■歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月


2005/7/1

■深夜営業3連荘から開放されました。
今日ほど休日が有難いと思った日は無い(休みは明日ですが)

そんなわけで、今夜はトコトン付き合っていただきましょう、雪梅さん。
おっと、その前にお風呂に入らなければ。

一日一本ゲーム紹介略して「ゲ」はCMのあとで。


■「ゲ」。はいいのですが、何にしようかな…うーん…

●デッドオアアライブ

バーチャや鉄拳に対抗すべくテクモが生み出した、3D格闘ゲーム。当サイトで取り上げるからには、もちろん初代です。
ボタン一つでお手軽当身(食らうと超痛い)、デンジャーゾーンでダメ押し空中コンボ、女性キャラの流体力学をテキトーに無視したかのような乳揺れ。小ジャンプから着地どころか、立ったりしゃがんだりするだけでもスゴイ揺れ方をしております。
とまあ、これだけ書けばこのゲームの特徴を語るには十分でしょう。
かくして、リアル志向のバーチャ、マンガ的アクションな鉄拳、乳揺れのデドアラという3D格ゲー三すくみができあがったのでありました。まる。

2005/7/2

■今週もリアルタイムで見ちゃいました、ふたご姫。
自分を鍛えるために、修行に出るプーモは大変漢らしいのですが、書置きに
 「仙人島に行ってきます。探さないでください」
は、心底アホだと思いました。

そんな家出少年プーモを探しに…もとい、連れ戻すために仙人島に赴いたファインとレインが、紆余曲折を経てめでたく仲直りしたのでめでたしめでたしなのでした。
来週からはいつもどおりのゆるゆる展開になりそうです。やったね。

どうでもいいですが、田舎の野菜直売所などに行くと、ぐんにゃりと曲がったキュウリが叩き売りされてたりします。冷やして丸かじりすると、実に美味いです(本当にどうでもいい)


■今月のアルカディアに、とんでもない記事!

サムライスピリッツ最新作・天下一剣客伝(公式サイト。フラッシュ多用につき重いので注意)の記事なんですが。
チャムチャムやナインハルト・ズィーガーらの復活、歴代ボス勢ぞろいなどに加え、新キャラに関してのスゴイニュースがございます。
まずは下の写真をご覧ください。いつものようにピンボケですが仕様です。

説明文が読み取れませんが気にしないでください
絶対領域

ドッギャアァーーーーーンン!!(荒木的擬音)

メ…メイドさん!? メイドさんなのか!?

>セクシーな和風メイドコスチューム(?)に身を包んだ新キャラクター、いろは。

(本誌記事より)

カチューシャとかエプロンとか腰のでっかいリボンとかオーバーニーとか要点は押さえてあるような気もしますが、なんかもういろいろツッコミたい部分が多すぎてどうしたものか。
皆様が一番気になるであろう点は、もちろん→は…はいてない!?(実際はちゃんと穿いてます)


チュアブルソフトさんのトップ絵が大変ですよひーちゃん先生!

ずっきー&ルナという組み合わせの妙。つーかその浴衣の裏地は一体…
ボイスドラマは現在第2話まで配信中ですよ。


チカリンガル(ちいさなひまわりさん)

これさえあれば、アニキは寡黙な千影ちゃんのキモチがわかっちゃう!
そして私(鈴凜)は、アニキから研究資金もらえてウッハウハ!
でもイタズラ好きの鈴凜のことだから、とってもプリティで恥ずかしいフィルターがかかっちゃうに違いないんだ! ずぅ〜っと、ちかといっしょにいてね☆ ムハァー!

それはそれとして、まっかっかになった千影が7兆回死ねるほど萌えます。


■昨日の補足。
デドアラ2では、超人的な乳揺れが無くなったものの、床下の換気口から噴出す風でスカートがめくれるというバカ…もとい、開発者の漢気溢れるエフェクトが増えました。

2005/7/3

■昨日は珍妙なメイドさんのおかげでいろいろと大事な部分が破壊された歌音ですこんにちは。
いやもう、何と言いますか、目のやり場に困ります(肌色の部分を見ながら)


■そんな流れを受けて、「ゲ」。

●真サムライスピリッツ 〜覇王丸地獄変〜

大斬り1発で体力半分減る初代がいろいろと話題になった後の第2作。
「いくらなんでも減りすぎだろう」という一部プレイヤーの声をちっとも反映しないばかりか、コマンドがやたら難しい必殺技(使い勝手はそれほど良くない)が一部キャラに追加されたり、やたらコマンドが難しい割りに使いどころが微妙なぬいぐるみ変化技が装備されたりと、前作以上の問題児となって帰ってきたのでありました。
新キャラどもは、あまりにも狙いすぎなデザインのチャムチャム、人斬り大好き幻十郎、枯華院(こかいん)の住職・花諷院和狆(かふういん・にこちん)というどう見ても薬な名前のひと、上半身裸のマッチョ騎士のズィーガーという、SNKスピリッツがあらん限りに暴走した危ない人々ばかり。
ちなみに幻さんの大斬りは、ナコルルにカウンターヒットすると6割減るという凶刃っぷりでした。
右京さんのツバメ返しがスーパースト2の豪鬼の斬空波動並みの凶悪さを誇ったなどの激しいキャラ差を始めとして、格ゲーとしては非常に粗の目立つ作品なのですが、意外にも歴代サムスピでも1、2を争う人気を誇る名作だったりします。

2005/7/4

■ああちくしょう、『ボーダー』面白ぇ。
こんにちは、歌音です。彼らの生活にマジで憧れるワタクシは、社会人として失格でしょうか。
世間一般的にはダメ人間なのに、あんなに生き生きしてるんですよ!

読んだことがないという方は、古本屋なり大型書店なりで探し出して、読んでみてください。


■ジャンプ今週号の『タカヤ!』に、花房春歌という新キャラが登場。

花房、春歌

花房、春歌

ちなみに可愛い後輩系です。まあ、名前が同じというだけで、マイシスター春歌の足元にも及びませんが。
ともかく、意外なライバルの出現に、我らがツンデレ女神・白川「あててんのよ」渚ちゃんが思いっきり動揺してるのが萌えたのでよし。


■メールです。

>3104さん
以前、再放送された三谷幸喜の人気ドラマ「古畑任三郎」を見たのですが、やはり面白かったです。そこで、シスプリキャラを「古畑」に当てはめてみたら? というのを考えてみました。「実写版シスプリ」では、山田に古畑のモノマネをさせると書きましたが…?

古畑任三郎(田村正和)・・・千影
常にクールで冷徹なまでの洞察力、意味深なセリフやはぐらかしが多い。意外にミーハーな一面も。あまりにもハマリ役なので、もう誰かがパロディ化してるかも?

