歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月


2006/12/1

■仕事が早く終わったので、キミキスのキャラソンとラジオCDを買いに行ってきましたよ。

メインはどっちだ
(光源の取り方がダメすぎてごめんなさい)

 あ…ありのまま起こったことを話すぜ!
 俺は春姫フィギュアを見つけたと思ったら、いつの間にか会計を済ませていた以下略。

倒れそうです
アダファルト!

 というわけで、春姫さんのフィギュアも買ってきてしまいました。いやぁ、エロい魔法服だこと。
 髪の毛やリボンなどの細いパーツが多くて、いつでもポッキリ行っちゃいそうな危ういフィギュアです。
 台座は鏡になっており、普通に立ててあるだけでも角度次第でぱんつが見えてしまうという、訳のわからないこだわりが感じられます。
 一番重要な目ですが、なかなか良い具合。さすが、海外製のキミキスフィギュアとは随分違いますね。

 もう一つのウリであるダメージパーツの出来具合は…内緒ですっ!
 どうしても見てみたいひとは、ソリッドシアターのサンプル画像でお楽しみください。

 下からのショットも撮ってみました。


キミキス公式サイトがリニューアル。

 トップイラストの二見の臀部がブランコに隠されている件について。
 うどん、明日夏ターン、深月たんのGIFアニメがあるのでチェキよ!

2006/12/2

■ここ最近、数ヶ月周期で恥ずかしい表紙になるアルカデですが(アイマス、エグゼリカ、ツィーランのケツなど)、今月はやっぱりアレですよアレ!

百合要素も期待していいですか

 アルカナはキミの心(ムネ)の中に!
 ってなわけで、とうとう2D格ゲーも萌え要素がないと売れない時代になってしまいましたが、近年にありがちなバリバリのコンボゲーではなく、何やらまともな立ち合いや駆け引きを楽しめるゲームになりそうとの噂でちょっぴり楽しみな歌音さんでございます。
 でも、投げキャラがスク水幼女なのは納得いかぬ。


■キミキスラジオCDのDisc1『結美となるみのキビキスチューニングアップ!』が、再現度高すぎてステキです。

 結美となるみが輝日南高校の放送室をジャックして、キミキスラジオ風の校内放送を流すという内容なのですが、元ネタにそっくりなコーナー名とか、投稿メールのペンネームが、ゲームをやった人なら一発で誰だかわかるようになってたりとか、抱腹絶倒は必定。
 終始テンパりっぱなしの結美と、常に落ち着いたなるみの対比がナイスです。


エロゲプレイヤーチェッカー

エロ指数-3 萌え指数3 シナリオ指数0
泣き指数6 笑い指数14 ゲーム性指数-1
知識点-33 知識率21% プレイ率6%
〜95年:-3P 〜98年:-18P 〜01年:6P 〜04年:-2P 〜06年:2P

 9割が知らないタイトルでした。ピンポイントに好みのエロゲしか買わない私が、そんなに知識あるわけないじゃんか!

2006/12/3

■『ドージンワーク』は、とても恐ろしいマンガでした。
 (↑歌音さんへ:不明瞭な発言は控えてください)

「ラヴ… ゲーム…」

2006/12/4

■ジャスティスは何気に萌えポイントの多い漢だと思いましたが、見習うべきところがあるかというと、あったりなかったり。
 むしろ星くんのポジティブ志向を見習うべきか(←見習うべきではない)

2006/12/5

■キミキスとかα3とか鉄拳5とかプレイするより、キミキスラジオCDを第1回から聴いてるほうが楽しいかもしれない。キミキス楽しいよ(どっちですか)

2006/12/7

 はっ!?
 あ、あー、その…おはようございます! 気にしないで、私は平気!


