■歌音茶房日記
■過去ログ
■2004年
6月

7月1日「早いもので」
G’s本誌のシスプリ連載が終わって、丁度1年が経ちました。
シスプリに絡むだけでも、無数のサイトが設立され、消えていきました。
連載当時に比べれば、シスプリサイトの数はきっと少なくなっているのでしょう。

けれども、未だシスプリサイトを続けているひと。
新たにサイトを立ち上げ、新風を取り込もうとするひと。
自分ではサイトを作らなくても、どこかの投稿者としてシスプリを表現するひと。
まだまだたくさんのお兄ちゃんたちに、シスプリは支えられています。

もう一度、妹達に会いたい。
もう一度、妹達に愛されたい。
もう一度、妹達を愛したい。

お兄ちゃんに、そんな真摯な心があるかぎり。
妹達は、決して消えてなくなることはありません。

想いは、永遠に。
「お兄ちゃん、大好き」

そして、2004年も折り返し地点を過ぎました。
残り半年、どんなふうに妹達を愛していこうか。


私信。

平松タクヤさん
ご挨拶が遅れましてすみません。はじめまして。
最早、春歌という単語だけでドキドキする歌音でございます(←変態か)
マイシスが春歌というサイト持ちの方は、世間一般ではどうやら少数派のようで。
しかし、それでもいい。マイノリティでもいい。
当サイトは、春歌溺愛サイトとして、精一杯やっていこうじゃないか。
ああ、覚悟はできているともッ!
でも、春歌メインのSSって、一本も書いてないんですよこれが(おい)

そしてご報告が遅れてすみません。リンク貼らせていただきました。
よろしければ、相互リンクしてくださると嬉しいデス。


7月2日「スクライドを見て。」
地下闘技場から帰ってきたカズマに、かなみがカズマの名前を連呼したシーン。
屈指の名シーンとして、私の心に深く刻まれています。
カズマの「あいよ。」っていう、何事もなかったような返事が好き。

そうだ。妹にやらせてみたら、どうなるかな。
■可憐
「お兄ちゃん……! お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん!」
何だか、切羽詰ってる感じがします。悪漢に今にも犯されそうな。
■花穂
「お兄ちゃま……! お兄ちゃま、お兄ちゃま、お兄ちゃま、お兄ちゃま、お兄ちゃまぁ!」
よくわからんが嬉しそう。逆に、お兄ちゃまの胸の中でわんわん泣いてるのかもしれません。
■衛
「あにぃ……! あにぃ、あにぃ、あにぃ、あにぃ、あにぃっ!」
喋る速度を上げすぎると、「あにゃにゃにゃにゃにゃ」と聞こえます。
■咲耶
「お兄様……! お兄様、お兄様、お兄様、お兄様、お兄様っ!」
何となく高貴な感じが漂います。単に甘えん坊な妹か。
■雛子
「おにいたま……! おにいたま、おにいたま、おにいたま、おにいたま、おにいたまぁ!」
何度も呼んでるのに、ちっともこっちに振り向いてくれないおにいたまに、だんだん腹が立ってきたヒナ。
■鞠絵
「兄上様……! 兄上様、兄上様、兄上様、兄上様、兄上様っ!」
兄上様が気絶してて、必死に呼びかけている鞠絵の図が。
■白雪
「にいさま……! にいさま、にいさま、にいさま、にいさま、にいさまぁ!」
つなげると「にいさまにいさまにいサマニイサマニイサマディサマディカバディカバディ」書かなきゃよかった。
■鈴凛
「アニキ……! アニキ、アニキ、アニキ、アニキ、アニキ!」
とてもじゃないが、妹が呼びかけているようには聞こえない。仁侠映画か。
■千影
「兄くん……! 兄くん、兄くん、兄くん、兄くん、兄くんっ!」
千影が必死の形相で兄くんの姿を呼んでいるのを想像して萌え。
■春歌
「兄君さま……! 兄君さま、兄君さま、兄君さま、兄君さま、兄君さまっ!」
政略結婚させられる妹が、兄君さまとの別れを惜しんでいます。離してなるものか!
■四葉
「兄チャマ……! 兄チャマ、兄チャマ、兄チャマ、兄チャマ、兄チャマぁ!」
何か面白いものでも見つけたとしか思えない。カブトムシとかじゃないだろうね。
■亞里亞
「兄や……! 兄や、兄や、兄や、兄や、兄やぁ!」
一体何事かと駆けつけたのは、じいやさん。「またいつもの発作ですか亞里亞様」

私信とメール。

氷室令司さん

あ、言われてみれば2もだ。Hは水素ですな。氷室さんの思うツボでした。
もっと過去問を復習します。
おーい、咲耶ぁ、ちょっとモデルやってくれない?(←何の復習か)

平松タクヤさん
>私は、妹達との楽しかった日々を取り戻すため、
>何時いかなる時も春歌達12人の妹達の純粋な心を忘れることは絶対しません。
>いつかは必ず、オフィシャルでの再興が訪れることを信じ、闘い続けているのです。
>思いが強い余り、暴走することも多いですがそこはご容赦ください。