今泉慎太郎(西村雅彦)・・・山田太郎
古畑曰わく「史上最低のワトソン」。いつも古畑にこき使われている可哀想なキャラで、その努力が報われる事はほとんど無く、真犯人に無実の罪を着せられて逮捕されてしまった事もある。しかし、彼の無意味な行動が事件解決のヒントをもたらす事がたまにある。後に、西園寺に活躍の場を奪われてしまい、よく嫉妬している。

西園寺守(石井正則)・・・四葉
第3シリーズから登場した、新しい古畑の部下。小さい体とは裏腹に、素早く的確な情報を収集(チェキ)して推理の手助けをするので、古畑からも一目置かれている。ただ調査に夢中になりすぎて、勇み足を踏んだしまう事もあるが…。

桑原技官(伊藤俊人)・・・鈴凛
今泉の旧友で、よく今泉から古畑に対する愚痴を聞かされる。マッドサイエンティスト。

花田(八嶋智人)・・・佐々木
第3シリーズから登場。あらゆる職を転々として、毎回のように登場する。するどい勘でズバリと犯人を指摘するが、それに全く根拠は無い。つまり犯人を最初から知っている視聴者と同じ目線を持っているため、視聴者の代理としてドラマ内に存在していると言える。そう言う意味ではかなりおいしい脇役。

芳賀啓二(白井晃)・・・燦緒
第2シリーズに登場する古畑の部下。それなりに有能だが、肝心な部分ではあまり頼りにならない。第3シリーズでは管理職に出世した。

向島音吉(小林隆)・・・ダンスホールの主人
犯行現場によく登場する巡査。温厚でいい人だが、古畑に名前をなかなか覚えてもらえない。

古畑はちょっとだけ見たことがありますが、メインキャラがちかと四葉とりんだけって…
合いそうな配役という点では素晴らしいと思います。

2005/7/5

■昨日すっかり忘れてた「ゲ。」何にしようかな。

●スターソルジャー

16連射マニアを日本全国に発生させた伝説の縦シュー。
ちなみに16という数字は、中ボス「ラザロ」の耐久力に由来する。こいつを合体直前の約1秒以内に16発の弾を撃ち込んで破壊すると80000点(※ザコ1匹が100〜400点、ちょっと硬いやつでも1000点)ものボーナスがもらえた。
別に高橋名人が開発したわけではないのだが、当時余程の人間でないと秒間16発の連射は不可能だったのは確かである。
他にも隠しキャラのゼグボーナスやデライラ2基同時破壊ボーナス(80000点)など、何気に稼ぎ要素が豊富だったり、オート16連射やレーザー、裏パワーと呼ばれるフルパワーアップアイテム、地形の下をくぐる無敵地帯・トラップゾーンなどの様々なギミックも用意されており、以降のSTGに少なからず影響を与えた。
最近PSPでリメイク版が発売されたが、私はどうにも好きになれない。GBAのファミコンミニとして完全再生版が発売されているのだが、オート連射機能の無いGBAで連射をするとどうなるか…(笑)

2005/7/6

■皆様ごきげんよう、同人ショップに行ってもメイドさんモノばかり探してる歌音です。
や、もちろんふたご姫とかにも目は行くんですけどね(行くのか)
ちなみに、メイドさんなアンソロジー本は買いません。ムリヤリなのばっかりなんですもの。
そういうんじゃなくて、もっとゆるゆるでモエモエなやつがいいのです。
かつて時給250円男・横島君が言っていた、
「美人の嫁さん手に入れて退廃的な生活したいと思ってます」
という将来設計に通じるものがあるようなないような。

日がな一日、メイドさんとごろごろする生活。
さういふものに、わたしは、なりたい。


■なんか、毎日ダメ人間宣言してる気がしますが、まあいいか。
気を取り直して、「ゲ。」
レベル1の敵が最も恐ろしい、伝説のRPGです。

●ウィザードリィ シナリオ1

手を変え品を変え、シリーズはかなり長く続いていますが、コレ無くしては語れない、というわけでシナリオ1を挙げます。

肉弾戦専門の戦士、魔法で一網打尽の魔術師、回復役の僧侶、お宝ゲットに欠かせない盗賊と、バリエーションに富んだ職業を組み合わせて作ったパーティを、地下迷宮の怪物たちを倒しながらちまちまと育て上げていくという、コンピュータRPGの基礎といえるシステムを構築した先駆け的作品。
ストーリー上は、怪物や罠がうようよの3Dダンジョンを彷徨いながら、魔術師ワードナからお守りを奪還するというのが一応の目的。
なのですが、クリア後のお楽しみであるレアアイテム探しやほぼ永遠に続くレベル上げの方に、とんでもない中毒性があったのでした。人は確率が低いモノほど、手に入れたがるのです。

戦闘形式は、敵味方が互いに一人一回ずつ行動するという普通のターン制なのですが、恐ろしいことに、レベルドレイン(文字通りレベルが下がり、HPなどのステータスも低下)とクリティカルヒット(一撃死)のおかげで、いくらレベルが上がっても強敵との戦闘がちっとも楽にならないというスリルが常に付きまとっていたため、戦闘に一切の手抜きができないという絶妙なバランス。
さらに、ほとんど全ての状況で行われるオートセーブ機能により、うっかり全滅することも許されない(戦闘で全滅するとオートセーブされる)という鬼仕様のおかげで、いかなるときでも緊張を要求されました。
一応、死から生き返るための方法(蘇生の呪文や寺院へのお布施)もあるのですが、絶対成功するわけではないうえに、下手するとキャラそのものが消滅(ロスト)してしまうというリスク(寺院での蘇生に失敗してもセーブされる)

 「ゲームだからといって、死んでもどうにかなるわけじゃない」
という、「死」に対するあまりにも厳しい姿勢が、逆にプレイヤーのやる気を増大させる要因となり、世界中にファンを発生させる大ヒット作品となったのでした。


■最近、「いろは」で検索かけてくる方が多いみたいです。
ごめんなさい、ウチにはいろはさんのえちぃ絵は無いです。ワタクシそんなの描けませぬ。
かといって、いろはさんで妄想SSを書くってのもなぁ。ある程度キャラを知っていないと、書きようが無いのですよ。

