまたしても秀逸です。
 蝶・期待!


■チアフル、進行中。

 いろいろあって、チア部に体験入部することになった主人公。(注:この辺までは体験版でプレイできます)
 新入りの下っ端部員ということは当然、部室の掃除やユニフォームの洗濯なんかの雑用係も兼ねているわけですが、チアリーディングのユニフォームっつーと、つまりスカートやソックスやアンダースコートやあんなのやこんなのや、あまつさえそんなものまで!?ってな具合で、青年には非常に刺激が強すぎるのでございますえへえへぶっ!?(←もみじにカバンで殴られた)
 が、そこはそれ、百合香さんへの愛が第一である主人公くんは、ちょっぴりニオイを嗅ぎつつも必死で抵抗するわけですよ。頑張れ。

2007/4/14

■らき☆すたも藍蘭島も見ないうちに、もう明日は日曜日ですよ?
 そもそも、1週間に見てるアニメがプリキュアとその他数本しかないのに、どうして溜まるんだろうか。

 てな具合で、あんまりヒマじゃない毎日を送ってる歌音です。


チアフルの抱き枕カバーとな。

 ゆ、百合香さんのは!?

2007/4/15

■昨日だか今朝だかのニュースで、今回の東京都知事選について、市民へのインタビューが流されてました。
 ご存知のとおり、石原の圧勝だったわけですが、ということはすなわち、石原に投票した人がいっぱいいたということですよね。
 まあ誰に投票しようと私には関係ないのですが、その理由というのが、

「石原都政には、安定感がある」
「石原以外の立候補者の印象が薄い」
「ぶっちゃけ、石原以上の仕事を期待できる立候補者がいねェし」
「じゃあ消去法で石原しかないじゃん」

 もう言葉もねェよ…


■チアフル。
 夏木先輩とえちぃマンガを貸し借りしあう仲になりました。どんな仲だよ。
 まあ、向こうのはBLなんですがね(泣)

 百合香さん(ブルマ)と朝のジョギング! 後姿がまぶしいぜ…
 百合香さんは、外に出す派。ちぃおぼえた。

主人公「今日は昨日と違って体操服姿だ! また一段と神々しい…」

 主人公に、強烈にシンパシーを感じました。


5月5日、つどーむのイベントに行く予定です。
 正直、今回はネタが無いんですが(ダメじゃん)
 ご連絡等がありましたら、メールかBBSまで。

2007/4/16

■アニメ見る暇が…

 先週録った藍蘭島とらきすたもまだですし、マリアさん目当てのハヤテも見てないし、プリキュアすら見てないし…でも、チアフルは少しずつ進んでるんだよなぁ。

2007/4/17

■やっと見ました、藍蘭島とらきすた。

 藍蘭島。
 よく動いてて、けっこう期待できそうです。すず可愛いし。原作をなぞる感じでも、アクションとラブコメに手抜きしなければいけるんじゃないでしょうか。
 でも、歌は堀江由衣なのな。

 らきすた。
 噂のOPを見てみましたが、なるほどこれは凄い動き。
 本編の方は、終始まったりした雰囲気で、これはさすがに好みが分かれそうです。ネタの仕込み方が…
 Aパートで延々食い物の話をしてたのには思わず笑いが。

2007/4/18

■プリキュア5。
 テスト勉強がイヤで逃げ出すのぞみを、ココが説得してやる気にさせるというお話。
 どんなに寄り道しても、努力は決して無駄にはならない。

アラクネア「精一杯の努力をしているのですが…ッ」
ブンビー「努力したかどうかなど、どうでもいいんだ。
     言い訳はイイワケ。結果を出して!」

 でも、オトナの世界ではそんなこと通用しない。
 毎週毎週、企業という現実の厳しさを見せ付けられますなぁ。

 学校のテストも、会社の成績も、重要なのは過程ではなく結果。
 競争社会である会社では、頼れるのは自分自身。
 しかし、のぞみには勉強を教えてくれたり、アドバイスをくれたりする仲間がいます。  かれんがビシビシ教え込んだ甲斐あって、見事赤点脱出を果たしたのぞみでした。