ワタクシなどは、いつも斜めに向かって暴走してます。すいません。
春歌絵、楽しみにしております。私も何か考えなきゃ。

MAS-Rさん

サイト開設2周年おめでとうございます。
最早、ワタクシなどは足元にも及ばないステキ変態さんへと進化を遂げられましたようで。
ふと20ヶ月前の、私や氷室さんとちちくり合っていた時を思い出しました。あの頃のアナタもスゴかった☆
たくさんの資料に囲まれながら、夏コミ原稿がむばってください。

ONAさん
>あの後散々花穂に「ぴーぽーぴーぽー」言わせてから
>「花穂ちゃんパトカーは、ぴーぽーぴーぽーじゃないわよ」なんてダメ出しして
>「うーうーふぁんふぁんうーうー」とか花穂に言わせる気です、咲耶さんは(爆)

ぶっはぁぁぁぁ!(鼻血)
と、ところで事件は解決したんですか!?
え? 手柄は別働隊が横取り? どうするシスレイバー!?

よつばねぎさん

捕捉ありがとうございます。今後とも当サイトをよろしくデス。
そしておかえり四葉。先日のお手紙に兄チャマ感動でしたよ。

7月3日「もうすぐだ!」
グラディウスVの公式サイトで、情報公開中。
「見て見て、このオプションはこんな感じに攻撃するんだよ〜」っていう紹介ムービーが。
すげぇ! 回ってるよ! 回してるよ! いつもより余計に回しておりますよ!(3段活用)
ただ、レーザーだとかっこいいけど、ノーマルショットが回ってると、弾が入り乱れててなかなかスゴイ絵ヅラになります。あと、ミサイルは回せないようです。
フォースフィールドの食らい判定が、自機のそれ共々かなり小さくなっているようですが、それでも相当な難易度であろうことは想像に難くない。
今週のファミ通にも記事が載ってます。
音楽はあの崎元仁さん。タクティクスオウガやシルバーガンの、あのひとですよ!
ワタクシ興奮のあまり、体中からいろんな汁が出てますよ!

7月4日「ふたりはプリキュア」
マリみて撮り逃しました……
原作読んでないんですが、チェキしておくべきだったカモ。
気を取り直して、今日のプリキュア〜。
残る幹部はハゲ一人ですが、一体どうなるやら。

第22話『ウッソー! 忠太郎がママになる!?』


私信。

氷室令司さん

変態トライアングル再結成ですか。私としては望むところですよ!(←なぜか力む)
となると、ネタ振りが命ですね。妹との理想のデートコースとか?
咲耶だったら……「カフェテリアで昼食兼喫茶→(中略)→お泊り」
普通だ。つーか、お題がいまいち。私的に。

7月5日「背中で語る」
武装錬金3巻入手しました。
今回から新展開で、錬金の戦士やらLXEやら、新変人、もとい新勢力がたくさん登場。
カッコよさ重視の戦士長。今日もボケまくりの武藤兄妹。パピヨンはステキ衣裳にお着替え。
どいつもこいつもキャラ濃すぎだ。ブラボー。

どんなに怪しい客が来ても、決して「帰ってください」とだけは言わない、ロッテリやバイトの彼女。プロだね!

絵、描いてます。Wさんとの約束がまだ……
大分間があいてしまいましたが、今度こそアナタ好みの彼女に仕上げます。
何かは秘密。その方がカッコイイから!
何か、プリキュア関連の検索でウチに飛んでくる人が多いみたいです。ありがとぅ〜。
まあ、一応レビューやってますし。厳密にはレビューじゃないけど。
今のところは、絵とかSSは置いてませんです。そのうち書くと思いますが。
あと、カップリングに関しては、ほのか×なぎさ以外は認めマセン。(えー)
逆でも可☆
私信。

Sispristさん

5万ヒットおめでとうございます。右上隅にカウンタあったんですね。今日まで気付かなかった。
これからも同盟を盛り上げていってください。
って、トップの可憐ちゃんの胸が! おっきい!?(←もっと他のところ見ろよ)
アクセス不能になってた赤の7号さんの移転先が判明しました。
現在、引越し作業中とのことです。コミケ前に大仕事ですな。

7月6日「古いのは良くない…?」
私が2年程前に買った携帯電話(DoCoMo F503isという古代種)に、重大な欠陥が見つかりました。

電話もメールも受信できない。

って、それじゃ携帯電話の意味が無いっつーの。いやまあ、一応こっちからはかけることはできるんですけどね。
電池が切れるのサイクルも、だんだん短くなっているみたい。寿命だなこりゃ。
ホントに困るので、近いうちに買い換えます。

古いといえば、押入れにしまってあるセガサターンも、ほとんどのソフトが動かせなくなってしまいました。
ヴァンパイアセイヴァーとかレイディアントシルバーガンとかあすか120%とか、良作がいっぱいあるのに。とくに格闘ゲームは全くと言っていいほど読み込んでくれません。
唯一動かせるのが、ウィザードリィリルガミンサーガ。
というわけで、ウチのサターン様は、ボーナスダンジョンで上級モンスター&レアアイテムを狩りまくる専用ハードと成り果ててしまわれました。

サターンついでに、もういっちょ。
そのさらに奥に埋もれてしまっているのが、メガドライブ。(しかも初期型)
なぜかこれはちゃんと動くんだよなぁ。
でもソフトは、大魔界村とストライダー飛竜しかありません。難しいって。

