■歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年 1月 2月


2005/3/1

■ロマサガ1サントラを買ってきました。
どれもこれも名曲揃いで、思わず聞き入ってしまいます。

初めてプレイしたとき、そのあまりの難しさに挫折した記憶があります。
スーパーファミコンで発売された、当時の私は中学生くらい。RPGはドラクエ2、3とFF3、そしてゲームボーイのSaGaシリーズしかプレイしたことがなかったわけで。

 「レベルの概念がない(能力値が上がる)」
 「武器に熟練度がある(FF2にもありましたが)」
 「戦闘回数で敵がランクアップ→逃げてばっかりいると敵が強くなりすぎる」
 「一応道筋はヒントが出るものの、何をしていいのかさっぱりわからない」

などなど、当時としては斬新過ぎるシステムのおかげで、ヌルイRPGしかやってない私にとっては無茶苦茶難しく感じたものであります。
ちなみに初プレイ時の使用キャラはクローディアだったのですが、それがいけなかったのかもしれない。
(歌音さんはこの頃から既にロングヘアのお姉さんが大好きでした)

何度かプレイを重ねようやくコツを掴んできたころに出現した、四天王という名のボスども。
そのあまりの強さに、感動すら覚えました。
(まあ、無理して倒すことはなかったりするんですが)

ねんがんの アイスソードを てにいれたぞ!
というわけで、マジで血のにじむ思いをして最強武器をゲットし、鍛えに鍛えたこの力でラスボスに挑み、サルーインソードの理不尽な威力に泣かされたりしながらも、何十ターンもかけてようやくサルーインを倒したときの得も言われぬ達成感は、それはもう大変なものでした。
(だって、初めの6ターンくらいは全ての攻撃が無効だなんて知らなくて、最初から全力で冷凍剣とか放ってましたもの)
バトル2とか聴いてると、まざまざと蘇る思い出。

4/21には、そのロマサガ1のリメイクである、ロマサガ:ミンストレルソングが発売されます。
新技のひらめき(電球ピコーン! 乱れ雪月花キター!)や合体技(4つぐらいつながると、壮絶に変な名前になって楽しい)など、1・2・3のシステムのおいしいトコをかき集めたりして、ロマサガファンには最高にたまらん作りになっております。
もちろん、戦闘以外での新システムもいろいろあるようで。

それまでは、このロマサガ1サントラと、先日買ったロマサガ2サントラを聴きながら、期待に胸を膨らませることにいたします。
スクウェアのRPG買うのなんて、随分久しぶりだ。

2005/3/2

■Pure×Cure、月乃クリア。
とはいえ、CGの約半分が埋まっていない状態です。どうすればいいんだ。

なんか、どっかで見たことあるような気がする結末でした。
ですが、必死に目の前のままごと遊びにすがりつく月乃の姿がどうしようもなく切なくて。
ちょっと潤んでしまいました。

エッチシーンですが、スカートが長すぎて邪魔だからという理由で、スカートを咥えさせてあそこに口づけという何ともマニアックなプレイがお好みらしいひーちゃん先生に微妙に共感を覚えなくもないワタクシです。

2005/3/3

■みさくらなんこつ氏のハッスルぱふぱふが壁一面に並べられていて吐き気をもよおしましたinメロンさん。


■本日は桃の節句でございます。
妹と甘酒で乾杯→ほろ酔い気分で以下略、などという不埒な妄想は決してなされぬよう。(お前がな)


■そして本日は、北海道の公立高校の入学試験の日でもありました。晴天でよかったですね。
およそ5時間の戦い、悔いの無いようやり遂げることができましたでしょうか。
受験者の皆さん、お疲れ様でした。

結果発表は、15日頃でしょうか。
ぶっちゃけ発表当日まで不安でいっぱいでしょうが、今は精一杯羽を伸ばすとよいと思います。


■Pure×Cure、月乃ちゃんクリア。ていうか月乃バッドエンド?
しかし、裏の人格(という呼び方は適切ではないかもしれない)である「月乃ちゃん」の心を見ることができるという意味で、月乃エンドを迎えるにあたって避けては通れない選択肢であります。
そしてちゃんとエッチシーンもあります。もちろん、別CGが用意されていますよ。
これから月乃シナリオを進める方、一度は見ておきましょう。


■2日も過ぎてから気づく私もアレですが、当サイトは4周年を迎えたようです(他人事か)
たぶんこれからもまったりと更新していくことになりますが、今後ともどうぞよろしく。

2005/3/4

■目覚まし音楽が「ハッピーマテリアル」っていろんな意味でキツイ。
おはようございます、歌音です。
昨晩9時就寝→今朝10時起床という久々の12時間オーバー睡眠を体験しました。頭遺体。違った、頭痛い。

「お姉ちゃん、とりあえず風呂」
「はいはい」

↑深読みするべからず。

2005/3/5

■ハッスルぱふぱふが売り切れ寸前だなんて、ありえな〜いinメロンさん。


■古いPCを友人に譲りました。
Windows98SEなので、一応ADSLに対応しているはずですが、Celeron533MHzでどこまでネットゲームについていけるか。
まあがんばってください>友人