 

こまち「だって私、図書委員だもの!」

 ぐはっ!?(萌死)


■ハヤテのごとく。
 ナレーションが若本という時点でもう降参するしかないわけですが、アバンタイトルでいきなりセーラームーンネタが出てきたり48の殺人技と52のサブミッションとか変身を後2回残しているとか…もしやこのマンガ、パロディネタ満載なんじゃなかろうな。

 とりあえずマリアさんかわいい。

2007/4/19

■プリキュア5というアニメの魅力を伝えきれない自分の文章力の無さが悔しい。

 他サイトのレビューとかを読むたび、つくづく思います。


■チアフル、百合香エンドでした。
 終盤の進行の早さが残念ではありますが、特に超展開とか説明不足などは無く、分かりやすいストーリーで良かったと思います。
 主人公が有り得ないほど一途ですが、先輩たちの誘惑に何度も負けそうになる辺りに妙なリアリティ。事故るたびに(着替えを見ちゃったとか)やたらと謝るのはどうかと思いますが、まあ変に言い訳するよりは、ね。
 ただ、個人的な不満をひとつだけ挙げておきたい。

 ぜひチア服でのシーンを見たかったでふっ!?(←もみじにカバンの角で激しく衝かれた)

2007/4/20

■仕事から帰ってきてちょこっと昼寝したつもりで、いつの間にか7時。
 どうもこんばんは、社壊人気味の歌音です。


■らきすた第2話。
 このユルい内容とこなたのオタっぷりで、毎週小さな笑いを得られそうです。

 藍蘭島第2話。
 あやねに鷲掴みされたすずが、謎の喘ぎ声を…
 この先、すずの胸ネタが増えてくるんだろうなぁと、微妙な期待。
 鬱陶しいのは、古典的にも程がある行人の鼻血噴射祭り。って、原作でこんなに激しく噴射してたっけか。


■『アル トネリコ2 〜世界に響く少女たちの創造詩(メタファリカ)〜』公式サイトオープン

 前作のシステムに改良を加え、戦闘もグラスメルクも一層熱く! 合体詩魔法ってすげえ!
 レーヴァテイルなヒロインは、今回2人登場(増えるかも?)します。幼なじみで小さめのルカ(涙目ではない)と、金髪お嬢様で大きめのクローシェ。いかん、どっちも魅力的だ。

2007/4/21

■ネギまとあいこらを買ってきました。
 これから読むので今日はこれにて!

 そりゃ待てって躊躇だ!(いやーん)

2007/4/22

■小中学校の道徳の時間にプリキュア5を鑑賞させれば、情操教育に最高じゃね?

 とか真剣に考えたりする歌音さんです。キモイとか言うな!
 いや、でもね、このアニメは年頃の子供たちに、ぜひとも真面目に見てほしいのですよ。


スクウェア・エニックス バトルトラックス

 古き良き時代のスクウェアRPGやSLGから、戦闘曲だけを選りすぐった、ファン感涙モノの一枚。
 といえば聞こえは良いのですが、

・SaGa2からはバトル1だけ
・聖剣伝説からはボス戦だけ
・FF5からはビッグブリッジだけ

 という具合に、中途半端なチョイスが実に不愉快です。
 Vol.1とか2とかに分けないで、5枚組アルバムとかでもいいから、ザコ戦ボス戦ラスボス戦問わずに全部収録しちゃえばいいのに。そのほうが売れるよ絶対。
 個人的には、ロマサガ1の四天王バトルとロマサガ2の七英雄バトルが入っていないのが気に食わないッ!