そんなに古くないはずのドリャスは、もちろん現役です。ほとんど斑鳩専用ハードと化してますが。
久々にトリコロールクライシスをやりたいなぁ。

うーむ、こうしてみると、セガ系ハードばっかりだ。しかも思ったより元気ではないか。(サターン以外は)
大事に使っていれば、デリケートな機械もけっこう長持ちするものですね。
先ほど、我がリアル妹にお誘いを受けました。

「お兄ちゃん、買い物いこ。お兄ちゃんの服も選んであげるよ。」

おお、ありがとう妹よ。ちょうど私も新しいズボンが欲しかったところでね。

「女の子の買い物って時間かかるよ。」
「それは承知してるけど、どれくらい?」
「2時間で終われば早い方。」

さっさと釘を刺されました。
断ってもいいかな、マイシスター……?

私信。

#とるこぎきょうさん

8万ヒットのご祝辞ありがとうございます。変態トライアングル再結成目指して、がんばります。
ただ、私以外のお二人は、死ぬほど多忙な様子ですが。
私としては、妄想にふけるくらいの暇は常に持ち合わせておきたい。

7月7日「おにゅー。」
携帯買い換えました。(正確には機種変更)
N505isという、ちょっと前の型なんですが。FOMAは必要無いし。

解像度が240*320とは。F503isと比べたらおよそ縦横2倍ですか。
しかも背面に小さい画面までついとる。すげー。
待受画面の春歌(キャラコレの表紙と同じデザインです)も、これで10倍綺麗に。むふん。
着メロの音質も、多少良くなっているみたいですな。
設定は……着信がプリキュアでメールが四葉の声で目覚ましが春歌の声で……これでよーし。
ほうほう、これがカメラで、こうすると……ふむふむ……
ウチにある安物デジカメより、よほど美麗ではないですか。

とまあ、新しいおもちゃを手に入れた子供のように、携帯をいじくりまわしておりました。

そういえば、本州では今日が七夕なんですね。(北海道では、一月遅れの8月7日)
今ごろは、利根川の河川敷が、花火を見に来た浴衣姿のカップルで溢れ返っていることでしょう。(全くの憶測)
そして野外で(以下略)

え? 羨ましくなんかないですよ。
虫に食われるくらいなら家にいた方がいいですもの。そして春歌と(以下略)
「お兄様、もう許して……」検索。

咲耶&お兄様&びしょびしょ

「お兄様、咲耶のココはもうびしょびしょなの……」

などというSSはウチにはありませんよー?
……いや待て、この抜粋コメントを見る限りでは、そんなSSがありそうに見えるな。
私信。

平松タクヤさん

春歌絵いただきました。ありがとうございます!
◆休憩中春歌(別窓で開きます)
ポッキーくわえたまま妙なポーズで固まってる春歌。驚きの表情が可愛いー!

赤の7号さん200万ヒットおめでとうございます

どんなに忙しくても変態更新しちゃう変態魂。夏コミがんばってください。
それはさておき、やっぱり北海道はGA見れないデスよ! 羨ましいな、くそう!
私もミルフィーユのあんな姿やこんな姿を見たい!(←歌音さんはもうすぐ壊れるかもしれません)

7月8日「MX」
やっと、スパロボMXクリアしましたー。
最大射程14なうえ、すべての武器に弾数やエネルギー消費は一切無し
40万のHPに加えて毎ターン10%のHP回復能力を持つというスパロボ史上でも最大級に困った奴ですが、出現から2ターンで撃破。
ありゃ。思ったより脆いぞ。第二次αのガンエデンの方が苦労したような。(最初の攻撃から撃破まで7ターンくらいかかった)
一応、止めは主人公で刺しました。

それなのに、何だろう。この物足りなさは。



わかった! マジンカイザー真ゲッターHi-νも出てこないからだ!

私信とか。

平松タクヤさん、一日早いけど鈴凛誕生日絵

きいろ!?
誰も見ていないところでは、女の子はこんなに大胆になるんですね! と思ったら。

「おーい、鈴凛いるー?」

がちゃ。

「「あ。」」

絶対こうなる。(おい)

蒼努さん

そしてこの方も楽しんでらっしゃる!
くそう、GA見たい! 見たい見たい見たい!(←駄々っ子)
仕方が無いので、過去のGAを見て気を紛らわすことにします。
……わはは! ピュルリクだ!(←ちょっと楽しい)

7月9日「ハッピーバースデー、鈴凛」
とか言いつつ、SSの一本も書いてない私を許しておくれ……
スパロボやってる場合じゃなかったヨ。
ティンクルセイバーNOVA買いに行ってきます。(←舌の根も乾かぬうちに)
でも、北海道だからまだ売ってないかもしれない……
私信とか。

鈴凛誕生日記念イラストストーリー『GAMBAらなくちゃね』(Milky Loveさん)

ぐはぁ! 凄い! 先日のよつばねぎさんのアレも感動モノでしたが、今回の鈴凛も素晴らしく!
マイシスの誕生日にはいつも以上に気合が入るって本当だ!
「拝啓」で書き出すときは時候の挨拶が必要とか、そんな些細なことはどうでもいい!(一応ツッコミ)
アニキ様もそうでないお兄ちゃんも、鈴凛の魅力を存分に味わいましょう!