3/20、21のコンベンションセンターでのイベントに参加予定です。
目印はいつものようにシスプリストラップをじゃらじゃら。
近郊の方、お会いできるといいですね。

2005/3/6

■こんな夜更けにこんばんは。
ナスおま体験版をついうっかりダウンロードしちゃって、涼子お姉さんに萌死寸前の歌音です。
このままではついうっかり買ってしまうかもしれない。
ど う し よ う。


■ルミナスシャイニングストリームで、涼子さん色に染められちゃった私の心を浄化できますか?
って、そういえば今日はプリキュアの日ではないですか?
しかも実は先週分のレビューも書き上げていないことに私は気づいてますか?
このままでは浄化どころかマーブルスクリューMAXでぶっ飛ばされかねませんか?
…それもいいかな。(良くない)


■千影誕生日おめでとう〜。
もはやSSすら書けないほどに多忙というか疲労困憊というか要は眠気に弱い歌音さんですすいません。
趣味はコタツでぬくぬく。あとメイドさん。


■そしてよせばいいのに、遠くに住んでる友人に薦められてキノの旅を読んでみました。とりあえず1巻。
味わったことの無い奇妙な読後感に翻弄されました。
2巻を読むのがつらいです。

2005/3/7

■3104さんよりの頂き物『シスプリと三谷幸喜作品』に、『12人の優しい日本人』を追加しました。
シスプリと意外なつながりがあるという(偶然かもしれませんが)ことをさておいても、非常に興味深い作品です。
昔、テレビでやってたのを見たことがあるような気がするのですが、思い出せません…
これをモチーフにしたトペニワッカさんのSS『12人の優しい妹たち』もおすすめ。


3月21日、プリキュアが札幌市民会館にやってくる!
果たして歌音さんは行くのか!?
ていうかこのイベントと同日ですけど!?


千影誕生日イラスト(Sisprismさん)

に…ニアデスハピネス!?(殴)
それはともかく、蝶美しい千影さんです。光の当たり方が幻想的。


■1週遅れのプリキュアレビュー。白雪級に広いひかりのおでこ萌え。

#4『独りじゃない! 二つの気持ちが重なる予感!』

2005/3/8

買っちゃった。(何をかは最近の日記から察してください)


君ならどうする?(#とるこぎきょうさん・3/8)

千影のか春歌のか。悩ましいですね。ちなみに私なら春歌で即決です。
それもいいのですけど、むしろ1と2のマミーの方が気になるんですが!? 可憐のマミーと花穂のマミー!?
2005/3/9

■これから夜勤です。ではまた明日。
いや、実際もう少し何か書きたいのですが、如何せん時間が。


■午前5時帰宅の歌音ですおはようございます。
帰りの運転中に涼子さんの顔が浮かんで危うく落ちそうになりました。
皆さんも、疲労時の運転は気をつけましょう。


ONAさんよりスプリングギフトイラストをいただきました。
白い衣装が3人の清純さを引き立てていますね。
あっ、誰ですか。こんなにステキな妹たちをエロい目で見つめている人は。


僕が入院したって、何で分かったのかなぁ。(わからいでか)

2005/3/11

千歳空港で仕事中に見つけたポスターをつい撮影。(仕事しろよ)
みんな〜、北海道って、とってもいいところだぞぉ〜。


■なんちゅーかこれだけだと寂しいので、ネギまの相性診断をやってみました。
この診断に欠点があるとすれば、「誕生日で判定しているため、鳴滝風香と史伽との相性が両方同じになってしまう」ことでしょうか。
ちなみに私の運命の人は、神楽坂明日菜らしいです。

2005/3/12

■今日も朝帰り。
遊戯王のペガサスのキモいイントネーションをなんとかものまねできないものか。(するな)


■プリキュアレビューがようやく追いついた? ひかりのおでこに萌え。

#5『颯爽登場! その名はシャイニールミナス!』


しずかちゃんの新しい声が…ッ!(ミラー)Fruhling Liedさんより)
エロいしずかちゃんが現実にッ!?
マジか!? マジなのか!? マジだったらエロすぎる! まさにマジピンク!
あの声で「んもう、のび太さんのエッチ!」って言われたら、日本中がひどいことになっちゃうじゃん! 金曜の夜7時、飯時のお茶の間は騒然! 即刻家族会議! PTA大激怒!
ていうか平松タクヤ兄君さまも仰ってますが、













(平松さんはそこまで言ってません)

そしてシスプリ界の人々は、たぶんみんな同じことを考えているッ!
ほら、ONAお兄ちゃまも! 蒼兄君さまも!(マテ)

いやまあ実際は、かかずさんの名演技に期待しているわけですよ。
もちろん他の声優さんにも期待してますが、スネ夫=ドモン・カッシュはいろんな意味でスゴイなぁ。
ていうかジャイアンが14歳っていう部分に触れたくないので、この話題は終わり!

