歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年 1月 2月 3月


2006/4/1

■本日よりPSE法が施行され、サターン様などの貴重なゲーム機が中古屋などで公に入手することができなくなってしまいました。国民の皆様が選出した国会議員先生方がお決めになった法律を今更どうのこうの言っても撤回などしてくれるわけがありません。見たか国民、お前らが一票を投じた議員どもは、所詮テメエの懐の金にしか興味が無いんだ畜生。議席を獲得するまではお願いしますだの経済改革だの生活改善だのと綺麗事を並べ立てるだけで、受かってしまった後はそんなものにこれっぽっちも興味なんか無いんだ。何割かは真面目な議員もいるかも知れんが、大抵はそいつらは少数派であって民主主義という名の数の暴力に圧倒されてもみ消されてしまうわけなんだ。大人って汚ねえな。このご時勢、最早政治家など信用に足らぬ。それどころか、大企業やら銀行やらもそれほど当てにはならぬ。大地震が起これば金すらもゴミ同然。とどのつまり頼りになるのは自信のサバイバル能力のみ。畑を耕す。魚を捕る。食料を生み出す産業の尊さを、今一度見直せ。


■ええ今日はエイプリルフールですよ。
しかし先ほどだらだらと述べた妄言は全て冗談ではなくかなり本気です。
冗談だと思って、島田洋七著『佐賀のがばいばあちゃん』という本を読んでみてください。戦後で食糧難だった時代、生活のほとんどを自給自足どころか拾い物で賄いながらも逞しく生きるおばあちゃんのお話です。
2年前に刊行された文庫本ですが、現代人の心の貧しさというものを思い知らされました。
できれば、20〜30代の働き盛りよりも、むしろ学生などの若い人に読んでもらいたい。

しっかしまあ、私の薦める本ってのは、これといい『ボーダー』といい碌なものがないですな。
金があればだいたい何とでもなるこの時代に、敢えて逆のことをそそのかしてるってんですから。


■などと偉そうなことを言いつつも、結局テレビとマンガとゲームとパソコンが無いと生きていけない現代っ子の歌音さんです。
人生、楽しまなきゃ。


■真面目くさった話をするのは性分じゃないので、久々にネタでも。

CCホスピタル

一言でいうなら、メイドさんしぃし〜のナースバージョン。
緋奈とアリサ以外の誰に萌えろというのか(超乳女医は問題外)
CVがまきいづみ、一色ヒカル、茶谷やすらとある意味狙いすぎなんですが、ごめん無理。何度でも言いますがワタクシしぃし〜属性は持ち合わせておりません。

春萌(はるもい)

北海道のとある田舎町が舞台。神社の娘さんに従姉妹のねぎっ子に幼なじみお姉さんと少数ながらも精鋭を取り揃えております。
CVが佐本二厘、まきいづみ、茶谷やすらと、高い攻撃力も兼ね備えた布陣。しかも佐本さん演じる沙緒(すなお)が、巫女でメイドさん。むう、これは私に対する挑戦ですか。ていうかCCホスピタルと随分かぶってんな。

FESTA!! -HYPER GIRLS PARTY-

その名も高き『FESTA!!』のPS2移植版でございます。
当然のように新キャラが追加されてたり、限定版の特典も決まってないのに価格だけは先に決まってたり、CEROレートも審査中だったり、何から何まで作りかけなのに公式サイトだけさっさとオープンですか。
えー、私はあのノリは理解できませんので。

トリガーハート・エグゼリカ

エロゲじゃないよ、シューティングですよ。
でも機体がどう見てもメカ少女(スク水装備)ですよ。駒津えーじさんの得意技ですけどキャラデザは違う人ですよ。
こんな狙ったデザインですけど、システム的には硬派ですよ。敵機をブン回して攻撃したり弾消ししたりするアンカーシュートが結構楽しそうですよ。
ちなみに私の好みはこんいろのみずぎ、じゃなくてクルエルティアの方ですよ。みみみ見た目でなんて選んでませんよ。スピード重視の前方集中型ショットの機体が好きなんですよ。聞いてませんかそうですか。
もっと大きい絵を見たい人は、アルカディア5月号のP38〜39を見るといいですよ。


そのメイド服どこで買ったんすか!(←ていうかウソだって書いてあるべや←お国言葉)

2006/4/2

■友蔵心のメール。

>いしかわくらんどさん
エイプリルフールに出来すぎですが。
 「ふたご姫の第二期は主人公が代わり、しかし前期ふたごの名前の「イン」つながりは残すということでサダム=フセインとエドガー=ゲインがコンビを組んでふしぎ星を救う」
という夢を見ました。エドゲインの顔がうろ覚えだったのと、サニーロッドじゃなくておジャ魔女のロッドを持っていたと思います。
やはり重度の花粉症を患うと見る夢もそうとう患ってますね。

わー、どこからツッコんでいいものやらって感じの夢ですねーかっこいー。重度の花粉症っつーか新手のスタンド攻撃としか思えませんが。
ちなみにワタクシはこの時期に中度の風邪を引きましたが、別段面白い夢なんて見られませんでしたよ。ちいっ。


