■歌音茶房日記
■過去ログ

2004年 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

1月1日「あけましておめでとうございます」

本年も当サイト『歌音茶房』をよろしくお願いいたします。
レイアウトを微妙に変えてみたりしました。

初詣には行きましたか?
新年早々に巫女さんのお姿を拝見するってのも、誠に良いものでございますよ。(目当てはそれですか)

などと新年早々にアホなことを書いてたら、実行してる方が既にいらっしゃったとは
くそう、何で私も誘ってくれなかったですか!?(無茶言うな)

 

年賀状とかいろいろ戴きました。
まとめてのご紹介で申し訳ありません。

ブレスオブファイアIV・ニーナイラスト (天澄葵さん)
春歌イラストみやぎさなえさん
四葉SS蒼さん

2005/01/16

札幌ドームイベント速報・特設BBS
とりあえず今から置いておきますです。

 

帰ってきました。レポートなどはまた後日。
といっても実は、イベント自体での査収物はほとんど無かったり。
帰りに寄ったメロンさんでたくさんお宝をゲッチュウらぶらぶぅしてきましたよ。

あ、一つだけすげぇイベントが起こりまして。何と…

松明さん、パピヨンマスクのコスプレと間違えられて写真をお願いされる。

2005/01/17

札幌ドームイベント速報・特設BBS
当日はこんな感じでした(そんなんじゃよくわからん)

というわけで、レポートのようなものです。

松明さんにお返しするパラダイスロストと、もしかしたら読んでないかもしれないまもるいじりをリュックにつっこみ、いざ出発。

開場時間の直前直後は混雑が予想されるため、予告どおり時間を遅らせての到着。
12時15分くらいだったかな。

人の流れに身を任せて、裏手の駐車場から正面入口まで歩くこと5分少々。入口遠いな!
すぐ横にそれらしい入口があるのに、全部閉鎖されてんのね。けちけちしないで開けてくださいヨ。

そんなこんなで、入口到着。
入場券代わりのパンフレットは900円だと聞いてたので、1000円札を用意。
「700円です」
受付お姉さんの声。
何で? 安くなったの? 疑問に思いつつも1000円札を出し、おつりの300円を頂く。
とともに渡されたのは、「一般入場チケット」と書かれた紙切れ一枚。
あれ? おぱんふ…じゃなかった、パンフはもらえないんですか?
後で松明さんから聞いた話に寄れば、会場直後にものすごい勢いで人の大海嘯が押し寄せ、一瞬でパンフが売り切れてしまったため、急遽主催者側がチケットを用意したとのこと。
それだけの大人数を飲み込むとは、やるな札幌ドーム!

パンフが無くて目当てのサークルを回りづらい…などというハンデは、鍛えぬかれた鼻と勘でカバーしようじゃないのさ!
などと無駄に息巻きながらも、とにかく入場。

広い。多い。天井高い。

札幌で一番でかい会場だけあって、広さも人の数もつどーむの比ではありません。
なんだよこれ! 時間遅らせたのになまら混んでんじゃん!

入口右側の空間にしゃがみこんで、まずは目印のシスプリストラップをリュックにじゃらじゃらとぶら下げる作業を。
春歌&四葉、可憐&白雪、咲耶&衛という私的騎乗位…じゃなくて上位6人の妹を装着。
これ以上つけても、きっと何かの拍子にぽろっと落ちちゃうに違いありませんもの。

適当に外周を回ってみると、奥のほうにさっそくコスプレゾーンを発見。
いるわいるわ、王子様やら錬金術師やら、三国の無双者どもやら。
衣裳から髪の毛まで、実に色とりどりでございます。
とはいえ、私としては上記の3タイトルにはさして興味を抱かないわけでして。
いやでも、シスプリのコスプレしてる人はいないかもしれないしなぁ…というわけで、やっぱり萌えっぽいコスの人を網膜に焼き付けんと、歌音アイ(裸眼視力0.05)を発動。

…セーラームーンとセーラージュピターを発見。(注:子連れではありません)
ええ、私の世代にとっちゃあ永遠のヒロインですが何か問題でも?