2005/3/13

■『キノの旅』を紹介してくれた友人(非オタ)に、いくばくかの可能性を見出した歌音です。
問題はどうやってシスプリのことを切り出すか。


■うん、今日のルミナスも可愛かった。レビューは今週中に。(速攻は諦めた模様)


■買い物行ってきました。

本日の収穫:舞-HiME3巻、これが私のご主人様3巻、撲殺天使ドクロちゃん5巻、P天

とりあえず「〜ご主人様」から流し読み。連載雑誌が変わって鬼畜度と変態度があがったものの、露出度は別に変わりない様子です。


■Pure×Cure、サイバーエンド。
クライマックスで怒涛のように可愛すぎる彼女の一面を見せ付けられ、エッチシーンでのこれまた(普段の彼女のイメージと比較して)可愛すぎるボイスにニヤニヤしっぱなしでした。
そしてエピローグでのやりとりにも思わずクスッと微笑んでしまって。
これで下級生3人のエンディングを迎えたので、次回からは上級生3人のお話へ。

一方のナスおまは、涼子さんEDを迎えました。
道中で資源がすっかり枯渇してしまったため、休止中。次に攻めるのは鈴さんかな。
ド巨乳の二人にはまるで興味が湧きません。あれはただのエロいお姉さんだもんなぁ。

2005/3/14

■舞-HiME3巻P72のなつきに吐血。

2005/3/15

■本日のお買い物

マーックースハート
honotan II・下巻、skyscraper、DANZEN!! ふたりはプリキュア(Ver. Max Heart)
以下、簡単に解説など。

honotan II・下巻
 泣けるプリキュア同人誌。一応前作『ほのたん』『honotan II』の続きですが、これ1冊でも充分楽しめます。
 要所に挿入された英単語解説(元ネタがもえたんですから)や微妙に脱力系4コマ、超迫力の見開きなど、実に隙の無い作りになっております。新キャラのひかり/ルミナスやサーキュラスも、クライマックスでしっかりフォローされてますよ。
 内容は、なぎさとほのかが学校のみんなに百合ップル宣言して一騒動なお話…と、これだけだとただのプリキュア百合同人みたいですが、しかしそこに描かれているのは、とても深くて、とても強くて、とても美しいふたりの愛、意思、絆…ただ体を重ねあうだけじゃない、こころとこころの繋がり。そして周囲の人間の心の清らかさ。ラストシーンでの○○のセリフに目頭が熱くなりました。
 非常に萌え度の高いエッチシーン(なぎほの)がありますが、ぶっちゃけ私は使う気はありません。

skyscraper:
 非常にカッコイイ斑鳩同人誌。一見乱雑な絵柄ですが、全体として見たときの作りが超美麗。仏鉄塊などのメカの描きこみも素晴らしいです。おかげで無性に斑鳩がやりたくなってきました。
 昨年の夏に出ていたらしいのですが、なんでもっと早く気づかなかったのだろう私は。

DANZEN!! ふたりはプリキュア(Ver. Max Heart):
 歌詞は前バージョンと全く同じ。ただアレンジが非常にカッコイイので、これはこれで買う価値アリと思います。カップリングのED曲の出来は微妙…

2005/3/16

■Pure×Cure、果林エンド。最後まで見た目どおりの子でした。でもそこが可愛いのです。
姉のゆずりが深く絡んでいるのかと思われましたが、他キャラと同じく気持ちを吹っ切る枷となっていただけの人物だったようです。
まあ姉妹という間柄、且つ過去の広海を知っている分だけ、『ノート』『天体観測』『自分だけの星』などのキーワードは他より多いのですが、それがまたお話(というか果林の気持ち)をややこしくしている原因だったのではないでしょうか、と。


今更ですが、撲殺天使公式サイト
ドメインがステキすぎ(笑)
視聴コーナーでは、ぴぴるぴるぴるの電波テーマソングが聴けます。


■また夜勤なので、後ほど改めて。「ほおぉ、ンマ〜♪」byウメ。

2005/3/17

ナナナナ〜ス衛・裏キャラにスク水白雪もアリ(エルフのお守りさん)
(注:ランダムトップ絵なので、一発では見られない場合があります)
シンプルなデザインのナース服ですが、注目は何と言ってもオーバーニー!
オーバーニー!(←歌音さんは興奮しすぎです)


■Pure×Cure、遥南進行中。

そういえば、チュアブルソフトさんから壁紙のプレゼントが届きました。わーい!
新妻ずっきーのエプロン姿のなんと美しきことか。照れた顔も可愛いよずっき〜。


■Pure×Cure、遥南エンド。
両親の離婚騒動が、遥南と広海の仲違いの伏線…だったのかねやっぱり。いつでも側にいて欲しい円・遥南に対して、つい自分の都合を考えてしまう祐一・広海っていう構図かしら。
自分から引きこもっておいて結局広海のことが気になって仕方が無いあたりは、何ともお子様な遥南らしい思考ですがそんなところがまた良いのですよー、とは無邪気に萌えることができず。
なんちゅーか…こう、物足りなさを感じたのは、私だけではない気がする。
まあいいけどねいろんなところが可愛いから。(台無し)

ずっきーをクリアしていないので結論を出すのは尚早ではあるんですが、2年生グループの
「月乃とウメの仲違い→仲直りのために広海とサイバー奔走→月乃とウメが仲直りして友情がいっそう深まる」
っていう流れのほうが好みというか素直に感動を受け入れることが出来るんじゃないかなあ。
まあ分かりやすい友情っていうのもありますが。


荒木飛呂彦風サザエさん?『海鮮家族』
なまら強そうなタマがいますよ!?
ていうかあのリンゴは石か? 石なのか!? ドッギャーーーーン!!