2005/7/7

■今日は七夕ですね。
織姫と彦星が、年に一度の逢瀬をいたすという日。つまり一年ぶりのデートですよ。ということは

っと、こんなところでアレな妄想をしてしまうのは、清く貧しく美しくをモットーとしている当サイトとしてはちょっち避けたい事態。してもいいけど今日は避けたい。
いいんですよ、私は雨降りの縁日にちょっくら春歌と繰り出して、ひとしきり巡ったあとは自宅でふたりきりでまったりという、RePureみたいな七夕の日を過ごしたいのです。
玄関先に二つ並んだ雨傘。
春歌の願い事が書かれた短冊が、庭に立てられた笹にぶらさげてあって。
(だんだん雲行きが怪しくなってきました)


■遅ればせながら、武装錬金とデスノートの新刊を買ってきました。
武装錬金は、バトルが多くてノリノリな感じですね。サイボーグ002な人と剛太の対決が面白かった。
ただ和月さんの苦労(主に集英社との軋轢)は相当なものだったでしょうが。
今更ですが、本誌できちんと決着をつけてくれなかったことが悔やまれます。
デスノートですが、久々に出ましたね、月くんの邪悪なツラ。このツラにゾクゾクする腐女子様も多いのではないでしょうか(余計なお世話だ)
そしてこの巻から第2部突入なわけですが…うーん、一応買い続けることにしますか。


NIGHT★FLOW様、リンクありがとうですの。
ぱすチャC、相当楽しんでるご様子で。
ダ・カーポが今週から始まるのですが、原作を知らない私が楽しめるのでしょうか。

2005/7/8

■数年ぶりに見た「封神演義」。こんなんだったんだなぁ。
シスプリよりも前だけあって、微妙に声が若いかかずさんでした。もちろんエロス溢れるステキボイス。うっかり悪女妲己に萌えそうになったひとがイッパイいるはず。
そして側近の女性仙人が鞠絵と雛子だったり。意外な事実。


■一昨日のHERO'Sという総合格闘技の番組で、非常に珍しいモノをみました。

猪木 vs アリ、再び。

地面に尻をついてる猪木に対して攻めあぐねるアリという、格闘技ファンかバキを読んでる人なら一発でわかる名シーンでございます。
対戦カードは、脱出不能のチョークスリーパー「ギロチン」という必殺技を持つアレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ(ホドリゴ・ノゲイラの親戚でしょうか)と、アルバイトとコンビニ弁当で食いつなぐ無名の新人・所英男。

第1Rでいきなり所がギロチンにとっ捕まって絶体絶命かと思われたが、通していた右腕を上手く使って耐え忍ぶ。そのうちにブレイクの声がかかり、仕切りなおしに。
仕方なく間合いを取るノゲイラに対し、なんと所は立ち上がらずに、仰向けのまま敵の出方を窺うという、普通は考えられない光景。すなわち「猪木アリ状態」
反撃こそできないものの、巧みな防御テクニックを以ってノゲイラの攻撃を躱わしているうちに、第1R終了。

第2Rも、タックルで倒された所が、またも仰向けの猪木スタイルで耐える耐える。
結局互いに決定打を入れられぬまま、勝負は判定へ。
当然のドロー。決着は延長戦へともつれ込みます。

そして運命の第3R開始直後、奥の手である「右ジャブ(フェイント)→右バックナックル」というコンビネーションを放ちます。
パワー、スピード、タイミング、どれをとっても申し分の無い一撃は、ノゲイラの右頬を的確に捉え、瞬殺したのでした。

レイ・セフォーや山本"KID"徳郁などの有名どころも面白い試合でしたが、何といっても所がかっこよかった!
以前の体型よりだいぶ筋肉質になったボブ・サップも、あっさりとアームレスラーを倒しましたし(あのたぷたぷの腹じゃ勝てんわ)、9月の2回戦以降が楽しみですな。


■そんな流れをうけて、本日の「ゲ。」

●武力 -BURIKI- ONE

いやそれはさすがにどうかと思う。
余程のアーケードゲーマーかSNKマニアじゃなきゃ知らないと思いますし。
簡単に言うと、ボタンで移動してレバーで技を出す格ゲー。
もうこの説明だけで、当時のSNKがいかに冒険野郎マクガイバーだったかがうかがえます。
本来の格闘技の動きに忠実になるあまり、いろいろと大事なところを失ってたようで、結局鳴かず飛ばずの一作となったのでした。残念。

2005/7/9

■ふたご姫鑑賞によりパワーを補給してきますので、後ほど。ハッピーバースデイ、鈴凜。
ああ、そういえば昨晩は奥さまは魔法少女の第1話だったような。

2005/7/10

■都合によりふたご姫をまだ見てなかったり。

それはさておき、ついに…ついに来ましたよ! 秋桜の空にドラマCDの全館購入特典が!
久々に竹井10日節が聞けます。よかったねよかったね!

で、聴いてます。
ぶはははは! す、スズノートって! スズノート! ぶはははは!


■3104さんより、テキスト「実写版Kanon & あずまんが大王」をいただきました。
「今回はちょっと自信があります(おいおい)」
との言葉どおり、今回も非常に練りこまれた設定でございます。
もうこれでドラマ作っちゃいましょうよ。電車男より面白いですよきっと。

「ブルマ着用を正当化するため、時代設定を80年〜90年代とする」
の一文に噴いた。

封神演義に、千影や咲耶が出てたとは知りませんでした。まだ1、2話しか見てませんもので。
1クールしかないのに「365体の対象を封神せねばならない」と言われても無理無理。

2005/7/11

■夏風邪引いたみたいなので、今日は寝ます。
自慰して汗をかくと早く治るなんていう噂は信じませんよ!(寝巻きに着替えながら)

「ゲ。」が滞ってるような。いや今日はもうホント朝から辛いんです。

2005/7/12

■休みを取らせてもらいました。病欠なんて何年ぶりだ…
熱は引いたが、腹の調子が良くないです。
「じゃあ更新なんてしてないで寝てろ」という気もしますが、何もしないで寝てるのが一番ツライのです。
だからといって、暇つぶしにえちぃマンガを見ても一向に元気にならぬマイサン(やっぱり大人しく寝てろ)


■どうにか腹の調子が良くなってきたようなので、「ゲ。」

●クルクルランド

「うわ懐かしい」と思った貴方は、間違いなくベテランゲーマーです。

罠や敵を躱わしながらフィールドに隠された金塊を探し出すのが目的。4ステージで1周し、以降は無限にループします。
黙ってると直進しかできない(しかも壁に当たると跳ね返る)プレイヤーキャラを、林立するターンポストを使って方向転換させるという独特の操作は、当時のプレイヤーを相当混乱させたにちがいありません。
しかし、隠された金塊の位置はステージごとにほぼ決まっている(絵や規則的な模様になる)ので、ある程度の戦略とアドリブができれば、それなりにプレイできるという絶妙なバランスでもありました。
周回が進むとプレイヤーが尋常じゃないスピードですっ飛んでいくため、一瞬のミスが命取り=タイムオーバーになるという厳しさ。精密な操作が要求されると言う点でも、マニアも満足の一作といえるでしょう。
筆者は4周くらいまでは確実にできた記憶がありますが、今はきっと無理です。