■ええと、なんだか空回り気味な歌音さんですごきげんよう。
 人生空回りとか思ってても心の内にそっとしまっておいてください。


■弟と鉄拳5やったりしてました。すいません。


■今週のキミキスラジオをまだ聴いていなかったことに気付きました。
 それどころか、今週の武装錬金とGAとネギまもまだ見てなかった。

 というわけで、取り急ぎ武装錬金だけ見ました。

 いやぁ、陣内バラバラなんてテレビ的にもってのほかとばかりにバッサリカットされてて、超幻滅した。
 ていうか金城が舌噛み切るのもダメかい。
 でも、まひろの「核鉄、頂戴」の顔はかなり怖かったのにアリらしい。
 石川さんも言ってたけど、そこまで徹底的にバイオレンスシーンを切るくらいなら、もうちょっと脚本に手間かけてほしいもんですね。

2006/12/8

■GAる〜んがいまひとつ面白くないです。
 エンジェル隊とルーンエンジェル隊の競演も、全然競演できてなかったし。
 おもしろキャラがナノナノしかいないってのは問題だ。

2006/12/9

■キミキスやってて寝落ちするほど悲しいことはありません。

 家に帰る→晩ごはん→ゲームやってて寝落ち→気付いたら布団に入ってる→しかし寝相がおかしい→朝起きると掛け布団の上に寝ている

 これはとてもマズイのでわ。

2006/12/10

ブルマサンタ可憐(カベナンザさん)

 今年の年末も、ブルマ神降臨。はいたところか、それとも脱ぐところかは、ご想像にお任せするべきです。
 ちょっと下のほうに花穂もいます。

 はだエプ白雪(アライソレジデンスさん)

 はだエプの見所は色々ありますが、この白雪に関しては、鎖骨でもちくびでも足の付け根でもなく、「リボンがフィットしている腰のくびれ」であると主張いたします。

2006/12/11

■おじゃまぷよがピンポイントで急所に落ちてくることを「そげキング」と呼ぶ、マイ弟。


■えっ、明日は3時起き!?
 寝ます!

2006/12/12

■キミキスラジオ第5回。
 ウマイウマイとうどんを散々貪っておきながら、「面白くない」とバッサリ斬り捨てる水橋&広橋は鬼ですか。

 そしてドラマ瑛理子編がエロすぎるのですが(「教えてよ、気持ちのいいキス」)、やー、こりゃあエロ同人誌も量産されるわな。
 もう、思う存分チュッチュしまくればいいと思うよ!(脳内含む)

2006/12/13

■Wiiのスポーツゲーム(テニスとかかな?)のやりすぎで右ヒジをおかしくした老若男女が多数いるようですが、もしもそんな下らない理由で訴えられたとしたら、任天堂はたまらんよなあ。そんなの自己責任でしょうが。
 ていうか夢中になるのは結構だけど、ヒジ痛めるまでゲームすんなよ。
 私はそこまでヘトヘトになってまでゲームをしたいとは思わないので、当分Wiiは買いません。
 でも明日発売のスト3廉価版は絶対買う。


■みんな気付いてないのかもしれないけど、キミキスでいちばんEROI娘は結美たんなんだよ!
 校舎裏で待ってるから一人で来てね(結美キャラソン)とか、だめよこんなとこじゃ人が見てる(恋のChuing up!)とか、お風呂では初キスを反芻してたりとか、その勢いでぜったいひとりで燃え上がってたりしてるに違いないんですよ!(後半二つは妄想です)
 例えるなら、そう、北斗神拳的なえろーす。
 まお姉とか二見みたいに、接触しまくりの直截的、すなわち南斗聖拳的なえろーすが人気なのもわからないでもないが、キミキスの真髄は内部からじわじわと湧き上がる感情にこそあると、発売から半年経った今だからこそ、そのように主張する所存です。

 「それは歌音さんの好みだよね」

 Exactry.(そのとおりでございます)

2006/12/14

■こんにちは、歌音茶房(仮)へようこそ。
 ではスト3やってきます。

2006/12/15

■テキーラさんが出てくるとプチエロス展開になるGAる〜ん。
 というわけで今週は、リコの肩甲骨とかふくらはぎとか、平野綾のアレな声とかを視聴できました。そのあとぶっ飛ばされたけど。

 何かあんまり楽しめてないる〜んですが、原因はいろいろ考えられると思います。

・15分×2本→30分×1本になったせいで、密度が薄まった
 (GAのほうが、ある意味ムリヤリ感全開だったとも言えますが)
・キャラのアクが足りない
 (ウォルコットのようなナイスミドル(?)がいない)
・ぶっちゃけ声優さんの演技がアレだ
 (具体的にはアニスとリリィ)
・リコとテキーラの百合をもっと出せ
 (あぁーっ)

 まあ最後のはウソですが。


■プリキュアが乱入するっていうから久々にクレしん見てみたら、着ぐるみじゃねーか! くそう、期待した私がバカだったッ!