■4/21のロマサガまでプレイするゲームが無いので、久々にシスプリ2を起動。
いやまあ、まだPure×Cureもナスおまも残ってますが。
セーブデータはちょうど夏祭りのシーンからでした。

「夜空に咲く大輪の花……兄君さまの横には浴衣姿のワタクシ……
 ああ、兄君さま! いつでもワタクシをさらっていってください……ポッ☆」

おぉぉぅぉぉぁぁあぁぉぁぁぁあぇぇぁぉぉぅぅぁぉぉ
イイ! すごくイイ! 可愛い! エロいよ春歌ぁぁぁぁぁぁ!
ダメだ! 久々とはいえ、この破壊力は尋常じゃない!
そう、ナスおまもPure×Cureも、根っからの兄君さまである私にとっては春歌の足元にも及ばないッ!!

2005/3/18

■今日も夜勤です。そして恐らく明日もあさっても…1週間くらい夜勤。
なんか夜勤ばっかり続いてますが、普通に昼間の仕事をしていたくせに夜型人間のワタクシですので、別にどうということはありません。ただちょっとだけ仮眠させてくれると嬉しい。
場所はもちろん保健室。


OPの1カットより、プリキュアとルミナス(当サイト絵板No.140)
どこからツッコんでいいものやら。


■明日、北海道入りした氷室さんからブツを受け取る予定だったのですが、会社から急に「明日仕事に出ろ」といわれまして、氷室さんにお会いできなくなってしまいました。残念!(泣)
ていうか明日は夜勤の予定だったじゃん!? いいよそれで! 夜勤出るから昼間時間くださいよ!(もう無理)

うーむ、何か前にもこんなことあったな。
あの時は確か、氷室さんが都合で北海道に来られなくなったんでしたっけ。
思えばワタクシと氷室さんは、わりかしサイト開設当初からのお付き合い…だったカナ?(時期は微妙にずれてますが)
だというのに、会おうと思えば折りが合わず。会おうと思えばすれ違い。
これはもう、何かの運命の悪戯かあるいはドツクゾーンの陰謀としか思えません。
ええい、ふたりの出会いを引き離すモノよ、とっととおウチに帰りなさいっ!
って、こらそこ、なんかいやらしいって言わない。

お金が溜まったら、今度こそ本州方面に遊びに行こうと思う!(今回はPC買っちゃったので)
そのときに氷室兄チャマにお会いできるといいな。


■って、こんなこと書いた直後だってのに『初めての斑鳩』 (その2)なんていうスレを見つけちゃったもんだから、

 「安西先生、斑鳩がしたいです…… _| ̄|○ 」

な状態の歌音です。ドリャス再起動!


可憐14歳RePureちゃん、移転。
みんなBlogに行っちゃいますねぇ。便利だから?

2005/3/19

明日はコンベンションセンターでイベントの日です。
札幌初の2連荘(「れんちゃん」って一発変換できるんだ、すげー)ですが、私は一応両日とも参加の予定。会社に「明日出てくれ」なんて絶対言わせない。
目印はいつものようにシスプリストラップをじゃらじゃら。5〜6個ぶらさげております。
11時スタートなので、混雑が嫌いな歌音さんは、会場入りを11時半頃にする予定。
近郊の方、お会いできるといいですね。

実はシスプリストラップだけだといまいち目立たないので、もっとデカデカとした目印をつけようかと思ってアニメイトに行ってみたのですが、結局大したものは見つからなかったのでこの件は廃案に。
だってシスプリグッズが鞠絵と鈴凜のちんまいキーホルダーしかないんだもんなぁ。しかもその隣は双恋とクラナドだし。

松明さんはなにやらお忙しいようで、今回は見送るとのこと。うーん、残念。

ああ、忘れるところでした。
当日の様子は、いつものように↓のBBSにて逐一(?)お伝えしていきます。

●イベント用日記兼BBS

2005/3/20

■プリキュアとかイベントとかのまとめは明日。
そして↓のBBSは明日も使いますよ。

●イベント用日記兼BBS


■1週遅れのプリキュアレビュー。

#6『気をつけて! ひかりのお使い危険がいっぱい』

2005/3/21

■2日間にわたるイベント参加、無事終了しました。まあ、何か起こるほうが難しいですが。 以下、レポートみたいなものをだらだらと。

●イベント用日記兼BBS


1日目。
目覚ましとともにテレビをつけると、ちょうどプリキュアの時間でした。
今週も3人の可愛さを30分間たっぷり楽しんだ後、ついウトウトとなって、布団をかぶって二度寝。(おい)