おしえて Re:メイドユニゾンシフト

私がメイドさんものに何でもかんでも食いつくと思ったら大間違いですっ。
あ、こらそこ、行間を読むんじゃないっ。

2006/4/3

■毎日毎日フウゾクジョウだのインランオクサマだのからスパムが送られてくるので頭が痛いです。なんとか根絶する方法は無いものか。

2006/4/4

■まりえたん。(鞠絵の誕生日)


■ふたご姫最終回&Gyu!をみました。
闇のクリスタルの正体は明かされませんでしたが、涙と感動の大団円ということでまあよしとしましょう。
平和記念パーティでは、ファイン&レインの望みどおりのお相手と踊る結果となったのですが、王子も王子で別に未練がある様子も無かったのでめでたしめでたしですね。

さて問題のGyuですが、学園モノとは思わなかった。
ふたご姫の友達100万人計画は、勉強勉強で周囲を蹴落とすことばかりに躍起になっている現代日本の教育に対するアンチテーゼともとれますが、実際のところ、そこまで重大に考えているとは思えません(えー)
登場人物もわかりやすい構成で一安心。何気にふしぎ星各国のプリンスプリンセスも入学してますし。しかし、私のもろ好みの黒髪ロングの声を聞いた途端、このアニメの先行きが激しく不安になりました。何の冗談ですか。
OPはひきつづきFLIP-FLAPのお二人が務めますが、なんつーかイケてないです。
EDは「ワンダー☆5」というユニットが歌っていますが、たぶんGyu!の主要登場人物で構成されていると思われます。フィンガー5と歌唱力が大して変わらない(=萌え度が足りない)のは、何かの間違いであると信じたい。

おしゃれファンタジーが懐かしい。


■爆笑問題が司会の特番をみてました。

テレビに出てくる政治家どもってのは、どの番組に出ても同じことしか言わねえなあ。そもそも明確な結論をひとつも出していないし。
天下り問題にしたって、自分の身の振り先を確保したいだけっていうのは国民みんながわかってるんだから、今更隠さなくてもいいじゃねーか。

結局のところ、まともなことを言っていたのは、番組を通してただひとり、余市の北星高校の先生だけでした。


『あまなつ』、6月2日発売。チュアブルソフト

2006/4/6

■免許の更新日が近づいてきましたというハガキが送られてきました。
ってことは、つまり、その、誕生日が近いというわけで。
ああ、ワタクシもとうとう三十路になってしまうんですか。言い訳不能でおっさんの仲間入りですか。「おっさんだもの」バナーの発明者のONAさんどうしましょう。この歳になってもまだチェキとかまもかほハァハァとか春歌ハァハァとかゆってますよ私。あと密かに「しんこんメイデン」シリーズの紅とか蒼とか翠とかに萌えてますよ。親戚じゅうに「嫁はまだか」って言われてるんですよ。まさか春歌が嫁だなんて答える訳にもいかんのですが。
うん、でもシスプリが好きっていうキモチは当分変わらないと思うので、このままでもいっかー(ダメな大人)


■メールなんです。

>コンボイ22歳さん
素晴らしいことと思います。私はまだまだ若輩者ですが、いくつになっても萌え魂を失わない歌音さんの姿に感動しました。
周りの30男をみれば既婚者も多くてもうアレですよアレう、羨ましくなんてないぞ!
追伸:ふたご姫Gyu!はパっと見「ふたご姫GUY」に見えました。ファイン、レイン、ガイを使用可能で2人同時プレイができますか。あとロレントがSFC版にいない件についt(パケロス

ていうか今更シスプリを捨てろといわれても無理だというわけで。ただ、一般的に可愛いといわれる世の女性を見ても「あー、可愛いねー」ってな具合にそれほど感銘を受けなくなってる自分は、社会的にはヤバいのかもしれません。
また、私の同級生にはすでにバツイチっていう人たちもちらほらいるわけで(離婚理由は性格の不一致だとかそういうの)、そういうのを見てるとますます奥さんがいて羨ましいなどという気持ちが持てません。盛大に結婚式まで挙げてもらって離婚するなんて、なんという不孝者でしょうね。っと、これ以上真面目な話をするとどんどん暗くなるので終わり。
あと、ロレントがSFC版ファイナルファイトにいない理由は、カセットの容量不足です。

2006/4/7

■午前1時帰宅、風呂入ってご飯食べてひと眠りして4時起きで仕事です。
このままではボク死んじゃう…ッ。死んじゃうツモ…ッ!

2006/4/8

■繁忙期が過ぎたので、月曜日に休みをもらえました。3週間ぶりの休日だーい。
とりあえず、死んじゃうツモからは開放されて一安心。

しかし、ワタクシの周囲(家族とか親戚とか)がなにやら慌しいため、ゆっくり寝るヒマもなさそうなのが現実です。

2006/4/9

■えー、昨日お話ししたとおり明日はお休みです。
しかし免許の更新やらなにやらというイベントが待っているため、結局のところ大して休めないというのも昨日お話したとおり。日がな一日ディスガイアと積んでるエロゲ(ツンデレエロゲではない)の消化するつもりだったのに。
やっぱり死んじゃうツモだ…ッ!