 …でも、白いほうのスカートの下が見えた気がするので、まあいいか(←安い)

2006/12/16

■これから会社の飲み会。帰ってきたら更新するかもです。


Tonyさんの、超ステキなサンタさん(T2 ART WORKSさん)

 黒髪ロング、しまぱむ、白ニーソ、したちち、Absolute Field…これだけの要素が詰め込まれているにも関わらず、少しもくどさやしつこさを感じさせない完璧じゃないですか。

2006/12/17

■昨日の飲み会の酒が微妙に残ったまま、仕事に行ってきました。
 食欲が振るわなくて、朝食代わりに摂取したのは、野菜ジュースと胃腸薬。

 しかも仕事中に右肩脱臼。ヤバイなぁ、これクセになってる。
 末堂さん式に嵌めて治ったものの、アレは結構痛いんだよ。

2006/12/18

■2006年も、残すところあと13日ほどとなりました。中途半端やなー。
 というわけで、本日の歌音茶房は『驚天動地の2006年を振り返る』というテーマで、いつもどおりに駄文を垂れ流していこうと思います。

 

マンガのこと。
 …って、しまった、今年はあんまり週刊連載ものの新作買ってないや。スクランもエアギアも買うのやめちゃったし。今でも買ってるのはSBR、あいこら、ネギま、フルバくらいかな。
 4コマは良作が結構ありましたね。WORKING!!、ドージンワーク、GA(芸術科アートデザインクラス)、特ダネ三面キャプターズ、などなど。
 伊波ちゃんとノダちゃんの可愛さは、雲耀の太刀に匹敵する。(その例えはどうか)

 

アニメのこと。
 昨年から見ていたプリキュアとふたご姫は、新シリーズになってほとんど見なくなってしまいました。だってふたご姫つまんないんだもん。
 おとぎ銃士赤ずきんも、最初はちょこっと見てましたけど、だんだん展開が読めてきて面白くなくなってきたのでフェードアウト。
 唯一、涼宮ハルヒの憂鬱のクオリティは大したもんだと思いました。原作知らなくても楽しめるアニメなんて、随分久々でしたよ。
 そんなわけで上半期は収穫皆無だったため、秋の改変期から始まったGAる〜ん、武装錬金、ネギま!?に期待を寄せてみるも、GAはイマイチ、武装錬金は展開早すぎるうえに作者の意図をちっとも汲んでいない描写が満載(そのくせ、ブラボー巴投げみたいな原作に無いギャグをはさんでみたり、まひろを萌えで売り込んでみたりと、さらに鼻につく)で、蝶幻滅。
 結局今見てるのは、大して期待してなかったネギまという有様です。本屋かわいい。

 

ゲームのこと。
 昨年ほど大当たりではないものの、今年も良作に恵まれたのは幸運でありました。
 以下、買ったもの。(売却して手元を離れたもの含む)

●PS2
・アルトネリコ
・ディスガイア2
・キミキス
・鉄拳5(廉価版)
・ゴッドハンド
・ストリートファイターIII 3rd strike(廉価版)

●PC
・めいどさん☆すぴりっつ(Sirius)
・クローバーハーツ(Rさんからの借りもん)
・春萌(LOVERSOUL)
・メイドさんと大きな剣(Maybe Soft)
・はぴねす りらっくす(ういんどみるOasis)

 月平均1本未満。意外と買ってたなー。
 では寸評とか。

・アルトネリコ
 今年一番の怪作といっても過言ではないほどの、とんでもないRPGでした。
 ドット絵にこだわったり音楽にこだわったり、楽しいゲームを作りたいという心意気が溢れているというステキな作品ですが、何よりも危険なのは、ヒロインの精神世界に潜り込む「ダイブ」。
 エロゲもかくやといわんばかりのエロ展開に爆笑必至。ある意味キミキスと似たベクトルを有しています。

・ディスガイア2
 廃人養成RPGという点では、PSUやらFF11などのネトゲにも引けを取らない奇作。
 ストーリークリアよりもレベル上げたりアイテム強化したりして隠しボスを倒すことが真の目的という、もはや本末転倒なゲーム設定には、むしろ潔さすら感じます。
 時代に逆行するかのように、ドット絵にこだわっているのもステキ。魔法使い(女)とアーチャーが可愛いのです。