■メールです。

>3104さん
 私の考察ネタはかなりキャストが偏っていますが、女性陣は

石原さとみ(スクランの天満、シスプリの花穂、Kanonのあゆ他、いくつか検討中)
上野樹里(シスプリの鈴凛、あずまんがの智、Kanonの香里、スクランの百合っぺ)

 など、今人気の若手女優なのでさほど不思議には思わないでしょうが、男性陣は

白井晃(シスプリの演出、スクランの谷先生&ナレーション他、シスプリ検証でも多数掲載)
小橋賢児(シスプリの航、スクランの梅津他、同様に検討中)

 と、かなりマニアックなキャストとなっています。

 この中で白井晃氏は、三谷作品によく出演するため、見ている内にお気に入りの俳優さんとなったのですが、実は先日彼の舞台を見に行ってきました。その報告と少し紹介をしたいと思います。

 私が見た舞台は「うら騒ぎ/ノイゼズ・オフ」というコメディで、イギリスの喜劇作家・マイケル=フレインの作品を、白井さん御本人が日本風にアレンジしたものです。
 大まかなストーリーは、ある劇中劇の練習風景と、その本番と舞台裏を描いたもので、俳優達のトラブルやアクシデントが続出し、劇の中身がどんどんそれて暴走していくドタバタコメディ仕立てになっています(つまり、アニプリやスクランの演劇話や、映画「ラヂオの時間」と同じ構成です)
 舞台の醍醐味は、面白い部分になるとお客さんの笑い声がする臨場感があり、これは以前話した三谷幸喜のドラマ「HR」にも見られます。また白井さんのアレンジした演出では、演じる俳優さん達がそのままの名前で出演している事で(お互いに実名で呼び合っている)、例えば出演者の沢田亜矢子さんについて、「むかし色々あった」というセリフにみんな大爆笑したり、劇中でスタッフの役を演じている俳優さん達が、そのまま開演前のアナウンスなどをしたり、実にリアルな内容となっています。白井さんご自身に至っては、話の前半ではお客さんの中に混じって席に座り、本当に劇の稽古指導を行うなど、この徹底ぶりには感服するばかりです。
 キャストは舞台で活躍している人が中心ですが、沢田亜矢子さんの他にも、癒し系女優でおなじみの井川遥さんも登場しており、テレビでは考えられないほどのはじけっぷりを披露しています。そして今回最も味のあった俳優は、森塚敏さんというおじいさん俳優で、他の俳優さんが目まぐるしく演技をする中、「あずまんが大王」の大坂のように、一人だけまったりとしたマイペースキャラを好演していました。ドラマで大好物のお酒を見つけると、小躍りするシーンなどでは、客席で大爆笑の渦が起こりました。

 とまあ、私の駄文では「何の事やら?」と思うかも内容だったかもしれませんが、とりあえず下にHPアドレスを乗せてみました。以前、実写版スクランでも挙げた今井朋彦さんという俳優は、カマキリのような顔をしていると書きましたが、下のアドレスを見て本当にカマキリに似てるかどうかご確認ください(苦笑)

http://www.nntt.jac.go.jp/season/s268/s268.html

(追伸)
 ところで、実写版スクランには大河ドラマ「義経」のキャストがなぜか多いのですが、下のアドレスに今日放送された「義経」のキャストクレジットを乗せています(←とある大河ドラマサイトに投稿しています)

http://6101.teacup.com/jiten/bbs

 新・実写版スクランでは吉田山に、テレビ版「電車男」を演じる伊藤淳史さんを挙げていますが、このキャストの中で6番手と、かなりこれまた豪華なキャストになってしまったなと思います。正しい意味で「役不足」かも…

キャストが偏ってるかも分からないほど俳優に疎くてすいません。
実写版シリーズは、いつもながら圧倒的な文章量と分析力にただ舌を巻くばかりでございます。役不足なのは、豪華キャスティングゆえのしわ寄せということで。
今井氏ですが、なるほどカマキリのような面構え。目つきが異様に鋭くてびっくりです。

2005/7/13

■妹の すごい 法則

2005/7/14

「私は今、『はいてる』でしょうか?」タマ姉(Perfect Freeさん)

タマ姉絵のビキニ率の圧倒的な高さに辟易しつつも敢えてワンピース(パレオ可)を着せることを主張したいワタクシです。水着の胸元がぱっつんぱっつんに。
ええと、『はいてる』でひとつ。


■輪舞やってますが、未だに2回目のミカ君に勝てません。
下手したら、その前のファビアンに負けるザマ。
チャンポさん…そんなに弱いかな(カブスカートは弱いですが)


日曜日のイベントに行く予定です。
目印は…ネタが無ければいつものストラップかな。

2005/7/15

■ゲーセンから帰ってくると、居間が3人の女に占拠されていました。まあ妹とそのお友達なんですが。
何でも、今晩花火を見に行くのだそうで。
思い思いの浴衣を用意した3人は、それを見せ合いっこしながら、随分と盛り上がっておられましたよ。

3人ともリビングで着替えだしたため、ワタクシはトイレのために自室から出て行くことも叶わず、リンゴ片手にデスノート読みながら引きこもっておりました。ふーっ、やっぱリンゴはインドアで堂々に限る。
もちろん着替えなんて見てませんよ?(つーか妹の着替え覗いてたらサイテーじゃねーか)

やがて着替え終わった3人が、
 「お兄ちゃん、見て見て。可愛い?」
などとのたまいながら、ワタクシに浴衣姿を見せびらかしてきたので、至ってクールに、
 「おお、可愛いね。」
と返したのでした。ちなみに3人に「お兄ちゃん」と呼ばれたのは初めてです。

夏だなぁ。


■「ゲ。」

●大魔界村

数ある面クリア型アクションゲームの中でも、特級の難易度を誇る魔界村シリーズの第2弾。
またしてもさらわれたお姫様を助けるために、再び魔界へと乗り込むアーサーさん。
姫またか、という気もしますが、お姫様というのは、さらわれるためにある存在だというのが決まりなので仕方がありません。