7月10日「考える時間を下さい」
本日はお休みさせてください。
いえ、別にゲームをやりたいわけではないです。MXクリアしましたし。
旅行に行く計画とか立ててるので。
あとで何かしらの更新をするかもしれません。

7月11日「サイコロの旅」
の必需品といえば、サイコロキャラメルの空き箱。(ローカルネタ……いや、既にローカルじゃないかも)

別にサイコロを使うわけではありませんが、旅行に行ってきます。
プリキュアレビューは明日以降になります。昨日に引き続きごめんなさい。

7月12、13日「サイコロの旅中」
旅行中につき、お休みです。

7月14日「ただいま」
帰ってきました。プリキュアレビューは後程〜。
んでは、今週もいってみましょう。

第23話『危うし! 夏合宿の悪夢』


私信。

今にも死にそうな状況のお二人

えと、その……千影と頑張ってください……
どうでもいいですけど、『お二人』ってひらがなで書くと『ふ○○り』みたいでちょっといやらしいですよね?
いや、私の趣味じゃないですけど。

Psychicerさん

イタ--------------------(゚∀゚)--------------------!!
この話題してるサイトさんあんまり見かけなかったんですが、買ってましたかティンクルセイバー!
内容とかネタは、ファーストスターのものも踏襲されてましたようで。これを着るんですか? とか。
ドラマCDの方は、はやなとさつきちゃんとセンセが良かったですね。ほぼ雅さんの思い描いてたとおりの声優さんが当たったとのことで、ハマリ具合も完璧でした。
あと七月男と裕之介。目隠しが汗でちょーっとずれただけだぁ!

どんなに素敵な文章も一瞬でダメにする「みさくら語変換ボタン」(「みさくら語とか」内)
(情報元:あちこち)

わはははは! だ、ダメだ! 腹痛い!
確かに、みさくらマンガの女の子は、行為の最中はこんな感じの喋り方になってるよ!

7月15日「あの……ご趣味は何ですか?」
とある飲み屋にて。
久々に会った元同僚と飲んでいたのですが、そこの店の子にこんな質問をかけられました。

女の子 「メイド、ナース、OL、スチュワーデス、警官、バニーガールのうち、
      どれを女の子に着せてみたい?」
私   「メイドさん」
元同僚A「バニーガール」

……その子に「特殊な趣味を持つひとたち」と認識されてしまいました。ちなみにAは非オタ。
あと、特殊具合は私>>Aらしい。彼女的には。
ていうか私、さん付けしてる!?

どうやら、メイドさんというのは世間的には、相当特殊な趣味にあたるようです。
まあ、露出度少ないし現実的ではないし着る人選ぶし。
(メイド派遣会社は実際にありますが、けっこういい金を取られます)

特殊な趣味でもいいじゃない。みんな、もっと素直になればいいのにー。
あ、でもSMみたくいじめるとか泣かせるとかはダメ。

7月16日「メイドついでに」
「これが私のご主人様」というマンガを買ってみました。
表紙のメイドさんに惹かれて。
肩が出てるデザイン。ロンググローブ。オーバーニーソックス。良し!



内容は、ドタバタギャグマンガです。時折入るラブコメは、伏線のようでちっともそうじゃない。
主要登場人物は、性根の腐った主人公・義貴、笑いのためなら他人を犠牲にする妹・みつき、大好きないずみの下着の匂いも嗅ぐ安奈、なぜか人語を解する女好きなワニ・ポチと、揃いも揃って変態ばかり。
そしてその変態共に振り回される姉のいずみ。(胸大きい)
こいつだけはまともな部類……かと思いきや、2巻でSっ気があることが発覚。ボンテージは勘弁して欲しかった。

えー、とりあえず、いずみ萌えで。
ボンテージ? Sっ気? そんなものは忘れました。
私には彼女のメイド服姿しか映っていません。

7月17日「夏だ水着だ海水浴だ」
順番は深く考えないで下さい。

月曜日は、海の日。
祝日ということで、今日から月曜日まで3連休という方も多いはず。
今年は気温も低くないらしく、まさに海水浴にはうってつけ。
砂浜には、波と戯れる女の子ややどかりと戯れる女の子やお友達と戯れる女の子などがたくさん見受けられることでしょう。
そして少し離れたところでは、それを見守るお父さん(兼帰りの運転手)やら連れの男やら海の家のお姉さんやらってちょっと待てお姉さん水着の上にエプロン着たら危ないデザインじゃないですか!?
……話がそれました。
皆様におかれましては、クラゲや高波やカメラ小僧に気をつけながら、波打ち際のバケーションをお楽しみくださいませ。

歌音は、1ヵ月後のイベントに向けて、おちおち休んでもいられない方々を応援しています。

7月18日「ふたりはプリキュア」
7つのプリズムストーンが揃った……!