2007/4/23

■帰宅が遅かったので、メールレスだけで。

R−SPHEREさん
>スクウェア・エニックス バトルトラックス
ネタに釣られて脊髄反射カキコ(笑)
正直、中途半端感が否めないラインナップですが、フロントミッションとライブアライブを忘れないで入れてくれた点だけは評価できるかと。(この辺個人的にツボなので)
変に小出しにされるより全部収録の方がありがたいなあ…やっぱり(笑)

 Rさんならそう仰ると思ってました>ライブアライブ
 まあ、何回に分けるつもりなのか分かりませんが、余さず収録してくれるのならば言うことはありません。
 ただしそれは、昨今のスクウェアゲームが如何にダメであるかを自白するという意味にもなりますがねフェフェフェ。

2007/4/24

■キミキス 〜lyrical contact〜 を買ってきました。
 描いてる人は、黒井みめいさん。東雲太郎さんのエロス溢れる絵柄と違って、可愛らしく描かれてます。や、東雲さんの絵もカワイイんですけども。
 星乃さんがメインですが、二見さんや明日夏ターン、そして深月たんなんかもちょっぴりお話に絡んできます。
 もうね、何かにつけて顔が真っ赤になる結美たんが可愛くてですね。最初から最後までニヤニヤしながら読んでましたよ。キモイですかそうですか。

 あと、スマートな絵柄のワリに、ふとももとかお胸とかほっぺとかの肉感が、非常に堪らないわけです。
 ぷにぷにしたいです。明日夏ターンとか。

 そして何よりも、ワタクシを萌死せしめた、P174の深月たん。
 彼女のその姿を見た瞬間、ワタクシのお脳にゴルディオンクラッシャー。
 勘の良い方は、もうお気づきでしょう。そうですメイド服ばんざーい!


2008年サミット開催地が洞爺湖町に決定

 聞き捨てならないニュースだったので反応してみます。
 安倍さん曰く、

 「『美しい国・日本』のテーマに相応しいのと、地方を重視する意思が大切だから選んだ」

 などという、よく分からない理由で決定。安倍さん、ホントは何も考えていないんじゃねーのか。
 地元住民にとっては、これは決して嬉しい話ではありません。むしろ迷惑です。
 お上は相当の経済効果が期待できると踏んでいるようですが、実際のところはそんなに甘くはありません。道路整備やら宿泊施設やら警備やらに、いったい幾らかかると思ってるんだか。
 それどころか、一般の観光収入が圧迫されるのも目に見えています。各国要人が訪れるというのに、パンピーを近づけるわけにはまいりません。いや、普通に泊めるかもしれませんが。
 ぶっちゃけ、試算では赤字確定なわけですよ。しかも数十億規模の。その借金、誰が返すんだよ。

2007/4/25

■ハンゲームっつー、無料ゲームがいろいろ遊べるサイトで、麻雀ばかりやってる最近の歌音さんです。
 夕方〜夜になると、5000人以上もの雀士が集まるという、何この巨大フリー雀荘って感じの規模。
 …なんですが、やっぱり腕のほうもピンキリでございまして、中身的には東風荘と大して変わらない気がします。

 まあ私も人のことをとやかく言える腕前じゃあないんですが。精進しよう。


■あー…チアフルが進んでないなぁ…。

 お話はまあまあだし、ヒロインもかわいいし、えちぃシーンも嫌いじゃないし、決してつまらなくはないんですが…ぶっちゃけ、百合香さんクリアして満足しちゃってる自分がいるわけです。
 やっぱり、メインディッシュは最後にとっておくべきだったかなぁ。
 …い、いやいや、1周目は攻略とか見ないで思うがままにプレイするというのが信条ですから、お前のやったことは決して間違ってはいないぞ。
 そもそもいまだにエロゲやってるという現実が間違ってますか。そうですか。

2007/4/26

■休みなのをいいことに、4時まで起きてた→14時起床。
 そしてもはや昼飯ですらない食事を摂って、録ってたアニメ見たりしてたらもう夕方6時。ぅわーい。
 みんなは、こんなダメな大人になっちゃいけないんだぜ!
 でも、「こんなダメな大人でも生きていけるんなら、俺でも大丈夫」とか思うのは個人の自由。え、矛盾してる?


らき☆すたOP「もってけ!セーラーふく」のジャケット公開

 カップリング曲は「かえして!ニーソックス」だそうです。
 即ち、セーラー服は脱いでて、ニーソははいてる。よし想像してみよう。

 …何てマニアックな!