2006/4/10

■武装錬金10巻買ってきました!
事実上の最終回である『ピリオド』と書き下ろしの『アフター』、そして読みきりの『エンバーミング』が収録されております。

数ヶ月ぶりに読みましたが、改めて面白いと思ったピリオド。多くを語るまでも無く、武装錬金というマンガは素晴らしいマンガでした。マジで泣いた。
で、ページが余るとのことで急遽付け足されたアフターですが、いやあ笑った笑った。
カズキ&斗貴子さんのストロベリっぷりとか、傷跡を撫でられて

「ン…っ」

ちょっとヨロコんでるっぽい斗貴子さんとか、ガスマスク毒島の素顔とか、早坂桜花姉は相変わらず黒いとか、ロッテリやの一日テン蝶とか、もういろいろ。
P162のカズキのド直球セリフが、いかにもカズキらしくて最高です。


■免許の更新に行ってきました。
普通運転者用の1時間講習だったのですが、内容を端的にいうと、

 「最早交通ルールを遵守するだけでは事故に逢わなくてすむ時代ではないので、これまで以上に周囲に注意して運転しなさい」

という、警察としては実に無責任なものでした。
というか実際、歩行者にしても運転者にしてもあまりに注意不足の事故が多すぎて、警察の手にすら負えなくなってきてるのだと思いますが。モラルの低いドライバーを片っ端からしょっ引いてたら、警察官の労力は大変なものになるでしょうなあ。
結局のところ、己の身は己で守れということですな。

でも、ネズミ捕りに情熱を傾けるくらいなら、街中の駐車違反を片っ端からパクればいいと思う。


■舞-乙HiMEのエルスがエロい件についてのメール(ウソ)

>IしかわKらんど(プライバシー保護のため一部伏字)さん
きょう、脳の神様からこんなお告げがありました。
 「キミ、ふたなり好きなんだよね?」
ええ、まぁ。
 「でさ、アナルも好きなんだよね?」
それはもう。
 「じゃあはぴねすの準でエチ漫画描けよ」
………
……
…!!!
大変です。急にボクの幸せ(はぴねす)が足りなくなりました。

えー、準でえちまんが描いても使いませんよ?(そういう問題ではない)
つーか体験版しかプレイされてないはずなのに、随分と発展したシチュエーションを思いつきますね。まあはぴねすにおける最萌えは一般的には準で間違いないでしょうが、そういうことならばぜひ準×春姫あたりでひとつ(使うのか?)
あと、幸せ(はぴねす)を補給するためにも、武装錬金10巻のお早い購入を。

2006/4/11

■春萌体験版プレイ中です。
ウィンドウは、To Heartのようなビジュアルノベルタイプ。
北海道が舞台ということで、ご当地名物やら方言やらがちょこちょこ出てくるのですが、うーん、ギャルゲーの中で改めて北海道弁喋られると、何か妙な気分です。なんとなく違和感が。
ライターさんの癖なのかどうかは分かりませんが、時々珍妙な言い回しが出てきて解読に困ったりします。
 「海苔を…喰ってる!?」
 「うぇっ…」
などという微妙に分かりづらいネタも混じってたり(言わなくても分かると思いますが、シンクロ率400%のエヴァ初号機がゼルエルを喰うシーンね)


■メールの半分は皆さんの優しさでできています。後の半分は汗と涙とネタ(えー)

市川みづか@札幌さん
>ネズミ捕りに情熱を傾けるくらいなら、
>街中の駐車違反を片っ端からパクればいいと思う。
 まったくもって同感ですね。ついでに朝ラッシュのバスレーンから一般車両を徹底的に排除してほしい、ってのもあります。
 とりあえず福住駅前の路駐の列を何とかしてほしい。駐停車禁止なんですよあそこは!……と、思うのであります。

残念ですが、バスレーンでもお構い無しに走る車は、ほとんどが「警察に見つかってから逃げればいいや」という考えでいるため、無くすることは難しいと思います。
駅近辺の路駐の類も、他の通勤車の邪魔になることなど考えてもいません。というか他人がどうであろうと関係ないという態度なわけで。
そんなわけで、あまりの惨状に「もはや自分たちの手に負えるもんじゃない」と匙を投げた警察は、「民間企業に駐車違反の取締を委託する」という案を通してしまったのですね。自分らの怠惰さを棚に上げて、なんとも恐ろしい話です。
ちなみにこの法律、今年の6月1日から施行されます。何でもかんでも法で取り締まらなければならないなんて、今の日本は悪い意味でアメリカ化してるんですね。

2006/4/12

■皆さんごきげんよう。ふたご姫Gyu!のエンディングを歌ってるワンダー☆5の正体がただの子供5人だと知ってがっかりした歌音さんです。
このアニメ、ファインとレインの可愛さに救われている気がしないでもない。

2006/4/13

■え、ディスガイアですか?
稼ぎのために、3周目・エトナ戦直前で止まってますが。


■カレハーンの使い捨てっぷりに泣けてきた(遅れすぎです)
というより、お話自体がMax Heartに比べて低年齢向けになってると思うのです。超展開多いし。
新人のモエルンバさんは、いい感じにバカなテンションでほっとしますね。


■涼宮ハルヒが意外と面白かったので、来週も見てみようと思います。
直前にやってた『いぬかみっ!』とかいうやつは、別に。ヒロインが、あー、堀江由衣さんなんだなあ、としか。


■何だかいつも以上に散文的っつーか箇条書きな日記ですが、ネタを思いつかなかっただけです。
や、ここ数日散々くさしてた警察のことをフォローする文章でも書いてやろうかという案はあったのですが、心にも無いことをだらだら書くのは気が引けるというか。


いもうとブルマ2

三女と四女のキャラがかぶりまくってるのがいただけないです。
やっぱり、前作と同じく3姉妹で十分だったんじゃないかなあ。
え? 前作? 買ってませんよ?