・キミキス
 今年一番の問題作。コンシューマのゲームのクセに、そんじょそこらのエロゲよりも数万倍エロいという時点で、何かが間違っています。
 高校生活中になんとか彼女を作ろうという目標は漢としては気高いものの、そこに「キスしてみたい」という欲望が加わるだけでこんなにもエロく、そしてギャグになってしまうんだなぁ、と、プレイヤーを困惑させまくった恋愛シミュレーションです。
 とにかく、主人公の想像力と妄想力と性欲と変態性がハンパではありません。妹のスク水姿とかにドキドキするだけでは飽き足らず、平然と気取ったり手を握ったりしやがります。羨望の的だ!

・鉄拳5
 会社の人(鉄拳バカ)とリアル弟に薦められてしぶしぶ買ってみたが、意外と面白かった。
 対戦格ゲーでは、スト3と双璧を為す作品であると思います。

・ゴッドハンド
 2006年イチオシ。
 戦国BASARAなどで最近頓にはっちゃけすぎてるカプコンが、「バカゲーでありながらもクソムズイゲームを作りたい」というある意味間違ったコンセプトで作られたアクションゲーム。一言でいうなら、3D版ファイナルファイト。
 キャラクターデザインから技の一つ一つに至るまで全編ギャグ満載なステキゲームなのですが、ザコに囲まれた途端にボコられて即死という、お子様はクソして寝てろといわんばかりの難易度に、逆に惚れこむゲーマーもたくさんいたわけで。
 アゼルとのオラオラ合戦が最高に熱いです。デモムービー見たとき、笑いすぎで暫く立ち直れなかったもの。

・スト3
 もはや何も言うまい。稼動開始から7年経った今でも各地で大会が行われているほどの、2D格ゲー最高傑作です。

・めいどさん☆すぴりっつ
 メイドさん(えちぃシーンは100%着衣)とひたすら甘い生活を送るというコンセプトだけでも大好きすぎるわけですが、四人いるサブキャラたちのお話も、なかなか熱い展開だったりほろっときたりと、何気に良くできてると思います。
 江戸っ子口調の主人公はヤバイんではないかと危惧していたものの、意外と違和感が無いどころか、頼れる男っぷりを引き立てていてよろしい。

・クローバーハーツ
 4人の主人公の(社会的に見て)子供ゆえの未熟さが目立つストーリーでしたが、愛情というテーマに関しては、それなりに描けていたんではないかと。
 莉織との倒錯えちぃに萎えるどころかマジ泣きしてしまいました。

・春萌
 昨今のエロゲにしては、ヒロイン数が3人と少ないものの、それぞれのお話は丁寧に作られていて、好感の持てるゲームでした。
 巫女とかメイド服とかオーバーニーとか、あからさまに狙ってるだろというシチュエーションはいいとして(いいのかよ)、ネタ部分が目立ちすぎなのは残念。灰音さんのシナリオが投げやりなのも。

・メイドさんと大きな剣
 えちぃシーンでむにょむにょ動くおぱいアニメを目当てに買ってみたものの、それ以外に特筆すべき点が無くてがっかりしました。
 ギャグが少ないのもそうですが、ウリの大剣バトルが実にイケてない。

・はぴねす りらっくす
 今年買ったエロゲでは最高傑作(はぴねす補正含む)
 昨年、はぴねすでイヤというほど萌え殺されたはずでしたが、準シナリオ(えちぃ付き)という最終兵器の投入により、歌音:完全敗北…死亡。「てめーは俺を怒らせた」
 6人のヒロインのアフターストーリーでは、当然のようにえちぃシーン追加、さらには、ういんどみるの奥義「奇跡の丼6点セット」により、極限まで搾り取られたのはいうまでもありません。

 

そのほか。
 シスプリオンリーイベントがあるというだけで、2月と10月に東京遠征。
 ワタクシは北海道の田舎者ゆえ、斯様な大都会に住むには辛いものがありますが、ときどき遊びに行くのならば良いものですね。
 普段サイトでしか話したことのない人に出会えたりもしましたし、何かしら理由をつけて、また行きたいです。

2006/12/19

プリキュア新シリーズ『Yes! プリキュア5』のヒロイン5人のお姿。

 「誰か! 誰かツッコめるひとはいませんか!?」

 (゚Д゚)ノ ハイ!