第24話『決戦!プリキュアvsイルクーボ』


7月19日「いろいろ狙ってる服」
なんか、北海道でもDearsが放送されているらしいという噂を聞いたので、がんばって起きて見てみようと思います。
マンガの方は1巻だけ読みましたが、正直よく覚えてません。(おい)
あんまり萌えない幼なじみと裸エプロンがやけにエロかったヒロインがいたような、そんな感じ。

7月20日「レンは奴隷だ」
そうだった、こんなマンガだったよ、Dearsってば……

そんなわけで、見ました。
既に第3話まで進んでいたらしいのですが、タイトルテロップのサブタイトルの文字が宇宙語で書かれているため、読めませんでした。

深夜枠なので、危ない下着だろうがデッドオアアライブ級の乳揺れだろうが、やりたい放題。
暇さえあればでかい胸を揺らす露出狂女教師が井上喜久子さんだなんて!
  「いいのよ! もっと私を見てぇぇぇぇん☆」
  「ああん、その熱い視線がいいのぉ!」

こんな感じで、喜久子お姉さんが誘惑しまくりです。
いくら私が彼女のお姉さん声が大好きでも、こ、このキャラに萌えるわけには……わけにはぁ……
う、う゛おぉぉぉぉぉぉ……(慟哭)

どうやら、乳を楽しむアニメのようなので、来週は見ない、かもしれない。(←自信無し)
でも来週は、赤い白雪(ミゥ)が出てくるんだよなー。

7月21日「突発SS?」
「ときに、衛さん。」
「と、突然何、咲耶ちゃん?」
「知ってのとおり、『シスタープリンセス』において私たち12人は姉妹、ていうかお兄様の妹なわけよね。」
「うん。」
「そして、形はどうあれ、みんなお兄様のことが大好きなわけよね。」
「そうだね。でも『形はどうあれ』ってどういう意味……?」
「それで、これまたいろんな方法で、お兄様の気持ちを自分に向けようとしているわけよね。」
「12者12様ってこと?」
「そそ。で、ふと思ったんだけど、『妹たちの誘惑方法』って、一体何だったかなって。」
「そんなの、全国のあにぃたちが知っているとおりじゃないの?
 例えば、可憐ちゃんだったら超絶甘えっ子モードとか、花穂ちゃんだったら応援とか。」
「この青二才が! そんなオフィシャルの設定なんて、この私が把握していないとでも思ってるの!?
 一応挙げておくけど、各妹の誘惑っぷりは以下のとおりね。」

可憐 :「お兄ちゃん大好き☆」攻撃
花穂 :エロ衣裳で応援
衛  :ボーイッシュ
咲耶 :大人っぽい色気
雛子 :ロリ
鞠絵 :病弱なので放っておけない
白雪 :エキセントリックだが美味い料理
鈴凛 :研究費要求
千影 :呪術
春歌 :あらゆるモノから護衛
四葉 :いつも兄の秘密を探る
亞里亞:すぐ泣く

「後半の設定には疑問が残るんだけど……」
「そんなの、私の知ったことじゃないわよ。ていうか、これじゃ情報少なすぎなのよ。」
「じゃ、じゃあ咲耶ちゃんは、一体ボクたちの何が知りたいっていうの……?」
「決まってるじゃない! スリーサイズよ!」
「それこそ、全国のあにぃ脳内設定に任せればいいじゃないかぁ!
 春歌ちゃんは大きいとか千影ちゃんは小さいとか鞠絵ちゃんは脱いだら凄いとか!」
「……ま、鞠絵ちゃんって、脱いだらスゴイの!?」
「そ、そんなの知らないよ。ボクは見てないし……」
「いつ!? どこで!? どうやって見たの!?」
「いや、だから見てないって……」
「何ですと!? 療養所に遊びに行ったときに、着替えを手伝ってあげて触って確かめた!?」
「触ってないってば!」
「ムキー! そんな羨ましいことをしたのはこの手か!? このこの!」
「いたたたたた! 握らないで握らないで!」
「2回言うな!
 っと、こうしちゃいられないわ!
 お兄様の家に乗り込んで、今度鞠絵ちゃんのお見舞いに行く日を聞き出さなくちゃ!
 じゃね、衛ちゃん!」
「あ、あの……」
「うおおおお! 待っててね鞠絵ちゃん! この私が、手取り足取りお見舞いしてあげるわね〜☆」

つづかない。

7月22日「シスタープリンセス交響楽団」
匿名希望さんより、メールを頂きましたのでご紹介いたします。

◆シスプリ考察・12妹のオーケストラ演奏

一分の隙も無い考察に、ワタクシ感嘆してただただ舌を巻くばかりです。
こいつにはこっちの方がいいとか何か口を挟もうかと思いましたが、どれもこれもイメージどおりで意見が出せませんでした。中でも可憐、雛子、鈴凛、千影あたりは、納得の選択ですね。
いきなり花穂で大悩みされたご様子が覗えますが、一生懸命ヴァイオリンを弾いている姿に感動しちゃいました。
それにしても、咲耶ってばオーケストラでもえっち担当ですか。