2006/4/14

■今日の仕事は半日で終わりです。わーい!
さーて、昼からはゲームの消化と参りましょうかね。


■春萌体験版終了。
とりあえず、家にいるときの立ち絵のほとんどでネギ持ってるのには驚いた>りるけ
期待の佐本二厘さんがCVの沙緒ですが、「抑揚の無い喋り方」という設定のおかげでPure×Cureやはぴねすでの明るい声が魅力だった佐本ボイスが抑えられててかなり残念なことに。ついでに立ち絵の可愛さとのミスマッチングもかなり残念。
キャラは良い味が出ているだけに、後半での巻き返しに期待です。
そんなわけで、初見では淡雪がいい感じ。茶谷さんの明るい演技もグッド。

文章ですが、屁理屈じみた珍妙な言い回しといい、シナリオ書きのひとは結構楽しんで書いてるのは伝わってきます。ネタも多いし。かなり多いし。漫才多いし。かなり多いし。取りようによっては相当シュールですが。
主人公の性格は多少エロ寄り且つ芸人スピリッツに溢れており(りるけの脱ぎたてブーツのニオイを嗅ごうかと一瞬考えたりな)、ヒロインもまた意識してネタとしてエロい方向に話を持って行きがち(りるけ除く)
この辺りプレイヤーとの間に温度差が生まれそうな気もしますが、まあ同調できるかどうかが問題でしょう。

立ち絵の表情は一通りおさえてあるようですが、如何せんノベル形式なので、文字で顔が隠れてしまいます。普通に下部ウィンドウで良かったんじゃないかな。
あと、ログでのボイス再生が実装されてないのも気になります。

追記、りるけ(CV:まきいづみ)が「お兄ちゃん」を連呼してくれるのでもう辛抱たまらんという人は買っておくといいだろう。


■では改めて、やりかけのめいどさんすぴりっつとクローバーハーツの消化に取り掛かりますかね。

1ヶ月ぶりにメロンさんに行ってきました。
引越先はアニメイトの真下でして、店内が異様に広いのです。
で、買ってきちゃったわけですよ、春萌を

あれ?
 「ていうか左の本は何ですか」
いやその、シュレリア様がいたので、つい。
あ、内容のほうですが、ライナーとシュレリアが新婚さんという設定でのダイブをするお話で。

 シュレリア「あなた、ご飯にします? お風呂にします? それとも…わ・た・し?」
 ライナー 「じゃあお風呂で
 シュレリア「こういうときはわたしを選ばないとダメなんですっ!」

ライナー君の空気読めてない具合がバッチリです(そんなトコの評価か)
ちなみに彼は一人で風呂入る気ですよ。ダメダメですね。


ついに、ついにッ! 菜々のサンプルボイス公開ッ!(キミキス公式)

 「はい、菜々がお目覚めのキスしてあげる☆」

ほぁああおあぁあおあぁおぅ! うぁうぁぅあぁ! あぁぁおあぉぉおぁおぉぇぉ、えぉ、えぇぇぇ…ぁあ、あぁお…あぁお…ぁぅう…う…
(廃人化の後、萌死)

2006/4/15

■休みなのをいいことに、惰眠をむさぼりつつディスガイアレベル上げ。あれ?

クローバーハーツ、玲亜エンド。
若いっていいわねぇ…

勢いで莉織エンド。
4章のストーリーにかなり面食らいました。
若いっていいわねぇ…


■バッドエンドも全て回収して、クローバーハーツコンプリート。
つーかサブキャラエンドもバッドエンドも全部見ないと、モードが埋まらない仕様なんですな。スキップしまくっても手間がかかりました。

ラストシーンを含めて、久遠&ロベルトという超人二人がいなければどうしようもないという状況が多すぎた気もします。
サブキャラ(ちまり&円華)にもストーリーがあるとはいえ、EDはほとんどおまけのような扱い。心境の変化に些か無理があったようにも思いますし、何より見ていて痛々しいシーンが満載。
まあそういう山あり谷ありな話も嫌いではありませんが。

可愛いと思ったキャラは、玲亜ですかね。明るい娘さんというのは、なんとも微笑ましいです。ちまりとの低レベルな意地の張り合いも楽しかったし。
好みのキャラは、久遠。黒髪ロング且つメイド補正が入っているかもしれませんが、何よりサブストーリーに萌えた。