コスプレを適当に眺め終わって、お目当てのサークル探しへ。
入口近くは例によって王子様やら錬金術師に支配されているため、人ごみという名の黒い茂みを掻き分けながら一直線に奥へ奥へと進むワタクシ。
果たして、男性向け&ギャルゲーコーナーはその最奥にございました。
って、せっかくこんな広い会場なのに2島だけですかそうですか。肩身狭いな男性向け…

お目当てその一、みやぎさなえさんのサークルを発見。
新刊が出てなかった…残念。
しかもみやぎさんは何やら一心不乱にノートにペンを走らせていたため、お声をかけずにその場を立ち去りました。

その後も適当に物色。 歩きつかれた私は、休憩スペースに腰を下ろして、松明さん&クラ氷雨さん(の放った刺客)を待ち受けました。
暇つぶしにリュックからパラダイスロストとまもいじでも読もうか…

あれ!? 衛がいない!?

あちこち歩き回ってるうちに、取れちゃったみたいです。
或いは、咲耶と一緒だったのがやばかったのかもしれません。そんなに咲耶が嫌いかい?
まあ、必死の捜索の甲斐あって、無事にまもを保護することが出来ましたが。

実況BBSにカキコしつつ、ふと顔をあげると、目の前にパピヨンマスク(とそのご友人)が。
思わず吹き出し(失礼)、へこへこと挨拶をするワタクシでした。
ってそのマスク!
よく見ると前回の紙製から、ラミネート加工へとランクアップしてるし!

お二人とも物色は完了したとのことだったため、皆で休憩ということになりました。
楽しませていただきました。ありがとうございました。
とお礼を述べながらパラロスを松明さんにご返還。
そして松明さんも、徐に「メイドさんしぃし〜」を取り出し、私にご返還。
「なんというか…実にバカですね! だがそれがいい」
概ねご満足いただけたようです。心の広い方でよかったなぁ。

「そういえば、こんなものがあるんですが…」
そして私は、場の流れのままに爆弾を松明さんに差し出しました。ピンクの表紙のエロいやつ。
「おお、まもるいじりだ…!」
どうやら読んでおられなかったようで、ぱらぱらとページをめくります。
氷室令司さんONAさんらの絵にニヒルな笑みを浮かべつつも(心の中では爆笑なのでしょうか)、後半のSSパートも最後まで読み進め、ゆっくりと本を閉じました。
そして感想を一言。
「プリティでキュアキュアですね」
ぐはっ、それ書いたの私!? どうしようもないSSですいません。

しかし、爆弾を用意していたのは私だけではなかった。
彼が書類ケースから取り出したのは、伝説のラフ画。
前回、大量に頂いたラフ画で死ぬほど萌えたというのに、今度は何デスか!?
果たしてそれは、3種の神器とも言うべき至高の3枚の原画でした。

メイド服春歌たくし上げ(無論オーバーニーソックス)
ぱふぱふ春歌(横でショボーンとなってる千影付き)
エターナルデボーテ春歌(ビクンビクン!)

歌音さんは、感動のあまり前かがみになってしまったのでした。

その後、再びコスプレゾーンを回りつつ(クリリンとセーラー戦士5人組を発見)立ち話をしてると…
事件は、突然起こりました。

「すいません、写真撮らせてもらってもいいですか!?」

カメラを構えた一人の男が、喜色満面で松明さんに話し掛けました。
あっ! 松明さんってば、さっきからパピヨンマスクつけっぱなしじゃん!
ちなみに松明さんの服装は普段着です。カッコイイ全身タイツ姿ではありません。
すなわち、コスプレではありません。
しかし、

「これは撮るしかないでしょう!」

全てを分かってらっしゃるカメラマンさんに押されまくり、仕方ないなぁという感じでニヒルな笑みを浮かべながらポーズを決める松明さん。斜め45度のナイスアングル。
あなたカッコいいですよ! 蝶サイコー!

そろそろいい時間になったかな、というところで、解散。
結局、クラ氷雨さんの刺客にはお会いできませんでした。

松明さんと別れた直後、別の知人(サクラ大戦好き)からメールが来たため、再び会場を散策する私。
『シスプリ・電車でD! 4巻』(正タイトル:『SP-Tarins4』)を入手、しばらくして知人到着。
彼はまだまだシスプリ初心者ですが、一応兄上様です。

そんな彼にまもいじを見せたら、
「これって18禁じゃないんですか!?」
と、真面目な顔で聞いてきました。
おいおいよく見たまえ、この本の中には一つも結合シーンなんて出てきませんよ?
「だ、だってなんかNGワードが見えたような…」
それは気のせいじゃないけど、直接的な表現じゃなかったでしょ?

その知人とも別れた後、残る体力を振り絞って街へと繰り出しました。

まずはとらへと直行。特になし。

続いてメロンさんへ直行。
冬コミの新刊を中心に物色してたら、欲しかったアレを発見!