末尾のネタに関しては、「へぇ」ボタンを連打させていただきました。意外な繋がりがあるものですねぇ。何やら運命を感じます。

匿名希望さん、素敵な考察をありがとうございました。
私もいんちき考察ばかりしてないで、もっと真面目なシスプリに取り組むべきだ。
オーケストラとは関係無い話ですが、橋田壽賀子ドラマの『渡る世間は鬼ばかり』に、雛子という人物が登場しているようです。小学生低学年です。
呼び方も、一人称が「ヒナ」。橋田先生もシスプリ見てたのか!?(絶対ありえない)
ちなみに、ヒナは家庭の事情で転校させられるかもしれないらしいです。
そして、2ヶ月に1度のお兄ちゃんの日にしか会えなくなるの。(えー)

かかずゆみさんが入籍して泣き崩れている人

の数に+1!
なんてこった……なんてこったぁ! 私の春歌がお嫁にいっちゃったёー!(←勘違いも甚だしい)
こうなったら、今夜は旦那さんの気持ちになって!(何をする気か)
それはさておき、千影は外側が黒ずくめなので、せめて下着くらいは白がいいと思います。いや紫も捨て難いッ!
本日届いたグラディウスVをやりたいのですが、PS2が貸し出されているのでプレイできません。(泣)
まあ、私のじゃなくて弟のなので、あまり強くも言えないのですが。
……買うか? いやでも、一家に2台あってもなー。

7月23日「定期的に見かける大家族特番より凄い」
匿名希望さんより、またもメールを頂きました。ありがとうございます〜。
ただ、タイトルが……

◆実写版シスタープリンセス・その1【もし、シスプリが実写ドラマ化されたら…】

大変複雑な気持ちになったのですが、どうしたらいいでしょう?
匿名さんは、

「ファンに殺されかねない企画を考えてみました。勇気のある方だけ見てください(笑)」

と仰っていますが、世のお兄ちゃんたちは一筋縄では行かないほどの勇気の持ち主ですので、多分大丈夫……じゃないかもしれない。

(以下、私のコメント) 仰るとおり、徹底的にリアルにこだわった末に生まれたシスプリは、もはや別物ッ!
って、千影の将来とかじいやさんが禁煙パ○ポとか、あまりにリアルで面白すぎるんですが。
というか、第1行でいきなり恐ろしいことになってます。主婦層には人気が出そうだ。
もしもこのとおりの設定で放送したなら、お兄ちゃん達から苦情が殺到して、第2話を待たずに放送中止の可能性が大ですから! ざんねーん! 海神航斬り!
ただ、じいやさんの若さは保たれているというのは大変素晴らしいこだわりです。

……今気付いた!
その1ってことは、その2その3もあるってことですか!?
じゃあ、これはそのための布石であり伏線であり捨石なのですね。楽しみだ。

7月24日「ドリームキャスト(夢のような配役)」
四葉にパソコンを乗っ取られる夢を見ました。いろんな意味で怖かった。
こんにちは、歌音です。虫刺されが痒くて辛いです。
庭仕事や登山のときには、必ず長袖長ズボンの装備で、肌を出さないようにしましょう。
本日も匿名希望さんからのメールをご紹介。ありがとうございます。3日連続だ。

◆実写版シスタープリンセス・その2【実写版シスプリの配役】

昨日に引き続き、その2でございます。って、続きですか!? 昨日のは第1案とかじゃなかったのね。

なんというか、もう大変なことになってますが。こりゃホントにNHKの朝ドラできそうだ。
そして俳優には全然詳しくない歌音さんは、とにかくスゴイものができそうだ、としか想像できません。
安達祐実とか釈由美子とか藤村俊二さんとか、ホントに一部しか知らないです。丁寧な説明をしていただいて、ようやく理解する有様。
そんな自分にちょっとへこんだ15の夜。情けないやつですいません。
あー、でも、安達祐実に「お兄ちゃん」て呼ばれたい人は結構多そうですね。
それと、石原さとみの「お兄ちゃま」には萌えました。想像して悶絶。
そうかぁ、春歌は釈由美子かぁ……(←そこだけもの凄い気にして想像中)

その1で波乱の幕開け、その2ではとんでもない展開。
その3が楽しみでしょうがありません。
イイ検索。

メイド ほのか

う、ウチに来てください!
私信。

蒼努さん

大丈夫です。道行く人々が裸エプロンしている夢を見た人だっていますから。(リンク先は18禁注意)
まあ、ゲームの話なんですが。
ちなみに私は、道行く女性がセーラー戦士の服を着ているという夢を見たことがあります。
ジュピターが可愛かった。

7月25日「ふたりはプリキュア」

第25話『いざ光の園へポポ! 私たちも!?』


7月26日「つれづれなるままに」
みなさんこんにちは。歌音茶房へようこそ。
起床は11時、就寝は23時の歌音です。
休みの日くらいは、こんなだらけた生活をしてもいいと思います。

さて、日頃より水着は白のワンピースが大好きだと公言してはばからないワタクシですが。
モノによっては紺のスク水もいいなぁ、と考えるようになりました。
要するに、女の子の水着姿が眩しいの。夏だから。
道行く女性の薄着姿も眩しいの。夏だから。
後姿が大好きなの。夏だから。

で。
来週のCCさくらはスク水です。
知世ちゃんやさくらちゃんのあんな姿がてんこ盛り。靖臣くん、よかったねよかったね!
とはいえ、犯罪者にはなりたくないので、彼女らに萌えるのは程ほどにしておきます。
念のため弁解しておきますが、私はロリでもペドでもありません。
でもたぶんシスコン。可愛いお姉さんが大好き。