 「はい、歌音さん!」

 (゚Д゚)ノ <4人がスパッツ装備なのに、一人だけかぼちゃぱんつです!
      しかもオーバーニー!

2006/12/20

■さくやたん。

 うーむ、春歌の誕生日以外にSS書いてない怠けっぷりは、シスプリサイトとしてどうなんだろう。


■今週の武装錬金。
 さんざんくさしてるワリに、毎週見てんじゃん。

 秋水クンが白い体液ブチ撒けた!(注:血飛沫)
 どこまでもバイオレンス描写を抑えたつもりなのでしょうが、余計キモいわ!
 しかも今週はすげえ中途半端なところで終わってますよ。
「早坂姉弟は、実は信奉者でした。つづく!」
 って何だそれ! 原作のイイトコロをやたら端折ってるくせに、引き方までまともじゃないよ! 怒りだ! もう怒りしかない!

 …GAがちょっと面白かったので、多少溜飲が下がりました。

2006/12/21

■三原色バリヤーには、癒しの効果もありますかね。


■ウチの母親が、柿の種にカフェオレチョコレートをコーティングした菓子をどこからか手に入れてまいりました。
 素敵なミスマッチとは良く言ったもので、何と言いましょうか、評価に困る味です。
 ていうかカフェオレチョコだけでいい。

2006/12/22

■すすきのに飲みに行った帰りにスガイに寄って、アルカナハート見物してきました。

 今日から稼動のはずなのに、既にウン十連勝している神依。ロケテバージョンでも鬼のような強さを誇っていた帯刀セーラー服ですが、製品版でもその強さは揺るぎ無いようです。
 通常技のリーチが長いうえ、超必殺技の一閃(名前知らん)まで簡単に繋がるため、ダメージ効率も並み以上。手が付けられません。
 次点は、使用率と安定度を加味して冴姫。
 必殺技がタメ系という欠点があるものの、無敵技とコンボの安定度は一級です。

 対戦を見ていて思ったのですが、みんな通常投げをほとんど使ってません。空中ダッシュからの中下段二択ばっかりでつまらん。
 あと、やたらとアルカナフォースを発動していたのが気になりました。
 長い無敵時間を活かしての緊急回避のつもりでしょうが、モード終了時にゲージが空っぽになるうえに1ラウンド1回しか使えないという制限があるので、気軽に出せるもんじゃないと思うんですけどね。
 きっと、GGXXのやりすぎだよ、みんな。


■で、そのGGXXの新バージョン「GGXXアクセントコア」も同日から稼動開始。
 グラフィックが綺麗になったのと、より一層攻めたモン勝ちなゲーム性は以外は、全く変わっておりません。どこが進化してるんだろう。

2006/12/23

■明日は休みなので、年末最後の買出しに行ってこようかな。
 で、帰りにアルカナハート見物。
 プレイなんて無理です。だって猛者しかいないもん。

2006/12/24

■明日の休みを3週間前から申告していたのに、普通に仕事入れられてちょっぴりご機嫌ナナメな歌音さんですこんばんは。怒っていいよね!?
 さあ、今年もやってまいりました、クリスマスイヴをホテルで過ごさない狼たちによる、リアルタイム更新祭り。只今より開始いたします。
 歌音は、コミケの追い込みでいっぱいいっぱいな方々を応援しております!


●061224-2123

 開始が遅れたのは、M−1グランプリを見ていたからでした。すいません。
 優勝は、チュートリアル。「そこ食いつくトコなの!?」という意表の突き方と、ボケ担当の左のほうの仕草が見事でした。
 右の人がイイ声でおなじみの麒麟も良かったのですが、さすがに4回は噛みすぎた。


●061224-2144

 アルカナハートの中ボスがメイドさんという噂を聞いて、ぜひ使いたいと思いました。
 まあこれだけあざとく萌えをアピールしてるわけですから、メイドさんの一人くらい出てきてもおかしくないわけですが。
 でも大剣装備ってのは何か違うと思う。メイドさんと大きな剣ですか…


●061224-2210

 とつげき☆らぶはーと

 「俺の歌を聴けぇッ!」だと思ったら、ねこみみエロゲでした! ちくしょう!