『honotanII』

周りにあるプリキュア同人誌と比べて、違いが一目瞭然の表紙でした。流血ほのかがグッドセンス。
残りが見本誌1冊きりだったのですが、店員さんに聞いたら「別に構いませんよ」とのこと。
とらでも売り切れだったし、この際見本誌でもいいや! ていうかていうかていうか、この本そんなに品薄なのか! すげぇなしっとさん! これもプリキュ愛のなせる技ですか!?
半ば興奮しながら、念願のhonotanIIをゲッチュウ。北海道最後のほのたんは私がいただきました!
ついでに「秋桜の空に 〜虹空の初子〜」もゲット。
いやあ、本日は大収穫だ。

家に帰ってhonotanIIを読んで…私は感動の涙を流しました。
切り傷を負ったほのかの指をなめるなぎさ、可愛すぎ!
大ゴマのなぎさ、カッコよすぎ!
ほのかをお姫様抱っこしてるなぎさ、似合いすぎ!
ていうかなぎさが全編ステキすぎ!
おかげで銀座レギーネも霞んじゃってますよ!

ちなみに私が涙を流したトコは、感極まったなぎさとほのかがえっちするシーンでした。

プリキュアレビューは後日。
ていうか先週は見逃したし、その前の話もまだ見てないし…

2005/01/18

Windowsが逝かれたため、フォーマットして再インストールしました。
今このPCには、便利なツールが何もインストールされていない状態です。
エクセルやワードが使えません。
フォトショップも使えません。
クリアしたエロゲーのデータも全部消えました。
いただいたメールやイラストなども、ぜーんぶ消えました。
(サイトにアップしてある分は、ダウンロードしなおして復活しました)
せっかく集めた萌えソングも全部消えました。
HP編集作業も一苦労です。

まじめに、新しいPC買おうか…

2005/01/19

すっからかんのPCでいろいろとがんばってマス(滅)

今思えば、フォーマットする以外に方法は無かったのでしょうか。
でも、Windows起動の時点で失敗してたからなぁ。
DOSで覗いてみたら、ファイル名がメチャクチャな記号の羅列に変わってたんですよ。
たぶんこれってどうしようもないでしょう…

イチゴメロンパンとかいうのを食してみました。
ジャムパンと同じ味がする、しっとりボソボソしたパンでしたよ。なんだか期待はずれだ!

2005/1/21

松明さん、お心遣い感謝いたします

メカ凜型の外付けHDD…欲しいデス! しかもスク水仕様ですか!
でも正直、1EBはいらんですな(おい)
まあ、給料が出たら今度こそ新しいPCを買うことにします。

おでかけライブin札幌ドーム・イベントレポも完成されたようです。
ウチの(日記17日)と合わせてお読みいただければ、臨場感倍増カモ。

2005/1/22

■ あけましておめでとうございます(いまだ正月気分かと疑いたくもなる挨拶)

今年の分から、色とかレイアウトとかいろいろと変えてみました。
目にやさしい(らしい)若草色でございます。
まあウチのサイト的には、草木が萌える色よりはかわゆい女の子に萌えるこの色の方が合ってるような気がしないでもないですが。

白状します。トップと日記以外はまだ整理中ですゴメンナサイ。


■ フルーツバスケットの16巻を買ってきました。
新刊が出るたびに前の巻を読み返しては泣いてるワタクシですよ。
たまにアニメも見るですよ。花とゆめ本誌は買いませんが。

2005/1/23

■ またプリキュア録り逃した。

これはもうアクロスの陰謀としか思えません!(←単にあなたの不注意です)

なんだかとても悔しいので、部屋の掃除でもします。

2005/1/24

■ メールへのレス。
メーラーの設定をし直してましたもので、お返事が遅れました。すみません。

>3104さん
以前行われた、神崎ちろさんのしすぷりバンドライブですが、その中で神崎さんは渡辺美里さんの「My Revolution」を歌っていましたね。
ところでこの曲は今から約20年前に作られたものですが、何と作曲したのはあの小室哲哉でした。
また、現在放送中のアニメ「魔法先生ネギま!」のアニソンの中には、たのきんトリオのよっちゃんこと野村義男さんが作った曲もあります。

有名な作曲家(←アーティストという呼び方が気に食わないもんで)の方々も、意外なところでアニソンに関わっていたという事実ですね。
そうかぁ、ヨッちゃんも参加してたんですねぇ。
のどかばかりに目が行っててはダメってことですか。(だって可愛いし)