変態度2割増でお送りしております。タクシーの深夜運賃です。
こんばんは、歌音茶房へようこそ。
本日のお薦めは、コーヒーゼリーです。
でもゼラチンで作ったのは好みじゃないです。寒天で固めてね。

夏っぽい絵を描こうとがんばってるのですが、あと少しのイマジネーション&モチベーションが足りていないようなので、ゲームでもして気分をリフレッシュ。
とはいえ、グラディウスVばっかりやってるわけにもいかないので、古いゲームを引っ張り出してみる。

トリコロールクライシス

年頃の女の子たちが、エリート魔法使いの証である『塔の主(とうのあるじ)』になるための試験を受けるというRPG。
3人いる主人公の一人・ジャニスの声が川澄綾子さんだったり、サブキャラとの絡みがいろいろあって楽しかったり、御使い『ラフリクス』が激萌えだったりしたことで、結構話題になったんです。
(ラフリクスのグラフィックは「トップ→ゲームシステム→NEXTを3回クリック→戦闘系クラス」で見られます。
翼の生えた金髪の女の子です)

先日、中古品を偶然発見。即買っちゃいました。
キミたちの命、私が預かった! 1000円で!

そうそう、エンジェル☆ろっけんろーも買いました。
いぇー、あ、しぇきしぇき〜。
あははは、これだこれだ。エンジェル隊のノリだ〜。
そしてフォルテさんは相変わらず、セリフ部分で大活躍。行くぞ野郎共〜。

まだだらだら更新するかも。

7月27日「軽めに」
ここ数日、猛暑+高湿+無風状態という大自然のおしおきを受けまくっている歌音です。
アイスで厚さを紛らわしつつ、私信とか。

キャンギャル花穂?(Sispristさん 7/26)

たいへんよろしい。
花穂のエロっちい部分が惜しげも無く強調されております。
顔か? 胸か? おへそか? お尻か? それとも二の腕か?
ダメダメ、そんなに見ないで! 花穂の体はお兄ちゃまだけのものなんだからぁ!(←?)
ありゃ、ティッシュが切れた。
あっ、誰ですか。歌音さんったらPCの前で何をハッスルしてるんですか、とか考えた人は。
そんなにたくさん一体何にティッシュを消費してるんですか、とかいやらしい目で私を見てる人は。
ダメダメ、そんなに見ないで!
違った。別にやましいことはしてませんよ。モニタ拭いたり鼻をかんだりして使い切っただけですよ。

どっちかというと、いやらしい目をしているのは私です。
R.O.D 10巻が面白くて。
読子さんがセーラー服だなんて! ぶっちゃけありえない。いやしかし、「これはこれでアリかも」と本編でも仰ってたし、そんな具合に読子さんはマニアック萌えキャラとしての暮らしを余儀なくされているわけですよ。
あと、倉田オーバードライブ。ネタもオーバードライブ。わかる人だけ大爆笑。
しかも本編中に余計なこといっぱい書いてるんですもの。物語を書きながらリアルタイムで現況報告とかしてるし。そんなもん報告して読者にどうしろというのか。まあいいか倉田さんだし。
ところで、ローレンさんとはその後どうなったんですか?>倉田さん
その昔、PC Angelに「倉田のコーナー」があったときからのファンもどきな歌音さんです。

7月28日「シスプリSSについて考えてみる」
匿名希望さんより、メールをいただきました。ありがとうございます。
今気付いたのですが、普通は「匿名希望」にさん付けはしないですよね。まあいいか。

◆シスプリSS考察・舞台設定編

いつもながら隙の無い考察でございますな。
各所で語られているシスプリSS論ですが。
こうして改めてまとめられてみると、なるほど綺麗に分類できるもので。
私がときどき書いてるのは、主に2番目の設定ですね。基本的に兄と妹は一緒には住んでいません。
妹同士の交流も多めです。兄はおまけか?

メールの末尾に、「次回はSSにおける妹のキャラ考察を」との予告がございました。
書き手によってさまざまに変化するキャラクターの謎に迫る。

7月29日「可憐=凶器……?」
本日も匿名さんからのメールをご紹介。いつもありがとうございます。
楽してるとか言わないで〜。

◆シスプリSS考察・妹キャラ編1を追加

ギャグばっか書いててすいません。
いや、そうじゃなくて。
大本(原作)とは大きくかけ離れているように見えつつも、納得のいく(?)キャラクターが出来上がっているというのが、シスプリSSの不思議の一つといえましょう。
ですが常識人が衛ただ一人というのは、ある意味やりやすいのですが、ツッコミ役に回りがちなのもまた現実。
ゆえに「ギャグSSに衛は外せない」傾向を生み出しているようにも思えるのが多少残念なところです。
というわけで、今度SSを書くときは、衛のキャラをできる限り壊してみたいと思います。(やめれ)

あと、私は以前より、

「咲耶は普段は色ボケキャラだが、いざとなったら躊躇してしまうタイプ」

であることを提唱しています。
つまり、咲耶にはまだまだ恥じらいってモノが残っている、ということだァァァァァッ!!
うおお、恥らう咲耶萌え!