横にしか撃てなかった武器が上や下にも撃てたり、罠武器「たいまつ」が「ナパーム」に強化されたり、魔法のよろいを着込むことで武器の性質に準じた魔法が使えるようになったりと、大幅にパワーアップして帰ってきたアーサーさんでしたが、結局「分身の術+3連射で超威力」な「短剣」が最強なのでした。
(威力だけなら、2周目で取れる「サイコキャノン」が最強。つーかラスボスはコレがないと倒せません)
タイミングを1回逃した瞬間に死亡確定な場面も満載で、当時のゲーマーは覚えるのがさぞかし大変だったことでしょう。
筆者が持っているのはメガドラ版ですが、一応ノーミス2周クリアしてます。

2005/7/16

■ローゼンメイデンを見ました。ケーブルTVでやってましたもんで。
通販送り返しが趣味という病みまくってる引きこもり主人公はさておき、真紅はイイですね。実にイイ。
久しぶりに聴いた沢城さんのお嬢様喋りに惚れました。GA見たくなってきた。
そしてのり姉のへっぽこっぷりは、無形文化財ものだと思います。


日曜日のイベントに行く予定です。
目印は…ネタが無ければいつものストラップかな。
松明さんから受け継いだパピヨンマスクをつけてたりしたら、何かが吹っ切れてる証拠です。

実況&連絡用BBSはこちらで。


3104さんよりいただきました、実写版スクラン改訂版をアップしました。
今回は特に念入りに練りこんでおられます。このスタッフ&キャストで実写化されたら見る。


■メールです。

蒼さん
そのクールさ、GJですよ。
ウチの妹なんざつるぺたはにゃんなんで論外ですけど、妹の友人はヤル子なのでウチの遊びにきてるだけでドキドキしてるキモ男になります。

兄君さまたるもの、妹のお友達にドキドキしていては恥ずかしゅうございます。
ですが、そのお友達が何か困っているときに、
 「悩みがあるなら、お兄さんに打ち明けてごらん」
と、そっと手を差し伸べてあげることができるならばとてもクールですよ!(余計キモイ)

虫の話ですが、そもそも夏のクソ暑い日に7日間ほど求愛行動するためだけに7年間も地中に潜伏している行為のどこに進化の結果が見られるのかが解せないセミなんぞに殺意をかきたてられて隣人を殺すような思考力がセミ以下のニンゲンは世界遺産に認定された知床に行って熊に襲われて痛い目見るといいと思います(話がそれた)
そんなニンゲンはさておき、田舎道を走ってるとフロントガラスに虫がバチバチ当たって弾けて怖いです。

2005/7/17

イベント行ってきました。
とりあえず役に立たないレポートなんぞを。
Rさんのトコと内容が微妙にリンクしてますので、併せてお読みくださいませ。

 

休みなのをいいことにだらだらと10時頃まで惰眠をむさぼった後、支度して出発。

11時半ごろ会場に到着。
パンフを買ってまずはサークルチェック。慣れたもんだ自分…
今回は、募集スペース数自体が少ない上にさらに男性向けの島が狭苦しく隅へと追いやられている有様。
相変わらずスペースの半分を占めるジャンプ系を筆頭に、見渡す限り女性向けの本ばかり。
やはりシスプリには出会えないのか。

そんなこんなで座り込んでいると、Rさんが近くにいるとの情報を得たので早速会いに行ってみる。
そして探す間もなく、入り口近くで遭遇。
ほんの5分ほどで重要な一角を回りきった後は、壁際に座り込んで雑談など。

そして本日の重要な儀式、「メイドさんしぃし〜」と「結い橋PRO」のトレード。
太っ腹なRさんは、なんとサニールーチェ(注:食玩)まで下さいました。残念ながら、中のあの部分は回転しません。
まあそれは有難いのですが、ぶっちゃけ空き箱の処理に苦しんでいます
ちなみにRさんには、「(メイドさんしぃし〜は)いろんな意味でスゴイので覚悟してください」と何度も念を押しましたが、果たして今頃ご無事でしょうか。

しばらくして友人Iと合流し、再び歩き回る。
が、Iもあまりの惨状にがっくりと肩を落としてしまいました。頼みの綱のコスプレも、今ひとつ。
追い討ちのように、関西弁のキュアホワイトを発見してしまいましたorz

会場を後にした我々は、一路狸小路へ。

 まんだらけ→メロンさん→行きつけのそば屋で昼飯→とら→アニメイト→スガイ

の定番コースをめぐってゲットしたのは、「舞-HiME 4巻」と「奥さまは魔法少女」のみ。なんか最近同人誌買ってない気がする。
とうとうストIIIと斑鳩が消えてしまったスガイに未練などあるはずも無く(どうせ消すならSVC CHAOSにしてくれ、ていうか旋光の輪舞も無かったし!)、そのまま流れるように解散と相成りました。

ああそうそう、昼飯のそば屋ですが、札幌では割と有名なアレです。テレビ塔の真下の地下にあります。
味と値段もさることながら、何より量が多い。普通のもりそばを注文しても、その辺のそば屋の倍の量が来ます。
ちなみに大もりだと、高さ10cmほどのそばの三角錐が現れるため、初めての方は必ず普通盛でチャレンジしましょう。

書いてみるとあまりにもあっさり終わってしまった…Rさん、お疲れ様でした。
あと、たぶんこのサイト見てないであろう友人Iにも。お疲れー。
クラ氷雨さんが来るらしいとの情報もありましたが、結局お会いできず。

 

というわけで、現在結い橋をプレイ中です。
知絵ちゃんとまつりさんに萌え死ぬ日も近いでござる。


■反応とか。

蒼さん
要するに「暑かったからムシャクシャしてつい殺った」とかいう、存在すること自体が恥ずかしいやつはいなくなってほしい、ということです。
熊に殺された人間の話は全くのデタラメですが、こっそり何人か死んでるかもしれん。

2005/7/18

■昨日Rさんよりいただいたサニールーチェが、パッケージ諸共未だワタクシのリュックの中に入っております。
ど う し よ う


■仕事先での、ある人との会話。

「歌音くん、好みのタイプはどんな人なの?」
春歌です うーん、どうなんでしょうねぇ…」
「可愛い子? きれいな子?」
春歌はどっちにも該当するんですが えー、どっちでも…」
「芸能人で言ったら誰?」
そもそも芸能人なんぞに興味は無い まあ、特にいないですね」
「女の子と遊んだりしないの?」
2次元かイベントでならしょっちゅうですが しませんねぇ」
「ナンパとかしないの?」
春歌に匹敵する女がその辺歩いてるとも思えん しないっす」
「××くん、ナンパしまくりだよ。彼に若い子紹介してもらえば?」
私には春歌がいますから いや、別に付き合いたいとは思いませんし…」

…もうヤダ。


■結い橋。
黒髪ロングおっとり巫女さんという第一印象で、まつりさん目当てで挑んでみる。

知絵エンドでした。…あれ? もしや指が勝手に選んでた? こ、これがメイド服の魔力というやつか!