そして11時20分起床。
すっかり寝過ごしたワタクシでしたが、急いで身支度をして会場に向かいました。

現地についてからも駐車場の入り口を探したり会場の入り口を探したり(間違って関係者以外立入禁止のトコに入りそうになった)して、結局中に入ったのは12時半近くになってから。
前回の反省を生かしてか、どうやらかなり多めにパンフを用意していた模様。
今回は入場チケットなどといういかがわしい紙切れではなく、ちゃんとした冊子を購入できました。

入り口すぐ横のコスプレゾーンは最後のお楽しみということでスルー。
スクランの制服とかに目移りしそうになりましたが、そこは鉄の意志で我慢だ。

一旦会場を出て、休憩所にてシスプリストラップをセッティング&サークルチェックをする。
ページをめくる手つきが何だかこなれてきた感があります。ぎゃー。

再び会場に入り、お目当てのサークルへ一直線。英語で言うとストレイト・クーガー。(違)
前回は作業中でお話できなかったみやぎさなえさんにご挨拶。
「何か、サイトでの雰囲気と違いますね〜。意外と普通の人ですねぇ。」
え、ええまあ…外見は自分で言うのもなんですが普通だと思います。_| ̄|○
でもそんな一見普通の人間が、実はヲタだったりするわけで。
ノーマルな奴が、最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も恐ろしい! マギィーッ!
ちなみに一般人的周囲には、ただのゲーム好きで通ってます。

みやぎさんの新刊(千影と温泉で混浴)をゲットし――ついでにまもるいじりという爆弾を投下して自分の恥を晒す――、最奥の空間で休憩。
クラ氷雨さんと前回のイベントに来ていた刺客・キャッチさんを待ちうけます。
しばらくして、私の目の前でケロちゃんストラップつき携帯をいじる刺客を発見。ぱっと見、影千代先輩に似てます。(すみません)
こちらをチラチラ見ている様子ですが、なかなか向こうから接触してこないので、こちらからご挨拶。
目の前でどこかの知り合いサークルと談話してるらしいSEEDのミーアコスの女性(作品を忠実に再現した見事な腰穿きスカート+見えそうで見えない大事な部分+びゅーてぃほーな胸)に見とれながら待つこと数分、クラ氷雨さんが到着。氷室令司兄チャマから預かっていただいたブツを受け取りました。

その後はブラブラと会場を練り歩きつつ、適当に本を買ったり買わなかったり。
みやぎさんに改めてご挨拶。先ほどお預けしたまもいじに、
「この内容は、この状況で読むには恥ずかしすぎます」
と大変高い評価をいただき、
「じゃあ、お家でじっくりお楽しみクダサイ」
お貸ししました。

そしてわざわざ最後に回したコスプレ見物。ある意味メインディッシュといえましょう。
今回もやっぱり多い三国無双、ハガレン、王子、スクラン、そしてSEED。
その辺りはテキトーに流しつつ、ネタを収集するワタクシ。お隣のお二人はお二人で楽しんでいらっしゃるようです。

と、そのネタは、探しにいく前に唐突にやってきました。

ラグナロクオンラインの、マジシャンさんとハンターさん。
正直ROは詳しくは存じません。
しかしこれは一目で分かる。どちらも見事な衣装の完成度でいらっしゃる!
否、すばらしいのは衣装だけではない。中身のほうも実にすばらしいもの!(いやらしい言い方だな)
細身ながら張りのあるボディライン。布地の面積の少ないマジシャンの胸の部分に造られし美麗なふくらみ&谷間。谷間ゆり。エンジェルリリィ。ゆかな。ほのか。キュアホワイト。プリキュアの美しき魂が。飽きてきたのでこの辺でやめます。
腰周りも普段の努力の賜物かはたまた自然な健康美か。無駄の無い曲線を描いておりました。
お隣のハンターさんも、しっかりと造りこまれた衣装+ステキな中身という最上級の完成度。
いやあ、いいものを見せていただきました。(だからいやらしい言い方だっつってんだろ)
いっそ、アレだけのために撮影許可申請するのも悪くないと思ったのですが、どうせあの写真しか撮影しないだろうし、それをPCに保存して後ほど眺めてエヘエヘするのもコスプレイヤーさんに失礼だと思いましたゆえ、脳内に最重要ファイルとして保管しておくことにしました。
まあ、それならそれで、後でエヘエヘと思い出し笑いをすることには変わりないのですが。ていうかそっちのほうがよほど失礼か。

と、今度は会場の片隅になにやら神々しい衣装を着た方が。
こ、これはもしや最近アニメ化した撲殺天使!?
あ、あわわわ、ボ、ボク、殺され、っ!?