次回は後編、残り6人とのことです。

7月30日「恐ろしい奴ら」

春歌の火傷治療法(民間療法)(あっと無計画さん)

ムハァァァァァァァァァァァァァッッッ!!
 「いかがですか、兄君さま? 治りました?」
いいや、全然治んない! 手が熱いよ!
 「えっ、じゃあもう少し続けてみますね。ぷにぷに……」
ああっ、熱い……やわらかい……
 「いかがですか、兄君さま? 治りました?」
気持ちい……じゃなかった、いいや、全然治んない!
 「じゃ、じゃあもう少し続けてみますね。ぷにぷに……」
ああっ、熱い……やわらかい……

永遠に続きたい。
春歌狂いと呼ばれてもいい。(←既にそう呼ばれていますが)
ハァハァ、のっけから興奮してしまいました。お目汚しすみません。
気を取り直して、本日もメールのご紹介です。匿名希望さんありがとうございます。

◆   ◆   ◆

(3)妹キャラ編・その2

・白雪・・・料理に始まり料理に終わる
 その名の通り、ジャンルを問わず料理ネタが多い(もっとも白雪って料理ネタじゃないと活躍しにくいですし…)。背の低さの割には、ませた発言や妄想が多かったりと年齢不詳度が高いが、かといったら料理以外では意外と良識派で、衛に次いでツッコミ役が多かったりと、つかみにくい所がある。

・鈴凛・・・金の亡者かはたまたマッドサイエンティストか
 最大の特徴はやはり「兄からの資金援助」。本来金をせびるのは発明資金のためのはずが、どうもSSではお金自体が好き=がめついという傾向が強い。これに加えて変な発明をするというこの2点だけでも、ギャグSSが作れる事が、連載時の人気の割にSSが多い要因となっている。
 一方で、留学話などシリアスな話でも活躍が期待でき、彼女もまた結構オールラウンダーな点がある。そもそもSSの多さから考えると、鈴凛は年月が進むに連れて人気がじわじわと上昇しているように感じられる。

・千影・・・何でもありの大魔導師
 オカルトや魔術が好きというより、ギャグSSだろうがシリアスSSだろうが、魔術を実際使いまくっている千影。また単独登場でも、他の妹たちと同居してもマイペースなのには変わらないので、あまりSSのジャンルを問わず性格・設定も特に変化しない。そういう意味では使い勝手が良いかもしれない。

・春歌・・・大妄想やまとなでしこ
 武術が得意にもかかわらず、それを披露するアクション物は少なく、大半がほのぼのSSか妄想癖を生かしたギャグSS中心。ただし、妄想の割にはやまとなでしことして慎み深いところがあるので、どちらかといえばほのぼのSSの方がより多いと言える。
 他の妹とはバランスよく組む場合が多く、平等に接する傾向が強い。

・四葉・・・四葉と言えばチェキ。チェキと言えば…(以下略)
 四葉に関しては名探偵とも迷探偵ともいえるが、私の見る限りSSでは明らかに「迷」探偵として位置づけてられるようである。ジャンルの方ではギャグばかりではなく、ほのぼのが似合うと思われる。
 元々原作・キャラクターコレクションでの四葉は、あまり「チェキ」発言をせず、意外におとなしい面があるのでこのような傾向が見られるのだろう。ただし、これは「単独妹型」の場合の話。他の妹と絡む場合はやはりギャグSSで本領発揮しているとも考えられる。

・亞里亞・・・常識破りのブルジョワ娘
 雛子と並んで年少組のため、ほのぼのSSがメイン。しかし亞里亞は、千影と不思議系の1、2を争う妹。しかも、豪華なお屋敷にじいや以下多くのお付きがいるという、非常識な設定のため、SSでもそのスケールのでかさは半端じゃない。
 とりわけ、ギャグSSでは国家予算並みの資産を持っていたり、お屋敷の地下が秘密基地になっていたりとすごい設定になっていることもしばしば。また亞里亞自身も、お金持ちならではの黒さが出る場合もある。

(補足)
 妹の中には主役を張りやすいキャラ(咲耶・可憐など)とそうではないキャラに分かれているようである。
 特に雛子や白雪はどちらかと言えば脇役として本領を発揮する傾向が強く、例えば雛子の場合、兄と年長妹(咲耶など)が一緒に雛子の面倒を見るほほえましい話になったり、白雪の場合、兄と別の妹がけんかして食事の時に全員が集まる時に、白雪が料理を出すと同時に和解するようにアドバイザーになるといった役割を果たしている。
 アニメでもリピュア・ストーリーズでは、この2人と春歌は主役の話がなく、脇役として活躍しており、アニメとSSでキャラの扱い方に関して同じ理解をしているのは興味深い。
 白雪のにいさま、雛子のおにいたま、この場でお詫び申し上げます。

◆   ◆   ◆

私が口を挟む隙など全く無し。完璧にまとめられております。
余計なコメントしたら無粋ですなこりゃ。
次回は兄やその他のキャラについての考察とのことです。

7月31日「チェキ」
月末棚卸につき、本日はお休みとさせていただきます。申し訳ありません。 って書いたのにアップするのを忘れてました(滅)

▲このページのトップへ
戻ります