ともあれ、楽しませていただきました。Rさんありがとうございます。
ただ、莉織のおてぃんふぉはトラウマになりそうです。


■んー、そろそろめいどさんすぴりっつでもやりますかね。
アヤリ進行中ですし。


■前行のセリフなどすっかり忘れて春萌をプレイしてる歌音ですこんばんは。

体験版の時点ではカットされていたボイス再生機能ですが、製品版にはきちんと入っておりました。良かった。
まだプロローグすら終わってないので、コメントはココまで。

そいえば、あちこちでCMムービーのことが噂になってますね。
その1その2は普通の宣伝ですが、その3の画期的な映像には思わず笑いました。


■皆様の優しさと残り半分でできているメール。

>石川蔵人さん
原稿の息抜きにこんなん発見です。
 http://www.france.co.jp/bisyojo/index.html(「王女姉妹」とゆうのを参照)
んー、どこのステイナイトだこりゃ。
そういえば芹沢先生、前もこの文庫でマリア様がみてそうなヤツ描いてた気がします。
最近某ゲームの体験版を落として以来、こういうギリギリなヤツをついつい目で追ってしまいます。

何か最近多いですねこういうの。そういやスクランに限りなく似てるゲームもありましたっけ? えちぃノベルはよう読まんので存じませんが、正義の味方凌辱とかいうのは好きじゃないです。
つーかアトリエかぐやのコスプレ新作でもプレイしたほうが余程安牌だと思います。

2006/4/16

■「沙緒ちんは可愛いか」
「ええとても」

2006/4/17

■ななついろドロップスの体験版をやってみました。
主役のCVが春萌と同じ佐本二厘さんなのですが、ななついろの方は明らかに可愛く萌えボイスなのね。
しかも可愛さのベクトルがPure×Cureの果林やはぴねすの準とはまた違うわけで、どうも私は好きになれそうにはありません。可愛いんですが。

「沙緒ちんに惚れたか」
「これからが楽しみだ」


シスプリオンリーイベント『プチ・パルティex』
2006年10月15日秋葉原にて開催ですのっ
シスプリオンリーイベントが今秋に開催されるそうです。
連載が終わって数年経ちますが、お兄ちゃんたちの魂の火は未だ消えずッ!
ていうかまた津軽海峡越えて東京に来いやっつーことですか!?
きっとワタクシ、のこのこ行っちゃいますよ?


■灰音さんのイベント絵はあるのかなあ。
(↑春萌は着々と進行中のようです)

2006/4/18

キミキス予約特典テレカ・とらのあな版

むふぉぉぉぉぉっ!? ここにきて、まさかのはいてない疑惑!?(滅)どこまでも我らを誘惑し倒す…何という…! 何という摩央姉! お、お、落ち着け…素数を数えて落ち着くんだ…っ!
2、3、5、7、…79、83、89…89ッ!?


■涼宮ハルヒ第3話。
コンピュータ研究部に乗り込むが早いか「最新型パソコン1台くれ」と言い放つハルヒの傍若無人っぷりに笑いました。
簡単には譲ってくれないと見るや否や、「コンプ研部長、ミクルを押し倒すの図」をでっちあげたうえに写真に収めて脅迫。そしてその状況を止めに入るタイミングを完全に逸したキョン。
ハルヒの周囲の人物は皆被害者。ああ、これはこういう話なんだなあ。
続いて、バニーさんのコスプレをしてビラ配りに勤しむ女二人。有り得ないと自分でも思ったが、ミクルに、と き め い た。或いはポンコツボイスの力でしょうか。

ひたすらにアクティブなハルヒとそれに巻き込まれるミクル、そしてその様子を冷めた目で見るキョン。構図が面白すぎます。
ちょっと原作読んでみたくなった。


■春萌のんびりと進行中。
沙緒ちんの婉曲的な言い回しに慣れてくると、彼女が妙に可愛く見えてくるから不思議なもんです。

北海道が舞台ということでご当地ネタが結構出てくるんですが、これって本州以南のひとがプレイしたらどうなんだろうなあ。
とりあえず、純道産子の歌音さんは、灰音さんが「これでメッツガラナでも飲みなさい」とお小遣いをくれたことに笑っちまいました。
冬のクソ寒い時期に、よりにもよってメッツガラナか。

素朴な疑問なのですが、ガラナ飲料ってホントに北海道でしか売られてないんでしょうか。

2006/4/19

■プリっちスーパーアペンドCDが届きましたよ!
かれんのオリジナルストーリー、プリっちキャラのシステムボイス、アクションミニゲームなどなどが、Gyuっと詰まったこの1枚。
てなわけで早速遊んできます。

今だから白状しますが、ユーザー登録ハガキの「好きなキャラを1位〜3位まで教えてください」の項目に全部「委員長」と書いたのは私です。ごめんなさい>ぱじゃまソフトのひと

早速かれんシナリオを遊んでるわけですが、かれんが、ベルナルドが可愛すぎてどうしましょうワタクシ。
あと、真樹のエロ妄想度が400%を超えています!

かれんシナリオ終了〜。幸せです。


VIPPERを敵に回した(つーか弄ばれた)振り込め詐欺業者の末路

番号をVIPスレに晒された業者がVIPPERに翻弄される様をご覧ください。
…今度試してみようっと。

2006/4/20

■先ほどまで友人と麻雀やってました。
半荘4回やって、ラス・トップ・2着・3着というすこぶる微妙な有様。トータル+16。
何だか頭痛いので風呂入って寝ようと思います。風邪うつされたかなあ。

2006/4/21

■あ、あ痛たたたた、おなか痛い!
先生、おなかが痛いので、自習!