その後もアフロ店長やアフロ店員などを発見しつつ、1日目は終了〜。
街へ繰り出してテキトーに買い物して、お二人とお別れしました。

 

2日目。
11時半起床。今日もすっかり寝坊してしまったワタクシです。二の轍を踏んだ歌音(滅)
急いで支度して、会場へごー。

12時過ぎに到着。
入り口のスタッフにパンフを見せつつ、場内へ入ります。
(私が昨日間違えて入りそうになったスタッフオンリーの場所には、しっかりと「立入禁止」の黄色い紙が貼ってありました。昨日は無かったのに)

昨日と違い、何故だかずいぶんと広々と感じるのは気のせい…ではなく、すぐ横のコスプレゾーンが約1.5倍に拡張されていたのでありました。もちろんそこには、色とりどりのコスプレイヤーさんたちがぞろぞろと。
後の楽しみということでテキトーに眺めつつ、クラ氷雨さんとキャッチさん、そして一般参加のみやぎさなえさんを探す。

ひととおり回ってみたが、それらしい影が見えないので、再びコスプレ見物へ。
しばらくすると、昨日見た2人連れがこちらへ向かって歩いてきました。まあ氷雨さんとキャッチさんなんですが。
見たいところもあるでしょうし、今日は2日目なので、各々が思い思いに回るのがいいでしょう、ということで別行動をとることにしました。

お二人がどこかへと旅立った後、私は再びサークルチェック。
と、ふとどこかで見たような気がする絵柄のカットが目に飛び込んできます。
もしや、と思いそこへ行ってみると。

みやぎさん発見。

どうやらお知り合いのいざぽんさんのサークルに来ておられたようです。
「昨日はどうも〜」
挨拶を交わしつつ、不審な挙動でまもいじを取り出すみやぎさん。(挙動不審て言うな)
「やっぱり、まもには白雪ですよねぇ〜」
喜色満面でご感想を述べる。
ぐああ、すいません。あんなアホなSSにそんな共感をいただけるとは。_| ̄|○
他の方とネタが被りそうなので、などとしどろもどろで言い訳をこいたワタクシでした。
いや、もっと正直な感想を言ってくれていいんですよ! 他に面白いのいくらでもあったじゃないですか! 氷室令司さんのバナナとか、白さんの蝶えっちぃ春歌とか!

言い訳ついでに一言だけ。
咲耶はまものハダカに興奮しますが、白雪は衣装に興奮するタイプだと思います。
あと、あのSSの白雪はメイド服マニアという設定です(滅)

さらにみやぎさんから、先日の名古屋でのシスプリイベント『千夢一夜』に行ったときのお土産を戴いたり。私何にもやってないんですけど貰っちゃっていいのかな。ともあれ、ごちそうさまです。
で、いざぽんさんのドラクエ(どうでしょう・韓国食道楽の旅的ネタ含む)本を買いましたところ、これまた冊子やらシールやらどさっといただきました。
「い、いいんですか!?」
「ええ、無料ですから」
あ、有難く戴いておきますです。
つーか、いざぽんさんとみやぎさんって、イベントの主催もやってたんですね。ビックリ。

そんなこんなで30分ほど彷徨って、再び合流。
戦利品があったのか聞くのも躊躇われたので黙ってました。すいません。
コスプレを眺めつつネタ探しです。(またか)

超人師弟コンビとか髪型が微妙に似てるいおりんとか、ナイスなコスはあったものの、さすがに昨日のROほどスゴイネタは見つからない様子。
昨日は性欲をもてあましたのに今は暇をもてあまし始めたワタクシは、
「これ、読まれましたか」
徐にまもいじを取り出して、キャッチさんに手渡します。
複雑な表情でそれを受け取り、ページを繰り始めるキャッチさん。氷雨さんも横から覗き見してる感じ。

突如爆笑。氷室さんのバナナがツボに入ったようでした。

「ありがとうございました」
一通り読み終えたらしく、ご返却。

結局ネタが見つからないまま、本日終了。早いな。

 

氷室兄チャマへ私信。
衛ちゃんと衛くん、楽しませていただきました。
所々に1018kHz的ネタ(ジャンポール・エロリとかスクライドとか)を挿入しつつも、元ネタが分からなくても読めるように作られているのはさすがデス。
途中、花穂のことを何度殴り倒してやろうかとも思いましたが(殴るな)、最後まで読んで辛うじてその衝動を抑えることに成功。


■リンクにScopoさんを追加しました。
千影ゲーム製作中とのこと。楽しみですね。
って、千影ゲームって字面だけ見るとどんなゲームなんだか。(アンタの呼び方が悪いだけです)

D.B.Eさん移転。とりあえず仮住まいだそうです。

2005/3/22

ロマサガ2的に新技を閃いた春歌(カベナンザさん)
春歌は最も過激な技をひらめいた! 戦闘中に!(戦闘?)

お仕事ご苦労様でした。私は良い子なので、検索はかけないことにしますデスよ。


■スクランが大変なことになった!
OPはダンチョネだ! スタッフロールは相変わらず無駄に気合の入った筆字だ!
もうこの3分だけで大爆笑なワタクシです。
もちろん播磨のあの歌も。ソロコーラスが微妙にはずしててカッコイイぞ播磨。
あーあ、本誌じゃ播磨×沢近で盛り上がってすっかり忘れ去られてるけど、播磨が好きなのは天満なんですよ。天満ちゃん可愛いよ天満ちゃーん。

烏丸くん転校するんじゃなかったのか!
ていうか来週はもう26話目!? 何、まさか最終回ですか!?