2007/4/27

■お買い物。

デムパー。
・ で・る・た!
・ がちゃがちゃきゅ〜っと ふぃぎゅあっと

 久々に、アトリエかぐやのエロゲを。TKBが見えてたので、写真は一部修正してあります。
 そして、一部では国歌扱いされるほどの強烈なDEMPAソングが出てたので、思わず。あ、ありのまま起こったことを(以下略)

2007/4/28

■わ、和佳葉が…和佳葉がー!
(↑歌音さんは、でるたで絶賛お楽しみ中のようです)
 アレだよね、妹にぬりゅぬりゅとか言わせるとすごく(略)

 その妹、ベッドの中でアイスキャンディをなめながらセルフバーニングという大技を披露してくれました。言うまでもありませんが、アイスは兄のおち(略)の代わりです。
 さすがはアトリエかぐや、純愛ギャルゲではなかなかできないことを平然とやってのける。そこにシビれる憧れ(略)

 「ていうか、このゲームは純愛ギャルゲなのか否か」
 という質問は黙殺します。


■サブヒロインのCVが、安玖深音、成瀬未亜、金田まひるという、ある意味強まったメンバーだったことに今更気付いた。
 やかままひるボイス健在。

2007/4/29

■プリキュア再放送見ました。第3話かな?
 なぎさとほのかが、まだ苗字で呼び合っていたころ。慣れていないせいか本名さんの演技がちょっぴり硬くて、逆にゆかなボイスが引き立っちゃってる妙な現象が起きてます。

2007/4/30

■プリキュア5、りんちゃんメインのお話。

 学校ではいろんな部活の助っ人、家では花屋のお手伝いに年下の兄弟の面倒をみたりと、いろいろ忙しいお姉ちゃん。
 たまにのぞみが来たときは、チビ助の遊び相手になってあげたりするわけで。のぞみとしては面倒を見てあげているつもりですが、どう見ても一緒になって遊んでるとしか思えない。
 そんなのぞみたちに怒ったりすることもありますが、内心では嬉しいしありがたいと思ってるんですよね。…うん、まあ、のぞみじゃあんまり頼りにならないってのも、分かってるんですけども。

 そんなりんの気持ちを知ってか知らずか、今日はうららやこまち、かれんまでも呼びつけて、押しかけるのぞみ。ココ&ナッツはおもちゃ扱いです。
 チビどもと一緒にはしゃぎ回るのぞみとうらら。何も言わずに店の手伝いをしてくれるこまちとかれん。
 「どうせアンタが強引に誘ったんでしょう。みんな忙しいのに悪いことしちゃったじゃない」
 ちょっぴり叱ってみせるりんに、
 「てへ」
 ごめんね、という表情。でも、のぞみは単純に「りんちゃんを助けてあげたい」という気持ちから、つい行動をとっていただけ。りんちゃんラヴなわけですよ。
 「全くもう」
 呆れた素振りを見せつつも、そんなのぞみの気遣いが嬉しいりんちゃんです。もういっそ、のぞみを押し倒してしまいたいくらいに、のぞみラヴ。

 

 ああ、そうそう。
 昼休みにこまちが飲んでいた紙パックドリンクに「ハバネロ」という文字が…ハバネロの何!?
 大食い戦隊だとばかり思っていましたが、変なものもワリといけるクチのようです。


■でるた、和佳葉エンド。
 「想う心が、繋ぐ力」とか、そんな感じのクライマックスでしたが、ありがちとか固いこと言わずに受け入れればいいんじゃないかな。

 ていうか、初回プレイで妹エンドという、このワタクシのダメっぷり。
 だ、だって黒髪ロングだったんだもん!(←言い訳はイイワケ)


もえたん、アニメ化決定

 ドメインが「いんくちゃんどっとこむ」ときた。
 えーと…どんな内容になるんでしょう。あと、キャスティングが…


▲このページのトップへ

戻ります