「逃げやがった…」


■春萌、のんびりと進行中。
相変わらず頭に「み」が付く所しか合ってない沙緒ちんのあだ名付けセンスに翻弄されております(主人公の名前は「みちあき」)
ミント12歳魔法のエンジェルってなんだろう。別の意味ですげえ気になる。

問:歌音さんが気になっている部分を20字程度で書きなさい。

2006/4/22

■「おお冴木、何買ってきたんだ?」
「下のコンビニで、メールを
 …メールは花粉症にいいから」
「そうなんですか?」

>R@匿名希望さん
 答 魔法少女ミントさん12歳のコスチューム
 私の解答 魔法少女ミントさん12歳のCVと胸のサイズ

 そういえばミントさん、ピュルリクな魔法のステッキを持ってた経験がおありでしたね。胸のサイズは70cm台だと思います。
 ちなみに答えは「魔法のエンジェルってスイートミント(notブラマンシュ)で合ってたよなあ」でした。
 あと、どうでもいいけど、ブラマンシュの一発変換が「ブラ万種」で死にたくなりました。


■春萌、ゆるりと進行中。
 沙緒さんが面白すぎてどうしよう。
 「かーぜーにふかれてぶーらぶらー」
 怪しげな歌を思いっきりハズした音程で歌う沙緒ちん。佐本さん、芸の幅広すぎだ!
 そして相変わらず頭の「み」しか合ってないあだ名付けセンスですが、正直ミーティアはどうだろう。ていうかミコヤン・グレビッチとか、何やらマニアックな固有名詞まで出てきますが。(戦闘機のMiGといえばわかるでしょうか)

 あと、りるけのお脳の弱さに、

りるけ「私アホじゃないもん!」
主人公「バカだもんね」
りるけ「うん!」

 お兄ちゃんはものすごく不安を感じます。


■沙 緒 さ ん メ イ ド 服 キ タ コ レ

 さらにりるけまでもがメイド服ですか。しかも凶暴な皮付きムネ肉がストラップで支えきれていない有様。タイトルに「萌」の字が付くだけあって、抜かりは無いということですか先生。
 むう、何やらムズムズしてきた。

 「先生、トイレ!」
 「先生はトイレじゃありませんッ!」

2006/4/23

■春萌、沙緒さんエンドでした。
 日々の会話に翻弄されるあまり、「話をしているうちにいつの間にか仲良くなっていた」感がありまして、自室にお誘いを受けたときにはそりゃあ驚いたもので。
 二人があまりにも自然に親しくなっていたのに気付くのに些かの時間を要したのは、それだけストーリー展開が自然だったという意味になるのかしら。
 表情が乏しいといいつつ、婉曲的な台詞が高度な冗談だったり皮肉だったり好意だったり、あと立ち絵がけっこう表情豊かな気がするのは大いなる矛盾ではないかとも思いますが、地は素直だしノリも良いし、全くもって可愛いお嬢さんですので許す。

 あ、言い忘れてましたがえちぃシーンは全て半脱ぎです。やったね。
 メイド服半脱ぎで萌え死んだ。(歌音さんは最近萌え死にすぎだと思います)


■春萌2周目。淡雪ちゃん狙いで行ってみようかね。
 あー、この体中を包み込むようなゆるい空気、いいねえ。田舎だねえ。北海道に生まれてよかったよぉ。

ある朝の日の風景。

りるけ「行ってきまーす」
灰音「牛に気をつけるのよ」
りるけ「はーい」

ちょ、どんだけ田舎よ能都萌。


■今晩夜中から仕事なので、早めに寝るかも。

2006/4/24

■お仕事で 札幌→苫小牧→釧路→札幌 と周ってきました。いやもう遠いのなんの。
 それよりも。
 もう4月も終わるってのに、急に振り出したのですよ、雪が。吹雪が。道東は冬景色に逆戻り。
 そう、ゴールデンウィークが終わるまで雪が降る可能性があるため、道路脇の雪が解けたからといってタイヤをはきかえても油断できないのが北海道なのです。恐ろしいですね。
 ちなみに、日高山脈の西側はわりと良い天気でありまして。またしても日勝峠でゼロ視界の中を決死のダウンヒルしなきゃならんのかという心配は、杞憂に終わってよかったです。

 お察しのとおり、釧路から帰ってくる途中、クラッシュしたり道路脇に落っこちたりしてる車を何台も見かけました。
 しかも彼らは皆一様に、見通しの良い直線道路で事故っておるのですよ。

 一見不思議な光景ですが、実はそうでもないのです。
 普通に考えるとカーブや見通しの悪い交差点辺りが危なそうですが、そういう場面では逆に

 「何かあるかも」

 と、注意を払うもの。見通しの良い直線だからこそ、注意が緩んでしまい、哀れ道路下へ転落と相成るわけで。
 恐らく、そんな具合に調子に乗って、シャーベット状の雪路を夏タイヤでかっ飛ばしたせいでしょうなあ。
 事故はカワイソウですが、同情はしません。自業自得ですもの。むしろ、死ななかっただけ有難いと思っていただきたい。