お話は、知絵の「問題」が随分とあっさり解決しちゃったせいか、どうにも拍子抜け。
ていうか、神社に関する一切の謎が明かされないままなので。もしや知絵シナリオはおまけ的存在ですか?
それはさておき、えちぃシーン。来ましたよ、メイド服半脱ぎ!(注:知絵はウェイトレスです)

そんなわけで、まつりさんに吶喊する前にかなり満たされちゃったワタクシです。

などといいつつ、その日のうちにまつりさんエンド。
ようやくお話の真実の一部がわかりましたが、まだ足りません。やっぱ全員クリアしなきゃわからんか。
えちぃシーン。知絵ちゃんも凄かったが、まつりさんはもっと凄かった。巫女さんもいいのですが、メイド服着てくれないかなぁ!(本音が出てますよ歌音さん)
できることならば5行前のセリフを撤回したい気分です。


■メイドさんしぃし〜をプレイしている たちへ。
怒首領蜂大往生の火蜂様のセリフより、この言葉をお贈りします。

死 ぬ が よ い

死因が萌え死になるか、それとも「お漏ら死」になるかどうかは、神のみぞ知る。


■メールです。

>3104さん
イベントお疲れさまでした。私もこれまでこういうイベントには、3回ほど行ったことがあります。2回は声優の倉田雅世さん(ラブひなのしのぶ役)とアニソンのシンガーソングライター松浦有希さんのライブ、そしてもう1回は、神崎ちろさんが参加するシスプリのアマチュアバンドが演奏する、シスプリライブです。
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/4011/
しかし、歌手が花穂や四葉のコスプレをして歌ったのは、さすがにちょっとひきました…(爆)

えーと、イベント名は「おでかけライブ」ですが、何のことは無い、同人誌即売会です。
北海道で声優さんがライブイベント…いつだかやってた気がする。

封神演義についての話ですが、先に原作を知っていると、より面白いと思います(太公望が老人だったり、封神される人も異なり、ジャンプ版とはかなり違っています)。一番手軽なのは、横山光輝の最晩年作「殷周伝説」あたりでしょうか?
また、アニメ版はジャンプのコミック版から途中大きくそれて、「ネギま!」のような強引な箇所が見られます。コミック版を読み通した後だと、少し不満の残るラストなので(実際、アニメの方が原作より先に終わっている)、このため見る順番は「原作→アニメ版→コミック版」をお薦めします。
http://www.houshin-engi.com/

殷周伝説は先日読破いたしまして、要するに女に溺れた王のおかげで国が滅ぶ話だというのがわかりました。
はっきり言って三国志のほうが面白かったです(滅)が、これは別に横山先生のせいじゃないからなぁ。

2005/7/19

■「ゲ。」

●スーパーロボット大戦F・完結編

スパロボ史上でも革命的な一作。
その理由の一つとして、「声」の大幅な追加が挙げられます。
主役級はもちろん、一兵卒や機械獣に至るまで、ほぼ全てのキャラが戦闘シーンで喋る喋る。
原作に忠実になるあまり、とっくに引退した声優さんまで引っ張ってきたりして、その内容は実に豪華なものでした。
ストーリーが語られるADVシーンでも、一部の重要な(あるいはマニアックな)場面では声付きで名セリフが入るという徹底ぶり。

「逃げちゃダメだ…逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ…逃げちゃダメだッ!」
「あんたバカァ!?」

後半の完結編になってようやく現れる、新規参入キャラのイデオンとガンバスターの凶悪な強さは、全てのプレイヤーを魅了したことでしょう。
特に、マップ兵器「イデオンガン」の射程と攻撃力は、常軌を逸していました。

余談ですが、真面目モードの若本規夫さんの声が聞けるという点でも貴重です。


■唐突に思いついたので、エヴァンゲリオンのセリフを適当に置換してみるコーナー。

アスカ「あーっ! アンタ、今見たでしょう!?」
トウジ「なんやそんなもん! んならこっちも見したるわい!」
冬月「勝ったな」
ゲンドウ「ああ」

アスカ「あーっ! アンタ、今見たでしょう!?」
トウジ「なんやそんなもん! んならこっちも見したるわい!」
シンジ「膨張してしまった…恥ずかしい…」

アスカ「あーっ! アンタ、今見たでしょう!?」
トウジ「なんやそんなもん! んならこっちも見したるわい!」
レイ「ごめんなさい、こういうときどんな顔をすればいいのかわからないの…」
シンジ「笑えばいいと思うよ」


■気を取り直して、メールです。

>3104さん
アニメ版封神演義のCD曲では、OP・EDを共に米倉千尋さんが歌っている他、主にキャラソンアルバムが2枚あります。うち1枚は、妲己三姉妹(長女の妲己=春歌、ロリ系なのに次女の胡喜媚=雛子、この中では一番性格がまともな三女の王貴人=鞠絵)がそれぞれ歌っている他、味方も主要キャラはだいたい歌っています。ただ歌唱力は、やはり雷震子役の松本梨香さんが圧倒的ですね。

あと、実写スクランネタでふと思い出したのですが、ララ=オセロ中島というのには歌音さんはどう思うでしょうか? 年も結構いってますし、正直に違和感などあるかないか印象のコメントをお願いします(笑)

そりゃあ、歌唱力では敵うはずもないですね。3人とも上手いんですが。
実写版スクランの件ですが、ナシということでひとつ(笑)
オセロ中島がポンポンふりふりしてるところを想像しただけで…

R-SPHEREさん
>結い橋
知絵ぽんシナリオで神社の謎については明かされません。
よってどうしてもおまけ的と云わざるを得ないのですが、人によってはメインシナリオに格上げされるようです(笑)
私の場合それが未依だったりします。
ではありがたき言葉を受けつつCCワールドで尿死してきます。

メイドさん補正が入ったとしても、ゲーム的にアレをメインと言い張るには無理があるような。
そもそも「結い橋」の設定を無視したとしても、ストーリー的にはイマイチ足りなかったです。
しぃし〜ワールドですが、私には「死ぬな」という応援ができそうにありません。

2005/7/20

■ちょいと所用で街へ出た後、スガイへ。
無くなったと思ってた斑鳩とストIIIと旋光の輪舞ですが、配置換えしてただけでちゃんと全部ありました。よかった。
斑鳩は、ラジルギのロケテストの期間だけお休みしていたらしいです。