■今まで黙ってましたが、ファントムキングダムやってます。
別に内緒にするほどのことではないのですが。
や、ゲームとしては非常に面白いのですが、たびたび怪奇現象が起こりますもので。
その辺を理由にお薦めはしないでおきます。

リーダーは当然、マジシャン(女)でございます。
なぜなら、初期キャラの中で最も萌える外見を持ってるから!
まだまだ序盤ですが、ゆくゆくは我が軍を今のところ最高の萌え度を誇っているであろう彼女でいっぱいにしたいと思います。
対抗馬としては、マニアックなチラリズムを有する彼女あたりでしょうか。

あと、防具にチャイナ服とか体操服とか出てくるので、ぜひ着せてあげたいと思います。
ひょっとしたらメイド服も出てくるんじゃないかという気がするのです。楽しみだ。
以上、来月の抱負。

2005/3/23

■「痛い」話で笑いを取るのは、テキストサイトの常套手段の一つです。
というわけで、テキストサイトの端くれたるウチも一つ、その常套手段とやらを試してみましょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事中に右肩脱臼。

 

 

 

 

 

 

そして吹きすさぶ寒風に症状が悪化。

キーを打ってる今もズキズキと痛むので、今日はコレまで! ごめんなさい!
絶対安静にしてますから! ファントムキングダムなんて…やりませんから!

2005/3/24

■「痛い」話で笑いを取るのはいいのですが、体を張ったギャグというのは、しばしば身を滅ぼします。
ていうか今回の件は望んで体を張ったわけじゃないんですが!
そういう意味では、テレビで一見バカばっかりやってる芸人さんも、尊敬に値するといえましょう。生涯、ワタクシには真似できません。

しかし、この痛みってやつは一晩寝たくらいじゃ収まらないんですな。
湿布でも貼っといたほうがいいかしら。

あ、そうだ。
私にはひーちゃん先生という、とっても頼りになる保健の先生がいるんでした!
確か、あごが外れて困った生徒の話があったような。

「ひーちゃん先生、肩を脱臼しちゃいました! こういうときはどうすればいいんですか!?」
「それは大変だ、すぐに病院へ行きなさい!」

ごめん、それが出来れば苦労はしない。
うーん、でも仕事を休んででも病院へ行くべきですかね、一応。


そんなワタクシにお見舞いが。
この辺にいけばイイお姉さんがいらっしゃるはずですので、がんばってください。
代わりに私は春歌に手当てしていただきますから!
いつぞやの火傷の治療法(たしか過去ログの7月)みたいな方法でなんとかならないかなぁえへえへ。


■明日はかなり重要な日だった気がする。えーと…

思い出した! シスみこmoetan IIの発日だ!
moetan IIは北海道では2日遅れだけど!

2005/3/25

■疲労困憊のまま布団にもぐりこむ以上の幸せがこの世にありましょうや。

「…ちゃん、お兄ちゃん、起きてください」
「はっ、君は誰?」
「私たちは、お兄ちゃんの妹です」
「私たち? うわっ、12人もいる! しかも妹だって?」
「ええ、みんなお兄様の本当の妹なのよ☆」
「バカバカしい、親がどれだけがんばったか知らないけど12人も妹がいるわけないじゃないか。
 これは夢だ。早く寝てしまおう」
「そんな、忘れてしまったのですか!? ワタクシはドイツに行く前に、兄君さまと大切な約束をしたっていうのに!」
「約束だかなんだか知らんが、そもそもドイツに私の妹がいるわけないじゃないか。
 しかしまあ君は大変私好みの女の子なので、よろしければ一緒に寝ませんか?」

変な夢を見る方が面白いか、それとも変な妄想をする方が面白いか。


「ひとりで膝裏コキなんてできるわけないじゃないか。バカだなあ雪村は」
「ほほほ、小町はバカですから」
ぶっちゃけ普通にいたしたのですが、知らず知らずのうちに痛くないポジションを模索→発見しておりました。
既に野性から遠ざかって久しいといわれる現代人の未知なる適応能力に、心底感服した次第。
ちなみに関節のはめ方は、セクシーコマンドー部のキャシャリン君を参考にするといいです。

ああ、いかん。冒頭の2行のセリフのおかげで無性にそれ散るがやりたくなってきたけど、未だPure×Cureをクリアしてません。残るはずっきーと軍曹と…お姉ちゃん?


エルフのお守りさん、30000ヒットおめでとうございます
今度はメイド鈴凜ですか!
今日に限らず、ワタクシの萌えアイテムはいつでもメイド服でございますが。

2005/3/26

シスターと巫女さんの妹が欲しい。とても欲しい。

ヒロインがふたりしかいないゲームで、
「最後にプレイヤーである君が選ぶのは、どっちの娘!?」
なんて質問をされたところで、
「もちろん二人一緒に決まってるじゃないですか! ていうかちゃんとハーレムルート用意してるっしょメーカーさん! いいからスリーパーソン! スリーパーソン!」
という回答しか思い浮かばない人がこの世に何万人いると思いますか、というほど愚問。