食い物ネタの偉い人に、いらん対抗心を燃やす歌音です。
ムースポッキー・あずきに、予想通り撃沈せしめられたようで。
無闇に後追いしたのがいけなかったのでしょうか。これもいきもののサガか…

で、私のいらん対抗心というのは一体何なのかといいますと。
何の事は無い、ただの「キットカット・夕張メロン味」でございます。
北海道の随所にある土産物屋には、ほぼ必ず夕張メロンチョコレートが置いてあることですし、これもその延長であろうくらいにしか考えていなかった私が、実に浅はかでした。
念のため、一箱4本入り(2本×2袋)のキットカットを、一本ずつ割って食します。

1本目。まあまあ美味い。確かに夕張メロンの味と香り。
2本目。まだ美味い。
3本目。まだ美味い。が、鼻の奥に違和感。
4本目。鼻血を噴出しそうなほどに、脳にキタ。

…もう食わねぇ。

2005/1/25

「居間」という字を「眉間」と読み違えるほど疲れているらしい歌音ですこんにちは。
もしかして私は、春歌の眉間を「つん☆」とでもしたいのだろうか!?


ネギまの第2話をつらい思いをしてまで見ることはないと思った冬の夜。
作画云々よりも、お話が読み取りづらくて。
あと、もうぱんつには期待しません!(今更何を)


一度死んだマイPCに、ゲームを3本ほどインストールしました。
「流聖天使プリマヴェールV」「メイドさんしぃし〜」「ロマンスは剣の輝きII」
という、我ながら何とも微妙なラインナップ。
プリマヴェールとロマ剣IIは、発売からけっこう経ってるんですが、今遊んでみてもなかなか楽しめますね。
メイドさんしぃし〜は、もう何も考えずにメイドさんのあーんな姿やこーんな姿をじっくり鑑賞してくださいえへえへっていう、ある意味お薦めの一本でございます。

というわけで次回の歌音茶房は、

・歌音、純菜の声に萌え死ぬ
・歌音、シィルの仕草に萌え死ぬ
・歌音、エルファーシアの胸に埋もれて死ぬ

の3本でお送りいたします。

2005/1/27

■3104さんより、テキスト「実写版スクールランブル」をいただきました。

現段階(コミックス1〜7巻)での登場人物をすべてフォローした(すげぇ)、一応完成版とのことです。

いつもながら徹底的に練りこまれたキャスティングがすばらしいですね。
私は役者丸広事が宇梶さんというだけで相当笑ったのですが、その他のキャラもしっかりとフォローされてます。
神津先輩の彼女なんて、忘れかけてましたよ実際。
でも…

・播磨が連れている動物(キリンのピョートルやブタのナポレオン等)は、ムツゴロウこと畑正憲さんの動物を借りる。もちろん、動物の指導・調教もムツゴロウさん。

これは笑うところですよね?


■リンクにMaidsphereさんを追加しました。
毒っ気漂う作品紹介(ゲーム、映画等)とかふたりのメイドさんとの掛け合いとか、ステキテキストな日記サイトさん。
読みやすい構成もナイスです。
愚問とは存じますが、メイドさんしぃし〜に続くアレはもちろんお買い上げなのでしょうか。


平松タクヤさんより、寒中見舞いイラストをいただきました。
ビキニ春歌、あの興奮が再び!
そして、なにはともあれ下乳!
(絶叫しつつ、PS2にシスプリ2をセッティングしながらズボンのベルトに手をかける歌音)

2005/1/28

■最近お気に入りのBGMは、「もっと!モット!ときめき」です。
こんにちは、歌音です。
ときメモは持ってないのにときメモぱずるだまは持ってます。
サターン様が元気ならば、今すぐにでも起動…しないか、やっぱり。
ぱずるだまって、キャラ差激しすぎて面白くなかったし。

ていうか、もしもサターン様が復活(もしくは中古品を入手)したら、真っ先にタクティクスオウガとレイディアントシルバーガンを起動するに違いない。
あと、あすか120%リミテッド。


■ようやく見ました、まほらば#3とネギま#3、スクランとジャぱん。
って、肝心の舞-HiMEとプリキュアが溜まってるというのはどういうことですか私。
しかも来週からプリキュアは新シリーズですと!?