久々にストゼロ3をプレイ。なんとなくさくらを選んだものの、J中K→小足×2→立小K→咲桜拳の基本コンボができなくなっている自分にがっかり。
悲嘆にくれた歌音さんはその後、シルバーガンと斑鳩のスーパープレイビデオを延々と見てました。


■待ち受けが知絵ちゃんになりました。委員長、お疲れ様。


■結い橋、詩奈エンド。
まつりさんのときとあんまり変わらない展開でしたが。ううむ。
残るは未依ですが、これで謎が解けるのでしょうか。

未依進行中。

「「まだかにゃ〜♪ まだかにゃ〜♪ おさかにゃ、おさかにゃ、まだかにゃ〜♪」」

…大丈夫かこいつら。

そして未依エンド。
お風呂で襲ってきたり、朝っぱらから裸エプロンだったり…こんなエロい妹がいていいものか。
しかもエンディングでまで、朝っぱらから裸エプロンで誘おうとしてますよこの妹は!
まあそれはともかく、未依も「結い橋」のタイトルとは微妙に関係ないスタンスにいたわけで。

そしてなぜか巫女姉妹のCGが埋まらないので、再度プレイしてきます。


ちいさなひまわりさん、六拾萬ヒットおめでとうございます

「ハァハァしまくりな暴走お兄ちゃま、これからも花穂のことをよろしくね♪」
妹たちの(特に花穂の)笑顔がある限り、ONAさんは何度でも蘇るのですね。グロウアップ。

2005/7/21

■結い橋、有坂姉妹丼エンド!?
知絵ちゃんのセリフ、まさかアレが伏線だったとは…恐るべし結い橋。
お話自体は、まつりさんと詩奈のシナリオを混合したような感じでした。
それよりも、えちぃシーンが凄かった。思わずバーニングファイヤ汁が(ゲーム違うぞ)

ご ち そ う さ ま で し た

特別爆笑とか感動とかはありませんでしたが、終始まったりとした雰囲気でとても楽しめました。意外な展開というのは無かったものの、逆にそれでよかった気がします。
「結い橋とは」という部分がいまいち説明不足な気がしないでもないですが、リニューアル版でいろいろ語られるものと期待しておきます。
そしてやはり、このゲームのメインヒロインはまつりさんであるという結論に達しました。
いやさ、有坂姉妹か。

ともかく、これで結い橋コンプリート。
最終ランキングは、メイド補正込みで『まつり≧知絵>詩奈>未依』という具合で。

で、今度はリニューアル版の結い橋を進行中。 プロローグとして、祭りの前日3日間が追加されており、裏設定が少しだけ語られてます。

まずは知絵ちゃんルート。
喫茶店でツナサンドを食わせてくれる(ホントは知絵の陰謀)シーンで、再び悶絶。
ちくしょう、1回見たはずなのに、なんでこんなに! 可愛いんだ! 知絵ー!


■メールです。

>3104さん
やはりオセロ中島にララはやりすぎでした(山本太郎より年上だし)。ご助言ありがとうございます(笑)
これで紆余曲折があった「実写版スクラン」がようやくめどが立ちましたが、次はいよいよ「実写版ラブひな」でしょうか?(まだやるか)成瀬川のイメージキャストは、もう歌音さんの予想通りですが。

話は変わって、スパロボは私はあまりよく知らないのですが、エヴァはガンダムと並んでよくweb漫画などでもパロディ化されていますね。そこで、スクランのキャラをエヴァに置き換えてみると…

シンジ → 奈良
アスカ → 沢近
レイ → 八雲
ゲンドウ → 播磨
ユイ → 天満
ミサト → 絃子
リツコ → 姉ヶ崎
加持 → 晶
マヤ → 一条
トウジ → 菅
ケンスケ → 冬木
ヒカリ → 舞
カヲル → 麻生
ゼーレ → 西本エロ軍団

奈良や冬木も西本エロ軍団という件については、ここでは触れません(爆)

今度はラブひなですか。アレを実写でやるのはどうなんでしょう(笑)
エヴァキャラ置換は果たして適切なのかという疑問については忘れることにします(滅)

2005/7/22

TLSSのスタッフが贈る恋愛シミュレーション『キミキス』石川さん情報
石川さんったら、Pure×Cureんときといい、またこんなスゴイの見つけてきちゃったんですか!

TLSSに比べて塗りも体型もすっきりした感じですが、可愛さは変わらず。そして、

 キミキスの すごい キャスト

何でしょうかこの隙の無いキャスティングは。声と顔とイメージが完璧にマッチしております。
明日夏がミコチンっぽかったり深月が本屋っぽかったりしますが、些細なことですよ。

公式サイト見てたらなんかムラムラしてきたので、いろいろと書き足します。

「彼女作ってキスしてみたい」という、恋愛シミュレーションとしてド直球勝負な目的が実に漢らしい。
で、女の子と仲良くなる過程で最も大切なのは「会話」というわけで、TLSSと同じく会話シーンに重点を置かれている様子です。いくつかの話題からその状況に適したものを選んでいくというのもTLSSのまんま。
そしてちゃっかり「水着」というテーマがあったりするのもそのまんま。
って、この水着アイコン。よく見りゃ…ヒモじゃねぇの…?

キャストには残念ながらシスプリのひとはいませんが、現在発表されている6人とも大活躍中の方々ばかりで、この辺からもスタッフの有り余る気合が窺えます。
小清水さんとか能登さんとか。もう想像しただけでバーニングファイヤ汁が溢れそうです(やめれ)

惜しむらくは、あのエロい制服ではなくて普通っぽいセーラー服になっちゃったことでしょうか。
しかし、それでもやっぱり、服の上からでも色気を感じられるあたりに、高山さんの技を見た。

>石川さん
ワタクシも同人誌が楽しみです。石川さんの本最近見てないし。はるぴー本が最後ですよ。


■私信なんぞ。

Rさん
澪の一筋、いやさ澪一筋も結構ですが、他の二人もちゃんと構ってあげることをお薦めしますよえへえへ。
って、スキップしちゃダメー!

2005/7/23

『キミキス』の記事を見て萌え狂ってる人リスト
というもんを勝手に作ってみたんですが。

YU-SHOWさん
石川蔵人さん
ONAさん
蒼さん
ワタクシ

発見しだい手当たり次第にリアルタイムに増えていく予定です。
皆さん、リレーin体育祭での播磨&花井の如き、シアワセそうな顔をしてらっしゃる!(はず)


■結いぱちのラスボスが倒せません。
カードバトルでHPが160vs500って何だ! 私のやり方が悪いのかも知れんが、半分減らすのがやっとです。

2005/7/24

■結いぱち、知絵エンド?
カードバトルは負けても3連戦まで許されるらしく、どうにかラスボスを倒せました。

んで、CGがぜんぜん埋まらないので2周目。
こ、これは…Wメイドさん!?