●061224-2238

 なぐもカレー部さんの新刊表紙絵が星乃さんですよ

 「1」の摩央姉ちゃんが可愛かったので、今回も楽しみです。


●061224-2300

 ブルマサンタSplash Star・満&薫(ちいさなひまわりさん)

 そうきたか!(満面の笑みを湛えつつ)


●061224-2320

 スパロボα3、クォヴレー編クリアしました。遅いよ。
 15段階改造イデオンガンで90000ダメージとかオモシロすぎるゲームバランスでしたが、正義のロボットで悪を殲滅というスパロボ的基本はおさえてあったので良しとします。

 追記:
 イデオンガンは改造で攻撃力が上がる武器ではありませんでした。
 正しくは、射撃400、気力170イデオンガンで。


●061224-2335

 kon-ton2さん、20000ヒットおめ!
 魂の同志として今後ともよろしゅお願いします。


●061224-2340

 グランディア ビジュアルデータベース

 フィーナ派とリエーテ派に分かれると思いますが、私はリエーテ派でひとつ。
 また最初っからグランディアやりたくなってきた!

 

 明日は仕事なので、日付変わったあたりで終わりにしようと思います。


●061225-0000

 キミキスキャラソンをBGMに、2時間半ほどダラダラ続けてきた更新ですが、そろそろお開きで。
 お付き合いいただきましてアリガトウございました。ではまた明日。

 「明日もやるの?」
 ちょ、待て。

2006/12/25

■げんしけん9巻、特装版買ってきましたー。
 ドラマCDと同人誌付きで1400いくらは、お得なのかそうでもないのか。

 本編の方はぬるーく終わりまして、特に感想はありません。
 それよりも、同人誌の参加者たちがおかしいです。何この面子。
 表紙絵みつみ美里だし。水橋かおりさんがマンガ描いてるし…って、水橋!? アンタ本業どうしたの!(←ドラマCDにもしっかり出演してます)


■キミキスラジオ第8回。
 輝日南高校家庭部(通称デンジャラスうどんコーナー)の新作うどんですが、今週のはクリスマス仕様ということで、

「ゆでうどんの上に生クリームを絞って、イチゴやキウイを盛り付け、カラースプレーで仕上げ」

 という悪魔の物体でございました。名づけて、うどんケーキ
 …って、同じ小麦粉だと思って冒険しすぎじゃねーのか。
 もちろん、水橋&広橋からは「史上最悪です」との評価をいただきました。それでも口をつけただけスゴイわ。その後全身痙攣してたけど。

2006/12/27

Tonyさんの絵が魅力的すぎる、シャイニングウインド

 「パートナーの心に潜り込んで、絆を深め合うことで、心剣と呼ばれる武器を強化することができる」(雑誌掲載情報より)…って、これ何てアルトネリコ?
 ていうかTony絵でアルトネリコやったら、どれだけエロくなるか分かってるんですかこのスタッフは。

 あ、ワタクシは前作の「シャイニングティアーズ」のうじゃうじゃアクションについていけなかったので、買わないと思います。つくづく惜しいゲームなんですけどね。

2006/12/28

■某所でアイマスムービーを眺めてみた。

「ごまえー、ごまえー」

 いかん、侵食されてる!?


■麻雀マンガ『咲』を買ってきました。

半荘終了時には常にプラマイゼロの主人公

 主人公が右手に1牌持ってなかったら、ぱっと見、表紙絵だけだと普通の美少女いっぱいマンガかと思うでしょう。
 あと、この手の牌は、大抵の場合「東」か「發」と相場が決まってるのですが、彼女が持っているのは「一索」。麻雀の鳳凰とも呼ばれる牌です。只者じゃありません。

 「子供の頃から家族麻雀に付き合わされ、勝ったら怒られて負けたらお年玉巻き上げられるので、勝ちも負けもしない麻雀を打つようになった」

 という、何だか可哀想な過去を持つ少女・宮永咲さんが主人公。ていうか、そんな過去があるのに、よく麻雀嫌いにならなかったもんだ。
 「本格美少女麻雀物語」という触れ込みが激しく不安でしたが、内容のほうは、なかなかどうして、ちゃんと読めるじゃないですか。
 専門用語には適度に注釈を入れてありますし、ストーリーも麻雀よりはヒロインたちの成長を主眼に置いてあるので、麻雀に詳しくなくても楽しめます。
 (「間4軒」のような、やや難しい言葉に関しては、そもそも作中で使われていません)
 麻雀マンガを愛読する中級者にとって最も重要な「捨て牌の整合性」ですが、それほど珍妙な捨て方はされておりませんから、ウルサイ方々もご安心を。