■風呂入ってファントムキングダムやって寝ます。現在第3話。

2005/3/27

シスみこの体験版をプレイしたら、何だか購入意欲が減退しちゃいました。どうしましょう。
というのも、体験版でお腹がイッパイになっちゃったので。いろいろスゴすぎて。
相変わらずしぃし〜が強烈です。巫女服とシスター服もさることながら、ありえない配色の制服がたまらん。
とりあえず積んでるゲームがあるので、今はちょいと保留しときます。たぶんそのうち買う。


1018kHzさん、もうすぐ終了にあたって

今まで敢えて避けてきた話題を一挙に語っておられます。
「見てくれている人に楽しんでもらいたい」とても大事なことですね。
ところでワタクシも際どいエロスはかなり見てみたいデスよポポッ。

勝手すぎる予想ですが、ラストの絵は瓦礫の中から右腕を掲げるアレでしょうか。
もちろん、その手には虫眼鏡が…って、前にやっておられましたっけ。

2005/3/28

病院がバイクに轢かれて中にいたキャラが全員削除されたのでリセットして寝ます!(泣)

説明書によると、
「戦闘中に場外行きしたキャラは、その戦闘のみ復帰できない」
(戦闘終了後には、ちゃんと本拠地に戻っている)
とあったのですが、全然戻ってないじゃん! どう考えてもおかしい。

2005/3/29

■うわー、スクラン終わっちゃった!
なんか起承転転転転転転結って感じのお話でしたが、最後のうやむやさは「今までの蝶展開は一体何だったんだ」と言いたくなるほどでした。
ただ、最終回の次回予告という甚だ矛盾したオチのためだけにサバイバルの絵を描いたとすれば、それはそれでスタッフの無駄な気合がうかがえるというものです。
まあ、本編はまだまだ面白いことになりそうなので、これでよかったのかもしれません。

「これで…良かったのか?」
「大丈夫…何時かきっと、分かり合える日が来る。」
「そして、遠い未来へ…播磨は受け継がれるから…」


怪しいコーラで思い出しましたが、もしかしてそれはセブンイレブンで発売されている「コーラフレーバー乳酸菌飲料」とかいうブツではございますまいか。
紙パックのコーラという時点で既に怪しさ満点ですので、勇気のある方は試してみてください。


北海道の常識豆知識好き好き大好きっさんより)

北海道人として物申したいことは山ほどありますが、私はコーラよりガラナのほうが断然好きだ、とだけ言っておきましょう。
ちなみにコアップガラナが現行の商品のうちで一番味が濃いらしいのですが、昔と比べるとどうしても薄く感じます。まあ昔といっても、私が小学生の頃なのでかれこれ20年も前なんですが。

とりあえず、一つだけ補足させていただくと、
「ざんぎ:鶏のから揚げのこと」
とありますが、ザンギはしょうゆ、酒、生姜などで肉にしっかりと味を付けてから揚げたものを指します。
一方の鶏のから揚げは、それ自体に味付けは無く、あとからタレとかマヨネーズなどをかけたりするものです。
マヨネーズ大嫌いな私は、から揚げにマヨネーズなんで死んでもかけませんが。


■一昨日のプリキュアが何だか凄かったらしいですが、まだ見てません。

2005/3/30

1018kHzさん、終了

兄チャマ、お疲れ様でした。
生活に余裕が出来たときにひょっこり帰ってこられるかもしれないことを期待しておりまする。
そして私に金(=本州までの交通費?)が出来たら、今度こそ豪遊しましょう。


■本をいろいろ買ってきました。
・コミックス版ドクロちゃん
・もえたん2・下巻
・こみっくパーティー5巻

ドクロちゃん:
ほぼ本編をなぞっただけの内容に加えてこんなんで大丈夫かという画力。別に撲殺の描写をもっとちゃんとしろなどと言いたい訳じゃないですが、小説版の方がテンポがよいです。
とにかく否が応にも辛口評価をせざるを得ない出来なのですが、ただ一つ第7話後の4コマの静希ちゃんに超萌えた。
つまり、2 巻 が と て も 楽 し み で す。

他2冊はまだ読んでないです。


■先日、病院がバイクに轢かれて中にいたキャラが全員削除されたと書きましたが、別にバグでもなんでもなく、単に戦闘不能扱いされてたので編集画面に出てこなかっただけでした。歌音のばーか。
そしてごめんなさい。

2005/3/31

もえたん2の結末に大ショック。そんな! そんなぁぁぁぁぁぁぁ!!(号泣)

「とう…や…くん。はじめまして」

上巻のラストでとんでもないことになった優仁。
下巻では、そこに至るまでの過程と優仁の真実が描かれています。
少しずつ少しずつ「変わってゆく」優仁の描写に、これ以上無い恐ろしさを感じました。
そして、感動を超越した結末。

「ありがとう

 あなたのことを

 わたしはきっと…


 …わすれない」

 

肝心の参考書としての性能に触れるのをすっかり失念していましたが、今回も心配無しです!
ちなみに最後の例文は、

We dedicate this book to you again, the future learners! Luck and Pluck!!
ふたたび、本書を未来を切り拓く学び手へ捧げる。勇気と、幸運を!

ジョジョネタでした。

▲このページのトップへ
戻ります