それはともかく、まほらば。
新しい大家さんの人格が現れて、もうなにがなにやら。
6歳児におにいちゃん呼ばわりされても、正直微妙でございます。
嗚呼、他に癒しキャラはいないのか。

ネギま。
ああ、そういえばこんなお話だったなー。感想はそんな感じ。
まあ、木乃香と本屋ちゃんが可愛いのでよし。
アスナもイイ感じにこなれてきたように思います。最初からか。


フンムさんがまたまたやっちまいました。(ドラクエ8シスプリ)
錬金釜ってすげぇ! っていうかそれは全然錬成じゃないデスけど。
とりあえず胸隠せ胸!

2005/1/29

平松タクヤさんが暴走した。
よもやあの寒中見舞いに続きがあろうとは!
こうなったら、兄君さまとしてあらん限りの妄想力を振り絞るしかございません。


 「は、春歌!? 大変だ、すぐに更衣室へ連れて行かなきゃ!」
すかさずバスタオルで大事なところを隠し、お姫様だっこで春歌を担ぎ上げる兄。
 「きゃっ!? あ、兄君さま!?」
突然すぎる兄の行動に恥ずかしいと感じるひまもなく、春歌は硬直するばかり。
一方の兄は、ものすごい勢いで砂浜を駆け抜けます。
目指すは一路、仮設の女子更衣室。
 「って、あ、兄君さま?」
…をスルーして、部屋をとってある近くのホテルへ。
春歌を抱きかかえたままロビーを通り抜け、エレベーターへ飛び込みます。
フロントのお姉さんの視線が少し痛かったような気が。
 「あのう、兄君さま…もう下ろしていただいても…」
兄はエレベーターの中でも、春歌を抱っこしたまま。そんなに彼女の感触が気に入ったのでしょうか。
真剣な表情で一睨みし、彼女を黙らせます。

やがて自室に到着。
バスルームまで運ばれ、春歌はようやく兄の腕から開放されたのでした。
 「兄君さま…こんなところまで運んでいただいて…」
 「まあ、とりあえず落ち着いて、シャワーでも浴びなさい」
 「はい、申し訳ありません…」
申し訳無いついでに、春歌の荷物を更衣室へ届けてやり、椅子に腰掛ける兄でした。

彼の右手の中には、いつの間に引っかかったのか、白い布切れが。
湿り気を帯びたその布切れは、紛れもなく…
「あにぎみさまは いもうとのみずぎをてにいれた」


申 し 訳 あ り ま せ ん。


■ジャぱん58号「クッキーメロンパン」がローソンで売ってたので、食ってみました。
生焼けのクッキー生地パサパサのパン生地に挟まれたメロンソーダ風味のクリームの三者の絶妙なハーモニーが、一口ごとに食欲を減退させること山の如し。
黒柳が指摘してた「メロンパンの欠点」が、ちっとも克服されていないのはナヅェダー!


■先日の3エロゲに続き、それ散るをインストールしました。
まっさらな気持ちでゲームに望むというのは、良いものですね。エロゲーですが。
まだ開始5分ですが、なにはともあれ、山彦萌え。

2005/1/30

■プリキュア新シリーズは来週からでした。
早とちりもいいとこですな。
ってことは、本日が無印プリキュアの最終話なわけで。
闇の3戦士の死に様と、キリヤ君の扱いが気になるところ。

すいません、まだ見てません。

2005/1/31

■先日の春歌SS(原案:平松タクヤさん)で暴走された兄君さまがこちらにも。


■相も変わらず格ゲー好きな私ですが、実際にゲーセンでプレイしてるのはストIII3rdくらい。
家庭用だと、鉄拳TTと、ファイティングジャムをちょこっと。

とりあえず、PS版ファイティングジャムで全キャラ出してみました。
(追加キャラで、ボスであるパイロンと真豪鬼が使えます)

パイロンはともかく、真豪鬼の弱いこと弱いこと。
斬空波動2連発を初めとして、完全無敵の豪昇竜や隙の無い豪波動など、やりたい放題の攻撃力に加え、ブロッキング・回り込み・当て身投げ、もしもの時の阿修羅閃空と防御面も完璧。
これだけ書くと完璧超人にしか見えませんが、重大な欠点がひとつ。

体力が少ない。

デフォルトキャラで最も脆弱なフェリシアの体力の、約半分ほどしかありません。
リュウの基本コンボである「ジャンプ大K→しゃがみ中K→波動拳」で、全体力の半分ほどのダメージ。
ザンギエフのファイナルアトミックバスターを食らえば、満タンから死ねます。
こんなキャラ、対人戦で使えるわけがない。


安西先生、プリキュアが見たいです…
(↑それは安西先生に頼むことではない)

 

▲このページのトップへ
戻ります