 そうそう、絵柄から期待している方も多いかと思いますが、なかなかに際どい描写も満載です。みんなスカートすげえ短いし。あちこちの日記サイトでは、「はいてない疑惑」が持ち上がりまくりです。
 まあ、ヤングガンガン連載という時点で、当然といえば当然ではありますが。

主人公は、ちいさい。
ライバルの方は、大きい。

 メイド服(?)もあるでよ。
 あと、胸は小さいけど、男の子ではないので安心してください。

2006/12/29

■チャンピオンREDいちご。
 こんな危険な雑誌が未だかつてあったでしょうか。

「『メインヒロインは全員15歳以下』という縛りがある以上、えちぃシーンなどは描けるはずがない…
 そう考えていた時期が、俺にもありました」

 逆に、作者の殆どが、
「制限の中でどこまでエロくできるか」
 という、極限を追求している有様です。
 ぱんつアリ、ティクビあり、局部にバンソウコウのようなものを貼り付けるのもアリ。これはヒドイ(褒め言葉)

 ところで、歌音さんは、「すんらぶ」のヒロインが深月たんにしか見えない病気にかかってしまいましたので、これから療養に入りたいと思います。


しんこんメイデン #47〜52(ちいさなひまわりさん)

 今年最後のしんこんメイデンにつき、増量サービス。
 モザイクをかけたせいで、余計に生々しいのだわ!(#50)

2006/12/30

■どうもこんばんは、歌音です。年越しゲームが決まりません。
 もういっそ、キミキスかシスプリでもやったろうかしら。


プリっちのチームで新ブランド『Lillian』結成

 結構経ちますが、一応。ゲームの方は…どうなんかなぁ。

2006/12/31

■毎度アリガトウございます、歌音です。
 さあ、長かった2006年も、もうすぐ終わりですよ。
 思えば今年一年、いろんなことがありました。あんなことやこんなこと。先日語ったばっかりですので省略しますけど。
 なのに、特に感慨も無く、夜は更けていきそうです。
 何故なら、年越し用エロゲが未だに決まってないかrぐはっ!(春姫にソプラノで殴られた)

 

 …し、失礼いたしました。
 エロゲ云々は冗談としても、長い長い連休を恙無く過ごすためのゲーム(RPGとか)が無いのは本当なのです。
 おかげでヒマすぎる年末年始を持て余す事は必定。
 何てこった! こんなことなら、無理してでも東京行っとけばよかったか! 宿も飛行機も確保してないけど!
 ああでもカプセルホテルで年越しはイヤすぎるのでやっぱダメだ! ちゃんとしたベッドのある部屋でイイ夢を見ながら眠りたいものですよね。例えばパジャマ姿の杏璃に、夜中に布団の中に潜って来られてあんなことやこんなこtげふっ!(杏璃にパエリアでどつかれた)

 

 …あ、おはようございます。
 何だかすごく、痛い夢を見ていました。
 夢の中の私は、とある女の子にウェイトレス姿でのーさつされてあとは勢いで…って、これ以上は本当に痛いのでやめておこう。

 夢の話ではなくて。
 夢の祭典に参加された皆様、お疲れ様でした。
 まだまだ2次会3次会の真っ最中という方もたくさんいることでしょうけど。
 私も一回くらいは行っておきたいと思ったり思わなかったりするのですが、やはりあの人ごみ(「人がゴミのようだ!」の略ではない)が一番のネックでございまして、どうしても腰が引けてしまうわけで。

 まあそんな感じで、年越しはダラダラ過ごすことが確定してます。
 実は喪中なので、新年のご挨拶もできませんし。

 

 ともあれ、今年一年のご愛顧、誠に有難うございました。
 来年も宜しくお引き立てのほど、お願い申し上げます。
 それでは、また。


▲このページのトップへ

戻ります