 そして、ドライバーがそういう意識でいるうちは、北海道の交通事故死者数ワースト1返上など夢のまた夢でございます。
 ていうか返上したところで下から数えたほうが早いなんて、それこそ恥ですな。


■春萌、淡雪狙いで進行中。
 なのですが、この子と話してると無性にジンギスカンが食いたくなってくる。

 個人的なオススメは、テレビで大々的に宣伝してる松尾じゃなくて、かねひろの味付マトン。
 もしくは、丸くて冷凍の薄切りのラムをベル食品のジンタレで食う。
 あとはもやしとご飯があれば、至福の一時を味わえます。

「これらを全部、君らの口に放り込む。
 私は君らの口をふさいでるから、さァ〜〜〜大変だ。
 君らはそれを噛まなきゃいけない。
 口の中はラム肉ともやしとジンタレでいっぱいだ」

「うんっっっっっ……まいッ!!」

 どうでしょう、ジンギスカン食いたくなりましたか? 口の中は唾液でいっぱいになったりしましたか?
 というわけで、サブリミナル日記をお届けしました。

(一番サブリミナル効果を受けているのは他ならぬ歌音さんです)
(ていうかサブリミナルじゃないじゃんこれ)

 ジンギスカンはさておき、劇中ではりるけ謹製『ネギ丼』を食わされる機会が多いのですが、このネギ女をどうしたものか。
 まきいづみボイスで喋られると起こる気力も失せる。


■ そいえば、もうすぐつどーむでイベントがあるんですね。
 5月5日と連休真っ最中な設定なのですが、困ったことに5月末にもう一つなにやら魅力的なイベントも控えているのですよ。
 どっち行こうかなあ。

2006/4/25

■そろそろディスガイア積んでもいいですか。

 や、倒してない隠しボスがたんまり残っておるのですが、レベル1000まで上げるの面倒だし、修正値2000のイノセント作るのも面倒だし、全キャラ6段階まで出すのも面倒だし。面倒な作業ばっかりだなこのゲーム。
 アデルのレベルを500弱まで上げたらエトナ倒せたので、とりあえず休みたいです。
 そしてファントムキングダムを再開(ウソ)

 スパロボα3が3周目トウマ編EXモード第2話で止まってたので、そっちを再開。
 PPって何に使えばいいんだっけ。


■あいこら3巻買ってきました。

 今回は特にヒドイ(褒め言葉)内容でして、新たなフェチが発掘されそうで怖いです。P31の弓雁、P130のブリ弓雁…あれ?


■今週のデスノート、月くんが有り得ないほど取り乱してますが、これも演技だったら彼は大物すぎる。
 まあ数話前の「ジェバンニが一晩でやってくれました」に比べればアレですが。
 そして、このまま月くんが復活できなければ、マンガ史上に残るグダグダっぷりでしょう。


みやぎさんトコのスク水このみが、ナニかを持て余しすぎるのですが。

 原点はそのナナナナ〜イスアングルですか!

2006/4/26

■ここのところ、週休4日体制の歌音です。薄給もいいとこだ。

 平日の昼間でもバッキバキに暇なので、アニメ見たりゲームやってるわけで。
 はい、春萌も順調に進行中です。

 授業中にオナ…むにゃむにゃの話をしたおかげで「おなさん」というあだ名を付けられた小山内先生が、いろんな意味で開放的過ぎると思いました。
 ちなみに太字部分のセリフは淡雪ちゃんが言ったのですが、口調だけで笑っちまった。

 温泉カラオケで沙緒さんと淡雪ちゃんがデュエットするシーンがあるのですが、なぜに選曲がWinkなのだろう。しかもメチャメチャ歌いこんでるし。
 さらに、当の本人たちは、パーフェクトが取れなかったことにご不満という。外見含めて、なんてレベル高い人たちだ。

 どうでもいいのですが、朝夕問わずエロ方面に話を持っていこうとする灰音さん(3●歳・外見20代半ば)は何とかならんものか(ニヤニヤしながら)
 さらにどうでもいいですが、毎回のりるけのアホっぷりに笑いがこらえきれない。
 プリっちのアホ会話とはまた違った方向で、知能が低下しそうな錯覚に陥ります。


■そんなこんなで、淡雪エンド。

 沙緒さんと同じく、いろいろとネタがかった言い回しをするのはある種の照れ隠しだったりする彼女ですが、まあそんな風に素直じゃない淡雪ちゃんといる時間も満更悪くはない、と思っちゃうのは、表面の明るさゆえでしょうか。
 それとも、笑顔の向こうに押し殺された彼女の弱さ、寂しがり屋な面を垣間見てしまったとき、どうしても放っておけなくなる。って、どっかにそういうキャラいたような。

 告白までのくだりに青臭さを感じなくも無い後半の展開でしたが、私は嫌いじゃないですよ。「安っぽい奇跡」という言葉に些かシナリオライターの自嘲的なものを感じましたが。
 もしも今私の前に、当時ちょっぴり意識してた幼なじみの異性が現れたら、驚くくらいじゃ済まな…ウソです、多分普通に話できると思います。