『キミキス』に反応してる人は多いみたいですが。

私も前情報のみでのキャラクターインプレッションとかやってみようと考えましたが、皆さんの考察があまりにもステキすぎて、読むだけでニヤニヤしてる自分がいます。
ああもう、自分で考えるのもいいけど、人の読んでるほうが楽しいや!(滅)
果たして今回は、有森先輩級に萌える子がいるんでしょうか!?
バカかお前、みんな萌えるに決まってんじゃねーか! ムハァー!

摩央のキャラ紹介の「中学まではガリ勉だったが 〜 あまりの変身ぶりに主人公は話しかけづらい状態に…」という一文が、ワタクシの胸に痛いほど突き刺さります。
私の幼なじみは今どこで何をしてるんだろう(たぶん結婚してる)

復習の意味で、久々にTLSSを起動。そういえばメガネ(唯子)攻略中だった…
当然公式ガイドも手元にあるわけですが…有森先輩のイベントCG見てたらなんかムラムラしてきたので、おまけモードに移行したいと思います(死)


くのいち鞠絵(エルフのお守りさん)

忍装束とは、また随分とマニアックなチョイスを…視線が一点に収束げふんげふん。

2005/7/25

■さんざんエロゲやってるおかげでそんじょそこらのえちぃシーンではぴくりともしないくせに、初々しいキスシーンを目にするだけでドキドキする。オタクとはわりとそんな人種であると思ったある夏の日。

ツンデレ要素もさることながら、
 「他人との接触を避けつつも、実は誰よりも他人との触れあいを求めている」
という非常にオタク的な性格であると思われる二見さんに人気が集中するのか。


■結いぱちが進みません。本編よりボリュームのあるゲームって何なんだ。
しかし、親友丼のようなステキイベントが満載となると、意地でもコンプしたい…ッ!

2005/7/26

■運動オンチ同士で変な友情が芽生えたらしいレインとミルロに萌え。


■5:55、深夜営業より帰還。
これから20分ほど仮眠とって仕事行ってきます(死)

2005/7/27

■帰ってきましたが、とりあえず寝させてください(切実)


■おふぁようございまぁふ(何時に言っとるか)
唐突ですが、ある人とりんご飴を食う夢を見ました。その人のイニシャルは「H.A」で青いセパレートがまぶしくてってあああなんだかワタクシ目が冴えてきましたので風呂に入ってすっきりさっぱりしてきたいと思います。では!

2005/7/28

■たっぷり寝たら元気になりましたが、本日はα3の発売日につき、今からプレイしてきますので本日はこれにて!

ソレアレス(リアル系女性主人公搭乗機)がかっこ悪すぎでゲンナリですが、セレーナ姉さんの乳揺れが見たい一心で、初回プレイはリアル系女性(えー)。クスハだと思ったそこのアナタ、残念でした。
まあ乳云々はさておいて、スーパー系よりもリアル系が好きなのはホントなのよさ。当タラナケレバ、ドウトイウコトハナイ!
状況次第では、追加更新するかもしれません。


■セレーナ姉さんの乳が、左右時間差で揺れるほどの凝りようとは。
しかし萌えポイントは未だ発見できず。


■かかずさんご懐妊の件については、当サイトは大騒ぎしない方向で。おめでたうです。

2005/7/29

■そういえば昨日はα3だけじゃなくて、エロいエロいと噂のネギま!2時間目の発売日でもあったんですよね。ええもちろん私は買ってませんが。
エロ分は結い橋と魔法少女の奥さま(27歳)で今んトコ足りてます。


■スパロボα3、10話までクリア。
ザフトとともに戦うというある意味面白いシナリオのセレーナ姉さんですが、搭乗機は近距離戦を得意とし、当てて躱わす、ダンバインタイプっていうのがなかなかに曲者。さらに必殺武器が全体攻撃で微妙に使いにくかったり。
リアル系は長射程・高機動であってほしいのですが、ひょっとしてベルグバウ(リアル系男性主人公搭乗機)がそうだったのかも。

2005/7/30

■ふたご姫はまだ見てません。当分はα3の話が続きそうです。

スパロボα3、現在第12話。
あちこっちの軍隊へフラフラしてたセレーナ姉さんでしたが、この度めでたく「正義の味方部」への入部が決定しました。うぇるかむ。
そして今更、エンジェル隊の方がよかっただろうかと悩んでたり。

熟練度獲得は問題ないものの、サイズ差補正のでかさに苦しむ日々。フラガ(搭乗機はSサイズ)の全体攻撃が弱すぎて、キャラ好みだけで突き進むのがやや難しく。
そんな中、鋼鉄ジーグだけやたらと攻撃力がでかいことを発見。小隊長能力で『サイズ差補正無視』って。
ベアハッグで戦艦すらも真っ二つにしてのける鋼鉄ジーグ恐るべし。


■TVCMで…巫女みこナースが聴けるとは思わなかった…ッ!
恐るべしいろメロミックス。
つーか、オタクブームだかなんだか知らんが、堂々とAA(「2ゲトズサー」とか)流していいものなのか?

2005/7/31

■今更ですが、今週のチャンピオンに載ってた松山せいじの読み切りがいろんな意味で惨い。
存在するだけでたぷんたぷんと擬音をまき散らすメイドって。そんなのに萌えろというのか。


■メールとか私信とか。

クラ氷雨さん
α3ですが、私もセレーナでプレイしています。
必殺武器が全体攻撃という点は私も少し残念でした。
だけど、10話そこらで運動性を全改造したソレアレスは暴れてましたけど(笑
いま私は28話をプレイしていますが、バーチャロンがいいキャラしてる!と思います。
バーチャロンは正直期待してなかったんですが、そのキャラでスタメンに決めてしまったという私。
そのバーチャロンの真実は、自分の目でお確かめを!

28話!? 早いですね。私はまだ18話くらいです。マクロス7とイデオンが出てきて楽しかったのになぁ。
暴れるのは結構ですが、小隊編成の都合上、ソレアレス一機だけ強くてもいかんのが難しいところ。
バーチャロンを楽しみにしつつ、マイペースで進めていきます。

R-SPHEREさん

私も一瞬「!?」となりました>巫女みこナース
あの選曲はまさしく同時多発テロといえましょう。ちなみにうちの家族は無事でした。ていうか気付いてなかった(普通は気付かない)
あと、ワタクシの着メロはおしゃれファンタジーですが、流れるたびにファインとレインが踊ってるシーンを想像していい気分になっちまいます。

▲このページのトップへ
戻ります