 そしてやっぱり、「実家のネット環境は能都萌でただ一つのADSL」という設定は生かされてませんでした。
 ていうかエピローグで文通してるし。引越しのときにパソコン持って行かなかったんだろうか。肝心なところで抜けてる気がしないでもない淡雪です。

 関係ないですけど、淡雪ちゃんに「開けちゃダメ!」って言われたダンボールって、余計に開けてみたくなりますよね?(お前は変態ですか)

2006/4/27

■雑多なファイルを整理してたら、コンボイさんとの怪しげな会話ログを発掘。
 なんか、アイマス格ゲーとか声優格ゲー作ったら面白そうだよねーとか言ってるし。
 ちなみにデフォは男性声優、タイムリリースや隠しで、堀江由衣さんやまきいづみさんなどが登場。ラスボスは若本さん。真ボスはパーフェクト若本。

2006/4/28

■昼で仕事終わる → 帰ってきて昼食 → 仮眠 → 夕方起床 → 夜中眠れない → 仕方が無いのでスクラン見る → 翌朝時間ギリギリに起床

 ちなみに月曜日はスクランがハルヒに変化。
 って、こんな調子でいいのか私。


■スパロボα3、トウマ編6話。(今更か)
 冷血オヤジに怒られた鋼鉄ジーグが勝手に自己完結してパワーアップして吹いた。
 そしてそんなサイボーグに一人対抗心を燃やすトウマ。何だこのアホ展開。
 まあでも、雷凰はワリとカッコイイですけどね。

 そんなことより、とっととトウマ編をクリアして、私はゼオラたんが見たいのだ。ルネカーディフ獅子王さんだけでは満たされないのだ。
 もうね、あのかかずさんの声を聴くだけでこう、体の一部がハァハァ(変態か)

2006/4/29

■最近、調査捕鯨の鯨肉がスーパーに出回っていますが、どれもこれも高級牛肉なんかよりも高価な代物。
 薄給の一般人である我々は、英世先生いちまいを投資して数切れ分の鯨肉を、一杯の掛け蕎麦よろしく分け合うしかないわけです。

 私が生まれるよりもさらに10年ほど前は、鯨は給食に出るほど庶民的な食べ物でした。
 獣肉と魚肉、双方の長所を併せ持つ何とも不思議な味わいの鯨肉は、今や数年に一度しか口にすることが出来ないほどに貴重なものになってしまいました。

 そもそもの原因は、アメリカの動物保護団体だか誰かが、
 「鯨は人間の次に賢い動物だから、殺すのはカワイソウ」
 などと言い出したこと。
 この辺は美味しんぼ13巻を読んでいればわかると思います。
 そして、口約束をしておきながらもアメリカが一向に捕鯨再開を許さない理由も、あのマンガのとおり、日本叩きに他ならないわけです。
 「日本食はヘルシーだ」
 などとブームに乗っかる一方で、反日感情をどんどん募らせる米国。つくづく訳のわからない国家ですな。
 そんな国でせっせと日本食産業を立ち上げている実業家たちも、何と商魂逞しいことでしょう。

 何だか話がどんどんあらぬ方向に逸れてしまいました。
 要は、
 「美味しいものを食べているときが一番幸せだよね」
 という、ただそれだけです。
 そして、その「ただそれだけ」を実行することのできる現代日本に生まれてよかったと、つくづく思うのです。


■久しぶりにはぴねすを起動したら、準が萌えすぎた。
 (↑歌音さんはもう少しまともな日本語を使いましょう)

 はぴねすファンディスクが夏に出るようですが、準をなんとかしてくれなきゃ…か、買わないんだからねっ!
 (↑ていうかこのフォーマットはツンデレとしてどうなのか)


シャイニングウィンド

 前作にあたる『シャイニングティアーズ』をTonyさんの絵に惹かれて買ってみたもののゲーム自体は全くのめりこめず、という黒歴史がありますゆえ、恐らくスルー。
 うう、でもTonyさんの絵は素敵すぎる。絵だけは!


■リンクに散露書院さんを追加しました。
 なんとなく少数派な気がする兄君さまです(春歌がエロいという人は多いのですが、春歌がマイシスという人はなぜか少ない)
 シスプリSDキャラが可愛すぎます。見てるだけで、こう、シアワセな気持ちに。
 今後ともよろしくお願いいたします。

2006/4/30

■春萌、りるけ進行中。
 りるけと二人で畑仕事に勤しむ。もちろんネギ畑。
 一息ついてる彼女をふと見上げると、スカートの下にはピンクのしまぱん。おお絶景哉。

 とある朝、りるけのゲートボールを見物してる主人公に沙緒さんが言ったひとこと。

沙緒 「やらないか」
主人公「ウホッ!?」

 い、意外なネタが飛び出しましたよ!?


■も、モエルンバがー!!

 王大人「死亡、確認」

 せっかくのいいキャラが…惜しい人を亡くしました。何週いたよアンタ。4週くらいじゃね?
 あと、奇跡のしずくは7色あるので、新キャラは7週サイクルでいなくなると思われます。短くないか?


■明日は早起きしなきゃいけないので、そろそろ寝ます。
 あ、ふたご姫見てない…


▲このページのトップへ

戻ります